東京への転職でおすすめのエージェント3選|女性向け・成功させる秘訣など

首都である東京は企業数も多いことから、現在東京にお住まいの方や地方で勤務している方で、転職を検討している方は多いのではないでしょうか。

ですが「東京の転職におすすめのエージェントは?」「東京での転職を成功させるには?」などの疑問もあると思います。

そこで本記事では、東京での転職におすすめの転職エージェント3選東京での転職メリット・デメリットなどについて解説していきます。

女性向けの転職エージェントなどもあるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

東京での転職におすすめのエージェント3選

doda

doda

主なおすすめポイント
  • 求人数が約12万件以上と豊富
  • 書類作成や面接対策などのサポート
  • スカウト機能がある
  • 転職セミナー転職フェアを開催
  • doda年収査定機能がある

dodaは中小企業の求人だけでなく大手企業の求人も多く充実しているので、東京へ転職を考えている方にとっては特におすすめです。

 dodaは公開求人数、非公開求人数含め約12万件以上の求人数を持っています。非公開求人の質の良さも魅力です。

年収査定機能によって、自分のスキルやキャリアの転職市場価値がどれくらいあるかを知ることができるのも、dodaのポイントです。

幅広いノウハウを兼ね備えたアドバイザーが充実しているので、転職活動全般で心強い手厚いサポートをしてくれます。
サービス利用料 無料

求人数
※2021年8月27日時点

約120,000件以上
※非公開求人含む

主なサービス内容
  • エージェントサービス
  • スカウト
  • パートナーエージェントサービス
  • 転職ノウハウ
  • 転職Q&A
運営会社

パーソルキャリア株式会社

出典:https://doda.jp/

リクルートエージェント

リクルートエージェント

主なおすすめポイント
  • 業界最大級の非公開求人
    ※公式サイトより
  • 幅広い業種・職種に対応している
  • 豊富な経験による手厚いサポート
  • 対企業への交渉力が高い

公式サイトによると、リクルートエージェントは非公開求人数が業界最大級で10万件以上。さらに幅広い業種・職種に長けているので、東京にある様々な求人に目を通すだけでも役に立つのではないでしょうか。

 業界大手なこともあり対企業への交渉力が高いので、一度落ちてしまった企業をもう一度受けさせてくれたりします。

さらには、提示された年収を交渉であげた事例もあるそうです。

業界大手の強力なパイプの力を借りて、転職活動を行うことができます。
サービス利用料 無料

非公開求人数
※2021年8月27日時点

約100,000件以上

主なサービス内容
  • エージェントサービス
  • 職務経歴書エディター
  • 面接力向上セミナー
  • 担当者面談
運営会社

株式会社リクルートエージェント

出典:https://www.r-agent.com/

パソナキャリア

パソナキャリア

主なおすすめポイント
  • お客様満足度3年連続No.1
  • 公式サイトに豊富な転職ノウハウ
  • パソナキャリア独占の求人が多い
  • 「パソナキャリア ハイクラス」という転職支援サービスがある

※2019年-2021年オリコン顧客満足度調査転職エージェント第1位

パソナキャリアは公式サイトに記載がある通り、2019〜2021年の3年間、オリコン顧客満足度調査転職エージェントで第1位を獲得しています。

 その背景には、主な強みであるマッチング力やサポート体制があります。

※公式サイトより

サポート体制に関しては、エージェント利用者に企業の生の声を届けられるように、企業の人事担当と営業担当との打ち合わせにキャリアアドバイザーが同席しています。

生の声を届けるためにここまでしてくれるのというだけで、信頼感がありますね。
サービス利用料 無料

求人数
※2021年8月27日時点

約50,000件以上
※非公開求人含む
主なサービス内容
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • スカウト
  • キャリアカウンセリング
運営会社 株式会社パソナ

出典:https://www.pasonacareer.jp/

東京での転職におすすめの女性向けエージェント3選

type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェント

主なおすすめポイント
  • 求人が女性に特化している
  • 悩み別の相談会を実施している
  • 女性の悩みに寄り添ってアドバイザーが相談に乗ってくれる
  • 首都圏に特化したサポート体制

type女性の転職エージェントは、名前の通り女性に特化したエージェントです。女性のそれぞれのライフプランに親身に寄り添ってくれます。

女性特化の求人の中では豊富な求人量で、その数は非公開求人含め約20,000件にも及びます。

 また、目的や状況別に応じて無料で転職相談会を実施しています。例えば面接対策相談会、東京での転職相談会、年収アップを目指す人のための相談会などがあります。

女性ならではの悩みにも寄り添ってくれる女性のカウンセラーが中心なので、女性ならではの育児と家庭の両立などの要望に親身に寄り添ってサポートしてくれます。

サポート体制が1都3県に特化しており、東京での転職にもおすすめです。

年間5000人以上ものキャリアカウンセリングをしている実績も、信頼できそうですね。
※公式サイトより
サービス利用料 無料

求人数
※2021年8月27日時点

約20,000以上
※非公開求人含む

サービス内容
  • 求人紹介
  • 転職相談会やセミナー
  • コンサルタントの手厚いサポート
  • 面接のメイクアップ対策
運営会社

株式会社キャリアデザインセンター

出典:https://type.woman-agent.jp/

ハタラクティブ

ハタラクティブ

主なおすすめポイント
  • 女性転職者向けのセミナーを開催
  • 未経験歓迎の求人が多数ある
  • 女性のキャリアアップをサポートしてくれる

ハタラクティブは、女性転職向けのセミナーを開催しています。女性ならではの悩みの種(結婚出産のライフイベントなど)にもアプローチして、悩みを解決に導いてくれるでしょう。

 未経験歓迎の求人も多くあるので、スキルやキャリアに自信がない方でもスムーズに東京での転職活動が行えるでしょう。

女性のキャリアアップに特化したサポート体制もありますので、東京でキャリアアップを目指して転職する女性にもおすすめの転職エージェントです。

ハタラクティブの店舗は関東圏では、東京(渋谷、立川、池袋、秋葉原)、千葉(船橋)、神奈川(横浜)、埼玉(大宮)にあります。
サービス利用料 無料

求人数
※2021年8月27日時点

約3,000件
サービス内容
  • 求人紹介
  • 転職相談会やセミナー
  • コンサルタントの手厚いサポート
  • 面接・選考対策
運営会社

レバレジーズ株式会社

出典:https://hataractive.jp/

LiBzCAREER(リブズキャリア)

LiBzCAREER

主なおすすめポイント
  • 女性向けの求人が豊富
  • ライフイベントで求人を検索できる
  • LiBzCAREERだけが保有している独占求人もある
  • 女性のコンサルタントが担当してくれる

LiBzCAREER(リブズキャリア)は、女性向けの求人を多く扱っています。ライフイベント別で求人検索することができるのも、大きな特徴です。

また、女性の結婚出産などのライフイベントに理解のある働き方ができる企業の求人を、多く取り扱っています。

 すべて女性向けに特化した求人で、女性のコンサルタントが多いので女性ならではの働き方を目指すにはとても心強いです。

他の転職エージェントにはない、LiBzCAREERにしかない独占求人を持っているのも魅力です。

株式会社LiBは他にも、ミドル層ハイクラス層向けのエージェント「LiBzPARTNERS」も運営しています。
サービス利用料 無料

求人数
※2021年8月27日時点

非公開
サービス内容
  • 求人検索機能
  • コンサルタントに相談できる
  • スカウト機能
  • キャリアプランを登録できる
運営会社

株式会社LiB(リブ)

出典:https://career.prismy.jp/signin

地方から東京への転職は難しい?東京の平均年収・家賃

東京の特徴:年収や家賃など

漠然と「東京で働きたい」「東京への転職は難しいかも…」と思っている地方在住の方は、まずは東京の特徴転職事情を知ることが大切です。

ここからは、東京都の平均年収から家賃・東京都に多い業種を紹介します。

しっかりと東京の事情を知った上で、転職活動を進めましょう。

東京都の平均年収は約595万円

厚生労働省の統計によると、東京都の平均年収は全国1位の推定約595万円(月給で換算すると約37万円が相場)。

 また総務省の調査によれば、東京都内で最も平均年収が高いのは港区で約1163万円。続いて、千代田区の約1005万円です。

各統計や調査での平均年収から見ると、他県より東京は年収1,000万超えの人口も多いことが分かります。

東京都は物価や家賃なども比較的高めなことから、給料面においてもその影響があり、他の地方よりも高くなっているのかもしれません。

その分、暮らしていく上でかかるお金も大きくなりがちということでしょう。

参照:厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査」
参照:総務省「令和2年度課税標準額段階別所得割額等に関する調」

東京都の家賃は平均月8万円以上かかる

東京の転職事情(年収など)

1R~1DK 8,0万円
1LDK~2DK 11,0万円
2LDK~3DK 13.0万円
3LDK~4DK 15,2万円

地方では3~5万円程度で住めるような物件も、東京で借りようと思うと7万円以上になってしまうということもありますよね。

 統計局の調査によれば、東京都の1か月当たりの平均家賃・間代(円)は81,001円です。

次いで神奈川県の68,000円が高く、1位と2位には1万円以上も差があります。統計の結果より、47都道府県の中でも東京都は家賃が一番高いと言えるでしょう。

さらに、東京の中でも賃金が高い地域・低い地域があります。上京や引っ越しを考えている方の中には、転職先を地域で選ぶというケースもありそうです。

自分の負担にならないような地域に住むのが良いでしょう。

参照:賃貸住宅D-room
参照:統計局平成30年住宅・土地統計調査 住宅及び世帯に関する基本集計

多くの企業の本社は東京都!東京に多い業種とは?

東京の転職事情(年収など)

大手企業の一部は、本社を東京に置いている傾向にあります。

名前をよく聞くような企業も、本社は東京にあるイメージがありますよね。

本社は会社の中心となる拠点なので、本社にしかない業務もあるでしょう。そこならではの経験ができる可能性もあります。

 事業投資・為替運用などの金融業務も、東京都に多い仕事です。全国の金融機関企業はほぼ大手町・丸の内に拠点を置いている傾向にあります。

外資系の日本支社も東京にあり、多くの外国人が働いています。英語を活用して仕事をしていきたい方も、東京なら職が見つかりやすかもしれません。

新聞・テレビ・広告などのマスメディア業も、大きな会社は東京が中心であることが多いです。

東京はただ求人数が多いだけではなく、東京にしかない求人や中心を担う重要な仕事が数多くある場所と言えます。

東京に転職するメリット・デメリット

tokyo

「東京に転職」というとキラキラしたイメージだけが走りがちですが、決してメリットだけが多いわけでもありません。

デメリットもしっかりと踏まえた上でそれでも「東京に転職したい」と思えれば、転職活動は理想的なものになるでしょう。

デメリットもしっかりと受け入れ、自分の意思を確認しましょう。

東京に転職するメリット

東京で転職する主なメリット
  • 企業数・求人量が比較的多い
  • プライベートも多様に過ごせる
  • 人口が多く、人脈が増える可能性が高い
  • 他県と比較して平均年収が高い
  • 様々な業種・職種がある など

東京都では、求人自体が地方よりも多いです。試しに転職エージェントサイトにて勤務先を東京都に絞って見てみると、数多くの求人情報があるのがわかります。

都内に住んでいれば、ほとんどの場所へ電車通勤できるのも、車代・免許代などの費用がかからないという点で言えば、メリットになるでしょう。

 東京都にはほとんどの業種・職種の仕事があるので、限られた仕事の中から働く場所を決めるというのではなく、自分のやりたい仕事を選べるかもしれません。

また東京都は人口が多いため、仕事でもプライベートでも、人と交流する機会が多くあるところも魅力の一つです。

東京に転職することには地方にはない魅力が色々ありますね。

東京に転職するデメリット・難しい点

東京で転職する主なデメリット
  • 他県と比較て家賃が高め
  • 人が多いので求人の倍率が高め
  • 通勤ラッシュがある など

東京への転職活動を進めて行く際に、企業の最寄駅や周辺の家賃相場はリサーチしておきましょう。また年収だけでなく、働き始めた際に毎月出て行くお金の流れもイメージしておくことが大切です。

 東京にある企業に転職することによって、収入がアップする可能性はありますが、同時に出費も膨らむかもしれません。

また、東京都では求人数こそ困りませんが、応募する人数も多いので、倍率も比例して高くなるでしょう。

多くの優秀な人材が、東京に集まってくる可能性も高いです。

そして地方から転職してくる人にとって、東京の通勤ラッシュはストレスになるかもしれません。

 毎日通勤時に通勤ラッシュに耐えられるのかどうか確認してから、勤務地や通勤経路・住む場所の候補を考えてみましょう。

人の多さや満員電車が不安だという方は、朝のラッシュが少ない地域などを選ぶのがおすすめです。

電車内混雑は出社時間などによっても変わるので、そういった観点で求人を見るのも良いですね。

東京での転職を成功させる4つの秘訣

すでに東京勤務をしている方も、地方から上京しようとお考えの方もそもそも「転職自体が不安」という方は多いのではないでしょうか?

ここでは東京での転職活動において、成功させるための秘訣を紹介します。以下を意識することで、納得のいく転職が出来るかもしれません。

東京での転職活動を成功させる秘訣
  • 自己分析をする
  • 企業研究をする
  • 転職エージェントを活用する
  • オンライン面接に特化した対策をする

1. 自己分析をする

東京での転職を成功させる秘訣

自己分析は、転職活動においてとても大切なプロセスです。

 自己分析することで、本当に転職するべきなのか、自分の強みや転職の明確な目的、理想の転職先を改めて考え直すことができます。

まずは、

  • 「なぜ東京で働きたいのか」その明確な理由
  • 東京でどんな仕事をしたいのか

を自分でわかっていなければ、転職活動は始まりません。

自己分析を詳細に行うことで、希望の転職先を具体的に思い描いた転職活動が可能になります。

2. 企業研究をする

東京での転職を成功させる秘訣

企業研究は、企業と自分のミスマッチを防ぐために行います。先述した通り、東京都にはたくさんの企業があります。

 同じ業種でも企業によっては異なる部分が多いため、それぞれの企業をしっかり調べることが大切です。

自分なりに調べた後でもまだ気になる部分がある場合は、面接で質問してみるのがおすすめです。

本当に納得して働ける環境なのか、その企業の社風と自分はマッチしているのかしっかり調べて理想通りの転職先を見つけましょう。

3. 転職エージェントを活用する

東京での転職を成功させる秘訣

初めて転職活動を行う方などは、転職エージェントを活用してみましょう。

 転職エージェントは様々な悩みに応じて相談に乗ってくれるだけでなく、転職活動の流れを全体的にサポートしてくれます。

自己分析から企業選び・面接対策はもちろん、退職時や内定後のサポートまでしてくれます。また、転職フェアなどを開催している転職エージェントもあるので、ぜひチェックしてみましょう。

東京で転職する際には、二人三脚で転職活動を支えてくれる転職エージェントはとても心強いのではないでしょうか。

4. オンラインに特化した対策をする

近年はコロナ禍ということもあり、求職者と会社間でオンラインのやり取りが増えてきました。東京で転職する際に、面談がある場合はオンラインでの対応になるかもしれません。

企業との採用スケジュールが進み、オンライン面談が決定してもすぐ対応できるように、事前準備をしっかりしておきましょう。

ここからは、オンライン面接の事前準備やテクニックを紹介します。

オンライン面接の事前準備

東京での転職を成功させる秘訣

オンライン面接がある場合は、以下の事前準備をしておくのがおすすめです。

オンライン面接時に大切な主な事前準備
  • カメラの角度
  • マイク・ビデオチェック
  • 背景の確認
  • インターネット環境の確認
  • 雑音の確認
  • 服装の確認

最低でも2・3日前までには、マイク・ビデオチェックインターネット環境の確認を行っておきましょう。面接当日にうまく作動しないことで、リスケジュールになってしまうかもしれません。

また、意外と大切になってくるのが、カメラの角度や背景です。あまりにも生活感の出ている背景は控えて、できるだけ単色の背景をおすすめします。

 そして忘れがちなのが、雑音のチェックです。家族と一緒に住んでいる場合は、家族に協力してもらい、面接時には静かな環境を作りましょう。

オンライン面接の時間帯によっては、逆光になっていないかどうかのチェックも必須です。画面越しということだけでもカメラによっては顔や表情を捉えづらいので、注意しておきましょう。

当日に万全の状態でお互いに気持ちよく面接を行えるようにしましょう。

オンライン面接のテクニック

東京での転職を成功させる秘訣

オンライン面接を成功させる、主なポイントは以下の通りです。

オンライン面接での主なポイント
  • 目線を常にカメラ目線にする
  • 光の角度で顔を明るく見せる
  • 女性の場合は明るいカラーでメイク

オンライン面接中、目線がカメラではなくて、面接官の顔を見てしまう人がほとんどではないかと思います。

 こちらから画面越しの相手の顔を見ていても、相手と画面越しで目が合うことはありません。カメラにしっかりと目線を合わせた状態で面接を行いましょう。

自分の顔が画面に表示されると、気になって画面の自分をチェックしたくなりがちですが、なるべく控えましょう。事前に身なりを完璧にしておくことが理想です。

また、画面越しでは血色が悪く見えがちなので、顔が明るく見えるようにするのもとても大切です。画面では対面よりもさらに、顔に視線が集中します。

女性の場合は、メイクで明るい色を使うなど顔全体がトーンアップして見えるようにしましょう。唇の色や頬の色を明るくするのがおすすめです。

東京へ転職する際のベストな移住タイミング

転職活動における「移住・引っ越しのタイミング」について、採用前に引っ越すべきか、採用後に引っ越すべきかと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

東京で勤務しながら転職活動をしていて引っ越しをお考えの方も、地方から転職して上京をお考えの方も、基本的には内定が決まった後の引っ越しをおすすめします。

採用前の移住には、多くのデメリットがあります。

採用前の東京移住のデメリット

東京へ転職する際の移住タイミング

必ずしも移住した拠点の近くに転職することになるとは限らないので、内定前の移住にはリスクがあると言えるでしょう。

 収入の目処が立っていない状態で住居を決めてしまうと、転職先での実際の収入と家賃が見合わず、移住してすぐ住めなくなるということも起こりかねません。

万が一、内定前のタイミングで移住・引っ越しをしたのに転職先が変わった場合、通勤時間など他の面でストレスに感じてしまうかもしれません。

転職活動中に都度東京への移動があるから面倒、という方も移住・引っ越しはよく整理してからするのがおすすめです。

採用後の東京移住のメリット

東京へ転職する際の移住タイミング

採用後の移住のメリットとしては、内定前の移住の際に起こるリスクがないということです。

 採用後に引っ越しをすれば、自分のこれからの大体の収入や拠点も把握でき、金銭的にも場所的にも納得の行く場所の住居に決められるでしょう。

会社によっては「会社の最寄りから何km以内」など住宅手当の範囲指定などもあるので、採用後に決めることで福利厚生が活用しやすいケースもあります。

転職活動が落ち着いてから、ゆっくり準備を進めるのが良いでしょう。

まとめ

本記事では東京での転職について「東京でおすすめの転職エージェント」や「東京での転職を成功させる秘訣」などについて紹介しました。

転職活動をする際は、自分が納得いくような結果になるように自己分析や業界研究はしっかりと行うことをおすすめします。

また、転職エージェントを利用するのも良いでしょう。面談対策や提出書類の添削などしてくれるところもあるので1人で不安という方はぜひ登録してみてはいかがでしょうか。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事