転職したいけどスキルがない、したいことがない20・30代がやるべきこと

転職したいけどスキルがない、転職したいけど何がしたいのかわからない、今の仕事を辞めたいけど転職してやりたいことがない…などといった悩みは、20代・30代・40代の方の多くが抱えています。

そういった方が転職を成功させるためには、まず何をやるべきなのでしょうか?

この記事では、スキルがない方が転職前にやるべきことや、転職してやりたいことを見つける方法、面接時に役立つ転職したい理由の例などを解説します。

おすすめの転職エージェントもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

年代別転職したい理由とは

転職したい理由は年代によって異なります。ここでは20代、30代、40代に注目しました。それぞれの年代が転職を考える理由を見ていきましょう。

20代の転職したい主な理由

20代の転職理由で多いものは以下の3つです。

20代の転職理由例
  • 労働時間が長く残業が増えたので働き方を見直したい
  • ほかの仕事にも興味が湧いた
  • 大学卒業後そのまま地元で働いていたが、首都圏でも働いてみたい

20代は、「労働時間の増加」や「他業種、他地域で働きたい」という理由で、転職を考える人が多い傾向にあります。

はじめて就職した会社でがむしゃらに働いてきた結果、任される仕事量が増え、労働時間への不満がつのっていき、働き方を見直したい時期に入っているようです。

 20代は今の仕事に慣れて視野が広がることで、ほかの仕事や地域での仕事に興味が湧く人が増える年代でもあります。

近年、第二新卒や20代前半の若手への求人は増加しています。ほかの仕事のやり方が染みつく前の伸びしろが多い年代で、未経験の業界や職種にもチャレンジしやすい環境です。

そのため、20代の転職理由には「30代までに」というキーワードが多くみられます。

30代の転職したい主な理由

30代の転職理由で多いものは以下の3つになります。

30代転職理由例
  • 評価制度が確立されていないため、努力に報酬が見合わない
  • サービス残業が黙認されていて、上司もそれを改善する気が無い
  • 会社が掲げている理念に賛同して入社したが現実が伴っていない

30代の転職理由は、会社の体制への不満が多く見られます。評価基準が定められていない会社で働いている多くの30代が、努力をして成果を出しても報われないことに悩んでいるようです。

 同様の労働条件で今の会社よりも明確な評価基準を設けている会社があれば、そちらで自分の力を試したい人が多くなります。

30代では、働き盛りのうちに風通しの良い社風や、努力や成果に見合った報酬やポジションが与えられる会社への転職を希望する人が多い傾向にあります。

30代は家庭を持つ人も多く、働き方の見直しの時期ともいえるでしょう。

40代の転職したい主な理由

40代の転職理由で多いのは、以下の3つです。

40代の転職理由例
  • 尊敬できる管理職がいない
  • 人間関係や部署間の派閥争いなどで仕事がやりづらい
  • 評価制度に疑問があり上層部と掛け合ったが解決しなかった

40代は人間関係に起因する転職理由が多いのが特徴です。漠然とした「会社」への不満ではなく、上司への直接的な不満が多くみられます。

上層部ともコミュニケーションがとれるポジションにいるからこそ、感じるストレスでしょう。

 尊敬できる管理職がいない会社で退職まで勤めることに疑問を感じる人が多く、40代の転職理由は企業の大規模な新陳代謝がされない限り、解決できない部分です。

40代の転職は一般的には難しいとされていますが、長年改善されない今の会社に定年まで尽くすよりも、ほかの会社でもうひと頑張りしたい人は少なくありません。

未経験分野よりも、競合他社への転職を視野に入れる人が多い年代です。

転職したいけどスキルがない20代・30代・40代は転職できる?

転職を検討する際「自分には十分なスキルがないけど採用されるだろうか…」と不安に思う方は、多いようです。

 結論、20代の場合は十分なスキルがなくても転職できる可能性は高いでしょう。しかし30代の場合は、スキルがないと転職がスムーズに進まないかもしれません。

ここからは、それぞれの理由をご紹介します。

スキルがない20代でも転職できる3つの理由

1. スキルがなくてもポテンシャルを重視してもらえやすい

20代はスキルがなくても、年齢的に他の年代よりポテンシャルを重視してもらいやすい年齢と言えるでしょう。

 未経験であっても、20代の人材には将来性を期待して採用する企業が多いです。

20代の方だと、謙虚で何でも吸収する人材と考えられるのかもしれません。

転職活動時には、社会に出る前の経験や趣味の中から、仕事に活かせそうなポテンシャルや伸び代を企業にアピールしましょう。

「素直で学びの吸収が早い」と言うだけでも、スキルがなくとも欲している企業はありますよ。

2. 20代前半くらいまでは第二新卒扱いになる

job hunting

第二新卒とは特にはっきりとした定義はありませんが、一般的には新卒3年以内で休職している人のことを指します。年齢で言えば、大体25〜26歳くらいまでと言えるでしょう。

第二新卒扱いともなれば、スキルやキャリアがなくても大目に見てもらえることが多いでしょう。

3. 20代中盤・後半も企業から注目がある

20代中盤・後半ともなれば、一定の社会人経験ができてきます。仕事に対する今までの姿勢や意欲次第では、企業側は未経験でも欲してくれる場合があります。

前職の仕事内容と転職先の仕事内容が異なっていても、仕事に対する姿勢や意欲は、これまでの経験の中から伝えることができるでしょう。

20代中盤・後半も20代前半と同様に、吸収力のある人材と思われるのかもしれません。

スキルがない30代の転職が厳しい3つの理由

1. 30代は年齢制限に引っかかる可能性があるため

スキルがない30代が転職するコツ

企業側は、採用の際に年齢制限を設けている場合があります。

20代のうちはその年齢制限に引っかかることはほとんどありませんが、30代を越えてくると年齢制限に引っかかることが増えてくるでしょう。

2. 30代は即戦力が必要とされる年齢なため

30代ともなってくると20代の頃とは違い、年齢に比例して求められるものも多くなってきます

 企業側からすると、30代の志願者の中からでも、今までのスキルやキャリアのある即戦力となる人材を選びたいと考えるのが一般的です。

20代では、ポテンシャルや伸び代を期待して採用してもらえる可能性がありますが、30代ではそうはいかなくなってくる可能性が高いと言えます。

30代のスキルがない人は、特に未経験職種の採用は狭き門になってくるかもしれません。

3. 20代との転職競争で負けてしまう可能性がある

スキルがない30代が転職するコツ

「スキルやキャリアがない20代」と同じく「スキルやキャリアがない30代」が同時に応募してきていれば、企業側は20代を採用する確率が高いかもしれません。

特に最近は、年齢層の若い会社が増えてきている傾向にあります。
そういった企業に、スキルがない30代の方が転職を成功させるのはやや難しいかもしれません。

スキルがない40代の転職はさらに厳しくなる

40代向けの求人数は、20代~30代に比べると数が少ない傾向があります。

さらに20代~30代はポテンシャル採用など、未経験歓迎の求人が多いですが、40代ではスキルを求められることが多いです。

 高い専門性を見込んだ採用やマネージャー・管理職などが多く、企業からは即戦力が求められています。

そのため、スキルがない40代は、未経験の職種に転職するのは難しいと言われているのです。

40代の転職は、求められるものや難易度が高くなる傾向にあります。

40代に求められるスキルとは?

40代に求められるスキルには、コミュニケーション能力やマネジメント能力、問題解決力などが挙げられます。

その他、英語力や営業スキル、専門分野の知識などもあるでしょう。

 専門性の高いスキルは希少価値が高く企業からも需要があるため、好条件の求人を見つけることができるのです。

求められるスキルは業界や分野によっても異なるため、業種が変われば全く通用しないこともあるので注意が必要です。

その他、専門スキルがなくても、マネジメントや新規事業の立ち上げなどの経験自体が専門性としての強みになることもあります。

自分にはどのようなスキルや専門性があるのか、振り返ってみましょう。

転職したいけどスキルがない20代がやるべきこと

スキルがない20代が転職する秘訣

次に「これといったスキルがないけど、転職を成功させることはできるのかな?」と不安に思っている20代の方向けに、転職を成功させる秘訣をご紹介します。

20代は、他の年代と比べると比較的転職しやすい年代です。未経験でも転職できるチャンスもあるため、転職したいのならスキルがなくても転職活動を積極的に行ってみましょう。

20代・スキルなしの方が転職を成功させる、3つの秘訣をご紹介します。
転職したい20代がやるべきこと
  • 自己分析を念入りに行う
  • 面接対策をしっかり行う
  • 20代ならではの強みを把握する
  • スキルを身につける

1. 自己分析を念入りに行う

スキルがない20代が転職する秘訣

企業はもちろん、スキルやキャリアがある人を選びたいと思っている可能性の方が高いでしょう。

その中でスキルやキャリア以外の強みを見つけるためにも、自己分析を念入りに行うことは必要不可欠です。

 スキルやキャリアがない中で採用したいと思ってもらうためには、自分には「ポテンシャル」「伸びしろ」があることを伝えたいところです。

学ぶことに対しての貪欲さなどの性格的な面でも「伸びしろ」としてアピールできるものがあるでしょう。

即戦力にはなれなくとも、自分を採用することで長期的な目で見たメリットがあると言うことをアピールできるように自己分析をしてみましょう。

2. 面接対策をしっかり行う

スキルがない20代が転職する秘訣

スキルのない20代の転職では、面接対策が重要になってくるでしょう。

なぜなら、社会人経験を一度は経験しているが30代40代よりは経験が浅いといった中で、面接のマナーで差をつけることができる可能性があるからです。

自己分析を念入りに行い、万全に受け答えの準備をしてくことも大切です。

隅々まで気を張ったマナーとしっかりとした佇まいをアピールすることで、他の応募者と差をつけましょう。

3. 20代ならではの強みを把握する

スキルがない20代が転職する秘訣

スキルがない20代の転職をするのであれば、20代ならではの強みを知ってから、それに合わせて転職活動をしていくのが大切になってきます。

 スキルがない20代に必要とされがちなポイントは、ポテンシャル・仕事への意欲的な姿勢・素直なことなどです。

企業側はが採用の際に気にするポイントは、年代ごとに異なるとも言われています。

前提として企業が欲している人材を理解していなければ、どんなに秀でたポテンシャルがあってもそれを企業から求められていない形で伝えてしまうかもしれません。

求められることに対して、どうすれば自分をアピールできるのか考えることが大切でしょう。

4.スキルを身につける

談笑

ポテンシャル採用が見込める20代でも、即戦力としてアピールするためにはある程度の社会人スキルが必要です。

20代の転職で求められるスキルの例を、以下にまとめてみました。

転職したい20代が身につけるべきスキル
  • コミュニケーションスキル
  • ビジネスマナー
  • ITスキル

20代に求められるのは、社会人経験者であれば身についている基本的なスキルです。

また、資格保持者も採用担当者の目にとまりやすいため、希望職種に関連する資格取得を目指すのもおすすめです。

転職したい20代におすすめの資格
  • TOEIC
  • 日商簿記検定
  • ファイナンシャルプランナー
  • マイクロソフト系認定資格

転職したい20代に、英語スキルを証明できるTOEICはおすすめの資格です。また、IT関連のスキルは証明が難しいので、資格があることで基本的なソフトの操作ができることを具体的にアピールできます。

経理や金融系なら日商簿記、ファイナンシャルプランナー、IT関連ならマイクロソフト系の資格など、今から勉強する資格は自分が転職したい業種に合わせて選ぶと良いでしょう。

すでに資格を取得している場合は、さらなる上位資格に挑戦するのもおすすめです。

また、20代であれば無資格であっても資格取得に向けて前向きに勉強をしている事自体が、向上心の高さとしてアピールポイントになります。

転職したいけどスキルがない30代がやるべきこと

スキルがない30代が転職するコツ

スキルがない30代の転職は、20代と比べると厳しめかもしれません。ですが30代ならまだ希望がある年齢ですので、諦めるべきではないでしょう。

ここからは、スキルがない30代の転職が厳しい理由と成功の秘訣を紹介します。
転職したい30代がやるべきこと
  • 未経験でも採用してくれる企業に絞る
  • パート・アルバイトから正社員を目指す
  • 経験のある業界から探す
  • スキルを身につける

1. 未経験でも採用してくれる企業に絞る

スキルがない30代が転職するコツ

30代でも未経験者の採用を行っている企業に絞ることで、スムーズに転職活動が行える可能性があります。

 専門的なスキルや資格がない場合は、事務職・営業職・販売職・IT業界などにそのような求人が多くある可能性があります。

30代で未経験の人を歓迎している求人は、あまりないのが現実かもしれませんが転職エージェントに相談することでサポートしてくれるかもしれません。

細かく求人を調べれば、自分の希望の業種・職種で未経験者を募集している企業はいくつか見つけられると思います。

2. パート・アルバイトから正社員を目指す

スキルがない30代が転職するコツ

正社員登用制度のある企業に、パート・アルバイトとして転職するのも一つの手です。

 まずはパートやアルバイトとして転職し、後に正社員を目指していくのもいいでしょう。

その企業に「パート・アルバイトとしてからでも働いていきたい」と初めから思っている場合は、その方が質の良い仕事に出会えるかもしれません。

必ずしも正社員になれるとは限りませんが、まずはパートやアルバイトから正社員を目指してみるのもおすすめです。

3.経験のある業界から探す

30代の転職を成功させるためには、今までのスキルや経験を活かせる業界を選ぶと良いでしょう。

直接的にはその仕事をしていなくても、取引先として関りがあった、または今までしてきた仕事との親和性が高い、などでも問題ありません。

 未経験への転職ではなく今までの経験と転職先の仕事の関連が深ければ、即戦力としての採用が見込めます。

面接や書類選考の際の志望動機でも、その会社や仕事に興味を持ったきっかけが具体的であればあるほど転職に有利になります。

さらに、業界経験者であれば、おおまかな仕事の流れを知っていると見なされ、入職後の研修期間が短期で終了することもあるでしょう。

即戦力の人材の採用は、企業にとって大きなメリットとなります。

4.スキルを身につける

30代になると20代のように「伸びしろ」や、「やる気」などのポテンシャルだけでは通用しなくなります。

企業が30代の転職者にどんなスキルを求めているのか、正確に把握しておくことが重要です。

企業が30代の転職者に求めるスキル
  • 適応力
  • 即戦力
  • マネジメント能力

30代の転職では前職のスキルを活かした作業量や業務内容が求められます。そのため、どんな環境にも素早く対応できる適応力と即戦力が重要視されるでしょう。

さらに30代も後半になると、組織におけるマネジメント能力も求められます。

 マネジメント経験が少ない30代前半であれば、社内での立ち位置、後輩への指導力など日々の業務における会社への貢献度が問われる可能性があります。

また、30代と20代では、転職に有利な資格が異なり、より専門性の高い資格がおすすめです。

転職したい30代におすすめの資格
  • 社会保険労務士
  • 公認会計士
  • 宅地建物取引士
  • MCP

従事している職業についての資格はもちろん、日常業務で必要となるIT系資格も、より実用性が高く、幅広い知識が問われる資格を受験すると良いでしょう。

転職を希望する企業によっては、ライバルが20代になることもあり得ます。20代と同じような資格では、内定を勝ち取ることができません。

 ただし、転職先に全く関係のない上位資格を持っていてもメリットは少ないため、希望の業界に必要とされる資格を見極める必要があります。

例えば、宅地建物取引士は不動産業界では持っているだけで転職に有利ですが、転職先が不動産関連でなければ宝の持ち腐れです。

資格取得にはお金と時間と労力が必要なので、選択は慎重にしたいですね。

転職したいけどスキルがない40代がやるべきこと

自分の市場価値を把握する

転職ではライバルに打ち勝つため、自分の魅力を最大限にアピールして、企業にしっかりと売り込む必要があります。

そのためには、まずは自分が転職市場にとって求められている人材なのかどうかを、客観的に分析して把握しておくことが大切です。

 自分だけでは市場価値がいまいちよく分からない場合には、第三者の意見を参考にするのもおすすめです。

転職エージェントに登録してキャリアアドバイザーとの面談を受ければ、転職のプロに客観的なアドバイスをもらうことができます。

実際に転職活動を始めてしまい、さまざまな企業の求人を検討したり、職務経歴書を記入することで、見えてくるものもあるでしょう。

企業のニーズを知る

企業が求める人材はどのような人なのかを理解して、自分とマッチしている部分があるかを探し出しましょう。

自分を採用することによって、企業にどのようなメリットがあるのかを伝えられるようにすることが大切です。

市場価値を正しく理解することで、企業に対してどのような点がアピールポイントになるのかが明確になりますよ。

スキルを身に付ける

転職したい分野に関する専門的な知識やスキルがあることは、ライバルと差をつける大きな武器になります。

転職が成功するだけではなく、今よりも良い待遇でキャリアアップが見込める可能性もあります。

 スキルに自信のない方は、今の職場で専門スキルを身に付けることがおすすめです。

例えば、営業の仕事をしている方は、これまで培ったコミュニケーションスキルを企業にアピールできます。事務職の方は、エクセルやワードが使えるなど、一定のPCに関する知識があることをアピールするのも良いでしょう。

資格を取得する

転職したい業種に役立ちそうな資格を取得するのもおすすめです。

企業に対して一定の知識を持っていることをアピールできるだけではなく、努力ができる人という良い印象を与えることができます。

 仕事に対する熱意があることや、前向きな姿勢を企業に評価してもらえる効果もあります。

資格を持っていることを履歴書に記載すれば、他の選考者との差別化を図ることもできるでしょう。

難易度の高い国家資格など、市場価値の高い資格を取得すれば、スキル不足をカバーしてキャリアアップにもつなげられるかもしれません。

キャリアプランを立てた上で、有利に働きそうな資格を検討してみましょう。

転職したい人が知っておきたい転職のリスクとは

転職にはリスクがつきものです。勢いで転職をした後に「やっぱり元の職場の方が良かった!」と後悔しないためにも、転職のリスクを理解したうえで転職活動をおこないましょう。

転職によって考えられるリスク
  • 年収が下がる場合がある
  • 上司が年下になる場合がある
  • ローンの審査が不利に働く場合がある
  • 転職先がすぐに見つからない
  • 企業特有の社風に馴染めない

年収が下がる場合がある

年収アップのために転職する人は多いですが、一般的に、転職直後は年収が元の職場よりも下がる傾向にあります。

転職先でまだ成果を出していないため、初年度から高い年収を提示されることは期待できません。

希少な専門職でもない限り、転職初年度の年収アップは難しいかもしれません。

中でもボーナスは、査定期間の実績をベースに決定します。そのため、転職先での査定期間が十分でない場合、ボーナスの査定額が下がる可能性があります。

月収にあまり差がない場合でも、転職した年度のボーナスは減ることを覚悟しておきましょう。

上司が年下になる場合がある

年齢に関係なく、転職先では新入社員です。転職する年齢によっては、配属先の上司が自分より年下になる可能性があります。

 転職先で年下からの指導を素直に聞き入れる気持ちがない場合、職場環境がぎくしゃくして仕事が円滑におこなえません。

前職での経験は一度リセットして、謙虚な気持ちを持つ必要があります。

ローンの審査が不利に働く場合がある

住宅や車などの大きな買いものでローンを組む計画がある場合は、転職によって審査が通りにくくなる可能性を考慮する必要があります。

極端に勤続年数が短いと、安定した返済が難しいと判断され、ローン審査が不利になります。

転職と長期ローンを組むタイミングは、しっかり計画をたてておこなうのがおすすめです

場合によっては転職前にローンを組んでおくのも有効ですが、その場合は堅実な返済計画も同時に必要です。

転職先がすぐに見つからない

仕事を続けながらの転職活動が難しく、退職後に転職活動をスタートさせる人もいるでしょう。その場合、次の会社が決まるまでは無職となります。

失業保険の給付は3カ月の待機期間終了後からです。失業保険がもらえるまでの退職後3カ月は、収入がなくなります。

 転職活動が長引く場合を想定して、少なくとも3カ月分の生活費を準備しておく必要があるでしょう。

仕事をしながら転職活動をスムーズにすすめるために、転職エージェントの力を借りる人も多いです。

企業特有の社風に馴染めない

転職して仕事をスタートさせてみないと見えにくいのが、職場の雰囲気です。条件面で問題がなくても、企業独自の社風などに馴染めない場合は仕事のやりづらさを感じてしまいます。

 強い年功序列や極度な体育会系など、求人の募集要項では気づけない特有の社風を持つ会社もあります。

職場の雰囲気などを知るために、転職エージェントの企業担当者から情報を得ると良いでしょう。

転職活動をしてみるメリット

転職市場での自分の価値が明確にわかる

転職市場で自分の市場における価値が分かると、どのようなキャリアの選択肢があるのかを明確にすることができます。

 自分の希望通りの転職ができそうか、どのような業種なら良い条件で転職を成功させられそうかを判断する材料になるでしょう。

自分の市場価値を知ることが怖い方もいるかもしれません。しかし、自分を必要としてくれる企業が見つかるチャンスかもしれません。

今スキルに自信がなくても、自分が目指す転職先に必要なスキルが分かることで、今後のキャリア形成にも役立てることができます。

将来自分が実現させたい人生やキャリアの準備のために、転職活動を活用してみてください。

転職すべきか、今の仕事を続けるべきか判断できる

転職活動を開始したら必ず転職しなければならない、というわけではありません。

 現在の仕事を続けながら転職活動を進めることで、今まで明確ではなかった目指すキャリアの方向性が見つかることもあります。

他の企業の求人を見る、実際に面接に行くなどの転職活動を通して、今の職場の良さを再発見することもあるでしょう。

焦って転職先を探すのではなく、魅力的な求人があれば応募するなど、心に余裕を持って活動してみてください。

転職したいけど不安な方は転職エージェントの利用がおすすめ

「転職したいけど、年齢の割にスキルがなくて不安」「面接に通る自信がない…」と悩んでいる方におすすめなのが、転職エージェントの利用です。

転職エージェントとは、転職を希望する方の特性や希望を細かくヒアリングし、それに合った企業を無料で紹介する人材紹介サービスです。

転職エージェントが無料な理由は?
転職エージェントは、転職希望者と新しい人材を採用したい企業の仲介となり、マッチングが実現すれば(転職希望者が入社すれば)企業側から成功報酬を受け取れるからです。

求人情報を収集するだけの転職サイトとは違い、アドバイザーが手続きの代行や相談に乗ってくれる点が特徴です。
転職エージェントを利用するメリット
  • 自分に合った企業を紹介してくれる
  • 転職サイトには載っていない非公開求人にも出会える
  • 企業との面接の日程調整や年収交渉などを代行してくれる
  • 履歴書の添削や面接対策をしてくれる
  • 不安なことがあれば相談できる

上記のサービスを、全て無料で利用できます。

アドバイザーの方と話すことで、客観的に見た自分の市場価値や強みが明らかになるでしょう。また、転職エージェントを利用して年収アップを実現した方は多くいます。

実際にどのくらいの方が年収アップをしているのか、またはどのくらいの金額年収がアップしたのかは、次で見ていきましょう。

20代・30代の転職したい方におすすめな転職エージェント4選

迷ったらここ!無料登録のメリットが大きい転職エージェント

リクルートエージェント

RECRUIT AGENT LP

リクルートエージェントのおすすめポイント※1
  • 業界最大級の非公開求人数
  • 転職した方の6割以上が年収アップを実現※2
  • 転職支援実績No.1!転職した方は37万人以上
  • 平日夜間や土日でも相談OK・電話面談も可能
  • 転職のプロがマンツーマンでサポートしてくれる
  • 40年以上培ったどこよりも豊富な経験とノウハウがある

リクルートエージェントは、転職支援実績と求人数の多さが魅力の転職エージェントです。

これまでリクルートエージェントを利用して転職した方は、37万人以上。この支援実績は、数ある転職エージェントの中でもNo.1に輝いています。※1

多くの方がリクルートエージェントを通じて転職に成功している理由は、

  • 経験豊富なキャリアアドバイザーとの面談
  • 提出書類の添削
  • 面接対策
  • 企業側との条件交渉の代行

などと、利用は無料にも関わらずサポートが手厚いからです。

その上リクルートエージェントは、ネット上に公開されていない非公開求人を20万件以上保有しており、その中からあなたの強みや適性に合った求人を、無料で紹介してくれます。

紹介してくれる求人は未経験OKなものから上場企業のものまで、豊富に揃っているのが特徴です。

申し込み後の面談は、平日夜間や土日・電話でも可能。利用したら絶対に転職しなければいけないことはなく、なんとなく「転職したい」と漠然な希望だけで相談してみても問題ありません。

転職のプロに客観的にみてもらうことで、自分で気づけなかった自分のスキルや価値を見つけ出せるでしょう。

リクルートエージェントの年収アップ実績

リクルートエージェントを通じて年収アップを実現した方は、6割以上です(2011年度)

リクルートエージェント 転職者の年収増減

公開求人数 非公開求人数
15万3,162件 20万8,856件
ユーザー年齢層 対象エリア
20〜50代 全国

※1:公式サイトの文言によります。
※2:2011年度にリクルートエージェントを利用して転職した方のうち
出典:リクルートエージェント公式サイト

大手・優良企業に転職したい方におすすめ!

doda

doda LP

dodaのおすすめポイント
  • 求人サイト・エージェントサービス・スカウトサービスの3機能が1つに!
  • 転職者満足度No.1
  • 転職・求人情報量は国内最大級
  • 大手や優良企業の求人多数!口コミ掲載企業など特徴ごとに探せる
  • 【参加無料】オンラインの転職セミナーや個別相談会を実施中
  • 年収査定など診断・書類作成ツールが豊富

dodaは、転職満足度No.1のユーザー評価が高い無料転職サイトです。

転職サイトですが、自分のこだわり条件で求人を探せるだけではありません。
  • 各専門スタッフがあなたにぴったりの求人を紹介&転職までをサポートしてくれる国内最大級「エージェントサービス」
  • 効率的に転職を進めたい方向けに、企業から直接オファーがくる「スカウトサービス」

も展開しています。自分がどう転職活動を進めたいのかで、それに合ったサービスを選べるので、転職活動をスムーズに進められるでしょう。

dodaが保有する求人の特徴は、大手企業や優良企業の求人が多いこと。

 他にも、年収が高い未経験歓迎の企業、中途入社者がおすすめする企業、黒字経営の企業など、細かい条件で求人情報を閲覧できます。

スカウトサービスでは、書類選考をスキップした面接確約オファーが受け取れることも。オンライン転職カウンセリングを実施中なので、気になった方はぜひ利用してみて下さいね。

dodaの年収アップ実績

dodaを通じて転職をした方は、平均56.7万円年収がアップしています。最大アップ額は、440万円です。

doda 年代別の平均年収アップ率

※調査期間:2013年1月〜2014年6月にdodaエージェントサービスを利用して転職した方

公開求人数 非公開求人数
11万5,430件 未公開
ユーザー年齢層 対象エリア
20〜50代 全国

※公式サイトの文言によります。
出典:doda公式サイト

 

20代・はじめて転職をする方・第二新卒の若手社会人に人気

マイナビエージェント

mynavi-agent

マイナビエージェントのおすすめポイント
  • 20代の転職支援実績No.1
  • 第二新卒・はじめて転職をする若手社会人におすすめ
  • 無料の転職面談実施中!自宅にいながらWeb・電話・LINEでも転職相談OK
  • 幅広い業界・業種に太いパイプを持つマイナビ独占の求人あり
  • 各業界専任のプロによる徹底サポートを受けられる!女性向けサポートも
  • 他では知りえない人気企業の情報を得られる
  • 退職交渉のサポートあり

マイナビエージェントは、第二新卒やはじめて転職をする20代に人気な転職エージェントです。 

マイナビ看護師や薬剤師、マイナビ営業エージェントやITエージェントなど、各業種・業界ごとに特化した人材紹介サービスを展開するマイナビだからこそ、出会える求人があります

 在籍するキャリアアドバイザーは、全員様々な業界の転職市場に詳しいプロフェッショナルです。

キャリアアドバイザーによるサポートは利用回数・期間に制限なく受けられるため、自分が納得のいく転職活動ができるでしょう。

無料の転職面談に行くのが難しい場合は、電話やWeb・LINEでも対応してくれます。

マイナビエージェントは、女性の転職市場に精通したキャリアアドバイザーも在籍しているため、転職をしたい女性にもおすすめです。

マイナビエージェントの年収アップ実績

マイナビエージェントは、転職者の年収アップ実績が豊富です。おおよそ20%も年収がアップすることも。

マイナビエージェント 年収アップ早見表

年収交渉は、切り出すタイミングや希望金額の提示の仕方など、細かいところにも気を遣わなければいけません。

マイナビエージェントなら、これらの交渉を全てプロに任せることができますよ。
公開求人数 非公開求人数
3万3,329件 未公開
ユーザー年齢層 対象エリア
20〜30代 全国

※掲載している求人数は、いずれも2022年1月4日時点の情報です。

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアのおすすめポイント
  • パソナキャリア保有の独占求人も豊富
  • 信頼感のあるサポートとアドバイス
  • 転職に関する情報が詰まった公式サイト

パソナキャリアオリコン顧客満足度調査に3年連続第1位受賞しており、サポート体制やキャリア形成支援に力を入れています。※公式サイト参照

 目指している業界・業種に詳しいキャリアアドバイザーがサポートしてくれるので、信頼感があると言えるでしょう。

他にも、エージェント利用者に企業の生の声を届けられるように、キャリアアドバイザーが企業の人事担当と営業担当との打ち合わせに同席することもあるそうです。

転職活動に全体的に不安感がある人にとっては、パソナキャリアはおすすめです。

公式サイトには転職ノウハウや、セミナー情報などもあるので見るだけでもためになります。
サービス利用料 無料

求人数
※2021年8月27日時点

約50,000件以上
※非公開求人含む
主なサービス内容
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • スカウト
  • キャリアカウンセリング
運営会社 株式会社パソナ

出典:https://www.pasonacareer.jp/

転職したいけど何がしたいかわからない人の特徴

漠然と「いまの仕事を辞めたいから転職したい」と考えている方の中には、次に自分が何がしたいのかわからないと悩む方も多いようです。

そういった方はまず”どうしてしたいことが分からないのか”、その理由を分析することが重要です。

ここからは、この先何がしたいのかわからないと悩みを抱える方の主な特徴をご紹介します。

1. 自己分析不足

転職したいけど、何がしたいかわからない時は?

したいことがわからない、したいことがない理由として自己分析不足が考えられます。

自己分析を行わないと自分のスキルやキャリアだけではなく、自分の強みや仕事上の性格・自分のアピールポイントなどを、具体的に確認することができません。

 そして自己分析を行わないことは自分が「どんな仕事に向いているのか」「どんな仕事は向いていないのか」がわからないということに繋がります。

自己分析不足で「何がしたいかわからない」「特にしたいことがない」となっているのかもしれません。

2. イメージ不足

転職したいけど、何がしたいかわからない時は?

「何がしたいかわからない」「特にしたいことがない」と言うことが起こってしまう理由として、自信なさによるイメージ不足も挙げられます。

 自分のスキルやキャリア不足を感じているのであれば、現職場でもう少し頑張ってみてから転職活動を行う、という選択肢もあります。

自信のない状態でイメージも湧かず転職活動を行うよりは、現職場で自分の納得のいくまで業務を遂行し、そのスキルやキャリアを生かす鮮明なビジョンを持ってから、転職活動をしても良いのかもしれません。

3. 知識不足

転職したいけど、何がしたいかわからない時は?

したいことがわからない・したいことがない理由として、知識不足も挙げられるでしょう。業種や職種について知識がないことから、どんな仕事があるかあまりわかっていないということがあります。

 世の中にはたくさんの仕事があります。まずは業種・職種を調べることから始めなければ、自分にぴったりな仕事も把握できないでしょう。

業種・職種が一覧になっている転職サイト・転職エージェントなどを活用して、まずはいろんな仕事を知りましょう。

様々な業種・職種を知らないことが原因で視野が狭まり、したいことがわからなくなっているのかもしれませんね。

転職したいけど何がしたいかわからない時の適職の見つけ方

上記のような特徴に当てはまる方は、これから紹介する方法で自分に合った職を見つけてみるのがおすすめです。

何がしたいかわからない時の対処法
  • 自己分析をする
  • 業種・職種を知る
  • 譲れない条件を明確にする
  • 過去に評価された仕事や業務を振り返る
  • 自分にとって嫌なこと・できないことを書き出す
  • 自分の市場価値を知る
  • 転職までのスケジュールを考える
  • 将来なりたい自分を考える
  • 適職診断を参考にする
  • 転職エージェントを活用する

対処法① 自己分析をする

転職したいけど、何がしたいかわからない時は?

自己分析をすることは、自分のスキルやキャリアを棚卸するだけではなく、自分の強みや仕事上の性格など自分のアピールポイントを浮き彫りにすることを可能にします。

 自己分析は「どんな仕事に向いているのか」「どんな仕事は向いていないのか」の確認も可能にします。

今まで視野に入れなかった選択肢も出てくるかもしれませんし、好きなことだけど仕事にするには向いてない、ということもあるかもしれません。

自己分析をすることによって、自分と仕事のミスマッチを防ぐことができるでしょう。

自己分析の結果は、転職活動を始めるにおいて重要な役割を果たすことがわかりますね。

対処法② 業種・職種を知る

転職したいけど、何がしたいかわからない時は?

まず、業種・職種とはそれぞれなんなのかを説明します。

  • 業種…事業の種類(小売業、運輸業など)
  • 職種…仕事の種類(営業職、経理職など)

世の中には、数多くの業種・職種があります。様々な業種・職種を知ることは、自分に合った転職先を見つけるヒントになってきます。

色々なことに関心を持って視野を広げてみましょう。あなたにぴったりな仕事が見つかるかもしれませんよ。

対処法③譲れない条件を明確にする

希望の条件はたくさんあるかもしれませんが、希望を全て叶える転職先を見つけるのは至難の業です。まずは自分が転職先に求める条件をリストアップし、譲れない条件を明確にしましょう。

そうすることで、自分が何を求めているのかが明らかになり、適職を見つけやすくなります。

 自分の希望条件が曖昧なまま転職をすると、不満ばかりが目につき、転職を繰り返すことになります。

対処法④過去に評価された仕事や業務を振り返る

自分に何が向いているのか分からない場合は、自分の今までの仕事や、学生生活で、他人に評価された働きを振り返ってみてください

他人に評価されたことの中に、適職を見つけるヒントがあるはずです。

 正確さが評価される人は製造業や金融関連、周りとの連携が評価される人はチームワークが必要な仕事など、自分の強みで貢献できる仕事を探してみましょう。

自分の適性に気づければ、適性を活かせる職場も見つけやすくなります。

対処法⑤自分にとって嫌なこと・できないことを書き出す

リスクが不安で転職に踏み出せない人は、自分がどうしても嫌なこと、できないことを書き出してみましょう。

どうしてもできないことがハッキリすることで、自分に適していない職業が見えてきます。

消去法で残ったものが自分に適した仕事ということですね。

できないことを明確にすることで、逆に「それ以外はできる」という前向きな適職探しも可能です。

対処法⑥自分の市場価値を知る

転職における自分の市場価値を正しく理解することで、転職先の条件が明確になります。自分のキャリアやスキルが、転職市場でどのように評価されるか一度考えてみるのがおすすめです。

ただし、自分だけの判断では価値を見誤るリスクがあるため、客観的な意見が必要です。

転職のプロである転職エージェントに相談することで、的確なアドバイスが貰えます。

また、今の自分の年齢やスキル、持っている資格などで、どの程度の年収が貰えるのかも価値基準のひとつです。転職サイトでは、情報を入力して現在の自分の年収査定などが受けられます。

対処法⑦転職までのスケジュールを考える

転職にかかる期間は、3カ月~6か月程度です。それ以上時間がかかると履歴書の空白期間が長くなり、悪印象を与える可能性があります。

いつまでに転職をしたいか、先に目標を決めてスケジュールをたてることで、転職準備に集中できるでしょう。

転職準備期間は長ければ良いというものではありません。

対処法⑧将来なりたい自分を考える

目先の年収や待遇などに目がくらんで勢いで転職を決めてしまうと、将来の方向性を見誤る可能性があります。長期的な視点で自分のキャリアプランを考えてみましょう。

 将来、どこでどのような仕事をしたいか具体的に計画をたてることで、今自分がしなければならないことが見えてきます。

ゴールを先に決めてそこから逆算すれば、今自分がどのような仕事に就くべきかわかりやすくなります。

将来的に独立を考えているなら、実践を通じてスキルが磨ける転職先を探すことが有効です。

対処法⑨適職診断を参考にする

「適職診断」をおこない、自分に合った仕事を探すのもおすすめです。

自分の性格や特徴だけでなく、一見仕事に無関係な質問などに答えると、AIが情報を分析し、どんな職業が向いているのか診断してくれます。

ハローワークでも予約制で適職診断が受けられます。

また、無料で適職診断ができる転職サイトもあります。手が空いている時間に気軽に診断できるので、いくつかのサイトで診断してみるのもおすすめです。

対処法⑩ 転職エージェントを活用する

転職したいけど、何がしたいかわからない時は?

どうしてもしたいことがわからない・したいことがないけど転職したい人には、転職エージェントを活用することをおすすめします。

 転職エージェントは、利用者に合いそうな企業を紹介してくれます。やりたいことがわからないので自力で求人を探すことができないという方に、ぴったりなのではないでしょうか。

さらに転職エージェントは、他にも様々な悩みに対する相談を聞いてくれたり、転職フェアなども行なっています。

それだけでなく、面接対策や書類を添削などのサポートをしてくれるところもあります。

まず転職エージェントに登録してみるのも、一つの手かもしれません。

転職したいけど何がしたいかわからない人は「doda」がおすすめ!

dodaのおすすめポイント
  • 求人数が非公開求人含め12万件以上
    ※2021年8月現在
  • キャリアアドバイザーの手厚いサポート
  • スカウトも機能がある
  • 転職セミナーや転職フェアを開催

dodaは、これからしたいことがわからない・したいことがない人におすすめの転職エージェントです。

 dodaならまず転職活動を始める前に、何をしたら良いか教えてくれるでしょう。また、強みや向いている仕事を一緒に探ってくれるのも特徴です。

求人数も非公開求人含め12万件以上もあるので、エージェントから紹介してもらえる企業の幅が広いのもおすすめできるポイントです。

自分の入力した情報を見て評価してくれた企業から、スカウトしてもらえる機能もあります。

転職セミナーや転職フェアを開催しているので、参加することで悩みや不安が解決されるかもしれません。

転職したい人がタイミングを逃すとどうなる?

いつかは転職したい、となんとなく考えている内に転職のタイミングを逃してしまう可能性があります。ここでは、転職したい人がタイミングを伸ばした場合のデメリットをご紹介します。

タイミングを逃すリスク
  • 年齢が上がるとより転職の難易度が高くなる
  • 不況に陥り採用のハードルが変化する可能性がある
  • 現職での勤務状況や生活スタイルが変わり、転職できなくなる可能性がある

年齢が上がるとより転職の難易度が高くなる

転職の難易度は、年齢によって大幅に変化します。一般的には、伸びしろや素直さがありながら社会人スキルが身についた、20代が一番転職に適しているといわれています。

転職は年齢を重ねるごとに専門的なスキルや深い知識が求められ、難易度が高くなります。

 スキルや実績がある30代以上の転職者を希望する求人も少なくありませんが、40代になると一気に転職難易度が上がることを覚悟しておきましょう。

不況に陥り採用のハードルが変化する可能性がある

求人数の増減は社会全体の景気に連動しており、世の中全体の景気が良ければ多くの企業が人手不足による求人募集をおこないます。

 逆に景気が悪化すると仕事自体が減り、人材が余るため中途採用をおこなわない企業が増えるだけでなく、リストラもあり得ます。

さらに不況の時は求職者が増加します。少ない求人に応募が殺到するため、採用のハードルも自然と高くなります。

現職での勤務状況や生活スタイルが変わり、転職できなくなる可能性がある

現職で円満退社を希望するのであれば、会社に迷惑がかからないタイミングで転職をする必要があります。

大きなプロジェクトを任されたり、ほかのスタッフの退職が重なったりするタイミングでは退職を切りだしにくい状態になるでしょう。

女性の場合は、結婚や出産などで生活スタイルが大きく変わる場合があります。

妊娠がわかってからの転職活動は困難が予想されるほか、出産後も子どもの体調不良などで欠勤を余儀なくされる場合もあります。

また、パートナーの転勤に伴う引っ越しの可能性も考えておかなければいけません。

転職したいけど勇気がない…転職が怖いと感じる理由

転職活動がうまくいかないかもしれないから

書類選考が通過できない、面接で落とされてしまうなど、転職活動は必ずしも順調に進むとは限りません

時間やエネルギーを費やして転職活動に取り組んだにも関わらず、不採用になってしまった時のショックは計り知れないでしょう。

 このようなネガティブな想像をしてしまうと、なかなか転職活動に踏み出せなくなってしまいます。

特に初めての転職活動では転職に成功するイメージが沸かないので、やみくもに不安を抱えてしまうものです。

さらに在職しながらの転職活動は使える時間が限られるため、思うように進まないのではないかと不安になってしまうでしょう。

不安の解消方法

転職のタイミングは、年齢が若いほどスムーズに内定までつながる可能性が高いと言えます。

なぜなら、企業は社風に柔軟になじむことのできる若手の人材を積極的に採用したいと考える傾向があるからです。

 転職を迷っている間にどんどん年を取り、決心がついた頃には自分の市場価値が下がっていた、ということにもなりかねません。

まずは転職エージェントに登録する、求人を探してみるなど、少しずつでも活動を始めてみることをおすすめします。

転職活動を進めていく中でさまざまな情報を手に入れれば、転職に関するネガティブなイメージを払拭できるかもしれません。

一歩踏み出すことで、今までとは違った景色が見えてくるでしょう。

今の職場環境を失ってしまうから

転職をするということは、今まで築いてきた職場環境を全てリセットすることになります。

 前職では通用していた習慣や仕事の取り組み方が、他社では通用しないということも十分考えられるでしょう。

20代の若者なら柔軟に職場環境になじむことができるかもしれませんが、40代以上になると環境の変化に適応できない方もいます。

長く努めた職場環境からの変化を恐れて、転職を足踏みしてしまう方は少なくありません。

生活環境も変化する

転職で変化するのは会社だけではありません。生活環境も大きく変化することが考えられます。

 休日や勤務時間が変われば、プライベートの過ごし方も変わってきます。給与や福利厚生によっても、生活が変化するでしょう。

子育て中の方やマイホームのローンがある方は、生活水準をできるだけ下げずに転職を成功させたいと考えるでしょう。

老後資金や貯金もできるくらい余裕のある給与であれば安心ですが、待遇が良い求人はそれだけライバルも増えることになります。

不安の解消方法

新しい職場環境に変わるということは、決して悪いことばかりではありません。前職での人間関係などの不満を解消できる可能性があります。

能力が認められてキャリアアップに成功すれば給与アップが見込めるだけではなく、好待遇で採用が決まる可能性もあります。

 求人内容をしっかりと比較して社風や理念などをチェックすれば、転職後ギャップを抱えることもないでしょう。

転職エージェントに登録してキャリアアドバイザーに相談すれば、求人では分からなかった内部の情報を教えてもらえることもあります。

転職先の職場が想像と違うかもしれないから

転職後、転職先の職場が想像していたものと違っていたと後悔することもあるかもしれません。

職場でコミュニケーションがうまく取れない、上司との相性が合わない、職場の雰囲気が悪い、ということも考えられます。

 現状をよくするために転職をしたにも関わらず、前職よりも悪い環境になってしまっていては意味がありません。

しかし、求人内容を見ただけでは、企業内部の情報や職場内の雰囲気までを知ることは難しいでしょう。そのような不安から、今の職場に不満を持ちつつも転職をする決心がつかず、現状維持を求めてしまう方もいます。

他業種への転職を希望する場合には、業種が違うこともギャップを抱えてしまう可能性もあります。

不安の解消方法

自己分析や退職理由の明確化、企業の情報収集など入念に準備を行えば、転職に失敗するリスクを下げることができます。

しかし、初めて転職活動をする方にとっては、自分自身でこれら全てを一人で完璧に行うのは難しいでしょう。

 そのような場合には、転職エージェントに登録して、キャリアアドバイザーのサポートを受けるのがおすすめです。

転職市場の動向や書類選考を通過するための履歴書の書き方、面接練習など、転職を成功に導くためのアドバイスが無料で受けられます。

企業に質問しにくい福利厚生や職場の雰囲気なども気軽に質問できるなど、心強い味方となってくれるでしょう。

転職に関する不安なことは親身になって相談に乗ってくれるので、安心して活動を進めることができますよ。

転職したいけど怖いときの乗り越え方

転職したいけど怖いときの乗り越え方

転職することに対して怖い・不安・自信がない・勇気がないと感じるのは自然なことです。そのような気持ちを抱えて、転職活動を行なっている人も多いでしょう。

そんな人たちに、少しでも転職活動にポジティブな気持ちになれる解決法を紹介します。

自分に自信をつける

自分に自信をつけるためには、自己分析をすることをおすすめします。

 他者から今までに褒められた経験や、どんなに些細なことでも自分のできること、これまで一生懸命になれたことや熱意を持ってできたことなどを書き出してみましょう。

転職活動はもちろん厳しい競争ではありますが、他者と比べない心も大切です。

人柄を重視して評価する企業も多くあるでしょう。強みと認識していなかった性格の部分でも、企業を魅了できる可能性があります。

退職理由と転職理由を明確にする

転職を乗り越えて今よりも良い環境・待遇の職場を手に入れるためには、自己分析を徹底的に行うことが大切です。

特に、退職理由と転職理由についてはしっかりと洗い出して、明確にしておく必要があるでしょう。

退職する理由

まずは、今回なぜ今まで勤めた職場を退職しようと思ったのか、理由を明確にすることが大切です。

 転職をするに至ったきっかけを改めて具体化することで、転職する目的や目指すべきゴールを定めることができます。

退職を考えるきっかけとしては、以下のようなものがあります。

  • 給料や待遇に不満がある
  • 仕事にやりがいを感じられない
  • 職場の人間関係が悪い
  • スキルが身に付かない

例えば給与や待遇に不満があって退職を考えている方なら、新しい職場には今よりも良い待遇のものを選ぶ必要があります。

転職理由

退職を考えたきっかけが明確になったら、転職先で実現したいことを洗い出してみましょう

例えば、年収アップや残業なしの職場、キャリアアップ制度が豊富である企業など、転職に求めるものは人によって違いがあります。

 転職する目的が明確になれば、自分に合った理想の職場を見つけやすくなるでしょう。

転職理由が明確になれば、転職へと踏み出す決心もつきやすくなります。

今の仕事を続けるべきか転職すべきか改めて考える

今まで洗い出してきた退職理由や転職理由などが明確になったら、今の仕事を続けるべきか転職すべきかを改めて考えてみましょう。

 現職に対して抱えている不満は、転職を行わずとも、自分の努力や工夫でも解消できる可能性もあります。

例えば激務で悩んでいる方は、上司に相談することで仕事量を減らしてもらえるかもしれません。

転職しなければ解消できない問題なのかを、しっかりと検討しましょう。

今すぐ転職しない方がいい人の特徴

転職する目的が明確ではないという方は、今すぐ転職しない方がいい可能性があります。

転職する目的が定まっていないまま面接を受けても、回答内容に一貫性がなく、企業に熱意をアピールできないかもしれません。

志望理由にも説得力がなくなってしまうので、思うように転職が進まないことも考えられます。

今の職場にそこまで不満がないという方は、退職の決心がついてから動くのが良いでしょう。

ブラック企業をしっかり見極める

転職したいけど怖いときの乗り越え方

ブラック企業に転職してしまったらどうしようと、不安な人も多くいると思います。自分で確認できる範囲の給与や求人に対しての違和感などは、徹底的に調べましょう。

ブラック企業の可能性を見極めるポイント
  • 求人票の給与が低すぎる
  • 求人票の給与が高すぎる
  • 大量募集をかけている
  • 常時求人が出ている
  • 残業に対しての表現が曖昧 など…

上記以外にも不明確な部分は口コミサラック企業リストを確認したり、直接偵察に行くのも良いでしょう。

口コミサイトは生の声が聞けるので、登録しておくのがおすすめです。

新しい職場に早く溶け込む準備をしておく

転職したいけど怖いときの乗り越え方

転職の際に、新しい仕事内容や人間関係に不安を見出している人も多くいると思います。

 早く職場に溶け込むためには笑顔や清潔な服装、はっきりとした受け答えなどを心がけましょう。仕事に関しては熱心に学んで、淡々と業務をこなす吸収の速さをアピールしましょう。

できる先輩のそばにいるようにしたり、能動的に貪欲に学ぶ姿勢をアピールすることで、社内でのコミュニケーションの機会が増えるかもしれません。

教えてもらったりなどのコミュニケーションが増えれば、早く会社に馴染めるかもしれないですね。

面接の準備を念入りに行う

面接が怖いから、自信がないからという理由で転職活動が進まないという状況の人もいると思います。

大切な転職活動に支障が出てしまうことは、避けたいところです。そのためにも準備はしっかり行いましょう。

 面接マナーをしっかり学んでおく、転職エージェントを活用して面接対策を行う、ある程度の答えを持っていく、当日のシュミレーションを何度も行なっておくことなどが大切です。

事前準備をすることで自信に繋がります。そうすることで、転職活動へ前向きな気持で臨むようになれるかもしれません。

面接に自信を持てれば、転職活動が意欲的に行えるようになるでしょう。

転職したい理由を魅力的に答えるには

転職したい理由を明確に答えるには

転職の面接でほとんど聞かれることが「なぜ転職したいのか」です。どういう考えをもってこの企業に入りたいのかという点が、担当者も気になるポイントなのでしょう。

転職したい理由には様々な理由がありますが「どうして前職を辞めたのか、なぜ当社に入社したいのか」という企業が気になっている質問に、魅力的な答えを用意できることが理想です。

そのためには、例え現職場に対してネガティブな思いがありそれが転職の理由だとしても、ポジティブな理由に言い換えて伝えることが大切です。

 ネガティブな理由は、裏を返せばポジティブな理由にもなり得ます。本音を交えてポジティブな伝え方をすると、ビジネスマナーに長けていると感じてもらえるでしょう。

面接では積極的に伝えたい「転職先のどういったところが希望する決め手なのか」というポイントも、前職場には無いという観点から見出だせるかもしれません。

当日あまり言わないでおくことを事前に決めておくのも、いいかもしれませんね。

第二新卒が転職するメリット・成功の秘訣

一般的に新卒入社してから3年以内で転職する人のことを、第二新卒と言います。

第二新卒の人の中には「これといったスキルやキャリアなく転職できるのかな」「入社してすぐやめてしまったら、転職できないかも」と悩む人が多いですよね。

第二新卒の転職は悲観的になりがちかもしれませんが、第二新卒の採用に積極的な企業もあります。

ここからは、第二新卒の転職のメリットやデメリットを踏まえ、転職を成功させるための秘訣を紹介します。

第二新卒で転職するメリット3つ

1. 一部企業から高いニーズがある

第二新卒が転職するメリット・成功の秘訣

求人でも「第二新卒歓迎」などと目にするように、第二新卒は一部の企業から高いニーズがあると言えるでしょう。

第二新卒を求める企業の特徴(一例)
  • 新卒採用で予定していた人数を確保できなかった企業
  • 新卒採用を待つよりも、今すぐに人材が欲しい企業

上記のような企業からは、第二新卒の需要があります。また、転職サイト転職エージェントを見てみると、第二新卒向けの求人も多いのが現状です。

2. 未経験職種にも転職しやすい

第二新卒は社会経験が浅いので、スキルやキャリアがまだ乏しい可能性が高いです。

そのことは企業も十分に承知の上で、未経験でもポテンシャルや将来性を評価して採用してくれることも多いでしょう。

3. 社会人経験をアピール出来る

第二新卒が転職するメリット・成功の秘訣

新卒の学生とは違い、ある程度の社会人経験があることを魅力的に思っている企業もあります。

 企業は第二新卒を採用することで、基本的な社会人としてのマナーを一から教える研修のためのコストを削減できます。

社会人経験がある程度あり、新卒とほとんど年齢が変わらない第二新卒は、企業にとっては伸びしろがあるという意味でも欲しい人材なのかもしれません。

新卒の時は採用されなかった企業に、第二新卒でまた応募して採用されたというケースもあるそうです。

第二新卒で転職するデメリット

即戦力を必要としている企業には向かない

第二新卒が転職するメリット・成功の秘訣

第二新卒の人はスキルやキャリアがほとんどない場合が多く、その点では新卒同様に見られるでしょう。

 ですが採用枠は新卒採用でなはく、経験者枠になることもあります。その場合に経験不足と評価されてしまう可能性もあるでしょう。

一度でも社会人経験がある第二新卒だからこそ、スキルなどを期待されてしまうのかもしれません。

即戦力を必要としている企業に第二新卒として応募するのは、ややハードルが高いと言えるでしょう。

第二新卒が転職を成功させる秘訣3つ

1. 転職の理由はポジティブに伝える

第二新卒が転職するメリット・成功の秘訣

転職の理由は、ポジティブに伝えましょう。特に前職を辞めた理由は、第二新卒の場合ほとんどの確率で聞かれるでしょう。

 早期退職をした理由は、不満が原因という場合もあると思いますが、転職を希望している企業との面接では前会社の不満は言わないようにしましょう。

前職場の不満を言うことで、自社でも不満があるとすぐに辞めてしまうのではないかと感じさせてしまう可能性があります。

前職の仕事内容が合わなかったのであれば「新しく○○にチャレンジしたい」といった伝え方をしたり、なるべく前向きな伝え方をしましょう。

2. 企業研究を念入りに行う

第二新卒が転職するメリット・成功の秘訣

前職のようにすぐ辞めてしまうと言うことが起こらないように、企業研究は徹底して行うようにしましょう。

 徹底した企業研究は、自分と会社のミスマッチを防ぎます。加えて面接時には企業のことをよく知った上で自己アピールをすることで、企業に対して熱意を伝えることができます。

それは自分が企業とマッチしていることを伝えると同時に、企業側からもあなたは自社とマッチしていると人材であると思ってもらえるかもしれません。

企業研究は自分のためにも企業のためにも、バッチリ行いましょう。

3. 自分の強みをしっかり把握する

第二新卒はスキルやキャリアがあまりない点が、弱みになりやすいです。

 弱点をカバーするためにも、自己分析によってスキルやキャリア以外の強みを見つけておくことが大切です。

そして面接には、その強みが企業にとって魅力的だと感じてもらえるような内容を用意していくと良いでしょう。

自分は企業に貢献できる存在であると言うことをしっかり伝えましょう。

転職したい人必見!転職活動に関するよくある質問

20代・30代の転職におすすめな転職エージェントは?
転職支援実績と求人数の多さが魅力のリクルートエージェントがおすすめです。経験豊富なキャリアアドバイザーとの面談など、無料にも関わらず手厚いサポートが受けられます。ネットに公開されていない非公開求人を20万件以上保有しているので、強みや適性に合った求人を見つけられるでしょう。申し込み後の面談は、平日夜間や土日・電話でも可能です。
転職したいけどスキルがない20代は転職できる?
20代はスキルがなくても、年齢的に他の年代よりポテンシャルを重視してもらいやすい年齢と言えます。なぜなら、20代の人材には将来性を期待して採用する企業が多いからです。転職活動時には、社会に出る前の経験や趣味の中から、仕事に活かせそうなポテンシャルや伸び代を企業にアピールしましょう。
スキルがない30代の転職が厳しい理由は?
求人に年齢制限を設けている企業もありますが、20代のうちはその年齢制限に引っかかることはほとんどありません。しかし、30代を越えてくると年齢制限に引っかかることが増えてくるでしょう。30代ともなってくると20代の頃とは違い、年齢に比例して求められるものも多くなってきます。30代のスキルがない人は、特に未経験職種の採用は狭き門になってくるかもしれません。
スキルがない40代の転職が厳しい理由は?
40代向けの求人数は、20代~30代に比べると数が少ない傾向があります。さらに20代~30代はポテンシャル採用など、未経験歓迎の求人が多いですが、40代ではスキルを求められることが多いです。高い専門性を見込んだ採用やマネージャー・管理職求人などが多く、企業からは即戦力が求められています。スキルがない40代は、未経験の職種に転職するのは難しいと言われているのです。
転職したい人が知っておきたい転職のリスクとは?
年収アップのために転職する人は多いですが、一般的に、転職直後は年収が元の職場よりも下がる傾向にあります。転職先でまだ成果を出していないため、初年度から高い年収を提示されることは期待できません。転職する年齢によっては、配属先の上司が自分より年下になる可能性があります。前職での経験は一度リセットして、謙虚な気持ちを持つ必要があります。
転職エージェントとは?
転職エージェントとは、転職の希望を細かくヒアリングし、求人を無料で紹介するサービスです。アドバイザーが手続きの代行や相談に乗ってくれる点が特徴です。転職エージェントを利用して年収アップを実現した方は多くいます。サービスは全て無料で利用できるので、うまく活用して転職を成功させましょう。
転職したいけど何がしたいかわからない時の適職の見つけ方は?
自己分析をしっかりと行うことが大切です。自分の強みや仕事上の性格など、自分のアピールポイントを浮き彫りにすることを可能にします。様々な業種・職種を知ることも、自分に合った転職先を見つけるヒントになってきます。色々なことに関心を持って視野を広げてみましょう。

まとめ

本記事では転職したいけどスキルがないという第二新卒・20代・30代向けに、それぞれ成功の秘訣を紹介しました。

転職を成功させるためには、スキル以外での自分の強みや仕事の種類について研究したり、自信をつけるためにも面接の事前準備をしたりすることが大切になってきます。

それでも転職活動を1人で進めていくことに不安を感じる方は多いでしょう。そんな時は転職エージェに相談したり、アドバイスをもらうことで解決するかもしれません。

転職エージェントはそれぞれが求人を保有しているので、そこで希望の仕事・企業が見つかることもあるでしょう。ほとんどが基本サービス無料なので見てみてはいかがでしょうか。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事