tenshoku-shitai

転職したいと考えている人は「スキルがないけど転職したい」「何がしたいかわからないけど転職したい」「転職するのが怖い・不安・自信がない」など、様々な不安を抱えているかと思います。

そこで本記事では、そんな転職したい人におすすめの転職エージェント3選の紹介や、スキルがない人向けに転職を成功させる秘訣などを解説していきます。

転職したいけどあと一歩が踏み出せない人に後押しできるような内容をお届けします。

転職したいときにおすすめ転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントのおすすめポイント
  • 幅広い業種・職種に対応している
  • 豊富な経験による手厚いサポート
  • 対企業への交渉力が高い

リクルートエージェントは求人数が多いだけでなく、幅広い業種・職種に長けています。

「転職したいけど、次にしたいことがわからない」という人も、一度目を通してみるだけでも役に立つでしょう。

 業界大手なこともあり、対企業への交渉力に信頼性があります。また、一度落ちてしまった企業を、もう一度受けさせてくれることもあります。

さらには、提示された年収を交渉であげた事例もあるそうです。豊富な経験をしてきたアドバイザーがいるからこその事例ですね。

アドバイザーが様々な悩みや不安にしっかりと寄り添って、相談に乗ってくれます。

サービス利用料 無料

非公開求人数
※2021年8月27日時点

約100,000件以上

主なサービス内容
  • エージェントサービス
  • 職務経歴書エディター
  • 面接力向上セミナー
  • 担当者面談
運営会社

株式会社リクルートエージェント

出典:https://www.r-agent.com/

doda

doda

dodaのおすすめポイント
  • 求人数が12万件以上
  • アドバイザーによる手厚いサポート
  • 転職セミナー転職フェアを開催している
  • 就職サービスの充実

転職したいけどしたいことがわからないという人や、転職に不安を感じている人にdodaはおすすめです。

 dodaは公開求人数、非公開求人数含め約120,000件以上の求人数を持っています。非公開求人の質の良さも魅力です。

アドバイザーによる手厚いサポートが受けられるので、転職に対しての悩みや不安に寄り添って相談を受けてくれます。

転職セミナー転職フェアを開催しているので、自分の悩みに応じて参加してみるのも良いでしょう。

サービス利用料 無料

求人数
※2021年8月27日時点

約120,000件以上
※非公開求人含む

主なサービス内容
  • エージェントサービス
  • スカウト
  • パートナーエージェントサービス
  • 転職ノウハウ
  • 転職Q&A
運営会社

パーソルキャリア株式会社

出典:https://doda.jp/

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアのおすすめポイント
  • パソナキャリア保有の独占求人も豊富
  • 信頼感のあるサポートとアドバイス
  • 転職に関する情報が詰まった公式サイト

パソナキャリアオリコン顧客満足度調査に3年連続第1位受賞しており、サポート体制やキャリア形成支援に力を入れています。※公式サイト参照

 目指している業界・業種に詳しいキャリアアドバイザーがサポートしてくれるので、信頼感があると言えるでしょう。

他にも、エージェント利用者に企業の生の声を届けられるように、キャリアアドバイザーが企業の人事担当と営業担当との打ち合わせに同席することもあるそうです。

転職活動に全体的に不安感がある人にとっては、パソナキャリアはおすすめです。

公式サイトには転職ノウハウや、セミナー情報などもあるので見るだけでもためになります。
サービス利用料 無料

求人数
※2021年8月27日時点

約50,000件以上
※非公開求人含む
主なサービス内容
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • スカウト
  • キャリアカウンセリング
運営会社 株式会社パソナ

出典:https://www.pasonacareer.jp/

第二新卒が転職するメリット・成功の秘訣

一般的に新卒入社してから3年以内で転職する人のことを、第二新卒と言います。

第二新卒の人の中には「これといったスキルやキャリアなく転職できるのかな」「入社してすぐやめてしまったら、転職できないかも」と悩む人が多いですよね。

第二新卒の転職は悲観的になりがちかもしれませんが、第二新卒の採用に積極的な企業もあります。

ここからは、第二新卒の転職のメリットやデメリットを踏まえ、転職を成功させるための秘訣を紹介します。

第二新卒で転職するメリット3つ

1. 一部企業から高いニーズがある

第二新卒が転職するメリット・成功の秘訣

求人でも「第二新卒歓迎」などと目にするように、第二新卒は一部の企業から高いニーズがあると言えるでしょう。

第二新卒を求める企業の特徴(一例)
  • 新卒採用で予定していた人数を確保できなかった企業
  • 新卒採用を待つよりも、今すぐに人材が欲しい企業

上記のような企業からは、第二新卒の需要があります。また、転職サイト転職エージェントを見てみると、第二新卒向けの求人も多いのが現状です。

2. 未経験職種にも転職しやすい

第二新卒は社会経験が浅いので、スキルやキャリアがまだ乏しい可能性が高いです。

そのことは企業も十分に承知の上で、未経験でもポテンシャルや将来性を評価して採用してくれることも多いでしょう。

3. 社会人経験をアピール出来る

第二新卒が転職するメリット・成功の秘訣

新卒の学生とは違い、ある程度の社会人経験があることを魅力的に思っている企業もあります。

 企業は第二新卒を採用することで、基本的な社会人としてのマナーを一から教える研修のためのコストを削減できます。

社会人経験がある程度あり、新卒とほとんど年齢が変わらない第二新卒は、企業にとっては伸びしろがあるという意味でも欲しい人材なのかもしれません。

新卒の時は採用されなかった企業に、第二新卒でまた応募して採用されたというケースもあるそうです。

第二新卒で転職するデメリット

即戦力を必要としている企業には向かない

第二新卒が転職するメリット・成功の秘訣

第二新卒の人はスキルやキャリアがほとんどない場合が多く、その点では新卒同様に見られるでしょう。

 ですが採用枠は新卒採用でなはく、経験者枠になることもあります。その場合に経験不足と評価されてしまう可能性もあるでしょう。

一度でも社会人経験がある第二新卒だからこそ、スキルなどを期待されてしまうのかもしれません。

即戦力を必要としている企業に第二新卒として応募するのは、ややハードルが高いと言えるでしょう。

第二新卒が転職を成功させる秘訣3つ

1. 転職の理由はポジティブに伝える

第二新卒が転職するメリット・成功の秘訣

転職の理由は、ポジティブに伝えましょう。特に前職を辞めた理由は、第二新卒の場合ほとんどの確率で聞かれるでしょう。

 早期退職をした理由は、不満が原因という場合もあると思いますが、転職を希望している企業との面接では前会社の不満は言わないようにしましょう。

前職場の不満を言うことで、自社でも不満があるとすぐに辞めてしまうのではないかと感じさせてしまう可能性があります。

前職の仕事内容が合わなかったのであれば「新しく○○にチャレンジしたい」といった伝え方をしたり、なるべく前向きな伝え方をしましょう。

2. 企業研究を念入りに行う

第二新卒が転職するメリット・成功の秘訣

前職のようにすぐ辞めてしまうと言うことが起こらないように、企業研究は徹底して行うようにしましょう。

 徹底した企業研究は、自分と会社のミスマッチを防ぎます。加えて面接時には企業のことをよく知った上で自己アピールをすることで、企業に対して熱意を伝えることができます。

それは自分が企業とマッチしていることを伝えると同時に、企業側からもあなたは自社とマッチしていると人材であると思ってもらえるかもしれません。

企業研究は自分のためにも企業のためにも、バッチリ行いましょう。

3. 自分の強みをしっかり把握する

第二新卒はスキルやキャリアがあまりない点が、弱みになりやすいです。

 弱点をカバーするためにも、自己分析によってスキルやキャリア以外の強みを見つけておくことが大切です。

そして面接には、その強みが企業にとって魅力的だと感じてもらえるような内容を用意していくと良いでしょう。

自分は企業に貢献できる存在であると言うことをしっかり伝えましょう。

スキルがないけど転職したい20代向け!転職する秘訣

スキルがない20代が転職する秘訣

20代で転職を考えている人の中には「これといったスキルがないけど、転職を成功させることはできるのかな?」と不安に思っている方がいるのではないでしょうか。

ですが20代は、他の年代と比べると比較的転職しやすい年代と言えるでしょう。未経験でも転職できるチャンスはあります。

次に、スキルがない20代の転職が可能な理由と成功の秘訣を紹介します。

スキルがない20代でも転職できる理由

スキルがなくてもポテンシャルを重視してもらえやすい

20代はスキルがなくても、年齢的に他の年代よりポテンシャルを重視してもらいやすい年齢と言えるでしょう。

 未経験職種であっても、20代の人材には将来性を期待して採用することが多いです。社会に出る前の経験や趣味の中からでも、ポテンシャルや伸び代を企業にアピールしましょう。

年齢を重ねることで、スキルやキャリアの自信からプライドが高くなったりすることもあります。その点20代の方だと、謙虚で何でも吸収する人材と考えられるのかもしれません。

「素直で学びの吸収が早い」と言うだけでも、スキルがなくとも欲している企業はありますよ。

20代前半くらいまでは第二新卒扱いになる

job hunting

第二新卒とは特にはっきりとした定義はありませんが、一般的には新卒3年以内で休職している人のことを指します。年齢で言えば、大体25〜26歳くらいまでと言えるでしょう。

第二新卒扱いともなれば、スキルやキャリアがなくても大目に見てもらえることが多いでしょう。

20代中盤・後半も企業から注目がある

20代中盤・後半ともなれば、一定の社会人経験ができてきます。仕事に対する今までの姿勢や意欲次第では、企業は未経験でも欲してくれる場合があります。

前職での業務を遂行する上での仕事内容は転職先に関係がなくても、姿勢や意欲は前職の経験の中から伝えることができるでしょう。

20代中盤・後半も20代前半と同様に、吸収力のある人材と思われるのかもしれませんね。

20代の転職を成功させる秘訣

自己分析を念入りに行う

スキルがない20代が転職する秘訣

企業はもちろん、スキルやキャリアがある人を選びたいと思っている可能性の方が高いでしょう。

その中でスキルやキャリア以外の強みを見つけるためにも、自己分析を念入りに行うことは必要不可欠です。

 スキルやキャリアがない中で採用したいと思ってもらうためには、自分には「ポテンシャル」「伸びしろ」があることを伝えたいところです。

学ぶことに対しての貪欲さなどの性格的な面でも「伸びしろ」としてアピールできるものがあるでしょう。

即戦力にはなれなくとも、自分を採用することで長期的な目で見たメリットがあると言うことをアピールできるように自己分析をしてみましょう。

面接対策をしっかり行う

スキルがない20代が転職する秘訣

スキルのない20代の転職では、面接対策が重要になってくるでしょう。

なぜなら、社会人経験を一度は経験しているが30代40代よりは経験が浅いといった中で、面接のマナーで差をつけることができる可能性があるからです。

自己分析を念入りに行い、万全に受け答えの準備をしてくことも大切です。

隅々まで気を張ったマナーとしっかりとした佇まいをアピールすることで、他の応募者と差をつけましょう。

20代ならではの強みを把握する

スキルがない20代が転職する秘訣

スキルのない20代の転職をするのであれば、20代ならではの強みを知ってからそれに合わせて転職活動をしていくのが大切になってきます。

 スキルのない20代に必要とされがちなポイントはポテンシャル、貪欲に学ぶ姿勢、素直なことなどです。企業は年代ごとに気にするポイントが異なるとも言われています。

前提として企業が欲している人材を理解していなければ、どんなに秀でたポテンシャルがあってもそれを企業から求められていない形で伝えてしまうかもしれません。

求められることに沿ってどうやって今の自分の経験からアピールできるのかと考えることが大切になってくるでしょう。

スキルがないけど転職したい30代が転職するコツ

スキルがない30代が転職するコツ

30代で転職を考えている人も「スキルがないけど転職できるのだろうか」と不安に思っている方がいるのではないでしょうか。

スキルのない30代の転職は、20代と比べると厳しめかもしれません。ですが30代は、まだ希望がある年齢ですので諦めてはいけません。

ここからは、スキルがない30代の転職が厳しい理由と成功の秘訣を紹介します。

スキルなし30代の転職が厳しい理由

年齢制限に引っかかってくるから

スキルがない30代が転職するコツ

企業は、採用の際に年齢制限を設けている場合があります。

20代のうちはその年齢制限に引っかかってくることはほとんどありませんが、30代を越えてくると年齢制限に引っかかることが増えてくるでしょう。

即戦力が必要とされる年齢だから

30代ともなってくると20代の頃とは違い、年齢に比例して求められるものも多くなってきがちです。

 企業は30代の志願者の中から、今までのスキルやキャリアのある即戦力となる人材を選びたいと思っているでしょう。

20代では、ポテンシャルを重視してもらえたり伸び代を期待して採用してもらえますが、30代ではそうはいかなくなってくる可能性が高いと言えます。

30代のスキルがない人は、特に未経験職種の採用は狭き門になってくるかもしれません。

20代との転職競争で負けてしまう可能性

スキルがない30代が転職するコツ

「スキルやキャリアがない20代」と同じく「スキルやキャリアがない30代」が同時に応募してきていれば、企業側は20代を採用する確率が高いかもしれません。

特に最近は、年齢層の若い会社が増えてきている傾向にあります。そこに30代のスキルのない人が転職を成功させるのは、やや難しいかもしれません。

スキルがない30代が転職するコツ

未経験でも採用してくれる企業に絞る

スキルがない30代が転職するコツ

30代でも未経験者の採用を行っている企業に絞ることで、スムーズに転職活動が行える可能性があります。

 専門的なスキルや資格がない場合は、事務職・営業職・販売職・IT業界などにそのような求人が多くある可能性があります。

30代で未経験の人を歓迎している求人は、あまりないのが現実かもしれませんが転職エージェントに相談することでサポートしてくれるかもしれません。

細かく求人を調べれば、自分の希望の業種・職種で未経験者を募集している企業はいくつか見つけられると思います。

パート・アルバイトから正社員を目指す

スキルがない30代が転職するコツ

正社員登用制度のある企業に、パート・アルバイトとして転職するのも一つの手です。

 まずはパートやアルバイトとして転職し、後に正社員を目指していくのもいいでしょう。

その企業に「パート・アルバイトとしてからでも働いていきたい」と初めから思っている場合は、その方が質の良い仕事に出会えるかもしれません。

必ずしも正社員になれるとは限りませんが、まずはパートやアルバイトから正社員を目指してみるのもおすすめです。

転職したいけど、何がしたいかわからない時は?

転職する際に「何がしたいかわからない」「特にしたいことがない」という人もいるのではないでしょうか。

しかし、どんな仕事でもいいからとりあえず転職しよう!というのもおすすめはできません。

 具体的な目的など無しに闇雲に転職するのは、すぐ辞めてしまうことに繋がりかねます。早期退職は、のちのキャリアに影響してくる恐れもあるでしょう。

長期的に理想の働き方ができるように、適職を見つけることが大切です。

ここではなぜ「何がしたいかわからない」と思うのか、その理由を紹介した上で適職の見つけ方を説明していきます。

したいことが分からない人の主な特徴

自己分析不足

転職したいけど、何がしたいかわからない時は?

したいことがわからない、したいことがない理由として自己分析不足が考えられます。

自己分析を行わないと自分のスキルやキャリアだけではなく、自分の強みや仕事上の性格・自分のアピールポイントなどを、具体的に確認することができません。

 そして自己分析を行わないことは自分が「どんな仕事に向いているのか」「どんな仕事は向いていないのか」がわからないということに繋がります。

自己分析不足で「何がしたいかわからない」「特にしたいことがない」となっているのかもしれません。

イメージ不足

転職したいけど、何がしたいかわからない時は?

「何がしたいかわからない」「特にしたいことがない」と言うことが起こってしまう理由として、自信なさによるメージ不足も挙げられます。

 自分のスキルやキャリア不足を感じているのであれば、現職場でもう少し頑張ってみてから転職活動を行う、という選択肢もあります。

自信のない状態でイメージも湧かず転職活動を行うよりは、現職場で自分の納得のいくまで業務を遂行し、そのスキルやキャリアを生かす鮮明なビジョンを持ってから転職活動をしても良いのかもしれません。

どうしても転職する選択肢しか考えられない場合は、自己分析をしっかりとし自分と見つめ合うこと、転職エージェントを活用することをおすすめします。

知識不足

転職したいけど、何がしたいかわからない時は?

したいことがわからない・したいことがない理由として、知識不足も挙げられるでしょう。業種や職種について知識がないことから、どんな仕事があるかあまりわかっていないということがあります。

 世の中にはたくさんの仕事があります。まずは業種・職種を調べることから始めなければ、自分にぴったりな仕事も把握できないでしょう。

業種・職種が一覧になっている転職サイト・職エージェントなどを活用して、まずはいろんな仕事を知りましょう。

様々な業種・職種を知らないことが原因で視野が狭まり、したいことがわからなくなっているのかもしれませんね。

したいことが分からない人の適職の見つけ方

自己分析をする

転職したいけど、何がしたいかわからない時は?

自己分析をすることは、自分のスキルやキャリアを棚卸するだけではなく、自分の強みや仕事上の性格など自分のアピールポイントを浮き彫りにすることを可能にします。

 自己分析は「どんな仕事に向いているのか」「どんな仕事は向いていないのか」の確認も可能にします。

今まで視野に入れなかった選択肢も出てくるかもしれませんし、好きなことだけど仕事にするには向いてない、ということもあるかもしれません。

自己分析をすることによって、自分と仕事のミスマッチを防ぐことができるでしょう。

自己分析の結果は、転職活動を始めるにおいて重要な役割を果たすことがわかりますね。

業種・職種を知る

転職したいけど、何がしたいかわからない時は?

まず、業種・職種とはそれぞれなんなのかを説明します。

  • 業種…事業の種類(小売業、運輸業など)
  • 職種…仕事の種類(営業職、経理職など)

世の中には、数多くの業種・職種があります。様々な業種・職種を知ることは、自分に合った転職先を見つけるヒントになってきます。

色々なことに関心を持って視野を広げてみましょう。あなたにぴったりな仕事が見つかるかもしれませんよ。

転職エージェントを活用する

転職したいけど、何がしたいかわからない時は?

どうしてもしたいことがわからない・したいことがないけど転職したい人には、転職エージェントを活用することをおすすめします。

 転職エージェントは、利用者に合いそうな企業を紹介してくれます。やりたいことがわからないので自力で求人を探すことができないという方に、ぴったりなのではないでしょうか。

さらに転職エージェントは、他にも様々な悩みに対する相談を聞いてくれたり、転職フェアなども行なっています。

それだけでなく、面接対策や書類を添削などのサポートをしてくれるところもあります。

まず転職エージェントに登録してみるのも、一つの手かもしれません。

したいことがわからない人におすすめの転職エージェント

dodaのおすすめポイント
  • 求人数が非公開求人含め12万件以上
    ※2021年8月現在
  • キャリアアドバイザーの手厚いサポート
  • スカウトも機能がある
  • 転職セミナーや転職フェアを開催

dodaは、これからしたいことがわからない・したいことがない人におすすめの転職エージェントです。

 dodaならまず転職活動を始める前に、何をしたら良いか教えてくれるでしょう。また、強みや向いている仕事を一緒に探ってくれるのも特徴です。

求人数も非公開求人含め12万件以上もあるので、エージェントから紹介してもらえる企業の幅が広いのもおすすめできるポイントです。

自分の入力した情報を見て評価してくれた企業から、スカウトしてもらえる機能もあります。

転職セミナーや転職フェアを開催しているので、参加することで悩みや不安が解決されるかもしれません。

転職したいけど怖いときの乗り越え方

転職したいけど怖いときの乗り越え方

転職することに対して怖い・不安・自信がない・勇気がないと感じるのは自然なことです。そのような気持ちを抱えて、転職活動を行なっている人も多いでしょう。

そんな人たちに、少しでも転職活動にポジティブな気持ちになれる解決法を紹介します。

自分に自信をつける

自分に自信をつけるためには、自己分析をすることをおすすめします。

 他者から今までに褒められた経験や、どんなに些細なことでも自分のできること、これまで一生懸命になれたことや熱意を持ってできたことなどを書き出してみましょう。

転職活動はもちろん厳しい競争ではありますが、他者と比べない心も大切です。

人柄を重視して評価する企業も多くあるでしょう。強みと認識していなかった性格の部分でも、企業を魅了できる可能性があります。

ブラック企業をしっかり見極める

転職したいけど怖いときの乗り越え方

ブラック企業に転職してしまったらどうしようと、不安な人も多くいると思います。自分で確認できる範囲の給与や求人に対しての違和感などは、徹底的に調べましょう。

ブラック企業の可能性を見極めるポイント
  • 求人票の給与が低すぎる
  • 求人票の給与が高すぎる
  • 大量募集をかけている
  • 常時求人が出ている
  • 残業に対しての表現が曖昧 など…

上記以外にも不明確な部分は口コミサラック企業リストを確認したり、直接偵察に行くのも良いでしょう。

口コミサイトは生の声が聞けるので、登録しておくのがおすすめです。

新しい職場に早く溶け込む準備をしておく

転職したいけど怖いときの乗り越え方

転職の際に、新しい仕事内容や人間関係に不安を見出している人も多くいると思います。

 早く職場に溶け込むためには笑顔や清潔な服装、はっきりとした受け答えなどを心がけましょう。仕事に関しては熱心に学んで、淡々と業務をこなす吸収の速さをアピールしましょう。

できる先輩のそばにいるようにしたり、能動的に貪欲に学ぶ姿勢をアピールすることで、社内でのコミュニケーションの機会が増えるかもしれません。

教えてもらったりなどのコミュニケーションが増えれば、早く会社に馴染めるかもしれないですね。

面接の準備を念入りに行う

面接が怖いから、自信がないからという理由で転職活動が進まないという状況の人もいると思います。

大切な転職活動に支障が出てしまうことは、避けたいところです。そのためにも準備はしっかり行いましょう。

 面接マナーをしっかり学んでおく、転職エージェントを活用して面接対策を行う、ある程度の答えを持っていく、当日のシュミレーションを何度も行なっておくことなどが大切です。

事前準備をすることで自信に繋がります。そうすることで、転職活動へ前向きな気持で臨むようになれるかもしれません。

面接に自信を持てれば、転職活動が意欲的に行えるようになるでしょう。

転職したい理由を魅力的に答えるには

転職したい理由を明確に答えるには

転職の面接でほとんど聞かれることが「なぜ転職したいのか」です。どういう考えをもってこの企業に入りたいのかという点が、担当者も気になるポイントなのでしょう。

転職したい理由には様々な理由がありますが「どうして前職を辞めたのか、なぜ当社に入社したいのか」という企業が気になっている質問に、魅力的な答えを用意できることが理想です。

そのためには、例え現職場に対してネガティブな思いがありそれが転職の理由だとしても、ポジティブな理由に言い換えて伝えることが大切です。

 ネガティブな理由は、裏を返せばポジティブな理由にもなり得ます。本音を交えてポジティブな伝え方をすると、ビジネスマナーに長けていると感じてもらえるでしょう。

面接では積極的に伝えたい「転職先のどういったところが希望する決め手なのか」というポイントも、前職場には無いという観点から見出だせるかもしれません。

当日あまり言わないでおくことを事前に決めておくのも、いいかもしれませんね。

まとめ

本記事では転職したいけどスキルがないという第二新卒・20代・30代向けに、それぞれ成功の秘訣を紹介しました。

転職を成功させるためには、スキル以外での自分の強みや仕事の種類について研究したり、自信をつけるためにも面接の事前準備をしたりすることが大切になってきます。

それでも転職活動を1人で進めていくことに不安を感じる方は多いでしょう。そんな時は転職エージェに相談したり、アドバイスをもらうことで解決するかもしれません。

転職エージェントはそれぞれが求人を保有しているので、そこで希望の仕事・企業が見つかることもあるでしょう。ほとんどが基本サービス無料なので見てみてはいかがでしょうか。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事