tenshoku-review-site

転職活動を本当の意味で成功させるためには、事前の情報収集が不可欠です。せっかく入社しても思ったよりも環境が悪く、後悔する人が多いからです。

そのような企業とのミスマッチは避けたいとき、転職に関する口コミサイトを利用すると良いでしょう。

そこで今回は、転職活動中に参考にできる口コミサイト4選を紹介します。転職サイトを利用するメリットだけでなく、注意点も紹介するので参考にしてみてください。

おすすめな転職口コミサイト4選を比較

まず、転職の口コミサイトにはどのようなものがあるのでしょうか。おすすめな4つの口コミサイトをご紹介します。

転職口コミサイト4選
  • OpenWork
  • 転職会議
  • キャリコネ
  • Lighthouse(ライトハウス)

OpenWork

OpenWork

OpenWorkのおすすめポイント
  • 15万件以上の企業口コミ
    ※公式サイトより
  • 信頼出来る8つの評価項目
  • 求人情報も豊富

『OpenWork』はさまざまな口コミサイトの中でも、内容の質が良く口コミ数も多いのが特徴です。登録ユーザー数や口コミだけでなく、求人情報も掲載されています。

待遇面の満足度や社員のモチベーション、社内の雰囲気などの8つの項目を評価し、スコアを出しているため、各企業の評価を把握しやすいのが特徴です。

無料プランと有料プランの2つがあり、無料プランでは在籍経験がある企業のレポートを提出するか、OpenWork経由で転職・就職サービスに登録することで全ての口コミを閲覧できます。

転職会議

転職会議

転職会議のおすすめポイント
  • 300万件以上の口コミ
  • 国内最大級17万件以上の求人
  • 口コミを見てそのまま応募出来る

※公式サイトより

『転職会議』で口コミを閲覧するためには、口コミを投稿するか有料プランになる必要があります。

転職会議には企業の元社員や現社員の口コミも掲載されているので、様々な角度から企業を判断できるでしょう。

転職会議は大手の転職サービスと提携しており、求人の検索も行うことが可能です。口コミを見て気に入った企業にそのまま応募もできるでしょう。

キャリコネ

キャリコネ

キャリコネのおすすめポイント
  • 転職希望者の信頼度No.1
    ※公式サイトより
  • 面接内容も閲覧できる
  • 複数転職サイトに登録できる

『キャリコネ』は、応募する企業の社員が登録した口コミを閲覧できる転職サービスです。応募したい企業の年収や残業時間、福利厚生などの情報収集に適しているでしょう。

求人案件も豊富に掲載しており、それぞれの案件を比較しやすいのも特徴です。実際に提携している転職サイトは15ほどあり、転職に関する有効な情報収集に活用出来ます。

ただし、無料登録だけでは閲覧できる口コミの数に限りがあります。口コミを投稿すると、1年間の閲覧を行えるようになります。

en Lighthouse

en Lighthouse

en Lighthouseのおすすめポイント
  • 1,330万件以上の口コミ
    ※公式サイトより
  • スコアチャートでリアルな評判が見れる
  • 女性視点の評価もまとめている

『en Lighthouse』は2020年6月1日に「カイシャの評判」がリニューアルした転職の口コミサイトです。口コミの総数は1,330万件以上もあり、信憑性の高い口コミを比較することもできます。

企業ページでは、会社の成長性 ・将来性などの8項目がチャート形式で表示されるため、リアルな企業の情報が見やすいのが特徴。完全無料・会員登録をせずに、口コミを閲覧できるので便利です。

【裏ワザ】口コミがない会社の情報を調べる方法

転職の良い口コミは転職エージェントで確認しよう

転職活動において必要なのは「様々な情報」。転職活動中は口コミサイトの利用に加えて、転職エージェントを活用するのもおすすめです。

転職エージェントとは、転職を希望する方の特性や希望を細かくヒアリングし、それに合った企業を無料で紹介する人材紹介サービスです。

転職エージェントが無料な理由は?
転職エージェントは、転職希望者と新しい人材を採用したい企業の仲介となり、マッチングが実現すれば(転職希望者が入社すれば)企業側から成功報酬を受け取れるからです。

求人情報を収集するだけの転職サイトとは違い、アドバイザーが手続きの代行や相談に乗ってくれる点が特徴です。
転職エージェントを利用するメリット
  • 自分に合った企業を紹介してくれる
  • 転職サイトには載っていない非公開求人にも出会える
  • 企業との面接の日程調整や年収交渉などを代行してくれる
  • 履歴書の添削や面接対策をしてくれる
  • 不安なことがあれば相談できる

上記のサービスを、全て無料で利用できます。

また、大手転職エージェントはこれまで培った豊富な危険とノウハウで、独占求人や他では知り得ない情報を持っていることも。

インターネット上では公開されていない情報を集めたいなら、転職エージェントを利用してみましょう。

各企業に精通している大手転職エージェント3選

迷ったらここ!無料登録のメリットが大きい転職エージェント

リクルートエージェント

RECRUIT AGENT LP

リクルートエージェントのおすすめポイント※1
  • 業界最大級の非公開求人数
  • 転職した方の6割以上が年収アップを実現※2
  • 転職支援実績No.1!転職した方は37万人以上
  • 平日夜間や土日でも相談OK・電話面談も可能
  • 転職のプロがマンツーマンでサポートしてくれる
  • 40年以上培ったどこよりも豊富な経験とノウハウがある

リクルートエージェントは、転職支援実績と求人数の多さが魅力の転職エージェントです。

これまでリクルートエージェントを利用して転職した方は、37万人以上。この支援実績は、数ある転職エージェントの中でもNo.1に輝いています。※1

多くの方がリクルートエージェントを通じて転職に成功している理由は、

  • 経験豊富なキャリアアドバイザーとの面談
  • 提出書類の添削
  • 面接対策
  • 企業側との条件交渉の代行

などと、利用は無料にも関わらずサポートが手厚いからです。

その上リクルートエージェントは、ネット上に公開されていない非公開求人を20万件以上保有しており、その中からあなたの強みや適性に合った求人を、無料で紹介してくれます。

紹介してくれる求人は未経験OKなものから上場企業のものまで、豊富に揃っているのが特徴です。

申し込み後の面談は、平日夜間や土日・電話でも可能。利用したら絶対に転職しなければいけないことはなく、なんとなく「転職したい」と漠然な希望だけで相談してみても問題ありません。

転職のプロに客観的にみてもらうことで、自分で気づけなかった自分のスキルや価値を見つけ出せるでしょう。

リクルートエージェントの年収アップ実績

リクルートエージェントを通じて年収アップを実現した方は、6割以上です(2011年度)

リクルートエージェント 転職者の年収増減

公開求人数 非公開求人数
15万3,162件 20万8,856件
ユーザー年齢層 対象エリア
20〜50代 全国

※1:公式サイトの文言によります。
※2:2011年度にリクルートエージェントを利用して転職した方のうち
出典:リクルートエージェント公式サイト

大手・優良企業に転職したい方におすすめ!

doda

doda LP

dodaのおすすめポイント
  • 求人サイト・エージェントサービス・スカウトサービスの3機能が1つに!
  • 転職者満足度No.1
  • 転職・求人情報量は国内最大級
  • 大手や優良企業の求人多数!口コミ掲載企業など特徴ごとに探せる
  • 【参加無料】オンラインの転職セミナーや個別相談会を実施中
  • 年収査定など診断・書類作成ツールが豊富

dodaは、転職満足度No.1のユーザー評価が高い無料転職サイトです。

転職サイトですが、自分のこだわり条件で求人を探せるだけではありません。
  • 各専門スタッフがあなたにぴったりの求人を紹介&転職までをサポートしてくれる国内最大級「エージェントサービス」
  • 効率的に転職を進めたい方向けに、企業から直接オファーがくる「スカウトサービス」

も展開しています。自分がどう転職活動を進めたいのかで、それに合ったサービスを選べるので、転職活動をスムーズに進められるでしょう。

dodaが保有する求人の特徴は、大手企業や優良企業の求人が多いこと。

 他にも、年収が高い未経験歓迎の企業、中途入社者がおすすめする企業、黒字経営の企業など、細かい条件で求人情報を閲覧できます。

スカウトサービスでは、書類選考をスキップした面接確約オファーが受け取れることも。オンライン転職カウンセリングを実施中なので、気になった方はぜひ利用してみて下さいね。

dodaの年収アップ実績

dodaを通じて転職をした方は、平均56.7万円年収がアップしています。最大アップ額は、440万円です。

doda 年代別の平均年収アップ率

※調査期間:2013年1月〜2014年6月にdodaエージェントサービスを利用して転職した方

公開求人数 非公開求人数
11万5,430件 未公開
ユーザー年齢層 対象エリア
20〜50代 全国

※公式サイトの文言によります。
出典:doda公式サイト

 

20代・はじめて転職をする方・第二新卒の若手社会人に人気

マイナビエージェント

mynavi-agent

マイナビエージェントのおすすめポイント
  • 20代の転職支援実績No.1
  • 第二新卒・はじめて転職をする若手社会人におすすめ
  • 無料の転職面談実施中!自宅にいながらWeb・電話・LINEでも転職相談OK
  • 幅広い業界・業種に太いパイプを持つマイナビ独占の求人あり
  • 各業界専任のプロによる徹底サポートを受けられる!女性向けサポートも
  • 他では知りえない人気企業の情報を得られる
  • 退職交渉のサポートあり

マイナビエージェントは、第二新卒やはじめて転職をする20代に人気な転職エージェントです。 

マイナビ看護師や薬剤師、マイナビ営業エージェントやITエージェントなど、各業種・業界ごとに特化した人材紹介サービスを展開するマイナビだからこそ、出会える求人があります

 在籍するキャリアアドバイザーは、全員様々な業界の転職市場に詳しいプロフェッショナルです。

キャリアアドバイザーによるサポートは利用回数・期間に制限なく受けられるため、自分が納得のいく転職活動ができるでしょう。

無料の転職面談に行くのが難しい場合は、電話やWeb・LINEでも対応してくれます。

マイナビエージェントは、女性の転職市場に精通したキャリアアドバイザーも在籍しているため、転職をしたい女性にもおすすめです。

マイナビエージェントの年収アップ実績

マイナビエージェントは、転職者の年収アップ実績が豊富です。おおよそ20%も年収がアップすることも。

マイナビエージェント 年収アップ早見表

年収交渉は、切り出すタイミングや希望金額の提示の仕方など、細かいところにも気を遣わなければいけません。

マイナビエージェントなら、これらの交渉を全てプロに任せることができますよ。
公開求人数 非公開求人数
詳細は公式サイト 未公開
ユーザー年齢層 対象エリア
20〜30代 全国

※掲載している求人数は、いずれも2022年1月4日時点の情報です。

転職口コミサイトを使ってわかる主な情報

転職の口コミサイトを使って分かる内容

転職の口コミサイトでは、主に以下の内容を知ることができます。

転職の口コミサイトを使って分かる内容
  • 一般公開されていない企業の情報
  • 実際に働いた人が思う企業の良い面
  • 実際に働いた人が思う企業の悪い面

1. 一般公開されていない企業の情報

転職の口コミサイトは、実際に働いている・働いていた人が情報を提供しています

企業の採用ホームページや転職サイトに記載されている情報は、一般的に企業の担当者が情報を提供しているため、詳しい内情については分からないことが多いでしょう。

 しかし口コミサイトでは、給与や仕事内容、仕事のやりがい、社風・人間関係、会社の制度・福利厚生などの情報がわかることが多いです。

例えば、企業の採用情報で「仲が良いアットホームな雰囲気の職場」などと曖昧な表現をしている求人もありますよね。一方口コミサイトでは、

  • 自分の意見を出しやすい職場
  • 上司と話しがしやすい
  • 実は上下関係が厳しい

などと詳しい情報が記載されているケースも。

さらに育休や資格取得支援などの制度に関しても、口コミサイトにて参考になる情報が見つかる可能性は高いでしょう。

2. 実際に働いた人が見た企業の良い面

転職の口コミサイトでは、採用ページや転職サイトでは分からない企業の良い面を知ることもできます。

 自分が気になっている企業のポジティブな意見があれば、応募する判断材料になるでしょう。

採用ページや転職サイトの内容を考えているのは人事の担当者が多いですが、転職の口コミサイトでは、人事部門以外で働いた経験がある方の意見も掲載されているでしょう。

また、ひとつの口コミサイトだけではなく複数の口コミサイトを参照することで、その会社のことを深く知ることが出来ます。

他にも面接で聞かれた質問内容など、転職活動の役に立つ情報も多く掲載されているので活用したいところですね。

3. 実際に働いた人が見た企業の悪い面

転職の口コミサイトでは、ポジティブな内容の口コミよりも、ネガティブな内容の口コミの方が多い傾向にあります。

例えば、採用ページや転職サイトには都合が良いことばかり書いていても、口コミサイトのレビューが荒れていることもあります。

多くの方は、退職後なら会社に対して抱えていた不満を打ち明けることができるのかもしれません。

参考程度に口コミサイトで企業についてのプラスとマイナス両面を知ることで、転職後のミスマッチを防げるでしょう。

転職口コミサイトを見るメリット6つ

merit

転職活動をするときは、口コミサイトを見るメリットを押さえておくと良いでしょう。内容によっては、転職活動を有利に進める情報になり得ます。

転職の口コミサイトを見るメリット
  • 求人情報には載っていないことを知れる
  • 面接では聞きにくいことを知れる
  • 入社後のことをイメージしやすくなる
  • ニーズに合った企業を見つけやすい
  • 相談やイベントに相談できるサービスもある
  • 求人に応募できるサービスもある

1. 求人情報には載っていないことを知れる

転職の口コミサイトの最大の特徴は、求人情報には載っていない内容を知れることです。

例えば転職サイトにて、働きやすい社風や人間関係が良好と記載されていても、実際に働いてみないと分からないでしょう。

 具体的なことが書いてあれば、重要な判断材料になるので転職先を選ぶ1つの基準になります。

口コミサイトを見ることで、社内の雰囲気や人間関係で悩んで退職した人の有無、社内の慣習といった内容を知るきっかけになります。

具体的な社風や職場などをイメージしやすくなるでしょう。

2. 面接では聞きにくいことを知れる

企業のホームページや転職サイトの情報は、曖昧に感じる部分も多いでしょう。

例えば、求人情報に記載されている月給はキリが良い額や「20万円~40万円」など幅が広い場合があります。

もちろん中途採用では条件やスキル、保有している資格などによって給与は変わってきます。しかし、企業に応募する前にある程度の条件や給与については知っておきたいところです。

転職の口コミサイトを利用すれば、自分と近い状況の方の情報を見つけることができるかもしれません。

 比較して、転職後の給与額などをイメージしやすくなります。

他にも、残業時間・残業代・有給の取得しやすさなども知れる可能性があるでしょう。

3. 入社後のことをイメージしやすくなる

転職の口コミサイトには、さまざまな人が情報を提供しています。新入社員や入社して3年・5年・10年といった方もいるでしょう。また、働いていた部署だけでなく役職なども掲載しています。

このような情報を整理することで、転職した後のキャリアをイメージしやすくなるのが大きなメリットです。

他にも管理職の方の収入を参考にすることで、目標を立てたり人生設計を見直したりしやすくなるかもしれません。

何年くらいで重要な仕事を任されていた情報があれば、今後の人生の参考にもなりますね。

4.ニーズに合った企業を見つけやすい

転職によって何を実現したいかは、人によって違います。そのため、自分の重要視する点を知りたいと思うのは当然のことでしょう。

口コミサイトでは、このような自分が知りたい点を確認することができます。

 「やりがいや成長の実感」「給与の増加」「良好な人間関係」など、人によって実際に働く人のチェックしたいポイントは異なります。

口コミサイトを見れば、その企業の現役社員や元社員から生きた情報を収集できます。

やりがいや成長、給与や福利厚生などの待遇、職場の雰囲気など様々な観点から転職候補の企業について知ることができます。

自分のニーズに合った企業を探しやすいですね。

5.相談やイベントに参加できるサービスもある

転職企業をまとめた口コミサイトの中には、転職エージェントが運営しているものも存在しており、転職エージェントで転職相談やイベントに参加できることがあります。

 転職活動では客観的に自分を見る必要があるほか、転職先の業界における需要などを性格に把握する必要があるため、自分一人の力では限りがあるでしょう。

また、転職イベントでは転職エージェントだけでなく求人掲載企業が実際に来てくれ、求職者と話す機会を設けられているものもあります。

採用担当者と直接話すことで、口コミ以上の有益な情報にも期待できそうです。

すべての口コミサイトが相談会を実施しているわけではないので、使い分けも必要ですね。

6.求人に応募できるサービスもある

口コミサイトの中には、そのまま直接企業に応募できるサービスがあるものも存在します。

企業ごとの口コミをチェックし、良いと思った企業にそのまま応募できるのは手間も省けて便利でしょう。

 口コミという内部の情報収集から応募までをワンストップで済ませられるのは、通常の転職サイトにはない魅力だと言えます。

入社したい企業が決まっていない場合でも、希望する業種や地域、働き方などから検索し、口コミをチェックするところから企業リサーチができます。

実際の企業説明ではわからないところを先に見ておくことで、入社後のミスマッチを防ぐことにも有効です。

実際に働いてみたら違った!ということを防げますね。

転職の口コミサイトの活用方法

転職にあたって口コミサイトの情報は有益ですが、実際にどのように活用すればよいか悩むこともあるでしょう。

ここでは、活用する方法と利用にあたっての注意点をまとめました。

転職口コミサイトの活用方法
  • 複数の口コミサイトを併用する
  • 口コミが投稿された時期に注意する
  • 口コミの投稿数をチェックする
  • ネガティブな口コミを過信しない
  • 給与や福利厚生など具体的な項目をチェックする
  • 在職経験のある企業の口コミを見てみる

それぞれを詳しく解説していきます。

複数の口コミサイトを併用する

口コミサイトは現役従業員や元従業員の口コミで成り立っていますが、すべて同じ人が口コミサイトに投稿するわけではありません。

別の口コミサイトを見れば、別の人が書いた口コミを見つけることができるでしょう。

 口コミサイトによって情報カテゴリーは異なるため、別のサイトではまた違った側面を発見できる可能性があります。

また、口コミサイトに投稿している人の役職もさまざまであるため、複数を活用することでそれぞれの役職の待遇を知ることも可能です。

勤続していったあとの自分の姿をイメージすることにも繋がるため、複数の口コミサイトを活用し、さまざまな角度からの意見を参考にしましょう。

口コミサイトによって特性があるので、それぞれの強みを活かした箇所をチェックしたいですね。

口コミが投稿された時期に注意する

口コミから情報収集する際は、その口コミがいつ投稿されたのか確認しましょう。古い口コミの場合、社風などが変わっていることもあり参考にならない場合があります。

 2020年からの新型コロナ感染症の騒動前と後では、働き方や待遇にも大きな影響が出ているかもしれないため、なるべく最新のものをチェックしましょう。

また、社長や役員など企業の上層部が交代した場合は、体制が大きく変わることも珍しくありません。口コミが古いものしかないときは、それ以降上層部の交代がないかも確認しておくのがおすすめです。

新しい情報であれば良いわけではないので、取捨選択も重要ですよ。

口コミの投稿数をチェックする

口コミサイトでは、口コミ提供者にいくつかの観点で企業を点数評価してもらい、平均点を示すのが一般的です。

口コミの投稿自体が少ないと統計として成り立たず、偏った意見になってしまいます。

 口コミ10件と100件では、同じ点数を獲得していたとしても100件分集まっている企業の方が信ぴょう性が高いと言えます。

平均点が高い企業でも口コミ数が少ないと正しい口コミか判断できないため、ほかのサイトも合わせて見るなど対策を行うのがおすすめです。

口コミが集まらない企業は良い評判がないこともあるため、慎重に調べましょう!

ネガティブな口コミを過信しない

口コミサイトには、良いものだけでなくネガティブな意見も投稿されます。もちろん、良い面だけでなくイマイチな側面も把握して入社することは大切です。

しかし中には、イマイチな側面のみを切り取って書き込みがされることもあります。

 良い側面とイマイチな側面どちらも客観的に捉えている口コミは有効ですが、イマイチな部分だけを批判している口コミは避けた方が賢明です。

そもそも口コミは、元従業員や転職検討中の現従業員から寄せられるものがほとんどです。

会社の良いところやイマイチなところを客観的に評価して、冷静に口コミを書いている人の話を参考にするほうが有益だと言えるでしょう。

ネガティブな意見に振り回されないように気をつけましょう。

給与や福利厚生など具体的な項目をチェックする

転職にあたっては、やりがいや人間関係も大事ですが、給与や福利厚生などの具体的な項目を確認しておくことをおすすめします。

求人票にも給与や福利厚生は記入されていますが、転職後には待遇が違ったという話も珍しくありません。

 実際掲示されているような給与が支払われるのか、有給休暇などはとりやすい環境なのかなど、入社後しかわからない情報を見ておきましょう。

実際の掲示内容と口コミが剥離している企業は、応募を避けた方が無難です。

入社後のミスマッチを防ぐために、チェックしたい項目ですね。

在職経験のある企業の口コミを見てみる

口コミサイトの利用を検討している人の中には、信ぴょう性を疑うこともあるでしょう。その場合、実際に在職経験のある企業の口コミを見ることをおすすめします。

実際働いたことがある企業の場合、内部事情も把握していることから、その口コミサイトの信ぴょう性が図れます。

 自分が働いていた環境とかけ離れや口コミが目立つ場合は、悪質な投稿が多い場合もあるため利用を控えましょう。

信ぴょう性のある口コミサイトであれば、これから応募しようと思っている企業の口コミも信ぴょう性が高い傾向にあります。

転職時の参考にできる口コミとは?

口コミサイトは多数存在し、ひとつのサイトの中だけでも膨大な量が掲載されています。その場合、どのような口コミを参考にしたら良いのか、悩むこともあるでしょう。

ここでは参考にしたい口コミの特徴と、参考にするべきではない口コミの特徴を紹介します。

参考にしたい口コミの特徴

参考にしたい口コミの特徴
  • 明確な数値が書かれている
  • 良いところ・悪いところの両方書かれているものを選ぶ
  • 客観的な意見も書かれている

明確な数値が書かれている

給与や休日などは、明確な数字で書かれているものを参考にしましょう。「年収が少ない・多い」など感覚的表現の場合、人によって感じ方が異なるため、参考になりません。

また、休日についても「有給休暇はとれる」だけで書かれているより、すべて消化できるのか、公休と合わせてどれくらい休みがあるのかなど、数字を明記しているものを参考にしましょう。

感覚的な口コミはではなく、数値化しているものを参考にしましょう!

良いところ・悪いところの両方書かれているものを選ぶ

企業で働く以上、すべてに満足して良いところしか挙げられない会社は存在しないに等しいでしょう。

そのため、良いところだけを挙げて褒めてしかいない口コミより、良い反面デメリットに感じる部分も補足している方が参考になります。

人によってメリットデメリットは感じ方が違うので、参考にしやすいですね。

客観的な意見も書かれている

投稿の中には、投稿者の意見に加えて身近な勤務者について触れられているものもあります。

投稿者と異なる待遇や条件であるほかの就業者のことを知ることができるため、さまざまな側面を知ることができるでしょう。

 自分の部署ではリモートワーク導入されているが、同僚の部署は出社が必要であるなど、配属される部署による情報をまんべんなく知ることができます。

部署や役職によってはまとまった休日が取りにくいことや、出社や転勤が伴う場合も少なくありません。

転職を希望する企業の中でも、自分が就きたい部署や職種についての客観的な意見は参考になるでしょう。

内部の人から見たほか部署の口コミは、参考にしやすいですね。

参考にすべきでない口コミの特徴

参考にすべきでない口コミの特徴
  • 主観的な内容
  • 感情的な文面

主観的な内容

口コミサイトに投稿するのは、一個人のため主観的な内容になるのは当然と言えます。しかし、主観的な感情を押し付けているような口コミは参考にしない方が良いでしょう。

「自分にとって働きにくかった」など、別の人から見ると視点が変わるような主観的な内容は避けた方が賢明です。

大衆全体に言えることなのか、一個人の主観なのかは見極める必要がありそうですね!

感情的な文面

口コミサイトに書き込む人は元従業員も多く、中には悲観的な理由で退職した人も含まれています。

そのような場合、企業に対して悪い印象を持つことが多く、感情的になって書き込む場合も少なくありません。

 一方で、火のないところに煙は立たないとも言えるため、悪い評判が極端に多い場合は、口コミ以外にもきちんと情報収集をした上で求人に応募しましょう。

感情的になると誰しも実際より誇張された文面、激しい文面になってしまうものです。現実には「そこまで悪くない」ということもあるかもしれません。

ネガティブな意見は慎重に判断したいですね。

転職口コミサイトを利用するときの注意点

転職の口コミサイト利用はメリットが多いですが、注意点もあるので気をつけましょう。ここでは、転職口コミサイトを利用するときの5つの注意点を紹介します。

転職口コミサイトを利用するときの注意点
  • 口コミ内容が自分に合うか分からない
  • ネガティブな内容が多い
  • 正しくない内容の口コミもある
  • 該当企業の人が書いた可能性もある

1. 口コミ内容が自分に合うか分からない

転職の口コミサイトへの書き込みは匿名投稿であることが一般的です。そのため、口コミの内容を誰かが保証しているわけではなく、自分に合った内容かどうかも分かりません。

 あくまでも投稿者の体験談になり、適当で曖昧な内容の投稿もあるので、全ての情報を鵜呑みにするのは避けましょう。

場合によっては、自分にとって不都合な情報しか掲載していないこともあります。

2. ネガティブな内容が多い

転職の口コミサイトを利用するときの注意点

転職の口コミサイトの投稿者の多くは、その会社を辞めた方です。

不満を抱えて退職した方のネガティブな口コミは目立ちやすく、気になっていた企業への応募する気持ちが変わってしまうこともあるかもしれません。

しかし、口コミサイトだけを見てブラック企業だと判断するのは早いです。

情報を鵜のみにせずに、あくまでも1つの参考意見として活用しましょう。

3. 正しくない内容の口コミもある

転職の口コミサイトを利用するときの注意点

ここまで紹介してきた通り、転職口コミサイトの投稿は個人の匿名での情報です。体験談がもとになっていたとしても、誇張されていたり話が盛られていたりすることもあります

掲載されている口コミは、全てが真実とは限りません。

口コミサイトは匿名での書き込みを可能にすることで情報が集まりやすくはなりますが、そのぶん信憑性が低くなることも覚えておきましょう。

4. 該当企業の人が書いた可能性もある

企業の人事の担当者は、これらの転職の口コミサイトをチェックしていることが多いです。その理由は、悪い口コミが多ければ企業のイメージが悪くなり、採用活動などに支障が出るからです。

さらに多くの転職者は口コミサイトをチェックしていることを把握しているのも、大きな要因でしょう。中には企業のイメージを良くしようと、都合が良い情報を書き込む担当者もいます。

 イメージアップのために、簡易な情報操作が行われていることもあるかもしれません。
会員登録すれば誰でも口コミが見れてしまうので、誰が書き込んでいるかも意識すると良いでしょう。

転職口コミサイトの信憑性をチェックするポイント

転職の口コミサイトを利用するときは、その口コミの信憑性をチェックすることが大切です。いくつかのポイントを押さえるだけで、有効な情報収集に繋がるので意識しておくと良いでしょう。

ここからは、口コミの信憑性をチェックするポイントを紹介します。

口コミの信憑性をチェックするポイント
  • 口コミの内容は具体的か
  • 投稿時間が近い口コミはないか
  • 良い口コミばかりではないか
  • 口コミの数は少なすぎないか

口コミの内容は具体的か

どんな口コミにおいても、内容の具体性をチェックすることが大切です。

例えば「福利厚生が充実している」という場合、どのような制度があるのかが曖昧になっています。

このように具体的な企業の実態は、公式サイトや求人情報だけでは分かりにくい場合もあります。

 参考になる口コミを見つけるためにも、具体的な内容の口コミを探すことが大切です。

投稿時間が近い口コミはないか

口コミの信憑性をチェックするポイント

転職口コミサイトでは、内容だけでなく投稿時間も表示されていることがほとんどです。口コミの信憑性を確認するためには、投稿時間の確認を行いましょう。

 投稿時間が近い口コミが複数ある場合は、同じ人が書き込んでいる可能性があるからです。

特に口コミの内容がプラス面に誇張されていれば、企業の人が情報操作として行っている可能性もあるでしょう。

このような情報操作を受けた内容を鵜呑みにしてしまうと、入社後に後悔する可能性があるので要注意です。

良い口コミばかりではないか

投稿時間が近いだけでなく、明らかに良い口コミばかりであるケースも要注意です。

 会社を辞める人・辞めた人の口コミが良いものばかりというのは、少し不自然に思ってもいいかもしれません。

このような口コミは具体的な退職理由、もしくは納得できる退職理由が記載されているか確認します。

具体的な内容の口コミではなく、企業のプラス面が誇張されている場合は信憑性が低いといえるでしょう。

口コミの数は少なすぎないか

口コミの数は企業の規模(従業員数)に比例する傾向があるため、大企業の方が多くなります。

 そのため、あまりにも口コミの数が少ない場合は、偏った意見が多くなりやすいです。

小さい規模の会社の情報は手に入らないことが多く、ある程度情報や信憑性が限られるので注意しましょう。

口コミ数が少ない場合は、複数の口コミサイトを集めて比較するのがおすすめです。

口コミサイト以外に情報を収集する方法は?

口コミサイトは情報を得る上で非常に有効な手段です。しかし口コミサイトだけでは情報が偏るため、口コミサイト以外でも情報収集を行うのがおすすめです。

情報収集する方法
  • 企業の公式サイト
  • 身近な関係者
  • SNS
  • 転職エージェント

それぞれ詳しく解説します。

企業の公式サイト

まず確認したい情報は、企業の公式サイトです。企業自体が発信する一次情報になるため、信ぴょう性が高いでしょう。

経営理念や経営トップのメッセージ、展開する事業、事業所数や場所などを詳しく確認することは、転職候補先の選定だけではなく、求人応募後の面接対策にもなります。

 投資家向けのIR情報も見ることで企業の業績や将来性を確認でき、安心して入社することができます。

企業の公式サイトの中には、実際に中途採用で入社した人の意見を掲載していることもあるため、転職の際は参考になるでしょう。

身近な関係者

もし転職候補先の企業の関係者が身近にいる場合は、話を聞かせてもらうのがおすすめです。

口コミサイトは不特定多数が閲覧するため、書きたかったことを書けない場合もあります。しかし知人であれば気兼ねなく話してもらえるでしょう。

 身近な人であればより詳しい情報を聞けるほか、こちらから気になることを質問することもできます。

SNS

SNSを通じて企業情報を集めるのも有効です。口コミサイトと同様に、自宅にいながら情報収集が可能です。

基本的に匿名で身元がバレるリスクが低いので、その企業について関係者の本音を聞くこともできます。

情報をタイムリーに得られるのはSNSの利点ですね。

しかし個人の主観や見解が記載されることも多く、事実確認が取りにくい点は注意が必要です。間違った情報やガセネタに踊らされることなく、冷静に判断しましょう。

また、SNSは拡散力も高く、一定の情報だけが突出することも少なくありません。誤った情報を自身も広めないように注意しましょう。

転職エージェント

転職エージェントは、求人を紹介してもらえるだけでなく企業についても教えてくれます。

中には、企業ごとに担当者がついていることもあるほか、企業へのインタビューや訪問を行うなど徹底して調査している転職エージェントも存在します。

 企業内部まで知ってくれている転職エージェントの場合、待遇など記載されていない情報も伝えてくれることがあるようです。

応募時の判断材料になるため、気になる企業がある場合は、一度転職エージェントに相談するのも良いでしょう。

よくある質問

転職の際、口コミサイトを使うメリットは?
一番のメリットは、転職候補の企業について、現従業員や元従業員による本音ベースの情報が得られることです。転職は人生の大きな節目のため、しっかりと情報集めをした上で実行すべきです。口コミサイトは転職者にとって有力な情報源だと言えるでしょう。
また、口コミサイトから直接求人応募したり、口コミサイトを経由して転職エージェントに相談することも可能です。
口コミサイトの利用方法は?
各口コミサイトにアクセスして各種情報を閲覧することができます。ただし、そのままでは口コミを全て閲覧することはできません。会員登録をして、自分自身が在籍経験のある企業についての口コミを投稿したり、会費を払ったりすることによって、ほかの人が書いた口コミを閲覧できるようになります。
口コミサイトの利用は無料なの?
口コミサイトに会員登録して、自分自身が口コミを投稿することによって無料で口コミを閲覧できるようになります。
自分が口コミを書きたくない場合は、会費を払うことによって有料で口コミを閲覧することもできます。
サイトはひとつで良い?
どのサイトも有益な口コミを提供していますが、複数のサイトを利用するのがおすすめです。ひとつのサイトに限定せず複数のサイトから情報収集することで、偏りなく多くの情報に触れることができます。
参考にしたい口コミの特徴は?
参考にしたい口コミの特徴は、タイムリーな情報であることと客観的な数値を伴う情報であることです。
また、給与や休日などの待遇面は数値で確認するのが大切です。
注意が必要な口コミの特徴は?
個人の主観のみを述べた口コミには注意が必要です。感情的で、企業の悪いところだけを書き連ねている口コミは偏った内容である可能性が高いです。
企業の情報集めは口コミサイトだけでいい?
転職にあたっては口コミサイト以外の情報も収集しましょう。
企業の公式サイトやリアルでの繋がりがある身近な関係者、SNS、転職エージェントが代表的な例です。

まとめ

転職活動を効果的に進めるためには、転職の口コミサイトを利用するのがおすすめです。

転職の口コミサイトを利用すれば、企業の採用ページや転職サイトなどでは見つからない情報を得られ、入社後のミスマッチも少なくなるでしょう

ただし、口コミを投稿しているのは匿名の個人であるため、内容の信憑性をチェックすることが大切です。

自分に合った転職の口コミサイトを利用して、有意義な転職活動を行ってみてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事