転職 面接 質問

転職の面接では、必ず質問される内容や高確率で質問される内容があります。

しかし、転職の回数が少ない方や経験のない方は、「面接ではどんな質問がされるんだろう」と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、転職の面接で聞かれる質問を回答例と合わせて紹介します。よく聞かれる質問や、待遇面・経験などの質問も解説しているので、ぜひ参考にしてください。

転職の面接でどんな質問がされるのか不安な方に、必見の内容となっています。

転職の面接でよく聞かれる質問6選

転職の面接でよく聞かれる質問は、以下の6点が多いです。よく聞かれる質問なので、事前に言えるように対策をしておきましょう。

転職の面接でよく聞かれる質問6選
  • 自己紹介
  • 自己PR
  • 転職理由
  • 志望動機
  • キャリアプラン
  • 逆質問

自己紹介

自己紹介では、最初に名前とお礼を伝えましょう。その後に自分の職歴を簡潔に述べます。

 自己紹介で第一印象が決まるので、しっかり準備することが大切です。

流れとしては、「名前」→「お礼」→「職歴」→「強み・入社への意欲」で話しを進められるといいでしょう。

自己紹介は、必要な情報を1〜3分程度にまとて伝えるがポイントです。

自己紹介の回答例

下記は、自己紹介を聞かれたときの回答例です。

自己紹介をお願いします。

○○○○と申します。本日はお時間をいただき、ありがとうございます。

現職は株式会社○○で、7年間自動車メーカーの法人営業を担当し、○○という商品を販売しています。

2年前からは営業部のリーダーとして部署全体の目標達成に注力しました。

その結果、売上目標を120%達成して業績アップに貢献したことで、表彰された経験もございます。

現職で培った、目標を達成するまで妥協しない忍耐力を活かして御社に貢献していきたいと思い、応募いたしました。

本日はよろしくお願いいたします。

自己PR

自己PRでは、自己紹介で軽く触れた「強み」を深堀して伝えるといいでしょう。

 エピソードを交えて話すことがポイントです。

自己PRは、自己紹介と交えて「自己紹介・自己PRをお願いします。」と言われることもあるので、面接官の質問によって臨機応変に対応することが大切です。

自己PRの意図は「能力」や「性格」を掴むなどの理由があります。

自己PRの回答例

下記は、自己PRを聞かれたときの回答例です。

自己PRをお願いします。

現職の自動車メーカーでは、忍耐力を強みに営業職を7年間務めてきました。

私がリーダーになってからは、周囲に気を配りすぎ、自分の売上げが下がってしまい苦戦したこともありました。

そのことがきっかけで、毎週のミーティングで成功体験を共有することを取り入れました。

その結果、自分だけでなくチーム全体のモチベーションアップが上がり、売上目標を120%達成して業績アップを達成することができました。

このように、チーム全体の士気を上げ会社の売り上げへと繋げた経験は、御社でも活かすことができると考えております。

退職・転職理由

退職・転職理由は、「成長したい」や「よりレベルの高い環境に身を置きたい」など、ポジティブな理由を答えましょう。

 不満な内容はマイナスなイメージへと繋がります。

転職を考えた理由が、給与面や待遇面の不満だったとしても、面接ではなるべく言わないことがおすすめです。

転職理由は、入社後にまた同じ理由で辞めないか確かめる意図があります。

退職・転職理由の回答例

下記は、「給与面の不満」を「ポジティブな理由」に変換した回答例です。

退職・転職したいと思った理由はなんですか?

現在の職場は年功序列の風潮が強いため、売り上げ目標を達成しても結果が正当に評価されませんでした。

今後のキャリアを考えたとき、結果を正当に評価してもらえる会社に身を置き、結果を出し続けることで私自身も大きく成長していきたいと考えました。

志望動機

志望動機では、応募した企業の「特徴」や「業務内容」に注目して、「なぜ応募したか」を明確にして伝えましょう。

 同じ業界や職種がある中で「この企業がいい」という理由を明確にすることが大切です。

応募した企業が求めている人材が、自分の志望動機に基づいているか「一貫性」を意識するといいでしょう。

志望動機は企業について「どれほどリサーチしているか」などを確かめる意図があります。

志望動機の回答例

下記は、営業職から事務職への転職を目指した際の志望動機の回答例です。

志望動機を教えてください。

私は、御社の「人との関わりを大切にする」という社風に惹かれ、御社の一員として事務の面から支えたいと思い、志望しました。

6年間営業職として働いてきました。お客さまへの営業もちろん、営業成績や顧客データなどの分析業務も担当して参りました。

営業分析ツールを用いたデータ分析に携わっているうちに事務という仕事に興味を持ち、MOS資格を取得いたしました。

ただ「商品を売って終わり」だけではなく、お客さまとの継続的な関係を大切にしている御社に魅力を感じ、今後の会社の成長に貢献していきたいと考えています。

キャリアプラン

キャリアプランでは、応募企業で「自分のなりたい人材」を目指すために、「どう経験を積んで成長していきたいのか」を述べましょう。

 志願動機を聞かれたときに合わせて説明してもいいでしょう。

5年後や10年後を想定して回答を準備しておくことがポイントです。

キャリアプランは、応募企業のキャリアパスに近い考えがあるかなどを確かめる意図があります。

キャリアプランの回答例

下記は、キャリアプランを聞かれたときの回答例です。

キャリアプランを教えてください。

私は、御社の営業部門でトップの売り上げを残せる人材を目指したいと考えています。

そのために、入社後はサービスや商品に対する理解を深め、新規顧客の獲得を目指します。

日々、目標を立て課題を分析することで、売り上げアップに繋げていけるように努力を続けたいと思います。

逆質問

逆質問では、気になる点を聞けることもありますが、「入社意欲」「熱意」を伝えるチャンスでもあります。

 公式HPなどで調べたら出てくる内容は避けましょう。

応募企業を事前にリサーチしたうえで、聞きたい内容をまとめておくことが大切です。

入社後に「思っていた内容と異なる」などのトラブルを回避する意図があります。

逆質問の回答例

下記は、逆質問を聞かれたときの回答例です。

逆質問はありますか?

・私と同じ年代で転職した方もいるかと思いますが、その方はどのような働き方が評価されていますか?

・入社までに少しでも勉強してスキルを磨いておいた方がいいことはありますか?

・御社で働くことを具体的にイメージしたいのですが、1日の流れや仕事内容を詳しく教えていただけますか?

【待遇面】転職の面接で聞かれる質問

待遇面は、応募者の「価値観」「生活状況」を把握するなどの目的のために質問をします。

回答によってはネガティブな印象を与えかねないので、質問されたら答えられるように準備しておくといいでしょう。以下の2点が、転職の面接で聞かれる待遇面の質問です。

【待遇面】転職の面接で聞かれる質問
  • 希望年収
  • 残業や休日出勤は可能か

希望年収

希望年収は、現在の年収をベースに考えるといいでしょう。

 現在よりも高い年収を希望する場合は、明確な理由が必要になります。

希望年収が特にないという場合は、現在の年収をベースに最低希望年収も一緒に伝えると、より応募企業に希望年収のイメージが伝わりやすいです。

希望年収の質問の意図には、「自社の労働条件にマッチしているか」などがあります。

希望年収の回答例

下記は、希望年収を聞かれたときの回答例です。

希望する年収はどのくらいですか?
基本的には御社の規定に従いますが、現在の年収は500万円以上ですので、できれば同等かそれ以上いただけますと幸いです。

残業や休日出勤は可能か

残業や休日出勤は、自分に負荷のかからない範囲で伝えることが大切です。

 「問題ありません。」だけだと想像以上に自分の首を絞める場合もあります。

現実的に残業や休日出勤ができる日数や時間を伝えると、応募企業はどのくらい働けるかをイメージしやすくなります。

できない場合は理由も併せて伝えましょう。

残業や休日出勤の回答例

下記は、残業や休日出勤について聞かれたときの回答例です。

残業や休日出勤は可能ですか?

問題ございません。残業は現在の会社でも月30〜40時間ほど行っております。

業務の効率化を意識して、不要な残業や休日出勤が少なくなるように努めたいと考えております。

【経験】転職の面接で聞かれる質問

経験に関して面接で質問された場合は、「自分の強み」これまでの経験」をアピールできる絶好の機会となります。

キャリアを棚卸ししたうえで回答できるように、しっかり対策をしましょう。以下の2点が、転職の面接で聞かれる経験の質問です。

【経験】転職の面接で聞かれる質問
  • 失敗談
  • 活かせるスキル

失敗談

これまでの仕事で失敗をした経験は、誰にでもある出来事なので正直に伝えましょう。

 その失敗から「何を学んだか」が大切です。

「何を学んだか」「同じ失敗をしないために気を付けていること」「どう対処したか」など、自分の出来事をエピソードとして整理しておくといいでしょう。

 

失敗談は、「失敗との向き合い方」や「課題解決力」などを知る意図があります。

失敗談の回答例

下記は、失敗談を聞かれたときの回答例です。

これまでの仕事で失敗をした経験はありますか?

過去にプロジェクトリーダーを任された際、責任感から仕事を一人で抱え込んでしまった時期がありました。

その結果、仕事の進捗が遅くなり、納期ギリギリになってしまいました。

それ以来、「人に頼る勇気」と「タスク管理」を徹底して守り、チーム全体で仕事を効率的に進める習慣が身につきました。

活かせるスキル

活かせるスキルでは、応募企業に合ったものを選択して伝えましょう。

 職種や業界で活かせるスキルを選ぶことがポイントです。

そのスキルを通じて「どのような成果をあげたか」もあわせて伝えられると完璧です。

活かせるスキルは、応募職種に対して適性があるかなどを判断する意図があります。

活かせるスキルの回答例

下記は、活かせるスキルを聞かれたときの回答例です。

活かせるスキルはありますか?

質問力には自信があります。

ただ分からないことの答えを知るために質問するのではなく、「私はこう思いますが、合っていますでしょうか?」と、悩みに対して一度自分なりの答えを見つけてから質問をするように心がけています。

自分の意見を交えて質問することで、上長から信頼され、大きな仕事を任せてもらえるようになりました。

転職の面接で質問に答える際のコツ

転職の面接で質問に答える際のコツは以下の3点です。

転職の面接で質問に答える際のコツ
  • ゆっくり話す
  • 笑顔を意識する
  • 聞かれた質問に対して答える

ゆっくり話す

質問に返答するときは、ゆっくり聞き取りやすいスピードで話しましょう。緊張していると無意識に早口になる場合もあります。

早口だと、「落ち着きがない」や「何を言っているか分からない」といった、マイナスなイメージを持たれてしまうこともあります。

面接練習の段階から、話すスピードを意識しておくといいでしょう。

笑顔を意識する

顔の表情ひとつで、相手に与えるイメージが大きく変わるため、笑顔を意識することが重要です。緊張していると顔の表情が強張ることもあるでしょう。

面接という緊張する場面でも、笑顔を見せることで好印象へと繋がる場合もあります。

面接前に鏡で自分の笑顔をチェックするといいでしょう。

聞かれた質問に対して答える

聞かれた質問に対しては、まず結論から答えましょう。

 質問と違う返答だと、コミュニケーションが取れないと思われる可能性もゼロではありません。

コミュニケーションは仕事をするうえで重要になる場面が多いため、会話のキャッチボールを意識しましょう。

聞き逃しがないように、面接官の質問をしっかり聞くことが大切です。

面接が不安なら転職エージェントの利用がおすすめ

転職エージェントとは、転職を希望する方の特性や希望を細かくヒアリングし、それに合った企業を無料で紹介する人材紹介サービスです。

転職エージェントが無料な理由は?
転職エージェントは、転職希望者と新しい人材を採用したい企業の仲介となり、マッチングが実現すれば(転職希望者が入社すれば)企業側から成功報酬を受け取れるからです。
求人情報を収集するだけの転職サイトとは違い、アドバイザーが手続きの代行や相談に乗ってくれる点が特徴です。
転職エージェントを利用するメリット
  • 自分に合った企業を紹介してくれる
  • 転職サイトには載っていない非公開求人にも出会える
  • 企業との面接の日程調整や年収交渉などを代行してくれる
  • 履歴書の添削や面接対策をしてくれる
  • 不安なことがあれば相談できる

上記のサービスを、全て無料で利用できます。

アドバイザーの方と話すことで、客観的に見た自分の市場価値や強みが明らかになるでしょう。また、転職エージェントを利用して年収アップを実現した方は多くいます。

実際にどのくらいの方が年収アップをしているのか、またはどのくらいの金額年収がアップしたのかは、次で見ていきましょう。

無料の面接対策あり!おすすめ転職エージェント3選

ここからは、面接の練習ができるおすすめの転職エージェント3選を紹介していきます。各エージェントごとの特徴を理解して、転職エージェント選びの参考にしてください。

迷ったらここ!無料登録のメリットが大きい転職エージェント

リクルートエージェント

RECRUIT AGENT LP

リクルートエージェントのおすすめポイント※1
  • 業界最大級の非公開求人数
  • 転職した方の6割以上が年収アップを実現※2
  • 転職支援実績No.1!転職した方は37万人以上
  • 平日夜間や土日でも相談OK・電話面談も可能
  • 転職のプロがマンツーマンでサポートしてくれる
  • 40年以上培ったどこよりも豊富な経験とノウハウがある

リクルートエージェントは、転職支援実績と求人数の多さが魅力の転職エージェントです。

これまでリクルートエージェントを利用して転職した方は、37万人以上。この支援実績は、数ある転職エージェントの中でもNo.1に輝いています。※1

多くの方がリクルートエージェントを通じて転職に成功している理由は、

  • 経験豊富なキャリアアドバイザーとの面談
  • 提出書類の添削
  • 面接対策
  • 企業側との条件交渉の代行

などと、利用は無料にも関わらずサポートが手厚いからです。

その上リクルートエージェントは、ネット上に公開されていない非公開求人を20万件以上保有しており、その中からあなたの強みや適性に合った求人を、無料で紹介してくれます。

紹介してくれる求人は未経験OKなものから上場企業のものまで、豊富に揃っているのが特徴です。

申し込み後の面談は、平日夜間や土日・電話でも可能。利用したら絶対に転職しなければいけないことはなく、なんとなく「転職したい」と漠然な希望だけで相談してみても問題ありません。

転職のプロに客観的にみてもらうことで、自分で気づけなかった自分のスキルや価値を見つけ出せるでしょう。

リクルートエージェントの年収アップ実績

リクルートエージェントを通じて年収アップを実現した方は、6割以上です(2011年度)

リクルートエージェント 転職者の年収増減

公開求人数 非公開求人数
14万2,677件 20万834件
ユーザー年齢層 対象エリア
20〜50代 全国

※1:公式サイトの文言によります。
※2:2011年度にリクルートエージェントを利用して転職した方のうち
出典:リクルートエージェント公式サイト

大手・優良企業に転職したい方におすすめ!

doda

doda LP

dodaのおすすめポイント
  • 求人サイト・エージェントサービス・スカウトサービスの3機能が1つに!
  • 転職者満足度No.1
  • 転職・求人情報量は国内最大級
  • 大手や優良企業の求人多数!口コミ掲載企業など特徴ごとに探せる
  • 【参加無料】オンラインの転職セミナーや個別相談会を実施中
  • 年収査定など診断・書類作成ツールが豊富

dodaは、転職満足度No.1のユーザー評価が高い無料転職サイトです。

転職サイトですが、自分のこだわり条件で求人を探せるだけではありません。
  • 各専門スタッフがあなたにぴったりの求人を紹介&転職までをサポートしてくれる国内最大級「エージェントサービス」
  • 効率的に転職を進めたい方向けに、企業から直接オファーがくる「スカウトサービス」

も展開しています。自分がどう転職活動を進めたいのかで、それに合ったサービスを選べるので、転職活動をスムーズに進められるでしょう。

dodaが保有する求人の特徴は、大手企業や優良企業の求人が多いこと。

 他にも、年収が高い未経験歓迎の企業、中途入社者がおすすめする企業、黒字経営の企業など、細かい条件で求人情報を閲覧できます。

スカウトサービスでは、書類選考をスキップした面接確約オファーが受け取れることも。オンライン転職カウンセリングを実施中なので、気になった方はぜひ利用してみて下さいね。

dodaの年収アップ実績

dodaを通じて転職をした方は、平均56.7万円年収がアップしています。最大アップ額は、440万円です。

doda 年代別の平均年収アップ率

※調査期間:2013年1月〜2014年6月にdodaエージェントサービスを利用して転職した方

公開求人数 非公開求人数
10万8,345件 未公開
ユーザー年齢層 対象エリア
20〜50代 全国

※公式サイトの文言によります。
出典:doda公式サイト

 

20代・はじめて転職をする方・第二新卒の若手社会人に人気

マイナビエージェント

mynavi-agent

マイナビエージェントのおすすめポイント
  • 20代の転職支援実績No.1
  • 第二新卒・はじめて転職をする若手社会人におすすめ
  • 無料の転職面談実施中!自宅にいながらWeb・電話・LINEでも転職相談OK
  • 幅広い業界・業種に太いパイプを持つマイナビ独占の求人あり
  • 各業界専任のプロによる徹底サポートを受けられる!女性向けサポートも
  • 他では知りえない人気企業の情報を得られる
  • 退職交渉のサポートあり

マイナビエージェントは、第二新卒やはじめて転職をする20代に人気な転職エージェントです。 

マイナビ看護師や薬剤師、マイナビ営業エージェントやITエージェントなど、各業種・業界ごとに特化した人材紹介サービスを展開するマイナビだからこそ、出会える求人があります

 在籍するキャリアアドバイザーは、全員様々な業界の転職市場に詳しいプロフェッショナルです。

キャリアアドバイザーによるサポートは利用回数・期間に制限なく受けられるため、自分が納得のいく転職活動ができるでしょう。

無料の転職面談に行くのが難しい場合は、電話やWeb・LINEでも対応してくれます。

マイナビエージェントは、女性の転職市場に精通したキャリアアドバイザーも在籍しているため、転職をしたい女性にもおすすめです。

マイナビエージェントの年収アップ実績

マイナビエージェントは、転職者の年収アップ実績が豊富です。おおよそ20%も年収がアップすることも。

マイナビエージェント 年収アップ早見表

年収交渉は、切り出すタイミングや希望金額の提示の仕方など、細かいところにも気を遣わなければいけません。

マイナビエージェントなら、これらの交渉を全てプロに任せることができますよ。
公開求人数 非公開求人数
3万1,407件 未公開
ユーザー年齢層 対象エリア
20〜30代 全国

※掲載している求人数は、いずれも2021年11月15日時点の情報です。

まとめ

この記事では、転職の面接で聞かれる質問とその回答例、コツを解説しました。どの面接の質問でも面接官の話をよく聞き、会話のキャッチボールを意識して自分を売り込むことが大切です。

面接はしっかり対策をしないと、せっかく覚えた内容が飛んでしまったり頭が真っ白になってコミュニケーションを上手く取れなかったりします。

そのため、通過率を少しでも上げるために、転職エージェントの模擬面接を活用することで、自信を持って面接に臨むことができます。

本番を想定した模擬面接は、自分に足りない部分を知ることができるでしょう。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事