転職が不安・怖いと感じる4つの原因|対処法もあわせて紹介

同じ会社に定年まで勤める風潮が薄れている傾向にあるため、一度は転職を経験したことがある人も少なくないでしょう。

しかし一方では、さまざまな理由で同じ会社に所属し続けている人もいます。そのなかには転職に対して不安を抱き、アクションを起こせないという人も少なくありません。

そこで今回は、転職活動に不安を感じる理由や解消法、おすすめの転職エージェントなどについて解説していきます。

転職した方が自分にとって良い環境になる可能性があると感じている人は、ぜひ参考にしてみてください。

【20代・30代】転職活動において不安なこと

今の環境からの変化が怖い

転職活動を「一か八かの賭け」と考えている人は、少なからず一定数います。「今の環境は良くはないが悪くもない」という人に、そういった考えは多いかもしれません。

転職するということは、今の職場を去り再び一から新しい環境を整える必要があることを意味します。新しい環境とは、人間関係の構築・仕事内容・自分の地位などです。

 今の安定した環境を変えたあとに、万が一「転職しない方が良かったと感じたらどうしよう」と悩んでしまうことは仕方ありません。

今よりも年収が下がってしまうかもしれない、人間関係が悪化するかもしれない、今までのキャリアが無駄になるかもしれないなど、悪い方向への変化を考えると転職に不安を感じてしまいます。

5年後や10年後にキャリアアップができるかという長期的な視点からも、不安を感じて転職を踏みとどまるケースも少なくないのです。

しかし、転職してからの環境は実際に所属してからでないと完全には把握できません。必要以上に転職後の悪いイメージを抱いているだけだという可能性もあります。

希望通りの転職先が見つかるか不安

転職する理由として、多くの場合は自分の希望に沿った仕事をしたいことが挙げられます。今よりも給与が高い職場・人間関係が良い職場・成長できる職場など、仕事に求める希望はさまざまです。

しかし、今の仕事を変えて新しい仕事に就いたからと言って、必ず希望が叶うとは限りません。本来であれば、どのような仕事であってもすべての希望を叶えることは難しいです。

自分のスキルは今の会社以外で通用するのか・面接で質問に答えられる自信が無い・そもそも仕事に対する希望が弱いかもしれないなど、極端かつネガティブに考えてしまう傾向があります。

転職の進め方がわからない

今までに転職をしたことが無い人の多くは、いざ転職しようと考えてもどのように行動を起こせば良いか迷ってしまうことが少なくありません。

独断で行動しても問題がないか、誰かに相談する必要があるのか、どのような準備をしなければならないかなどを考えているうちに、時間だけが過ぎていくというパターンは十分にあり得ます。

 転職経験者であっても、今の仕事との転職活動を両立させる方法がわからないという人も少なくありません。

転職したい意思を上司や同僚に伝えるべきか、就業後の時間をどのように使えば良いか、在職中に転職活動をしても良いかなど、進め方がわからず二の足を踏んでいる人は多いです。

会社に退職の意思を伝えるタイミングがわからない

仮に転職先が決まったとしても、今の職場に何も言わず去ることはできません。今の職場には必ず退職の意思を伝え、手続きをしてもらう必要があります。

今担当している仕事が引き継げない、あるいは人員不足などの状態であれば、退職の意思を伝えるタイミングは十分考慮する必要があります。

さらに、上司などに退職を引き止められた場合、うまく説得できるか不安という人もいるでしょう。

転職先に対してだけでなく、現在の仕事を退職することに対しても不安を感じる人は少なくありません。

転職の不安を解消する方法

今の勤務先に迷惑をかけないよう退職準備をする

転職活動をするうえで、今の会社に迷惑をかけたくないという人は多いでしょう。退職すること自体は迷惑ではないため、事前に準備を整えておくことが大切です。

 退職の準備とは、担当している仕事の引継ぎ・必要書類の提出・身辺整理などが挙げられます。

特に、仕事の引継ぎは必要書類やノウハウの共有などで時間がかかることから、中途半端なまま退職してしまうと迷惑をかけるため、気持ちよく職場を去れるように手続きを進めることが大事です。

基本的に正社員は14日前に退職を申し出れば、法律上成立します。ただし、契約社員など任期が定まっている場合は、特別な事情が無い限り雇用契約後1年間は退職できないため注意が必要です。

転職の条件を高く望み過ぎない

転職先がなかなか決まらない原因の一つとして、「転職先の条件を高望みし過ぎている」ことが挙げられます。

転職先の条件を高く望み過ぎないことで選択肢が広がることから、転職先が見つかるかどうかという不安を解消します。

市場にはさまざまな企業があるため応募先は多いものの、条件を高望みし過ぎると転職したい企業に自分のスキル・キャリアが追い付かず、内定獲得が難しくなります。

 自分のスキルやキャリアに見合った条件で探せば、転職先が見つかる可能性は高くなることが期待できるでしょう。

ただし、あまりに条件を下げてしまうと希望からほど遠い仕事へ就くことになり、また転職を考えなければならない可能性は否めません。求める最低限の条件は、事前に決めておきましょう。

転職活動を長引かせない

今の仕事を続けながら、両立して転職活動を長期間続けることは簡単ではありません。転職活動が長くなるにつれ、時間や交通費などに加え心身への負担も大きくなります。

さらに、転職活動を続けているうちに最初の頃のモチベーションが低下し、「転職しなくて良いかもしれない」という思考になってしまう可能性もゼロではありません。

 転職活動は、可能な限り短期間で完了させることが大切です。転職活動にかける期間が短いほど、負担を減らしモチベーションを維持することに繋がります。

また、転職活動を長く続けることが思い描く理想に繋がるとは限りません。そのことも考慮し、なるべく転職活動は長引かせないように心掛けましょう。

事前に転職先の情報収集をしておく

転職先のイメージができず不安に繋がる場合、事前に情報収集をしておくことで解消できます。転職先のイメージは、できる限り明確にしておきましょう。

転職先の仕事内容・年収など、募集要項に載っている事項だけでなく、昇級・昇格の条件や平均残業時間なども把握しておくことがおすすめです。

また、職場見学OKの企業であれば、働いている人たちの雰囲気や人間性なども観察しておくと良いでしょう。

転職エージェントを活用する

一人で転職を進めようとしても、何から手を付けて良いかわからず、迷ってしまう人は少なくありません。また、転職活動に必要な書類や手続きについてもイメージがしづらいでしょう。

転職活動をする際におすすめとなる方法が、転職活動エージェントを活用することです。多くの転職エージェントは無料で登録できるうえ、サポート内容が大変充実しています。

 転職エージェントのサポート内容は、希望の条件に見合った求人の紹介や履歴書の添削、内定後の手続きなど多岐に渡ります。

転職する人が増加するにつれ、転職エージェントも求人数・業界数が多い、専門職に限定しハイキャリアに絞っているなど、多様化し幅広いニーズに応えられる内容となっているのです。

転職エージェントは担当のコンサルタントが付く場合が多く、転職に関するさまざまな不安を相談できるというメリットもあります。

おすすめ転職エージェント3選|転職が不安な方を徹底サポート

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントのおすすめポイント
  • 業界大手で多くの公開・非公開求人を保有!
  • 「とりあえず相談」が可能!
  • 転職に関する活動や悩みをトータル的にサポート!

特徴①業界大手で多くの公開・非公開求人を保有

リクルートエージェントは大手人材会社のリクルートが運営しているだけあり、求人数は業界トップクラスです。

公開されているものだけでなく非公開求人も数多くあるため、希望通りの転職先が見つかるか不安という人でも安心して利用できます。

取り扱っている業界や業種も多岐に渡り、転職先の選択肢が多い点もメリットです。

特徴②「とりあえず相談」が可能

リクルートエージェントに登録すると、担当のコンサルタントが付き、転職活動のサポートをしてくれます。なお、登録したからと言い必ず転職しなければいけない訳ではありません。

 コンサルタントは、あくまで転職に関するサポーターという役割です。そのため、転職に関する相談をするだけでも問題ありません。

「転職の進め方がわからない」という人でも、アドバイスを受けることでイメージを抱けるというメリットがあります。

また、今の職場に退職の意思を伝えるタイミングで悩んでいる場合も、相談すればプロの視点からアドバイスを受けられるでしょう。

特徴③転職に関する活動や悩みをトータル的にサポート

リクルートエージェントを利用すると、自己分析・書類添削・面接の日程調整・内定後の手続きなど、全面的にコンサルタントがバックアップしてくれます。

事務的なサポートだけでなく、入社日や年収など自分では言いづらい交渉も代理で行ってくれます。

「転職後の変化が不安」「どのように転職活動を進めればいいか悩んでいる」という場合でも、手厚いサポートのうえ取り組めるため心配いりません。

リクルートエージェントの基本情報

運営会社 株式会社リクルート
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • 非公開求人の提供
  • 面談の実施
  • 面接対策
  • 志望企業への推薦
公開求人数※2022年3月10日時点 173,117件(非公開求人228,237件)
対応エリア 全国

doda

doda

dodaのおすすめポイント
  • 求人の絞り込み条件を細かく設定できる
  • 転職成功者のエピソードが豊富
  • 診断などのコンテンツが豊富

特徴①求人の絞り込み条件を細かく設定できる

dodaは希望の業界や業種だけでなく、残業20時間以内・地方で働きたいなど、条件が細かく分類されているという特徴があります。

そのため、表面的な条件以外にも転職先に関する情報が得られ、希望通りの転職先が見つかることが期待できます。

特徴②転職成功者のエピソードが豊富

dodaを利用し、転職に成功した人のエピソードが掲載されている点が特徴です。

 転職に成功したとしても、最初は何をすれば良いかわからなかった、自分のスキルに自信がなく不安だったという人は少なくありません。

どのように転職活動を進めたか、現職を退職した流れなどがリアルに記載されているため、不安を抱えている人はぜひ参考にしてみてください。

特徴③診断などのコンテンツが豊富

dodaには、求人情報以外に適正年収を査定する「年収査定」や、自分に向いている働き方を診断する「キャリアタイプ診断」などがあります。

また、アピールポイントを掘り起こす「自己PR発掘診断」もあり、コンテンツが充実している点は大変魅力的です。

 自分の強みやアピールポイントがわからず、今の環境を変えてまで転職することに不安を感じている人は、気軽にdodaのコンテンツを活用してみてください。

これらを活用することで、自分では気づいていない強みやアピールポイントが見つかるかもしれません。

dodaの基本情報

運営会社 パーソルキャリア株式会社
主なサービス(機能)
  • 非公開求人の紹介
  • 専門スタッフによるプロ目線での求人紹介
  • 面接のスケジュール調整
  • 書類・面接手続きのサポート
  • スカウトサービス
公開求人数※2022年3月10日時点 127,945件
対応エリア 全国
出典・注釈

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントのおすすめポイント
  • 書類添削に強みがある
  • 利用者に合わせたサポート体制
  • 業界ごとの専任アドバイザー

特徴①書類添削に強みがある

マイナビエージェントの一つの強みに、書類添削が挙げられます。応募書類は企業に自分を知ってもらうためのツールであり、内容が魅力的であることは内定を勝ち取るうえで重要です。

 自分で履歴書などを書くと自分の強みを伝えきれず、面接まで進めないケースは少なくありません。

プロの目線で添削が入ると、書類選考通過の確率は変わってくる可能性が期待できます。希望通りの転職先が見つかるか不安を感じている人は、ぜひ活用してみてください。

特徴②利用者に合わせたサポート体制

マイナビエージェントは、転職活動を始める前にアドバイザーが丁寧に希望をヒアリングしてくれます。

また、サイト内では年代別・転職経験の回数別などでもアドバイス内容や相談先が分かれており、利用者のニーズに沿った細かいサポートを受けられます。

特徴③業界ごとの専任アドバイザー

マイナビエージェントでは、業界ごとに専任アドバイザーが配属されています。転職活動と一言で表しても、業界によって必要なスキル・経歴・内定までの流れなどは同じではありません。

 業界の転職事情に特化したアドバイザーが在籍していることで、自分が希望する業界への転職活動を効率的にサポートしてくれます。

新しい環境に身を置くことで今とどのように変化するのか、希望通りの転職先が見つかるか不安という人は、手厚いサポートを受けられるため迷いが解消されるという期待が持てます。

マイナビエージェントの基本情報

運営会社 株式会社マイナビ
主なサービス(機能)
  • 求人紹介
  • 書類添削
  • 面接対策
  • Web面談・LINE相談
  • 転職ノウハウの提供
  • テーマ別平均年収ランキングの紹介
公開求人数※2022年3月10日時点 詳細は公式サイトで
対応エリア 全国

転職の不安に関するよくある質問

リクルートエージェントの特徴は?
リクルートエージェントは、業界でもトップクラスの大手転職エージェントです。求人数は多く、サポート体制も「とりあえず相談」からできる柔軟さが特徴となります。
dodaの特徴は?
希望の転職先の条件が細かく決まっている人は、その条件に見合った求人を探しやすいです。dodaでは転職成功者のエピソードや自分を知るための診断などコンテンツが豊富なため、転職活動のイメージや自分の強みがわからない人に向いています。
マイナビエージェントの特徴は?
マイナビエージェントは書類添削に強みがあり、企業にとって印象の良い書類を作成するために役立ちます。また、利用者に合わせたサポート体制や業界ごとの専任アドバイザーなど、希望の転職先を見つけるためのシステムが整っている点も特徴です。
転職エージェントを活用するメリットは?
転職市場を熟知したアドバイザーからのサポートのもと、転職活動に取り組める点は大きなメリットと言えます。また、採用したい人材や職場環境など、求人票に載らないリアルな企業情報を収集できる点も魅力です。
転職エージェントの選び方は?
求人数や職種の幅広さ、さらにはアドバイザーからのサポート内容などを比較しましょう。また、一般公開されていない非公開求人の数も要チェックです。
20代・30代が抱える転職活動において不安なこととは?
今の環境からの変化が怖い、希望通りの転職先が見つかるか不安、転職の進め方がわからない、会社に退職の意思を伝えるタイミングがわからないといったものが挙げられます。
転職の不安を解消する方法とは?
事前に退職準備を進めておくことで、今の勤務先に迷惑をかけずに次のステップへ進めます。転職条件を高望みしないことで選択肢が広がるため、次の仕事が見つからないかもしれないという不安解消に繋がるでしょう。また、転職エージェントを活用することで、アドバイザーによる充実したサポートを受けられるため不安な気持ちを軽減し転職活動に打ち込めます。

まとめ

この記事では、転職活動に不安を感じる理由や解消法、おすすめの転職エージェントなどについて解説しました。

転職活動時は、些細なことでも不安に繋がる可能性が否めません。転職エージェントに登録するとアドバイザーからサポートを受けられるため、大変心強いです。

転職活動が不慣れな人にとっては、特に転職エージェントの利用はメリットを感じられるでしょう。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事