転職活動の流れ・進め方ガイド

「職場を変えたい」「違う職種で仕事をしていきたい」そんな時に考えるのが転職活動です。

しかし、転職活動の全体的な流れはもちろん、かかる期間から転職エージェントの選び方まで、何から始めていけば良いのか分からない方も多いでしょう。

そこで今回は、転職活動の基本的な流れや内容、おすすめのエージェントを紹介します。さらに、転職先が決まった後の内定後から退職の流れも解説します。

転職を成功させる秘訣や注意点も解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

転職活動を始める前の初日準備

転職活動を始める前の初日準備

転職活動を始めるにあたって、事前準備をすることはとても大切なプロセスです。

 明確な自己分析は、後の書類作成や面接の際にも役立ちます。理想の転職活動を進めるためにも自己分析しておくことをおすすめします。

また、自己分析することによって新しい選択肢を見つけたり、可能性を広げることができるでしょう。

自己分析をする

転職を始める前に、まず明確に自己分析しておくべきポイントは次の3つです。

自己分析のポイント
  1. 転職で実現したいことを明確にする
  2. 自分の性格を分析する
  3. キャリア・スキルを棚卸する

①転職で実現したいことを明確にする

転職活動を始める前の初日準備

まずは、転職の目的(希望)を明確にします

明確にするべきポイント
  • 収入を増やしたい
  • キャリアアップしたい
  • 違う職種で仕事をしていきたい
  • 休日を増やしたい
  • 家から近いところで働きたい など

後から「この点もしっかりと望みを持って転職活動をしておけばよかった」と後悔しないように、細かく自分の目的(希望)を明確にしておきましょう。

 転職の目的を明確にすると、思い描いた通りの働き方ができる転職先が浮き彫りになり、現実と理想のギャップを防げる可能性が高くなります。

加えて、転職をすることで目的(希望)が叶えられるかを、考えるきっかけも与えてくれます。

②自分の性格を分析する

転職活動を始める前の初日準備

自分の仕事上の性格を分析することも、転職活動をする上で大切です。

分析しておくべきポイント
  • 何に苦手意識があるのか
  • モチベーションを持って取り組めることは何か
  • 感覚を大切にするタイプなのか、理論的な考えを大切にするタイプなのか
  • 共同作業が得意なのか一人で作業するのが得意なのか
  • 新しいことに挑戦するのが好きなのか、与えるれたものを着々と進めるのが好きなのか
  • 頼られるタイプなのか頼るタイプなのか など
自己分析をする前から、自分の性格をよく理解できている人は少ないでしょう。性格の分析は、どんな働き方会社が合っているのかを明確にしてくれます。

自己分析は自分の適性を知るためだけでなく、自分のことを企業に伝えるためにも必須のプロセスです。

③自分のキャリア・スキルを書き起こす

転職活動を始める前の初日準備

次のステップとして、自分のキャリア・スキルを書き起こしておくと良いでしょう。

書き起こしておくと良い内容
〜キャリア〜
  • 経験職種、職務のなどの経歴を洗い出す
  • 成功、失敗から学んできたこと
  • 実務を通して身についたこと
  • どんな姿勢で実務をこなしてきたか
    など…
〜スキル〜
  • テクニカルスキル(業務に必要な能力)
  • ヒューマンスキル(対人関係能力)
  • コンセプチュアルスキル(本質を見極め、個人、組織の可能性を高める能力)
    など…

キャリアは実務を通して身についたことや成功談だけではなく、実務に対する姿勢や失敗談から学んだことなども書き起こしておくことで、面接時には流れに一貫性を持った回答ができるでしょう。

 自分を最大限に生かし、希望通りの転職先に辿りつくためには、キャリア・スキルを書き起こすことがとても重要なプロセスです。

そして意外に感じるかもしれませんが、プライベートについて細かく掘り下げることも大切と言えます。

新しい職場・職種に就く際には、趣味や人脈の中から思いがけない強み・スキルや能力を発見できるかもしれません。

自己分析する際の注意点

転職活動を始める前の初日準備

自己分析をする上での注意点としては、短所をマイナス要素として排除しないことです。よく短所は長所でもあると言いますが、捉え方・伝え方を変えるだけでそれは強みにさえなりえます。

全体的に自己分析では、模範解答のような類似した回答になってしまいがちです。

 他の応募者と差をつけるためにも、全体的にあまりにもありきたりな内容にならないようにしましょう。

ちょっとした表現の工夫をしてみたり、一手間加えてみましょう。

自分を採用することで、企業にとっての新しい唯一無二の戦力となれるということをアピールしましょう。

転職先の情報収集をする

転職活動を始める前の初日準備

情報収集を行うことは、転職活動においてとても大切なプロセスの一つです。

調べておくと良い内容
  • 詳しい事業内容、企業内容
  • 社風
  • 福利厚生
  • ワークバランス(転勤、異動、出張の頻度、有給休暇、平均残業について)
  • 教育体制(入社後の研修制度についてどのくらい充実しているのかなど)
  • 仕事の任され方
  • 働き方(企業がどんな働き方を求めているのかなど)
  • 将来性
  • 初任給 など

転職活動を始める際は特に意識していなかった点も、活動を進めていく中で「やはり重視したい」となる可能性も大いにあります。なので全体的な情報収集を心掛けましょう。

企業の研究を念入りに行うことで入社後、ギャップを感じてしまうという可能性を抑えてくれるかもしれません。

さらに、選考通過率のアップや企業にあった志望理由・自己PRの作成がしやすくなるでしょう。

情報の取り入れ方と注意点

転職エージェントやSNSなどの口コミから情報を取り入れるのも手です。ビジネス雑誌や業界研究本などもチェックすると、より深い情報を取り入れることができるでしょう。

 本の情報を参考にする際は、最新のものがおすすめです。中古本を参考にする際には、いつのデータなのかをチェックしておきましょう。

他にもハローワークやホームページを活用するなどして、自分で様々な情報源を探してみるのがおすすめです。

周りの応募者と似た情報収集度合いではなく、知っている内容の差をつけることで企業の目を引きましょう。

転職活動の流れ:応募〜面接まで

転職エージェントを活用する

希望通りの求人を見つけるためには、自分にあった転職エージェントを使うことが大切です。

転職エージェントを使う際の手順について、三段階に分けて紹介します。

転職エージェントを使う際の手順
  1. 転職エージェントを探す
  2. 転職エージェントに登録する
  3. 転職エージェントを使いこなす

①転職エージェントを探す

転職活動の流れ:応募〜面接まで

まずは、自分の希望にあった転職エージェント探しから始めましょう。

 転職エージェントにはそれぞれ得意不得意があるので、自分の希望や現状をしっかりと分析してから、慎重に選ぶことが大切です。

以下に、具体的にどんな点を比較して転職エージェントを選べばいいのか、まとめてみました。

比較する内容
  • 求人掲載数
  • 非公開求人掲載数
  • スカウト機能の有無
  • サービス内容
  • 求人掲載が多い職種 など

その他にも自分の年齢や希望する年収・職種と照らし合わせながら転職エージェントを検索することで、自分にマッチした転職エージェントに出会えるでしょう。

自分とミスマッチな転職エージェントを選んでしまうと、希望に沿った転職先になかなか出会えない可能性があるのでじっくり選ぶのが良いと思います。

②転職エージェントに登録する

転職活動の流れ:応募〜面接まで

登録方法は5分以内に完了する簡単なものがほとんどであり、入力する内容は、名前・生年月日などの基本情報などです。

 ただしスカウト機能を使う際は、プロフィール情報以外にもレジュメを登録する場合もあります。スキルやキャリアを詳細に書く必要があれば、多少時間はかかるでしょう。

企業はスカウトするとなればレジュメを読むと思いますので、レジュメに書く内容は企業の目を惹く内容にするのが理想です。

③転職エージェントを使いこなす

最もよく使うのは求人検索です。求人検索は週二回程度、サイトごとの更新頻度に合わせてチェックするのが目安です。

検討中リストを有効活用することで、企業から思いかけずオファーをもらえる可能性もあります。気になった企業があった際には検討中リストに追加してみましょう。

転職エージェントを使えば、アドバイザーの方と二人三脚で転職活動を進めていけます。

一から十まで全て自分で調べるのは大変なため、プロが近くにいる環境を活かして転職エージェントを頼ってみるのも良いと思います。

書類を作成・送付する

転職活動の流れ:応募〜面接まで

面接に進むためには、自分に会いたいと思わせる書類作成を目指しましょう。

 書き方によって自分の印象や、審査が通過できるかどうかが大きく関わってくるため、書類作成は大切なポイントです。

職務履歴書では、自己分析した内容を最大限に活かして自分のスキルやキャリアをアピール出来る良い機会です。

なお、職務履歴書に決まったフォーマットはほとんどありません。指定のある企業であればキチンと従って作成しましょう。

履歴書は、基本的なプロフィールを確認するための書類です。特別なことを書く欄は無いからこそ、履歴書を書く際には以下の基本的なポイントを確認してみましょう。

履歴書を書く際の大切なポイント
  • 正確な名称で書くこと
  • 正しい漢字を使うこと
  • 丁寧な字で書くこと

基本的なところかもしれませんが、上記の3つを最低限こなすのが履歴書において覚えておきたいポイントです。

オリジナリティが求められないからこそ、最低限のことをしっかりと抑えましょう。

書類作成・送付の注意点

転職活動の流れ:応募〜面接まで

自由記述欄がある場合は空白でも問題の無いように思えますが、せっかくであれば自分をアピール出来る意気込みなど書いても良いかもしれません。

自由記述欄は、最大限に活用しましょう。

また、転職活動では何社も同じタイミングで同じ内容の書類を送ると企業側に見抜かれてしまう可能性があります。書類ごとに、各企業が欲している人物に則した内容で仕上げましょう。

 履歴書と職務履歴書の内容があまりにも似通ったり、矛盾しないように注意が必要です。

送付する際は、送付状を添えて送りましょう。持参する際は、書類は全て折り曲がらないようにそして雨などの水漏れ防止のためにクリアファイルに入れておくのがおすすめです。

面接を受ける

面接対策

面接対策としては、挨拶から自己PRの内容などの全体的な流れを練習しておきましょう。よく聞かれる質問の答えが載っているサイトや本を見て、ある程度の答えを準備していくことも大切です。

 企業からバレてしまう可能性があるかもしれません、質問の答えを丸覚えするのは控えましょう。

答えが全く同じだとしても、自分なりにオリジナリティを持たせて伝えることが大切です。

面接対策を効率的に進めるためには転職エージェントを活用して、その道のプロに意見をもらうのも有効と言えます。

同じ職種の中でもなぜその企業を選んだのか、会社にとっての自分のメリットはなど、必ず準備していきましょう。

面接直前の事前準備

転職活動の流れ:応募〜面接まで

面接直前の事前準備は当日バタつくことがないように、余裕を持って済ませておきましょう。事前準備として主にやることは次の4つがあります。

面接の事前準備
  • 面接日程と時間の確認
  • 会場のアクセスの確認
  • 当日の持ち物の確認
  • 服装の確認

持ち物については特に指定がなくても、履歴書を持っていくのがおすすめです。

面接に行くまでの間に履歴書を確認して、面接時の矛盾した発言を防げます。万が一、次の選考がその場で決まった際には履歴書の提出を求められるケースもあります。

服装に関して指定がない場合は、事前にしっかりと場をわきまえた服装を準備しておきましょう。

面接時のマナー

転職活動の流れ:応募〜面接まで

面接のマナーとして、五分前には受付を済ませるように会場に到着出来ると良いでしょう。

 入出時のマナーとしては、ノックして返答があってから入室します。退出時は必ず挨拶をしましょう。

本番に実践できるように、基本的なマナーは事前に把握しておくのがおすすめです。

転職活動の流れ:内定後から退職〜入社まで

転職先へ内定の承諾をする

内定の連絡は、電話かメールで来ることがほとんどです。

 辞退・保留に問わず、連絡がきたら一週間以内にお礼の連絡を入れましょう。

雇用契約をする際は、労働条件を提示することが法律で決まっています。入社日や契約期間・試用期間など、細かい箇所まで確認しましょう

内定承諾前の要確認ポイント
  • 「労働条件通知書」「雇用契約書」「内定通知書」と呼ばれる雇用形態
  • 給与・賞与
  • 勤務時間・勤務地
  • 休日・有給休暇
  • 就業場所
  • 諸手当の有無
  • 実務内容
  • 社会保険の有無
  • 雇用形態
  • 入社日・契約期間
  • 退職について など

上記の通り確認事項は多くあります。後々「自分が思っていたのと違う」となることを防ぐためにも、確実にこなしておきたいプロセスです。

入社後のギャップを防ぐために、事前にしっかりと調べて確認した場合でも、念入りに確認することをおすすめします。

内定承諾の注意点

転職活動の流れ:内定後から退職〜入社まで

企業側は、承諾を受けたとともに入社の準備を始めていくのが一般的です。そのことを考えると、内定通知書を承諾した後に辞退するということは、あまり望ましくはないでしょう。

 内定承諾後の辞退は迷惑をかけてしまう可能性があり、トラブルの原因にもなりえますので気をつけましょう。

他の企業との兼ね合いがあったり、回答までにもう長らく猶予が欲しいという場合は、その旨を速やかに伝えましょう。

結果がどうであれ、お互いに悪い気がしないように終われるのが理想です。

送付の際は、何の書類なのかすぐにわかるように添え状を付けましょうそして書類が曲がらないような封筒を使用し、かつ雨などによる水濡れを防ぐためにクリアファイルに入れて送付すると親切です。

また、名前宛の際は「様」、企業名や部署名の場合は「御中」をつけるのも忘れてはいけません。封筒面の左下に「内定承諾書在中」と赤字で記載することも、必須です。

内定承諾書を提出するまでは、内定が出ていても転職活動が終わったとは言えません。最後の大切なプロセスですので、気をぬかずに真摯に取り組みましょう。

転職先決定後の入社・退職の手順

転職先に内定承諾をした後は、入社・退職の手続きを行います。

入社・退社の手続きといってもイマイチ想像がつかないと思いますので、ここでは入社・退社に必要な作業を具体的に紹介します。

入社・退社の具体的な作業内容
  1. 退社意思を伝える
  2. 事務手続きをする
  3. 引き継ぎ作業をする

①退社意思を伝える

転職活動の流れ:内定後から退職〜入社まで

具体的な入社日・退職日に関しては、1〜2ヶ月前に伝えるのが一般的です。

退社意思を伝える時の主なポイント
  • 会社に対しての不平不満は言わない
  • 直属の上司に一番に伝える
  • 退職を決心したことを伝える
  • 前向きな内容で伝える
  • 一方的に退社日を決めない

退社意思の伝え方によって退社できる日が長引く可能性や、円満退社ができなくなる可能性も出てくるでしょう。

話す内容はしっかり準備していくことをおすすめします。

②退職の事務手続きをする

諸々の事務手続きをし忘れて退社をすることにならないように、会社任せではなく自分である程度の内容を把握しておきましょう。

退職の事務手続き一覧
  • 雇用保険被保険者証や年金手帳、源泉徴収票離職票を受け取る
  • 公的な手続きとして国民年金保証、国民年金加入申請などは、転職先の福利厚生によって必要不必要が異なるので、自身で確認する
  • もしも社内融資やローンを組んでいる場合は、退社時に残りの未完済分は全て支払わなくてはならない
  • お世話になった方達へ挨拶や業務資料、取引先資料、名刺の破棄を進める

対応が遅れると期限が切れてしまうなど、会社に迷惑をかけてしまうかもしれません。

退職の手続きをスムーズにすることも、円満退社には大切なポイントとなってきます。

③引き継ぎ作業をする

引き継ぎ作業は、退職すると決まってから実際に退職するまでの間でやらなくてはならないプロセスです。

自分の業務を誰かが引き継いだ後、会社がより良くなるなるように抜かりなく行いましょう。
スムーズな引き継ぎ作業の主なポイント
  • 余裕を持ったスケジュールを組む
  • 自分の担当業務の区切りをつける
  • 引き継ぎ内容の整理
  • 優先順位の決定
  • 後任者の決定
  • 作業内容の資料の作成
  • 既存資料に記載がない内容は加える
会社に迷惑をかけず自分自身が気持ち良く退社するためにも、自分がやるべきことは一つも残さないという気持ちを持ってスムーズに遂行しましょう。
円満退職のためにも現職場に迷惑をかけず、会社への負担が最小限になるように心がけるのが理想です。

退職〜転職先に入社するまでの注意点

退社日と入社日の間が1日でも空くと社会保険の手数料が発生し、自分でやらなければいけない仕事が増えてしまうかもしれません。

退社日程が決定した後に日程変更すると、転職先の企業に対して印象が悪くなる可能性もあるので気をつけましょう。

転職活動にかかる平均期間

平均的な期間は4〜6ヶ月

転職

大まかに転職活動の期間を分けると、転職準備に約2週間から1ヶ月、応募から内定までに約2ヶ月、引き継ぎなどの退職手続き全般が終わるまでに約1ヶ月半から2ヶ月半だと言えます。

転職準備 約2週間〜1ヵ月
応募〜内定 約2ヵ月
引継ぎ〜退職手続き 約1ヵ月半〜2ヵ月半

転職活動の準備から実際に現在勤めている職場を退社するまでの期間は、トータルで早くて4ヶ月ほど、長くて6ヶ月くらいでしょう。

しかし転職活動にかかる期間は人によって差があるので、上記はあくまでも平均的な数字です。

在職中に転職活動を進めるのか、退職後に転職活動を進めるのかどうかでも期間が変わってくるでしょう。

転職を長引かせないための秘訣

転職活動にかかる平均期間

転職活動は、いかにスムーズに行うかが大切です。あまりにも長くダラダラ続いてしまうと、気持ちが長続きしないかもしれません。

そこで、スムーズな転職活動を行うための主なポイントを紹介します。

転職活動を長引かせないための主なポイント
  • スケジュールを組む

  • 事前準備(自己分析・情報収集)を詳細に行う

  • 転職の目的・ゴールを明確にする

  • 複数同時応募を心がける

  • 面接の日程調整はスムーズにする

  • 退職交渉時には固い意思を伝える

全体的になんとなく用意して転職活動を進めるのではなくて、鮮明なビジョンを持って取り組むとスムーズに転職ができるでしょう。

転職活動期間の流れだけでなく、活動開始以前の準備や、内定後の退職に関しても考えておくことが大切です。

まとめ

今回は転職活動の基本的な流れを内容、注意点も含め紹介しました。

転職活動は、流れと内容をしっかりと把握しておくことが大切です。それぞれの段階ごとで抜かりない準備をすることで、納得のいく転職活動が行えると思います。

そして自分にとってより心地よく転職活動を進めるためにも、計画性を持ってスムーズに進めるのが理想です。退社時も円満に終えることを心がけることで、転職先で明るいスタートを切れるでしょう。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事