20代におすすめな転職エージェント

ジョブ型雇用の考え方が広まるのに従って、20代から転職を考える人も多くなってきています。

転職初心者の20代にとって、頼りになるのが「転職エージェント」です。転職に関するサポートを全て無料で受けられるため、安心して利用することができます。

着実にキャリアを積み重ねていくために、転職エージェントをうまく活用して転職を成功させたいですね。
そこで今回は、20代の求職者におすすめの転職エージェントを紹介します。女性向け・未経験向けなど、求職者の属性別のおすすめも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

20代前半・後半も!おすすめ転職エージェント2選

doda

doda

おすすめポイント
  • 面接対策に手厚い
  • 転職コンテンツが豊富
  • 掲載求人の幅が広く、優良求人に出会いやすい

 

総合型の転職エージェントのdodaは、非公開求人を含めた10万件以上の求人を抱えており、幅広い選択肢から求人を紹介してもらうことが可能です。

doda最大の特徴は、転職コンテンツの豊富さ。「転職ノウハウ」や「転職Q&A」など、転職に関する情報がわかりやすくまとまっているので、転職経験が少ない20代には使いやすいサービスになっています。

dodaは、オンラインの転職セミナーも定期的に開催しています。情報が集めやすいのは嬉しいですね。
サービス利用料 無料
求人数
※2021年8月時点
公開:93,546件
非公開:34,179件
利用可能地域 全国
タイプ 総合型

出典:https://doda.jp/

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • 20代に信頼されている転職エージェントNo.1
    ※公式サイトの文言によります
  • 企業情報を詳しく知ることができる
  • 柔軟で徹底したサポート体制

 

マイナビエージェントは、新卒就活で有名なマイナビが運営する転職エージェントです。若手の転職に関して積み上げたノウハウがあるため、20代の転職に強みを持っています。

 担当者の他に、企業情報に精通したリクルーティングアドバイザーがいることも特徴。常に企業・求人に関する詳しい情報をキャッチしており、求人票にはない情報を得ることができます。

「LINE対応可」や「土曜対応可」など、求職者に合わせたサポートも魅力。転職経験の少ない20代求職者にはぴったりです。

サービス利用料 無料
求人数
※2021年8月時点
公開:28,168件
非公開:29,824件
利用可能地域 全国
タイプ 総合型

出典:https://mynavi-agent.jp/

【20代×未経験】おすすめ転職エージェント2選

DYM就職

DYM就職

おすすめポイント
  • 第二新卒・未経験の就職に特化
  • 書類選考なしで面接までセッティングしてもらうことができる
  • 一部上場企業、トップベンチャー企業の求人多数

 

DYM就職は現在、第二新卒・既卒・フリーター・ニートの方が安心して使うことのできる転職エージェントです。一部上場企業、トップベンチャー企業などの転職支援実績も豊富にあります。

また登録後、書類選考なしで面接までセッティングしてもらうことが可能です。

条件のみで落とされてしまうことを回避できるのは、嬉しいですね。

「寄り添う就活」を掲げているため、長期的なサポートも望めます。粘り強く転職を頑張りたいという人には、おすすめの転職エージェントです。

サービス利用料 無料

求人数

-(2000社以上の求人を保有)

利用可能地域

全国

タイプ

特化型

出典:https://www.dshu.jp/

ハタラクティブ

ハタラクティブ

おすすめポイント
  • フリーター・既卒・第二新卒の就職に特化
  • 万全のサポート体制で、内定率80パーセント以上
    ※公式サイトの文言によります
  • 内定までのスピード感が早い

 

ハタラクティブは、20代若手を伸ばしたいという企業や、キャリアに依存しない人柄を重視した企業の求人を充実させています。未経験の人に特化した、転職エージェントです。

 受ける企業ごとに面接対策をしてくれるなど、サポート体制が非常に整っています。

登録者の3人に2人が、未経験から就職に成功しているそうです。

また、第二新卒で異業種転職を考えている方にもおすすめです。経歴・状況に合わせたカウンセリングで、キャリア構築をサポートしてもらうことができます。

サービス利用料 無料

求人数

-(非公開)

利用可能地域

渋谷・立川・池袋・秋葉原・大阪・横浜・さいたま・名古屋・福岡・千葉・神戸

タイプ

特化型

出典:https://hataractive.jp

【20代×女性】おすすめ転職エージェント2選

パソナキャリア

パソナキャリア

おすすめポイント
  • 女性のキャリア支援に特化したチームがある
  • 非公開求人の質が高い
  • 手厚いフォローで67%以上が年収アップに成功
    ※公式サイトの文言によります

 

パソナキャリアは、歴史のある人材紹介会社が運営しているため、長年の事業で培った企業に対するパイプがあります。最大の特徴は、非公開求人の質が高いことです。

 さらに、パソナキャリア内には「女性活躍推進コンサルティングチーム」があり、総合型エージェントの中でも特に女性のキャリア支援に強いことが知られています。

これからまだまだライフイベントを控えている20代女性には、女性に寄り添った手厚いフォローをしているパソナキャリアがおすすめです。

サービス利用料 無料
求人数
※2021年8月時点
公開:36,280件
非公開:-(全体の約80%)
利用可能地域 全国
タイプ

総合型

出典:https://www.pasonacareer.jp/

type女性の転職エージェント

type女性の転職Agent

おすすめポイント
  • 長年の女性転職支援で積み上げてきたノウハウがある
  • 正社員求人多数
  • わがままな働き方の求人でも探せる

 

type女性の転職エージェントは「女の転職type」と同じ会社が運営している、転職エージェントです。女性の転職支援を長く行なってきた、実績とノウハウがあります。

女性が活躍できる求人だけを集めており、事務・営業・販売の正社員求人が多数です。

サイト上に24歳〜29歳の人に向けて年齢別の転職活動のポイントがまとめられていたり、面接メイクのやり方などを紹介していたりするので、登録しておくと便利です。

サービス利用料 無料
求人数
※2021年8月時点
-(非公開)
利用可能地域

-(関東・関西の首都圏メイン)

タイプ

特化型

出典;https://type.woman-agent.jp/

【20代×年収アップ】おすすめ転職エージェント2選

doda

doda

おすすめポイント
  • 希少なハイクラス求人まで幅広く扱っている
  • スカウトサービスを通じて、他のエージェントとも繋がることが可能
  • セミナーやイベントが充実している

 

dodaは、業界内でも非公開合わせて10万以上もの求人数を誇る転職エージェントです。業界・職種を問わず幅広い求人を扱っており、中には年収アップを狙える優良求人もあります。

転職サイトとしての機能も備えているため、他のエージェントからスカウトを受け取ることもでき、複数登録しようと思っている人には便利です。

doda経由のスカウトは、数が多いと評判です。
セミナーやイベントを通じて、転職のコツを押さえることもできます。年収アップに繋がる情報を得ることも可能です。
サービス利用料 無料
求人数
※2021年8月時点
公開:93,546件
非公開:34,179件
利用可能地域 全国
タイプ 総合型
出典:https://doda.jp/

ビズリーチ

ビズリーチ

おすすめポイント
  • ハイクラス求人が豊富で、年収アップが狙える
  • 優良ヘッドハンターからのスカウトが届く
  • コンサル系、金融専門職などの求人も豊富

 

ビズリーチは、ハイクラス転職に特化した転職サイトです。転職エージェントではありませんが、ヘッドハンター(エージェント)からのスカウト機能があり、返信を送るとそのまま転職支援を受けることができます。

ビズリーチには4,000人以上のヘッドハンターが登録していますが、ハイクラス向けとあって優良案件を持ったヘッドハンターも多いです。

ヘッドハンターの非公開求人には、独占案件やレア求人もあります。

ビスリーチに登録しているだけで複数のエージェントを掛け持ちすることができるので、効率よく転職活動を進めることも可能です。

サービス利用料

スタンダードステージ•••無料/プレミアムステージ•••有料

求人数
※2021年8月時点
公開:12,7000件
非公開:-
利用可能地域 全国
タイプ -(転職サイト。登録しているヘッドハンター・エージェントは、総合型・特化型両方あり)

出典:https://www.bizreach.jp

転職エージェントとは?

転職エージェントって?

転職エージェントは、登録することでキャリアアドバイザーから様々な転職支援が無料で受けられるサービスです。

ここからは、初めて転職エージェントを利用する人向けに、基本的な情報をまとめました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

転職サイトと転職エージェントの違い

転職を思い立った時に、真っ先に思い浮かべるのが転職エージェントと転職サイトへの登録ではないでしょうか。

しかし、初めて転職する人にとっては二つの違いがよく分からないかもしれません。

 転職サイトは、求人がまとまって掲載されているWEB上のページのことを指します。対して転職エージェントは、求職者に対して総合的な転職のサポートをするサービスのことです。

二つの違いを、以下の表にわかりやすくまとめてみました。

転職
エージェント
転職
サイト
利用
料金
無料 無料
求人 担当者からの紹介 サイト上で自分で検索
応募

・担当者が情報の登録や書類の提出などを代行

・応募の際に担当者からの推薦文あり

サイト上に登録した情報を使って応募
準備 面接対策・練習を担当者と一緒にやる サイト上の情報などを使い、自分のペースで情報収集をしながら準備
内定後

・年収交渉を担当者が代行

・退職手続きのアドバイスなどを担当者からもらう

年収は企業の人事と直接交渉

※一部例外あり

転職サイトは全て自分のペースで進めたい人におすすめでき、転職エージェントは担当者と伴走しながら転職活動がしたい人に向いていると言えます。

転職サイトでコツコツ情報収集をしながらエージェントでサポートを受ける、というやり方もおすすめです。
自分に合ったやり方を選んで、転職活動をスムーズに進めましょう。

転職エージェントのサービスが無料な理由

転職エージェントは企業側から紹介料を得ているため、求職者から料金をもらうことはありません。ほとんどのサービスを無料で受けることが可能です。

 ただし、この紹介料は企業ごとに異なります。紹介料が高く設定されている企業の求人を、エージェントに熱心に勧められることもあるかもしれません。

自分の希望から外れた求人を紹介された場合は、ハッキリと断ることが大切です。

20代向け!転職エージェントの選び方

転職エージェントの選び方

転職エージェントの選び方にはコツがあります。以下のつのポイントを押さえて、転職エージェントを有効活用できるようにしましょう。

転職エージェントの選び方のポイント
  1. 複数の転職エージェントに登録する
  2. 総合型・特化型を両方登録する

 

それぞれについて、詳しく解説していきます。


複数の転職エージェントに登録する

転職エージェントの選び方

転職エージェントを選ぶときには、複数に登録→相性のいいエージェントに絞るという手順を踏むことをおすすめします。その理由は、基本的に担当者は選べないからです。

転職支援の質は、担当者との相性で決まると言っても過言ではありません。
例えば、自分と年齢が近い担当者の方がコミュニケーションがしやすかったり、希望する業界に詳しい担当者の方が頼もしかったりします。
相性の良い担当者を見つけるためにも、2つ以上登録しておくのが無難です。

総合型・特化型を両方登録する

転職サイトを利用する際の注意点

転職エージェントには、大別して総合型特化型の2種類があります。

総合型エージェント

  • 幅広い業界・職種の求人を網羅的に紹介している
  • 求人数が多く幅広い傾向
特化型エージェント
  • 特定の年代・職種など、限定された領域に特化して転職支援をしている
  • 指導力・サポート力に強みがある傾向

それぞれ特徴があるので、違いを把握して使い分けることが大切です。

 おすすめは「総合型エージェントで求人を紹介してもらって転職の幅を広げつつ、特化型エージェントで書類添削や面接対策などの一歩踏み込んだ転職サポートを受ける」などの使い分けです。

転職エージェントの特徴を把握して、〝いいとこどり〟で活用しましょう。
※厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点

20代が転職エージェントを利用するメリット

転職エージェントに登録すると、転職に関するサポートのほとんどをで受けることができます。

転職エージェントの主なサポート内容
  1. キャリア相談
  2. 非公開求人紹介
  3. 履歴書・職務経歴書添削
  4. 担当者からの推薦文
  5. 面接対策
  6. 企業との年収交渉調整

 

自分だけで進めることに不安がある部分は、転職エージェントにサポートをお願いすることをおすすめします。

1キャリア相談ができる

転職エージェントのメリット

転職エージェントは、そもそも転職するか迷っている人や、まだ希望業界・職種が決まっていない人でも登録することが可能です。

 転職エージェントの担当者の中には、国家資格であるキャリアコンサルタントの資格を保有している方もいます。

キャリアコンサルタントは、人生を含めた総合的なキャリア形成に対する知見があります。「転職したいけど、具体的にこの先どうしたいか自分でもハッキリしない…」という方は、一度相談してみましょう。

キャリアコンサルタントに相談したい人におすすめの転職エージェント

クライス&カンパニー

クライス&カンパニーは、ハイクラス転職を希望する人のための転職エージェントです。

公式HPではキャリアコンサルタントの資格を有する担当者が分かるようになっており、自分から指名して転職サポートをお願いできるようになっています。

中長期的にキャリアサポートを受けることができるので、手厚いサポートを希望する人にはおすすめのエージェントです。
サービス利用料 無料

求人数
※2021年8月時点

公開:3,807件
非公開:8,513件

求人が多い領域 IT関連/トップマネジメント/経営・事業企画関連

出典:https://www.kandc.com/

非公開求人を紹介してもらえる

転職エージェントのメリット

転職エージェントが保有している求人には、公開求人非公開求人があります。

公開求人

公式HPに掲載の求人。すぐに調べることが可能で、転職エージェントを介さずに応募することができる。

非公開求人

公式HPに掲載がない求人。転職エージェントの担当者に希望の条件を伝えると、紹介してもらうことができる。

企業側は、採用活動を効率的に進めたいと考えています。求人を非公開にして転職エージェントに託すことで、本選考の前に候補者を絞る意図があるのです。

転職エージェントの担当者に希望の条件を伝えると、非公開求人を紹介してもらうことができます。

「幅広く可能性を検討したい!」という人は、転職サイトだけではなく転職エージェントにも登録するのがおすすめですよ。

履歴書・職務経歴書の添削を受けれる

転職エージェントのメリット

転職活動の選考は、ほとんどの場合履歴書・職務経歴書による書類選考から始まります。

 新卒就活の時のエントリーシートとは違い、転職活動では応募する企業には全て同じ書類を提出するのが一般的であるため、履歴書・職務経歴書は入念に作成しましょう。

特に、職務経歴書は経験・スキルをアピールするためにとても重要です。転職エージェントの担当者に頼んで、添削をお願いすることをおすすめします。

4担当者から推薦文をもらえる可能性がある

転職エージェントのメリット

転職エージェント経由で求人に応募すると、履歴書・職務経歴書と一緒に、担当者からの推薦文を添付してもらうことができます。

推薦文では、人柄や仕事に対するバイタリティなど、履歴書・職務経歴書だけでは伝わりづらい部分についても客観的に書いてもらうことができるので、求職者の魅力が伝わりやすくなります。

特に未経験の業界・職種に応募する場合など、書類選考に不安がある人は、担当者に推薦文をお願いしましょう。

5面接対策ができる

転職エージェントのメリット

転職最大の難所は「面接」です。特に、未経験の業界・職種の求人に応募する際は、綿密なリサーチが必要になります。

 中途採用の面接では、企業が求めている人物像に合わせたアピールをすることが非常に大切です。そのため、求人票に書かれていない細かな情報まで把握する必要があります。

転職エージェントは、企業の人事と定期的に打ち合わせをしています。そのため「具体的にどんな人を採用したいか」「現在の会社の状況」など、詳しい情報を教えてもらうことが可能です。

もちろん、ほとんどのエージェントが面接練習にも対応しています。

6企業との年収交渉を調整してもらえる

転職エージェントのメリット

内定のオファーが出ると、企業との間で年収交渉が行われます。お金のことでの交渉に気後れする場合でも、担当者が企業との間を取り持ってくれます

 基本的に、応募の際に希望年収額を企業側に伝えられるため、大幅なズレが起こることはほとんどありませんが「少し希望より低い」ということは頻繁に起こります。

条件面でのすり合わせが必要な場合は、エージェントを通すとスムーズです。

転職エージェントによるその他のサポート内容

上で紹介した以外にも、転職エージェントでは色々なサポートを受けることができます。

その他のサポート内容
  • 企業との面談日程調整を代行
  • 転職に関するスケジュール管理
  • ケース面接など、特別な選考の対策
  • 退社手続き・入社手続きの手引き など

 

中には、驚くほど手厚いサポートをしてくれる転職エージェントもあります。求めるサポートを徹底してくれる担当者を探すと、転職活動がうまくいきやすくなるでしょう。

20代が転職エージェントを使うときの注意点

転職エージェントを使うときの注意点

便利な点も多い転職エージェントですが、使うときにはいくつか注意が必要なこともあります。

転職エージェントを使う時の注意点
  1. 転職エージェントによって紹介される求人が異なる
  2. サポートの質は担当者によって変わる
  3. 担当者との面談は「プレ面接」と考える

 

この注意点を把握しないままエージェントを利用すると、知らないうちに転職活動で損をしてしまうことになりかねません。きちんと把握して、エージェントの利用に関して後悔しないようにしましょう。

1転職エージェントによって紹介される求人が異なる

転職エージェントを使うときの注意点

転職エージェントが持っている非公開求人の中には、独占案件というものがあります。企業が特定のエージェントにのみ、候補者の紹介を依頼しているものです。

そもそも持っている非公開求人に差があるのに加え独占案件があるため、エージェントごとに紹介される求人は大きく変わります。

2サポートの質は担当者によって変わる

同じ転職エージェント内でも、担当者の質は様々です。中には、まだ仕事に慣れていない担当者や強引な担当者にあたってしまうこともあります。

 もし面談や対応などで不満を感じた場合は、他の転職エージェントもしくは他の担当者に切り替えることをおすすめします。

担当者とどれだけ相性がいいかによって、サポートの質もかなり左右されます。先述した通り転職エージェントに複数登録し、相性のいい担当者がいるエージェントに絞りましょう。

3担当者との面談は「プレ面談」と考える3

転職エージェントを使うときの注意点

紹介してもらうことのできる求人は、転職エージェントの担当者が「受かる可能性が少しでもある」と判断したもののみです。

担当者は、企業のプレ面接を担当している人と言うこともできますね。

また、応募の際につけてもらうことのできる推薦文に、客観的な人柄を書く場合もあります。担当者にはきちんとした対応を心がけるようにしましょう。

 ただし、後にトラブルになる可能性もあるため、経験やスキルの面は正直に伝えるようにしましょう。

20代の転職に関するよくある質問

20代におすすめの転職エージェントを教えてください。
dodaがおすすめです。dodaは求人数10万件以上と、業界内でも最大級の求人数を誇る転職エージェントです。

20代は、まだまだキャリアのスタート地点。幅広く転職先を検討し、可能性を広げるためにも、求人数の多いエージェントには登録しておくことをおすすめします。

転職エージェントを選ぶ時のポイントは?
転職エージェントに登録する時には、総合型エージェント特化型エージェントを両方登録することをおすすめします。

総合型では業界・職種を横断して希望に合った求人を紹介してもらうこと、特化型では希望の業界・職種に関して、踏み込んだサポートを受けることができます。

転職エージェントに登録すると、どんなメリットがありますか?
エージェントに登録すると、非公開求人を紹介してもらうことができます。また、転職支援ほとんどが無料で受けることも可能です。

具体的には、書類添削や面接対策、企業との間の年収交渉を代行してもらえる、などのサポートを受けることができます。

転職活動の準備や手続きは面倒なものが多いため、転職エージェントに登録して効率的に進めましょう。

年収アップをしたいのですが、おすすめのエージェントはありますか?
ビズリーチは、エージェントではなく転職サイトですがハイクラス求人が多数揃っているのでおすすめです。

ビズリーチはヘッドハンターからのスカウト機能が充実しています。スカウトに返信するとそのままヘッドハンターから転職支援を受けることが可能です。

「ハイクラス転職」に特化したサイトなだけあってヘッドハンターは優良案件を持っている傾向があり、年収アップに繋がるような可能性が高いです。

転職エージェントを利用するときの注意点を教えてください。
転職エージェントには、複数登録しておくことです。

転職エージェントは、企業から成果報酬型で紹介料をもらっています。そのため、紹介料が高い求人は積極的に紹介しようとするケースも少なくありません。

転職・求人に関する正確な情報を得るためにも、複数登録して信頼できるエージェントに絞っていくことをおすすめします。

直接応募と転職エージェント経由の応募では、選考の通過率は変わりますか?
変わりません。ただ、転職エージェント経由で応募すると書類に担当者からの推薦文をつけてもらうことが可能です。

推薦文ではスキル履歴書・職務経歴書では伝わりづらい人柄や仕事への熱意などを客観的な視点から伝えてもらえるので、書類通過率に変化がある可能性もあります。

20代女性が使いやすい転職エージェントを教えてください。
パソナキャリアがおすすめです。パソナキャリアには、女性のキャリアコンサルティングに特化したチームがあることに加え、女性に向けた質の高い非公開求人も揃えています。

総合型エージェントなだけあって、幅広い業種の求人を保有しています。キャリアの可能性を検討したい20代女性にはおすすめのエージェントです。

まとめ

今回は、20代の方に向けておすすめの転職エージェントをまとめました。「未経験向け」「女性向け」など、状況別のエージェントも紹介しています。

他にも、初めて転職するという人が多い20代の方のために、転職エージェントに関する基本的な知識もまとめてあります。

この記事を参考にして、転職エージェントを上手に活用してくださいね。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事