40代 転職

40代で転職を考えている人の中には「40代の転職ってやっぱり難しいの?」「転職したいけどスキルがない」「未経験職種に転職したい」と考えている人が多いのではないでしょうか?

ここでは40代の転職は本当に厳しいのか40代の転職難易度を紹介します。それを踏まえて40代スキルなしの転職、未経験職種への転職、40代から正社員転職の成功秘訣まで解説します。

最後には40代で転職を考えている人におすすめの転職エージェントも紹介しています。

40代からの転職は厳しい

さっそく40代の転職難易度について解説します。40代からの転職は厳しいのか気になっている方は、確認してみてください。

40代からの転職は難しい

結論から述べると、40代からの転職は20代・30代の転職と比べると難しい傾向にあると言えるでしょう。

40代からの転職が厳しい主な理由
  • 求人数がそれ以前の年代に比べて少ない
  • ポテンシャル採用される可能性が低い
  • スキル・キャリアに求められるものがそれ以前の年代に比べて多い
  • 即戦力を求められる

40代からの採用に積極的な求人数はそれ以前の年代と比べると少ないと言えます。実際に2019年1月の有効求人倍率を見ても、40代以降になると減っています。

年齢 有効求人倍率
24歳以下 1.24
25〜34歳 1.39
35〜44歳 1.19

45〜54歳

0.85
55歳以上 0.68

出典:https://jsite.mhlw.go.jp/tokyo-roudoukyoku/jirei_toukei/kyujin_kyushoku/_120595/conttop/bn_age/19-04age.html

20代・30代まではポテンシャル採用を行なっている企業もあります。スキルやキャリアがなくても採用に積極的と言えます。40代以降にはそれ以前の年代よりスキルやキャリアを重視される可能性があります。

 20代・30代と違い、基本的に社会人経験が豊富な40代十分な社会人経験を前提として、面接を行う企業もあるでしょう。

そこから40代以降は、即戦力になる人材が重宝されるでしょう。

高い専門性や管理職・マネージャーの経験がある人は有利になるかもしれませんね。

40代からの転職は可能

40代からの転職は難しいと紹介しましたが、転職は可能です。なぜ40代からでも転職が可能なのか、根拠を数字とともに見えていきましょう。

年代別:転職入職率

年齢 転職入職率
20〜24歳 8.5%
25〜29歳 9.6%
30〜34歳 6.3%
35〜39歳 5.7%
40〜44歳 4.6%
45〜49歳 3.8%

出典:https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/doukou/17-1/dl/kekka_gaiyo-03.pdf

平成28年度の転職入職率を全体的に見ても20代・30代に比べて40代は数パーセント低くなりますが、転職自体可能なことがわかります。

年代別:転職での賃金上昇割合

年齢 「増加した割合(%)」ー「減少した割合(%)」
20〜24歳 +19.7
25〜29歳 +6.1
30〜34歳 +4.3
35〜39歳 +6.0
40〜44歳 +3.2
45〜49歳 +7.1

さらに転職入職者の賃金変動状況の40歳以上49歳以下を見ると、平成28年度上半期は前職の賃金に比べ「増加」した割合が「減少」した割合を上回っています。

各データから40代以降でも転職できる可能性があり、賃金上昇も期待できると言えるでしょう。

40代スキルなし・未経験職種へ転職できる?

40代から新しい業界にチャレンジしたい方もいるかもしれません。「スキルなしだけど転職できるのか」「未経験職種へ転職できるのか」など、気になることも多いはずです。

そこで、40代がスキルなしで未経験職種へ転職できるのかを解説します。具体的にスキルなし、未経験から転職する方法も紹介していますので活用してみてください。

40代スキルなしの転職は可能

40代スキルなしでも転職はです。実際は専門知識や技術、資格が無くても、転職活動ではポータブルスキルが活かせます。

 ポータブルスキルとは業種・職種が変わっても変わらないどんな環境でも活かせるスキルです。

具体的には「〇〇力」「〇〇性」と言えるもののことを言います。

ポータブルスキルの具体例
  • 正確性
  • ホスピタリ性
  • 課題解決能力
  • 柔軟性

専門的な知識・技術や資格などのテクニカルスキルがない人でも、誰しもポータブルスキルがあります。

自分ではスキルがないと思っていてもアピールできるスキルはあるということですね。

40代で未経験転職に転職できる?

40代で未経験職種に転職することは可能です。業界・職種によっては、比較的専門的なスキルが必要ない職種もあります。専門的なスキルが問われない職種を狙うのもひとつの手です。

未経験でも転職しやすい主な職種
  • 介護関係
  • セレモニー関連
  • 営業
  • 飲食関係

中には専門スキルよりポータブルスキルが重要視されるケースもあります。

コンサルティング能力マネジメント能力・分析能力など、上手くアピールすることで未経験職種へも転職しやすくなるかもしれません。

転職エージェントの力を借りることも、未経験職種への転職を成功させるのに役立ちますよ。

ポータブルスキルの活かし方

ここまで、スキルなし・未経験で40代が転職するには、ポータブルスキルが重要と解説しました。ポータブルスキルを転職で活かすには、面接や書類で強みとして見せることが大切です。

ポオータブルスキルの見つけ方・活かし方
  • 自己分析をする
  • 過去のエピソードを書き出す
  • エピソードの結果が自分と企業にもたらしたことを書き出す

ポータブルスキルを見つけるには、まず己分析します。過去の経験から仕事上の性格を分析することで、自分にどんなポータブルスキルがあるのか認識することが可能になります。

 過去の経験を用いて、自分のポータブルスキルがどう企業に貢献したのか明確に伝えましょう。

企業に貢献した結果があれば、専門的でなくても立派な強みと言えるでしょう。

また企業分析を念入りに行うことも大切です。志望企業が求めている人材を把握できれば、活かせるポータブルスキルも見えてくるでしょう。

転職エージェントに相談すれば、自己分析や企業分析もスムーズに進みますよ。

40代からの転職で失敗や後悔を防ぐには

一般的に、40代からの転職は20代・30代での転職活動とは異なることも多いでしょう。ここでは40代からの転職で失敗や後悔を防ぐためのポイントを紹介します。

40代からの転職・失敗を防ぐポイント
  • 人間関係の構築に力を入れる
  • 自分より年下の上司や先輩も敬う
  • 会社の文化ややり方を柔軟に取り入れる

人間関係の構築に力を入れる

転職するということは職場の環境が以前とは全く異なるということです。もし知り合いが誰もいない状態であれば人間関係を作り直す必要があります。

40代以降で一から人間関係を作っていくには、ある程度の努力が必要になるかもしれません。

 転職した初日から積極的に周りに挨拶をしたり、笑顔で接したり早く名前を覚えましょう。

円滑なコミュニケーションを心がければ、スムーズに人間関係を構築できるはずです。職場の人間関係も仕事の一環だと思って努力してみましょう。

職場に馴染むことができれば仕事もしやすくなりますよ。

自分より年下の上司や先輩も敬う

40代以降の転職では自分より年下の上司や先輩が多い場合もあるでしょう。

一般的な企業では入社歴や役職によって上下関係がつくられます。自分の方が社会人経験が長くても、職場が変われば関係ありません。

 自分より年下の上司や先輩に対しても敬語で話すのがマナーです。

自分よりも何十歳も若くても、目上の人には常識的なマナーで接しましょう。

世代を超えたコミュニケーションをどう取っていくかシミレーションしておくと良いですよ。

会社の文化ややり方を柔軟に取り入れる。

転職先では今までのルール・やり方は通用しないこともあります。それぞれの企業にはそれぞれのやり方があります。

 柔軟に転職先の企業のルール・やり方を受け入れすぐにでも貢献しましょう。

企業のルール・やり方通りに結果を出すことで、信頼に繋がります。

企業のマニュアルを読んだりして、なるべく早く仕事を覚えるようにしましょう。

40代から正社員転職を成功させる秘訣

40代からの転職ではそれ以前の転職とは少し違う成功の秘訣もあります。
40での転職を成功させるための主なポイント
  • 人脈での転職も視野に入れる
  • 複数の情報源をチェックする
  • 素直さや向上心をアピールする
  • 転職エージェントを活用する

人脈で転職も視野に入れる

40代の転職では人脈を使って転職するという手もあります。

 知人や友人の紹介で転職先が決まるということもあります。

40代以降になってくると採用に積極的でない企業もありますので、人脈を使って転職できれば思っていたよりもとスムーズに終わるかもしれません。

複数の情報源をチェックする

40代では「〇〇な転職しかできない」などの固定概念はなしに、様々な情報源をチェックしましょう。

主な情報の取得場所
  • 転職エージェント
  • 転職サイト
  • 企業のホームページ
  • 口コミサイト
  • 合同説明会
  • 転職フェア・転職イベント
  • SNS

自分には転職不可能な企業だと思っていても色々な手段で情報をチェックすればぴったりな求人に出会えるかもしれません。

素直さや向上心をアピールする

一般的に転職活動では、素直さや向上心が大切と言われています。40代以降の転職でも素直さをアピールすることは変わらず重要です。

とくに40代以降の場合、20代・30代と比べると柔軟性が低いと思われている可能性もゼロではありません。

 過去の実績を話す際も、そのエピソードから自分は企業にどんな貢献ができるか客観的に交えてアピールしましょう。

あいづちをするだけでも謙虚さや素直さをアピールできるかもしれません。

40代を越えても向上心があり、新しいことに挑戦し続けたいということをアピールすることも大切ですよ。

転職エージェントを活用する

40代以降の転職では転職エージェントを活用できるかどうかが大切になってきます。

40代以降の転職では、年齢が壁となって選考にたどり着けないということもゼロではありません。自分の年齢に強みがある転職エージェントを選ぶことでより確実に選考に進めるでしょう。

転職エージェントの数は1,000社以上にも登ると言われており、それぞれ得意としている分野やサービス内容、強みが違います。

 その中には、40代以降の転職に強い求人を扱っている転職エージェントもあります。

さらに40代以降の転職に特化した転職エージェントを利用することで、40代以降の転職希望者の悩みに強いアドバイザーに出会える可能性もあります。

40代以降の転職に強みがある転職エージェントを活用できれば、スムーズに希望に沿った転職が可能になるでしょう。

40代におすすめの転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントの主なおすすめポイント
  • 業界最大級の非公開求人公式サイトより
  • 年齢に合った案内をしてくれる
  • 対企業への交渉サポート

リクルートエージェントの非公開求人数は業界最大級で、さらに幅広い業種・職種に長けています。年齢を踏まえたうえで、性格や特性など分析もサポートしてくれます。

 面談結果をもとに現実的に転職可能な企業を紹介してくれるでしょう。

業界大手なこともあり対企業への交渉サポートも魅力です。一度落ちてしまった企業をもう一度受けさせてくれたり、さらには提示された年収を交渉であげた事例もあります。

過去の面接の例や、面接時の雰囲気などもアドアイザーに聞いてみましょう。
サービス利用料 無料

公開・非公開求人数
※2021年9月16日時点

約100,000件以上

主なサービス内容
  • エージェントサービス
  • 職務経歴書エディター
  • 面接力向上セミナー
  • 担当者面談
運営会社

株式会社リクルートエージェント

出典:https://www.r-agent.com/

doda

doda

dodaの主なおすすめポイント
  • 業種別・職種別の専門サイトがある
  • 求人数が約12万件以上と豊富
  • 未経験採用している求人数が約19,880
  • doda年収査定機能がある

dodaは、業種別・職種別の専門サイトがあるのでやりたい仕事の職種が決まっている人におすすめできます。

 求人数が12万件以上と豊富で未経験採用している求人数は約19,880 件にも及びます。

イベントやセミナーを豊富に開催しています。40代のならではの悩みに特化したものを見つけて参加してみるといいかもしれません。

年収査定機能によって、自分のスキルやキャリアの転職市場価値がどれくらいあるかを知ることができるのも、dodaのポイントです。

豊富なノウハウを兼ね備えたアドバイザーが充実しているので、40代ならではの悩みに特化したアドバイスにも期待です。
サービス利用料 無料

公開・非公開求人数
※2021年9月16日時点

約120,000件以上

主なサービス内容
  • エージェントサービス
  • スカウト
  • パートナーエージェントサービス
  • 転職ノウハウ
  • 転職Q&A
運営会社

パーソルキャリア株式会社

出典:https://doda.jp/
※2021年9月16日現在

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチの主なおすすめポイント
  • ヘッドハンターから直接スカウトが届く
  • 激戦された企業の採用企業数15,500(累計)公式サイトより
  • プロのヘッドハンターが豊富に在籍

ビズリーチには役職・ポジション・待遇などにおいて、他には出回っていないようなハイクラスな求人が豊富にあります。

激戦された企業の採用企業数は15,500(累計)です。ビズリーチでは企業と直接連絡が取れますのでスムーズに転職活動を行うことが可能です。

 

希望する企業や年齢やスキル・キャリアによって適切な対策を組んでくれるでしょう。キャリアアップを目的とした転職活動はビズリーチがおすすめです。

有料プランを利用するとすべてのスカウトへ返信ができ、全ての求人案件にも直接応募することもできますよ。
サービス利用料 無料または有料

公開・非公開求人数
※2021年9月16日時点

約127,000件

主なサービス内容
  • 求人検索
  • ヘッドハンター検索
  • 面談・面接対策
  • 内定承諾祝い
運営会社

株式会社ビズリーチ

出典:https://www.bizreach.jp/

まとめ

ここまで、40代の転職難易度を紹介しました。40代からの転職は他の年代と異なる特徴があるものの、転職自体は十分可能です。

スキルなしでの転職や未経験職種への転職を考えている方は、ポータブルスキルを活かせないか考えてみましょう。事前準備を念入りに行うことで正社員として転職できる可能性もあります。

40代から転職するには、転職エージェントのサポートを受けることも大切です。40代の転職事情に精通したアドバイスを受けられるかもしれません。

まずは転職エージェントに登録することから始めてみてください。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事