手取り25万はきつい?年収・額面・家賃などの目安を徹底解説

「手取り25万円って実際どうなの?」「手取り25万円で生活していけるかが心配…」と疑問に思っている人もいるでしょう。手取り25万だとどのような生活水準になるのでしょうか。

そこで今回は、手取り25万円だとどのような生活水準になるのか、それぞれの生活区分に分けてご紹介していきます。手取り25万の年収や額面、家賃などの目安も紹介します。

あわせて月収をアップさせる方法もご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

手取り25万は一般的にどうなの?額面月収と年収

たくさんのお金

まずは手取り25万円の額面月収年収を軽くシミュレーションしていきましょう。

 ちなみに、手取り25万円だと月給は30万円程度となります。基本給が30万円と決められているものの、そこから所得税、住民税、社会保険料、40歳以上になると介護保険料が引かれ、手元に残るのが約25万円となるのです。
 

年収で計算すると約372〜450万円程度になります。これだけの差が出るのは会社によってボーナスの額が違うからです。

大企業であればボーナスは基本的に月給の2.4ヶ月分程度、中小企業の場合は月給の約1ヵ月分程度となっています。ただ、ボーナスは月給をボーナスにして計算するので、一年間で得られる金額はもっと少なくなります。

国税庁が行った民間給与実態調査を確認したところ、日本人の平均年収は436万円となっていました。そのため手取り25万円、年収372〜450万円となると平均的だといえます。

国税庁ホームページ「民間給与実態調査」より

20代なら高い方

転職活動をしてみるメリットの女性の画像

世代別の平均年収を見てみると、20〜24歳は男性が278万円女性は248万円となっています。25〜29歳は男性が403万円女性が328万円となっています。

手取り25万円で、年収が372〜450万円を得ているなら、20代の中では高い方だと言えるでしょう。

20代前半では圧倒的に高い年収となりますが、20代後半になると手取り25万円を得ている人が増えているようです。

30代なら平均的

ビジネスマン

30代の平均年収を見てみると、30〜34歳は男性が470万円、女性が321万円となっています。35〜39歳は男性が529万円、女性が313万円となっています。手取り25万円は30代の中では平均的だといえます。

 30代後半だと役職がついたり、スキルがアップして会社の中での評価が上がったりなどして、手取り25万円以上を受け取っている人も多いです。
 

30代の平均年収で女性と男性の差が大きくついているのは、女性の働き方に変化が現れたケースが多いからでしょう。30代になると結婚や妊娠を機にパートに変更したり、短時間勤務を選んだりする女性が増えます。

そのため、男女でこれだけの年収の差が現れるのでしょう。

40代以降なら低い方

仕事に行きたくないは甘え?の男性の画像

40代の平均年収を見てみると、40〜44歳は男性が582万円女性が318万円となっています。45〜49歳は男性が629万円女性が324万円となっています。

40代になると多くの人が役職に就いたり、ボーナスが大きくなったりするので、それなりに年収は高くなります。

手取り25万円のときの年収と比べると、低いことがわかりますね。

手取り25万の生活レベルをカテゴリ別に解説|家賃の目安は?

お金 植物

次に手取り25万円の生活レベルをカテゴリ別に解説していきます。まずは家賃の目安について説明していきましょう。家賃は基本的に月給に対して20〜30%が適正だと言われています。

 月々の出費では家賃が大きな割合を占めるので、できれば25%以下に抑えておきたいところです。
 

手取り25万円で考えるとなると、家賃の目安は約5〜6万円が適正だと言えるでしょう。家賃の目安をお伝えしたところで、以下ではそれぞれのカテゴリに分けて手取り25万円の生活レベルをご紹介します。

以下の4つのパターンに分けてご紹介するので、自分に当てはまるカテゴリをチェックしてみてください。

4つのカテゴリ
  • 独身で実家ぐらし
  • 独身で一人暮らし
  • 既婚で子どもあり
  • 既婚で子どもなし

独身で実家ぐらし

家

まずは独身で実家暮らしの場合です。一般的な生活水準を表でまとめてみました。

家賃 実家に入れる場合4〜60,000円
食費 20,000円
水道光熱費 実家暮らしのため0円
通信費 約10,000円
保険代 1〜20,000円
雑費 20,000円
交際費 20,000円
貯蓄 100,000円〜

実家暮らしの場合は家賃を払う必要がないので、実家にお金を入れることを仮定して計算しています。表を見て分かるように、一人暮らしよりも毎月の固定出費が少ないので、手取り25万円だと余裕のある暮らしができることがわかります。

  もっと出費を抑えたい場合は食費や通信費、交際費を工夫すれば節約できます。

例えばお昼はいつも外食している場合はお弁当に変えるだけで大きな節約になるでしょう。また、飲みに行ったり遊びに行ったりする回数を減らすことでも節約につながります。

さらに、節約できるのが通信費ですね。通信費は格安スマホに変えたり格安SIMを契約したりすることで通信費を3〜4,000円まで抑えることができます。

一つ一つの費用での節約の金額は少ないかもしれませんが、それでも年間にすれば大きな金額となるでしょう。

独身で一人暮らし

部屋続いて独身で一人暮らしの場合の生活水準を見ていきましょう。

家賃(駐車場有) 70,000円
食費 40,000円
水道光熱費 10,000円
通信費 10,000円
保険代 10,000円
雑費 20,000円
交際費 2〜30,000円
貯蓄 5〜60,000円

手取り25万円だと一人暮らしでも約5〜60,000円も貯蓄に回せることがわかります。60,000円も貯蓄に回せたらある程度余裕のある生活ができると言えるでしょう。

 もっと貯蓄額を増やしたいのであれば、家賃、食費、交通費を工夫することで節約に繋げられます。
 

まずは家賃です。今よりもっと安いところに引っ越しするか、敷金や礼金が安い物件を探したりすることで、費用の節約につながりますよ。

都心部だと家賃は高めの傾向にありますが、中心から少しでも離れれば家賃は安くなるので、50,000円程度に抑えられるかもしれません。

次は食費です。一人暮らしでの毎月の食費は約40,000円です。格安スーパーを利用したり、節約料理をしたりすることで、食費も20,000円程度に抑えられることもあります。

最後は交際費です。友達と飲みに行ったり遊びに行ったりする回数を毎月決めておけば、交際費を節約できるでしょう。

ただ、あまりにも交際費を削りすぎると周りから友人がいなくなる場合があるので、ある程度の予算を考えておくことが大切です。

既婚で子どもあり

赤ちゃんの足

次に既婚で子どもがいる場合の生活レベルを見ていきましょう。

家賃 100,000円
食費 70,000円
水道光熱費 20,000円
通信費 20,000円
保険代 30,000円
雑費 20,000円
2人のお小遣い 20,000円
養育費 10,000円
貯蓄

不足額-40,000円

既婚で子どもが居る家庭で、手取りが25万円だと貯蓄するどころか、マイナスが出てきます。何かしらの工夫をして節約しなければ、生活はどんどん赤字になっていくでしょう。

 節約できる費用は家賃、食費、通信費の3つです。
 

まずは家賃です。家賃は都心部から離れたところに住み変えたり、家賃が安いところに引っ越したりすることで、大幅に費用を抑えられます。条件次第では3人暮らしでも家賃を70,000円台にまで抑えられるところもあるかもしれません。

今回は都心部をメインにお伝えしていますが、地方に引っ越す場合はより安く家賃を抑えられる場合もあります。

次は食費です。食費は毎日弁当を持たせたり、出来る限り外食を減らしたりすることで、食費を50,000円程度まで抑えることができるでしょう。

最後は通信費です。通信費は携帯代がほとんどだと思われるので、格安SIMに乗り換えたり、家族割引などのキャンペーンを利用することで費用を抑えられますよ。

ちなみに2人のお小遣いを減らすことも考えられますが、お小遣いがなくなるとストレスが溜まっていつか爆発してしまうかもしれません。大人になってからも付き合いはありますし、お小遣いの中には交際費も含まれています。

お小遣いを減らさなくてもいいように、家賃や食費、通信費を見直して、節約できるところはどんどん削っていくと良いでしょう。

既婚で子どもなし

夫婦

最後は既婚で子どもがいない場合の生活レベルを見ていきましょう。

家賃 100,000円
食費 60,000円
水道光熱費 20,000円
通信費 20,000円
保険代 20,000円
雑費 20,000円
2人のお小遣い 20,000円
貯蓄

なし or 不足額− 10,000円

既婚で子どもがいない場合も貯蓄できないことがあります。また、生活レベルによっては不足が出てしまう可能性もあるのです。

 少しでも余裕のある暮らしをしたいなら、家賃、食費、通信費の3つのカテゴリで節約することがポイントです。
 

都心部でマンションやアパートを借りるとなると、平均100,000円程度の費用が必要になります。しかし、都心部から離れれば家賃が5〜6万円の物件もあるのです。

都心部から離れて安い賃貸に引っ越せば、毎月の費用をなんと4〜50,000円も節約できることになります。もちろんその分を貯蓄に回すこともできますよ。

次は食費です。毎日お互い弁当を持っていったり、外食を控えたりすることで、60,000円の食費を30,000円まで節約することも可能でしょう。

最後は通信費です。上記でもお伝えしているように、2人とも格安SIMに乗り換えたり、お得なキャンペーンを利用したりすることで、通信費も大きくカットできますよ。

急な出費にも対応できるように備える必要がある

たくさんのお札

毎月同じ金額だけがかかるわけではありません。車を持っている方はガソリン代維持費も必要ですし、パンクなどを起こした場合は修理費用が必要になります。

また、その他にも家電の買い替え冠婚葬祭にかかる祝儀や香典など、急な出費が必要になる場合もあるのです。貯蓄できていないと急な出費をしなければいけなくなったときに、大変な目に遭ってしまうかもしれません。

急な出費にも柔軟に対応出来るように、ギリギリの生活ではなく少しでも貯蓄金額を増やして備える必要があるのです。

手取り25万の方におすすめ|月収UPの方法5選

ここからは手取り25万円の人におすすめの月収をアップさせる方法をご紹介していきます。

転職する

転職したいけどスキルがない40代がやるべきことの男性の画像

最もおすすめなのは転職することです。最近では様々な転職サイトや転職エージェントサービスが誕生しています。

 サービスを利用することで、今よりも給料の高い職場に転職が可能なのです。月給にそれほど違いがなくても、ボーナスで差が出てくるかもしれません。
 

また、寮や社宅などの住宅提供がある会社や、住宅手当て制度がある会社であれば、家賃をぐんと抑えることも可能です。

福利厚生がしっかり整っている会社の場合は月給がそれほど変わらなくても、毎月の生活費を会社が負担してくれることもあります。

今よりも余裕を持った暮らしをしたい、もっと給料をアップさせたいと考えている人は、ぜひ転職サイトやエージェントサービスを利用して転職を検討してみると良いでしょう。

副業する

パソコン

2つ目は副業です。本業以外に別の仕事をすることで、総収入が増えます。

 最近では様々な種類の副業があるので、自宅でも簡単にできるものもありますし、本業の時間外にアルバイトで稼ぐ方法もあります。
 

ただ、副業は安定して稼げるようになるまである程度時間がかかることもあるのです。

特に最近注目を集めているクラウドソーシングでの副業です。クラウドソーシングでは素人でも出来るような仕事が多く掲載されているのですが、どれも単価が低い傾向にあります。

すぐには収入をアップさせることは難しいかもしれません。

昇給を狙う

働いている人

3つ目は昇給を狙うことです。昇給を狙うことで休養のベースをアップさせられますし、ボーナスも増えるかもしれません。ただし、現在ではコロナウイルスの影響で昇給を渋っているところも多いのが現状です。

また、すぐに昇給できるわけではないので手取りをアップさせるためには結構な時間が必要になります。

投資をする

投資

4つ目は投資をすることです。最近では投資を始めている人も増えており、不労所得を得られると人気を集めています。

 投資にも不動産投資や株式投資、FXなどいろいろな種類があり、初心者の人でも始めやすいものもあります。うまく投資を成功させられれば、大幅な月収アップも期待できるかもしれません。
 

しかし、投資には大きなリスクがあります。お金を大きく増やすこともできるのですが、逆に一瞬で多くのお金をなくしてしまう危険性もあるのです。

確実に給与アップを目指したい人にとっては向いていないと言えるでしょう。

資格を取得する

筆記用具

5つ目は資格を取得することです。会社によっては特別な資格を取得することで、手当をもらえるところもあります。

月々大きな金額ではないかもしれませんが、年間で数万円も収入がアップする可能性もあるのです。資格を取得するために勉強してスキルを身に付ければ、業務にも活かせるので評価も高くなるかもしれません。

また、資格を取得してスキルが身についたら転職にも役立ちますし、転職エージェントサービスを利用すればより給料の良い会社に転職できるかもしれませんよ。

手取り25万から月収UPするためには自分の適性年収を知ることが大事

年収の高い職業に就く人

まずは自分には手取り25万円以上のポテンシャルがあるのか、dodaの年収査定を利用して自分の適正年収を確かめてみると良いでしょう。
doda「年収査定」

もっと稼げるポテンシャルがあると分かれば、転職を試みてもいいかもしれません。転職する際は転職エージェントサービスがおすすめです。

 エージェントサービスではサポート体制が充実していますし、専任のアドバイザーが自分の希望や要望に合った求人を紹介してくれるので、スムーズに転職活動が進められます。
 

月給をアップさせてより生活にゆとりを持たせるためにも、ポテンシャルをチェックしてから転職エージェントサービスを利用してみると良いでしょう。

まとめ

今回は手取り25万円の生活レベルをいろいろなカテゴリに分けてご紹介していきました。手取り25万円だと実家住みでも一人暮らしでも、独身の人であれば貯蓄ができるほど生活にゆとりを持てる可能性が高いです。

逆に、既婚者で家庭を持っているとなると子供の有無にかかわらず生活が少し苦しくなる可能性があります。場合によっては生活費が赤字になってしまうかもしれません。その場合は転職を検討してみると良いでしょう。

今回は月給をアップさせる方法をいくつかご紹介しましたが、その中でも転職エージェントサービスを利用しての転職がおすすめです。

転職エージェントサービスを利用して、自分がもっとスキルを活かせる職場で月給アップを狙ってみてはいかがでしょうか?
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事