手取り15万円の生活レベルは?一人暮らしや貯金事情も詳しく解説

仕事をするうえで、毎月どれだけの手取りを得られるかは非常に重要です。額面ももちろんですが、手取りを把握しなければ生活に直結する分さまざまな影響をもたらす可能性があります。

そこで今回は、生活レベルを知るために手取り15万円の年収や家賃目安などを解説します。また、手取り15万円の人ができること・できないことも紹介するため、ぜひ参考にしてみてください。

手取り15万円を増やす方法についても触れていくため、あわせてチェックしておきましょう。

手取り15万円の年収

手取り15万円ということは、本来の給与はもっと多くもらっています。日本では給与から住民税や社会保険料を控除し、本人の代わりに働いている会社が納めることになっているためです。

手取り15万円の場合には、住民税と社会保険料をあわせてだいたい4万円ほどが控除されています。つまり、月収を額面に換算すると19万円ほどです。

月収19万円とすると、年収は約228万円となります。これがボーナス無しで手取り15万円の人のおおよその年収となります。

3ヶ月分のボーナスが加算されると、年収は約280万になります。

正社員で手取り15万円は少ない?

正社員で手取り15万円をもらえれば許容範囲だという声もありますが、この金額は果たして多いのか、少ないのか気になるところです。

それについて、正社員での手取り15万円が多いか少ないかは、年代によって大きく異なります

 大卒初任給の平均が月収21万円で手取りは17万円程度です。20代前半なら手取り15万円は若干低めですが、極端に低いわけではありません。

しかし、30代前半になると昇給や昇進などの関係から、恐らく20代に比べて収入がアップする人は少なくないでしょう。

つまり、20代前半までは正社員での手取り15万円はそれほど極端に少ないわけではありませんが、30歳以上になると焦りが見えてくる金額と言えます。

30歳以上の正社員で手取りが15万円から増えない場合は、転職なども視野に入れたほうが良いかもしれません。

出典:一般社団法人労務行政研究所

手取り15万円の家賃目安は?

家賃の目安は、一般的に収入の3分の1と言われています。つまり、手取り15万円の人であれば、およそ45,000円が目安です。

地域によって家賃相場は異なるため、一概に収入の3分の1を基準にすることはできません。東京都と地方で比べると、同じ広さでも数万円の差があることは決して珍しくないからです。

 収入のうち家賃が大部分を占めてしまうと、食費や光熱費の支払い、さらには交際費などに手が回らなくなってしまいます。

手取り15万円でどのくらい家賃に使えるのかは、生活にどのくらいのお金がかかるのか内訳を考えてから逆算して計算しましょう。

生活費とのバランスを考えた目安

一人暮らしの場合の生活費の内訳の目安として、以下を参考にしてみてください。

家賃を踏まえた上での目安
  • 食費:2.5万円
  • 水道光熱費:1万円
  • 通信費(スマホ代+インターネット代)1万円
  • 交際費・娯楽費:1万円
  • 日用品・服飾費:2万円
  • 貯金・予備費:3万円

上記の合計は10.5万円です。生活費の合計を手取り15万円から差し引くと残りは4万5,000円になります。

貯金額を減らしたり節約できる部分を見つけて節約したりすると、人によっては5万円程度まで家賃に使えるでしょう。

手取り15万円の場合は、家賃は高くても5万円、できれば4万5,000円以下にすることが理想的です。

手取り15万円で一人暮らしは可能?

結論から言うと、手取り15万円でも一人暮らしをすることは可能です。手取り15万円の場合は、住むエリアにもよりますがそれなりに切り詰めた生活になることが想定されます。

しかし、工夫次第では東京でも一人暮らしをすることは不可能ではありません。

一人暮らしをするときは、食費・光熱費・日用品などの出費を減らすことは難しいです。そのため、なるべく家賃を抑えるように心がけましょう。

 家賃の安いところに住むことによりセキュリティ面などでの不安がある場合は、信頼できる相手を見つけてルームシェアをすることもおすすめです。

ルームシェアであれば、一人4万5,000円しか家賃に使えない場合でも、2人で9万円の家に住めます。

9万円であれば、それなりの広さとなる物件を見つけられる可能性も高くなるでしょう。

手取り15万円の生活レベル

手取り15万円の人はどの程度の生活レベルとなるのでしょうか。手取り15万円での生活レベルを、以下に分けて見ていきます。

生活レベル調査の対象
  • 実家暮らし
  • 夫婦2人暮らし
  • 子育て世帯

あくまで一例となりますが、一つの目安にはできるためぜひ参考にしてみてください。

実家暮らし

実家暮らしの場合は、手取り15万円でもかなり余裕のある生活を送ることができます。まず、実家暮らであれば家賃が必要ありません。

自分が生活している分の食費や水道光熱費は家に入れる必要はありますが、他の家族と一緒に使うため基本料金を自分で支払う必要がないのです。

 働いており独身の人が実家暮らしをする場合、同居している親に生活費を渡すことが一般的です。生活費として仮に5万円を渡したとしても、残り10万円は自分のお金にできます。

手元にどれだけのお金が残るか、イメージしてみましょう。

実家暮らしの生活イメージ
  • 家に入れるお金:5万円
  • スマホ代:1万円
  • 各種ローン:2万円

手取り15万円のうち5万円を生活費として親に渡し、そのうち5万円を貯金、スマホ代1万円、自動車のローンと維持費などに2万円使ったとしても合計8万円で、残り2万円は毎月自由に使えます。

貯金もできるうえ毎月自由に使えるお金が手元に残るため、不自由のない日々を送れるでしょう。

夫婦2人暮らし

手取り15万円での夫婦2人暮らしは、それなりに切り詰めた生活が必要となります。一人暮らしに比べて部屋の広さも求められるため、家賃も若干高額になるでしょう。

夫婦2人暮らしの生活イメージ
  • 家賃:5万円
  • 食費:3万円
  • 光熱費:2万円

家賃を5万円に抑えたとしても、食費や光熱費を含めると10万円が毎月固定でかかってきます。

つまり、残り5万円で交際費や貯金などのやりくりをしなければいけません。食事は外食を控えて自炊とお弁当、日用品や消耗品は格安のものを使うなどの工夫が必要となります。

 万が一の場合に備えた医療費の蓄えや医療保険や生命保険も必要です。

2人分の生活費を手取り15万円でやりくりし、貯蓄まで回す余裕はないのが現実と言っても過言ではありません。

この収入で結婚するとなれば、共働きを前提とした生活設計と妊娠出産に備えた貯蓄計画など、先を見据えたスケジュールを立てる方が良いでしょう。

共働きで配偶者の収入もあれば、生活にはある程度余裕が生まれてきます。

子育て世帯

手取り15万円で、子どもを育てることはかなり厳しいでしょう。手取り15万円の家庭では、子どもを少なくとも保育園の年少に入れられるようになったら共働きを前提にしなければ難しいです。

なお、配偶者との収入を合計するとどれほどになるかにもよりますが、共働きをしてもなかなか経済的な余裕を持つことは難しい可能性もあります。

旅行に出かける、子どもを塾や習い事に通わせることは難しいかもしれません。

 現在は少子化が進んでいる影響から、子どもを産んでもらいたいという政府の方針があります。そのため、子育て世帯に対する手当が色々と用意されているのです。

子供の医療費が一定の年齢まで無料になったり、子ども手当がもらえたりなど、活用できる手当がある活用できる手当があるためチェックしておきましょう。

また、高校や大学への進学に関しても、高校無償化や奨学金の利用で経済的な負担を抑えるなどの対策により実現可能です。

手取り15万円で子どもを育てる場合は、使える手当や補助金についてよく調べておくことをおすすめします。

【貯金・結婚】手取り15万円の人ができること・できないこと

貯金

手取り15万円では貯金するのはかなり難しいですが、全く無理だということでもありません。生活費を節約し、毎月余ったお金を確実に貯金に回している人は大勢います。

手取り15万円で貯金をしている人は、できるだけ安い家賃の家に住んだり生活の知恵で食費や光熱費を節約したりと、出費を抑える工夫をしている人が多いです。

また、毎月貯金する金額を事前に決めておき、給料が入ったらその金額を貯金専用口座へすぐに入金して積み立ててしまうという方法により、着実に貯金をしている人もいます。

結婚

手取り15万円の人でも結婚はできますが、共働きにより収入を合算することが重要になります。そうでなければ、なかなか毎月手取り15万円での生活を送ることは難しいでしょう。

 結婚して子どもを産む予定であれば、出産費用などの積立も必要です。妻が妊娠すれば仕事を続けられなくなり、産休・育休で休まなければいけません。

また、収入源に備えた蓄えも必要です。一人暮らしのときよりも広い家が必要となるため、家賃もそれだけかかります。

現状の収入状態が長期間に渡ると生活は圧迫するため、収入を増やす何かしらの対策が必要です。

マイカー購入

自動車を購入すると、車体の費用だけでなく毎月の保険料や維持費、さらには2年に1回の車検代、利用した分のガソリン代もかかります。

ローンで購入した場合、最低でもローンの返済と維持費、保険料でそれなりの出費になるため手取り15万円では負担が大きいです。

現在の生活にマイカーの購入代金と維持費、保険料の支払いが加算されてもやっていけるようなら購入可能ですが、車にかけるお金の分だけ日々の生活を切り詰めることは必須と言えます。

マイホーム購入

マイホームを購入する場合、手取り15万円では毎月のローン支払いなどの出費により生活が圧迫される可能性は否めません。また、そもそも住宅ローン審査に通るかという問題もあります。

 ローン審査に通過するためには、配偶者の収入と合算すること、かつ頭金をなるべく多く用意しておくことが重要です。

比較的安い中古の一戸建てや、格安住宅なら購入できるかもしれません。しかし、マイホームは外壁塗装や設備交換等の維持費もかかります。

それらのやりくりも踏まえると、早急に手取り15万円から収入アップを図る必要があるでしょう。

子育て

夫婦共働きの生活なら、子どもを育てて生活することも不可能ではありません。しかし、お金のかかる習い事や塾などに通わせることは難しいかもしれないでしょう。

シングルマザーやシングルファーザーの場合には、行政から片親に対する児童手当などさまざまな手当を受け取れます。

行政の補助金やサービスを最大限活用することで生活に余裕が生まれるかもしれません。

共働きではなく手取り15万円のみであれば、子どもを育てるには若干厳しいかもしれません。

手取り15万円から収入を増やす方法

昇進・給与アップを目指す

今働いている仕事での、より給与の高いポジションへの昇進や給与アップを目指すことが重要です。とはいえ、昇進は自分で望んでできるものではありません。

社長や上司から評価されなければ実現は難しいため、なかなか結果に繋がらないと悩んでいる人は少なくないでしょう。

 行動に起こさなければ何も変わらないため、給与アップの交渉を上司と進めてみましょう。実力主義の企業であれば、成果によって反映してくれる可能性があります。

また、無理のない範囲で残業や休日出勤を積極的に引き受けることで、手取り金額を増やすことも可能です。

副業をする

今いる会社での給与アップが難しい場合、副業をすることも収入アップを図るうえでおすすめです。

本業の終業後や休日にアルバイトをしたり、家でできる内職をして毎月の収入を増やしたりできます。今では副業を認めている企業は少なくないため、比較的取り組みやすいです。

 ただし、副業はOKでも競合する会社での副業は許可されない場合があるため、事前に確認はしておきましょう。

また、副業が禁止されている場合でも、上司に事情を相談して許可を得ることで認められる場合もゼロではありません。

転職をする

今いる会社での収入アップが見込めない場合には、給与レベルの高い会社へ転職することも検討してみましょう。

正社員で手取り15万円からの転職なら、今までの仕事の経験から高額な給与をもらえる会社へ転職できる可能性が高まります。

 転職を考えている場合は、転職エージェントの活用がおすすめです。希望を伝えることで、キャリアアドバイザーが理想に近い仕事を紹介してくれます。

転職エージェントは基本的に無料で利用できるため、無駄な出費もありません。気軽に登録できる点も、転職希望者にとっては魅力と言えます。

独自に保有する非公開求人を紹介してもらえる場合もあるため、今まで見たことがない仕事との出会いも期待できるでしょう。

【3分で分かる】年収を上げたいならまずは年収査定がおすすめ

年収を上げたい方は、まずは自分の適正年収がいくらなのか知る必要があります。適正年収を知ることで、今の年収が自分に適正なのか・それとも転職をするべきなのか判断がつくでしょう。

そこでおすすめなのが、dodaの年収査定サービスです。

doda 年収査定

dodaの年収査定のポイント
  • 無料で利用できる
  • かかる時間は3分
  • 186万人のデータから機械学習を使って高精度に算出される
  • 査定後、適正年収にあった求人をそのまま探せる

dodaの年収査定サービスでは、プロフィールと職務経歴を入力するだけで適正年収がわかります。

査定時間は、たったの3分。186万人のデータから適正年収を査定してくれるので、信憑性も高いでしょう。

年収査定をすると、下記のように適正年収が表示され、現在の年収からいくらアップした額が適正かも教えてくれます。

年収査定結果

その他、今後30年間の年収推移を表したグラフや、自分に近い経歴を持つ方の転職事例も閲覧可能です。

 適正年収を知ることで、今後の転職に活かせたり、思わぬ年収アップを実現することができるでしょう。

dodaは、転職サイト・エージェントとしてのサービスも展開しているため、査定後は自分の適正年収に合った求人を探すことが可能です。

なお、年収査定の利用には無料会員登録が必要です。

今の年収が低くて不満だけど、転職したら年収が上がるのかな…

年収アップを目指したいけど自分の適正年収はいくらだろう?

年収交渉をする際の参考に、自分の市場価値を知りたい!

上記のように悩んでいる方は、ぜひ無料の年収査定をしてみてください。

収入アップを目指す人におすすめの転職エージェント3選

迷ったらここ!無料登録のメリットが大きい転職エージェント

リクルートエージェント

RECRUIT AGENT LP

リクルートエージェントのおすすめポイント※1
  • 業界最大級の非公開求人数
  • 転職した方の6割以上が年収アップを実現※2
  • 転職支援実績No.1!転職した方は37万人以上
  • 平日夜間や土日でも相談OK・電話面談も可能
  • 転職のプロがマンツーマンでサポートしてくれる
  • 40年以上培ったどこよりも豊富な経験とノウハウがある

リクルートエージェントは、転職支援実績と求人数の多さが魅力の転職エージェントです。

これまでリクルートエージェントを利用して転職した方は、37万人以上。この支援実績は、数ある転職エージェントの中でもNo.1に輝いています。※1

多くの方がリクルートエージェントを通じて転職に成功している理由は、

  • 経験豊富なキャリアアドバイザーとの面談
  • 提出書類の添削
  • 面接対策
  • 企業側との条件交渉の代行

などと、利用は無料にも関わらずサポートが手厚いからです。

その上リクルートエージェントは、ネット上に公開されていない非公開求人を20万件以上保有しており、その中からあなたの強みや適性に合った求人を、無料で紹介してくれます。

紹介してくれる求人は未経験OKなものから上場企業のものまで、豊富に揃っているのが特徴です。

申し込み後の面談は、平日夜間や土日・電話でも可能。利用したら絶対に転職しなければいけないことはなく、なんとなく「転職したい」と漠然な希望だけで相談してみても問題ありません。

転職のプロに客観的にみてもらうことで、自分で気づけなかった自分のスキルや価値を見つけ出せるでしょう。

リクルートエージェントの年収アップ実績

リクルートエージェントを通じて年収アップを実現した方は、6割以上です(2011年度)

リクルートエージェント 転職者の年収増減

公開求人数 非公開求人数
15万3,162件 20万8,856件
ユーザー年齢層 対象エリア
20〜50代 全国

※1:公式サイトの文言によります。
※2:2011年度にリクルートエージェントを利用して転職した方のうち
出典:リクルートエージェント公式サイト

大手・優良企業に転職したい方におすすめ!

doda

doda LP

dodaのおすすめポイント
  • 求人サイト・エージェントサービス・スカウトサービスの3機能が1つに!
  • 転職者満足度No.1
  • 転職・求人情報量は国内最大級
  • 大手や優良企業の求人多数!口コミ掲載企業など特徴ごとに探せる
  • 【参加無料】オンラインの転職セミナーや個別相談会を実施中
  • 年収査定など診断・書類作成ツールが豊富

dodaは、転職満足度No.1のユーザー評価が高い無料転職サイトです。

転職サイトですが、自分のこだわり条件で求人を探せるだけではありません。
  • 各専門スタッフがあなたにぴったりの求人を紹介&転職までをサポートしてくれる国内最大級「エージェントサービス」
  • 効率的に転職を進めたい方向けに、企業から直接オファーがくる「スカウトサービス」

も展開しています。自分がどう転職活動を進めたいのかで、それに合ったサービスを選べるので、転職活動をスムーズに進められるでしょう。

dodaが保有する求人の特徴は、大手企業や優良企業の求人が多いこと。

 他にも、年収が高い未経験歓迎の企業、中途入社者がおすすめする企業、黒字経営の企業など、細かい条件で求人情報を閲覧できます。

スカウトサービスでは、書類選考をスキップした面接確約オファーが受け取れることも。オンライン転職カウンセリングを実施中なので、気になった方はぜひ利用してみて下さいね。

dodaの年収アップ実績

dodaを通じて転職をした方は、平均56.7万円年収がアップしています。最大アップ額は、440万円です。

doda 年代別の平均年収アップ率

※調査期間:2013年1月〜2014年6月にdodaエージェントサービスを利用して転職した方

公開求人数 非公開求人数
11万5,430件 未公開
ユーザー年齢層 対象エリア
20〜50代 全国

※公式サイトの文言によります。
出典:doda公式サイト

 

20代・はじめて転職をする方・第二新卒の若手社会人に人気

マイナビエージェント

mynavi-agent

マイナビエージェントのおすすめポイント
  • 20代の転職支援実績No.1
  • 第二新卒・はじめて転職をする若手社会人におすすめ
  • 無料の転職面談実施中!自宅にいながらWeb・電話・LINEでも転職相談OK
  • 幅広い業界・業種に太いパイプを持つマイナビ独占の求人あり
  • 各業界専任のプロによる徹底サポートを受けられる!女性向けサポートも
  • 他では知りえない人気企業の情報を得られる
  • 退職交渉のサポートあり

マイナビエージェントは、第二新卒やはじめて転職をする20代に人気な転職エージェントです。 

マイナビ看護師や薬剤師、マイナビ営業エージェントやITエージェントなど、各業種・業界ごとに特化した人材紹介サービスを展開するマイナビだからこそ、出会える求人があります

 在籍するキャリアアドバイザーは、全員様々な業界の転職市場に詳しいプロフェッショナルです。

キャリアアドバイザーによるサポートは利用回数・期間に制限なく受けられるため、自分が納得のいく転職活動ができるでしょう。

無料の転職面談に行くのが難しい場合は、電話やWeb・LINEでも対応してくれます。

マイナビエージェントは、女性の転職市場に精通したキャリアアドバイザーも在籍しているため、転職をしたい女性にもおすすめです。

マイナビエージェントの年収アップ実績

マイナビエージェントは、転職者の年収アップ実績が豊富です。おおよそ20%も年収がアップすることも。

マイナビエージェント 年収アップ早見表

年収交渉は、切り出すタイミングや希望金額の提示の仕方など、細かいところにも気を遣わなければいけません。

マイナビエージェントなら、これらの交渉を全てプロに任せることができますよ。
公開求人数 非公開求人数
詳細は公式サイト 未公開
ユーザー年齢層 対象エリア
20〜30代 全国

※掲載している求人数は、いずれも2022年1月4日時点の情報です。

よくある質問

収入アップを目指す人におすすめの転職エージェントは?

リクルートエージェント、doda、マイナビエージェントがおすすめです。いずれも大手転職エージェントのため保有する求人数が充実しており、自分に合った仕事を見つけやすいでしょう。専任のアドバイザーも在籍しているため、転職に関する相談に乗ってもらうことも可能です。

手取り15万円の年収は?

手取り15万円の場合、住民税と社会保険料など約4万円ほどが控除されています。つまり、月収を額面に換算すると19万円ほどです。月収19万円とすると、だいたい年収は228万円となります。ただし、住民税等は人により異なるため、あくまで一つの目安として考えてください。

正社員で手取り15万円は少ない?
一般社団法人労務行政研究所の調査によると、大卒初任給の平均月収が約21万円となるため、だいたい手取りは17万円です。そのため、20代前半であれば手取り15万円は若干低めですが決して少な過ぎるわけではありません。ただし、30代になると昇進や昇給の関係から給与がアップする人は少なくないため、高いとは言えない金額となります。
手取り15万円の家賃目安は?
家賃の目安は一般的に収入の3分の1と言われているため、手取り15万円の人であれば、約45,000円です。住むエリアや日々固定でかかる費用等によっても生活レベルは異なるため、収入の3分の1は一つの基準として捉えておきましょう。
手取り15万円で一人暮らしは可能?
手取り15万円でも一人暮らしをすることは可能です。決して無駄遣いをしなければ、ある程度の余裕を持って暮らせます。
手取り15万円の生活レベルは?
実家暮らしの場合は、家にいくら入れるかにもよりますが比較的余裕のある生活が送れるでしょう。しかし、夫婦2人暮らしや子育て世帯では、手取り15万円では苦しいと考えられます。配偶者の収入を合算することが、余裕を持って暮らすための秘訣です。
手取り15万円の人ができること・できないことは?
貯金・結婚・マイカー購入・マイホーム購入・子育てなど、すべてにおいて不可能ではありません。しかし、マイカー購入・マイホーム購入・子育てなどはそれなりにお金が必要となるため、配偶者との収入合算や、日々の生活費を切り詰める必要があります。
手取り15万円を増やす方法は?
昇進・給与アップを目指すこと、副業をすること、転職することなどです。企業として副業を認めているところは少なくないため、話題のクラウドソーシングなどに取り組んでみましょう。また、今の会社で昇給等を見込めない場合は、転職エージェントに相談をして転職活動に取り組むことをおすすめします。

まとめ

この記事では、手取り15万円の年収や家賃目安などを解説し、できること・できないことも紹介しました。

手取り15万円の場合、だいたい年収は228万円です。家賃目安は、収入の3分の1とされるため、だいたい45,000円となります

年収は決して良い金額とは言えませんが、日々の生活を切り詰めることで結婚や子育ても可能です。

子どもの成長に伴い必要なお金は増えてくるため、収入アップのために転職エージェントに登録し転職することも検討してみましょう。

記事内で紹介した転職エージェントはいずれも無料で利用できるため、ぜひチェックしてみてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事