退職代行の料金相場

会社を辞めたくても辞められないときは、退職代行サービスの利用がおすすめです。自分で会社に退職の意思を伝える必要がなく、業者によっては未払いの賃金や残業代の交渉もできます。

しかし、サービスの内容によって料金相場は大きく変わります。初めて退職代行サービスの利用を検討する人の場合、どれくらいの料金がかかるのかイメージしにくいでしょう。

そこで今回は、退職代行サービスの料金相場について解説します。退職代行サービスの利用で後悔しないために必読の内容です。

値段が安いおすすめの退職代行サービス3選や料金以外の選び方についてもまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

退職代行サービスの料金相場

退職代行サービスの料金相場
  • 一般企業の料金相場:10,000円から50,000円
  • 労働組合の料金相場:25,000円から30,000円
  • 弁護士の料金相場:50,000円から100,000円

一般企業の料金相場

退職代行サービスを提供している一般企業(民間業者)の場合、料金相場は10,000円から50,000円ほどになります。

 他の運営元よりも提供している企業が多く、競争の激化により料金の低価格化が進んだことにより、20,000円以内の料金で利用できる場合もあります。

しかし、料金が安すぎる業者の場合、金後の対応が遅いといったトラブルの原因になるケースがゼロではありません。

実際に、従業員のほとんどがアルバイトなどの非正規雇用である場合や、1人や2人など従業員数が非常に少ないケースもあります。

他にも、エリアによっては利用できなかったり受付時間が短かったりなど、制限・制約を感じることが多いです。

労働組合の料金相場

労働者の権利を守るための団体である労働組合は、労働組合法により団体交渉権を持つ点が特徴であり、料金相場は25,000円から30,000円ほどです。

 一般企業の場合、弁護士資格がないため退職に関する賃金などの交渉はできません。労働組合は団体交渉権があるため、残業代や退職金の請求・交渉を行えます。

金額に対して対応してもらえる業務が多岐に渡るためコストパフォーマンスは良いですが、法律問題に発展した場合の対応は難しいです。

労働組合が運営する退職代行サービスの数は少ないため、希望に合致した業者を探すことが難しい点もデメリットです。

弁護士の料金相場

弁護士は法律問題が起きている場合にも対応できるため、民間企業や労働組合よりも業務範囲が広いです。

料金相場は50,000円から100,000円ほどですが、退職代行を専門に行っていない場合は、さらに高くなるケースもあります。

 他の運営元よりも高額ですが、会社へ慰謝料の請求や踏み倒されそうな未払いの賃金・残業代の請求も可能です。

例えば、「会社を辞められたら損害が出る。損害賠償を請求するぞ。」と脅されている場合でも、弁護士に依頼すると対応してもらえます。

退職代行サービスは追加料金に要注意

利用する退職代行サービスによっては、追加料金が発生し提示された金額よりも高くなるケースがあります。

例えば、無料で相談できる回数に制限があったり、有給休暇の取得交渉などは別料金になったりすることが多いです。

 弁護士に退職代行を依頼するケースでは、裁判に発展した際の対応は別料金になることがほとんどです。

他にも、基本料金を安く提示しており、業務内容によってオプションとして追加する料金体系の業者もあります。

このようなケースでは、基本料金が10,000円ほどで安くとも依頼内容が多くなると相場より高くなることもあるため注意が必要です。

追加料金がない業者も多い

基本料金よりも追加料金により金額が高くなることで、業者と利用者間のトラブルに発展するケースは少なからずあります。

そのため、追加料金が発生しないようにメニューや料金を決めている業者も多いです。予算が決まっている場合は、「追加料金なし」と明記されているサービスを選ぶと良いでしょう。

退職代行サービスの料金支払い方法

主な支払い方法

退職代行サービスの主な支払い方法は、「銀行振込」と「クレジットカード」です。現金払いに対応しているケースもありますが、対面の打ち合わせが可能な場合に限られます。

 基本的に退職代行業務は電話連絡と書類のやり取りになるため、地域に関係なく利用可能。遠隔地でも適切に支払えるよう、銀行振込とカードに対応していることが多いです。

近年では、キャッシュレス化に伴い電子マネーなどに対応する業者も増えてきました。例えば、PayPayやApple Pay、キャリア決済などに対応しているケースもあり、支払いが便利になっています。

分割・後払いは可能?

退職代行サービスの料金の支払いで分割や後払いは可能ですが、対応している業者は限られます。全ての業者が分割・後払いに対応しているわけではないため注意が必要です。

 後払いが可能な退職代行サービスの場合は完全成果報酬型が多く、退職に成功しない限り料金は発生しません。翌月支払いになる「ペイディ」に対応する業者もあります。

また、分割・後払いに対応していない業者の場合でも、クレジットカード・キャリア決済などの方法を活用することで、実質分割払いや後払いにできます。

退職代行サービス料金以外の比較ポイント

依頼内容で選ぶ

退職代行サービスの料金相場は、対応可能な業務範囲と関係しています。退職時に会社との交渉を希望する場合、労働組合か弁護士でないと代行できません。

料金相場 会社との交渉 法律関連の対応
一般企業 10,000円から50,000円 × ×
労働組合 25,000円から30,000円 ×
弁護士 50,000円から100,000円
 これは、労働組合が団体交渉権を持っているためです。会社との交渉は弁護士の業務範囲になるため、弁護士資格を持たないものが代行すると非弁行為になり違法です。

そのため、会社との交渉を希望する際は、料金相場が上がったとしても労働組合・弁護士に依頼する必要があります。

適切な業者に依頼するためにも、まずは自身の希望と必要な依頼内容を整理しましょう。

サービス内容で選ぶ

退職代行サービスによって対応業務が異なるだけでなく、サービス内容も変わります。例えば、連絡手段が電話のみの業者もあれば、LINEに対応している業者もあります。

 即日退職に対応しているケースや全額返金保証を用意している場合もあるでしょう。ただし、サービス内容によっては追加費用が発生することもあるため要注意です。

同じ料金でもサービス内容の充実度が異なるため、利用前によく確認しておいてください。

退職代行サービスが提供する主なサービス
  • 24時間受付
  • 全額返金保証
  • 有給消化サポート
  • アフターフォロー
  • 電話・メール・LINEに対応
  • 全国対応
  • 退職届のテンプレート など

口コミ・評判の善し悪しで選ぶ

退職代行サービスを選ぶ際は、公式サイトに記載されている内容以外にも、口コミや評判を参考にすると失敗が少なくなります。

低価格でサービスが充実している業者の場合でも、悪い口コミが多いと利用は避けた方が良いです。

 連絡しても返信が遅い場合や、入金後の対応が粗雑になるケースがあります。このような業者だと、希望通りに退職できない可能性が高くなりやすいです。

ただし、わざわざイマイチな口コミを掲載することは考えにくいため、依頼先を決めるうえで、あくまで参考程度に捉えてください。

実績の有無で選ぶ

複数の退職代行サービスを比較する際は、利用者数や退職成功率など実績を確認しましょう。

 退職代行は業者に依頼すると必ず退職できるというものではなく、失敗するケースも考えられます。そのため、退職成功率の確認は欠かせません。

他にも運営元が退職代行サービスを提供している期間も参考になります。歴史が古く、退職成功率が高い業者であれば安心して利用できるでしょう。

【料金比較】安いおすすめ退職代行サービス3選

退職代行ガーディアン

退職代行ガーディアン

おすすめポイント
  • 料金は一律であり追加費用はないため分かりやすい
  • 労働組合法人が運営しているため交渉にも対応
  • 365日即日対応しているなどサービスが充実している

退職代行ガーディアンは、東京都労働委員会に認証されている労働組合が運営する退職代行サービスです。料金は雇用形態・地域・年齢などに関係なく、料金は一律29,800円(税込)です。

追加費用はかからず、代理人として会社側と交渉してくれるため、希望する退職の形を実現しやすいでしょう。

 サービスへの申込後は会社や上司に連絡する必要はなく、退職届の提出・貸与品の返却も郵送で完了します。

また、相談した当日から出社する必要もありません。他にも、過去に会社を辞められなかった事例は一度もなく実績も十分です。

会社との交渉が必要な場合に便利なサービスといえるでしょう。
種類 労働組合
料金(税込) 一律29,800円
支払い方法

銀行振込

クレジットカード(VISA・Mastercard)

対応時間 24時間
相談方法 LINE・電話

出典:退職代行ガーディアン公式サイト

退職代行Jobs

退職代行Jobs

おすすめポイント
  • 弁護士監修の退職代行業者と労働組合が連携しているため交渉にも対応
  • 分かりやすい一律料金であり、コストパフォーマンスも良い
  • アフターフォローも充実しており、転職サポートも実施している

退職代行Jobsは、弁護士監修の退職代行業者と労働組合が連携して業務を実行しています。

退職代行のみでは一律27,000円(税込)であり、会社側と交渉する場合は組合に加入する費用として4,000円(税込)必要です。

しかし、サービス利用時から交渉を希望する場合は「安心パックプラン」となり、退職代行と労働組合費を合わせて29,000円(税込)で利用できます。

 支払い方法はクレジットカードや銀行振込だけでなく、コンビニ決済や現金翌月払いにも対応しています。

提供しているサービスは顧問弁護士が指導しており、適正な業務を実施しているため安心です。

退職後は転職活動のサポートも実施しています。
種類 一般企業(労働組合と連携)
料金(税込)

シンプルプラン:27,000円

安心パックプラン:29,000円

※退職代行(27,000円)+労働組合(2,000円)

労働組合加入費:4,000円

※新規加入金(2,000円)+組合費(2,000円)

支払い方法

銀行振込

クレジットカード(VISA・Mastercard・JCB・AMEX・Diners)

コンビニ決済(セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート)

現金翌月払い(ペイディ)

対応時間 24時間
相談方法 LINE・電話

出典:退職代行Jobs公式サイト

辞めるんです

辞めるんです

おすすめポイント
  • 料金は27,000円(税込)であり追加費用は発生しない
  • 完全成果報酬型であり後払いサービスに対応している
  • 実績件数は7,000件と多く、退職率は100%であり安心感がある

辞めるんですは弁護士が監修している退職代行サービスであり、料金は27,000円(税込)です。追加費用は発生しないため安心して利用できるでしょう。

対応速度も早く24時間365日相談を受け付けており、即日退職にも対応しています。

 会社への連絡は全て代行してもらえるため、自分で連絡する必要はありません。

今までの実績件数は7,000件と豊富にあり、退職率は100%であるため安心感があります。

LINEのメッセージでのやり取りも可能で、手軽に退職の打ち合わせができます。
種類 一般企業
料金(税込) 一律27,000円
支払い方法

クレジットカード

銀行振込

※後払い可能

対応時間 24時間
相談方法 LINE・電話・メール

出典:辞めるんです公式サイト

まとめ

この記事では、退職代行サービスの料金相場について解説しました。退職代行サービスの料金は運営元によって大きく異なり、一般企業・労働組合・弁護士の順で高くなります。

サービスの内容や対応可能な業務によって料金は大きく変わるため、まずはどのような形で会社を辞めたいのか希望を整理しましょう。

最適な退職代行サービスを選び、新しい人生のスタートを切ってみてください。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事