仕事のやる気が出ない6つの原因とは?やる気を出す方法も解説!

1日のうち、仕事に費やす時間は多いです。楽しみややりがいを持ちながら仕事ができればベストですが、やる気が出なくて困っている人は少なくありません。

日々を充実させるためには、プライベートだけでなく仕事の時間も活き活きできることが重要です。

そこで今回は、仕事のやる気がでない6つの原因とは何かを分析していきます。また、やる気を出す方法についても紹介していくため、ぜひ参考にしてみてください。

仕事でやる気が出ないときの打開策となる転職についても、メリットやおすすめの転職方法を紹介します。

仕事のやる気が出ない6つの原因

1.疲労が溜まっている

身体が疲れている状態は、メンタル面における不調のリスクに繋がりかねません。メンタルの不調はうつ病だけでなく、何に対しても無気力となり本来のパフォーマンスを発揮できなくなります。

休みが少ない・日々の仕事量が多い・常に締切に追われているという状況では、脳や身体が休まりません。

 身体が元気なうちはやる気があっても、疲れを感じた途端に仕事に対してやる気を失ってしまうというケースは珍しくないのです。

仕事が立て込んでいるときは適度なプレッシャーやモチベーションを感じられますが、度を超えた疲労は緊張の糸が切れてしまい、突然無気力になるリスクがあります。

少し前まではやる気があったにも関わらず、急に仕事に対する気持ちが切れて行動を起こさなくなった場合、身体にかなりの疲労が溜まっている可能性は否めません。

2.働く環境が良くない

仕事のモチベーションを維持するうえで、職場環境は大きく影響します。例えば、常に人手不足の職場であれば残業時間が増え、疲労に繋がる可能性が高いです。

人がすぐに入れ替わってしまう職場であれば、常に人間関係をゼロから構築しなければならず、精神的に疲れが溜まりやすくなります。

 仕事を把握している人も少ないという環境は、心身ともに疲労を感じやすくなる要因です。

また、オフィスが狭く汚いといった物理的な要素も、働くうえで重要と言えます。安全で清潔感があり広々とした環境が整っていないと、仕事のやる気を損なう原因に繋がりかねません。

3.人間関係が良くない

仕事をするうえで人間関係は非常に重要です。同僚・上司・取引先など、仕事は幅広い人たちと一緒にする必要があります。

チームとして一丸となり一緒にゴールを目指せる仕事仲間がいれば、モチベーションアップが図れるかもしれません。

しかし、さぼってばかりの同僚・すぐに怒る上司・気難しい取引先など、人間関係が良くない環境に身を置いていると、仕事以外の悩みを抱えることに繋がります。

 人間関係のストレスは、働くうえで大きく影響します。不満を抱え続けていると、いずれは仕事に対するモチベーションは維持できなくなる可能性は否定できません。

相談できる相手が職場にいるか否かも、人間関係の善し悪しを左右する要因です。人間関係は制度や正解が無いため、根本的な解決は簡単ではありません。

相談できる先があればメンタル的に楽になりますが、孤立してしまうと心身の不調に繋がります。

このような状態では、仕事に打ち込むことは難しいでしょう。

4.今の仕事が好きではない

今の仕事が好きでない場合、モチベーションを維持できずやる気が出にくいです。また、仕事に対してやる気が出ないことにより、度重なるミスや欠勤などに繋がる恐れもあります。

今の仕事を好きになれない理由は、やりがいが無い・向いていないと感じる・ミスが多いなど人によってさまざまです。なぜ今の仕事が好きではないかを理解できていない人もいるでしょう。

 最初のうちは改善しようと努めていても、仕事が好きでない状態が長期化すると、そのうちやる気が出なくなってしまいます。

「今の仕事ではやる気を維持できない」と認識してしまうと、再びモチベーションを上げることはそう簡単ではありません。

5.プライベートで悩みを抱え仕事が手に付かない

本来であれば、仕事とプライベートは切り離すべきです。しかし、親の介護・子育て・お金の問題など、プライベートでの悩みが大きくなれば、どうしても仕事中でも意識してしまいます。

 最近では介護休暇や育児休暇など、従業員のための福利厚生を充実させた企業も増えてきましたが、まだまだ十分とは言えません。

また、制度が整っていても仕事を休むことに対して他の社員に申し訳ないと感じ、うまく休暇を取れず活用できない人もいます。

6.きちんと評価をしてもらえない

仕事をするうえで、正当な評価を受けることはモチベーション維持に繋がります。その理由は、会社からの評価は成果に応じて、昇格・昇級などに繋がる可能性があるからです。

「この目標を達成できれば収入アップに繋がる」「リーダーに昇格するためにはこのノルマをクリアすれば良い」など、指標があることで目指すべきラインが把握できます。

しかし、指標をクリアしても評価されないどころか、指標すら存在しないという企業も少なくありません。

 どれだけ成果をあげてもリターンが無ければ、なぜこの仕事を頑張っているのかわからなくなってしまいます。

頑張る理由を見失ってしまうと、仕事に対するやる気が維持できなくなることは当然と言っても過言ではありません。

仕事のやる気が出ない時の5つの方法

1.休みはしっかりと確保する

今は元気で仕事に対するやる気もあるため問題はないと考えていても、働きすぎて疲労が溜まると、メンタル的にも滅入ってしまいます。

そのまま仕事に対するやる気を失ってしまうと、再度モチベーションを上げることは決して簡単ではありません

 そのような事態を防ぐためにも、休みはしっかりと確保しましょう。心身の健康を維持しておくことで、日頃のパフォーマンスアップにも繋がります。

休んでしまうことに罪悪感を抱く人は、モチベーションを維持するために必要な時間であると言い聞かせましょう。

2.布団からすぐに出る習慣をつける

仕事に対してモチベーションを保てていないと、布団からなかなか出られずダラダラしたくなってしまいます。

しかし、いつまでも布団の中で動かずにいると、脳を仕事モードへ切り替えるのが難しくなるため良くありません。

そのような状態で仕事の時間を迎えると、さらにやる気がなくなるという負のループになりかねないため注意が必要です。

 布団からすぐに出る習慣を身に付けて、「布団から出る=仕事を始める準備」ということを脳に染み込ませましょう。

朝起きることが苦手という人は、夜は早く寝る・大きな音が出る目覚まし時計を使うなど、自分に合った対策を考えてみてください。

慣れるまでは起きてから5分以内には布団から出るというように、ハードルを下げた目標を立てることもおすすめです。

3.主体的に動く

仕事に対して受け身になり指示待ちを繰り返していると、仕事がつまらないと感じてしまいます。そのため、仕事に対して主体的に動けるような工夫をしてみましょう。

例えば、「この仕事は10分以内に終わらせることがミッション」「今月中にこの仕事を一人でできるようになる」など、ゲーム性を取り入れると楽しみながら主体性を持つことが可能です。

 主体的に動き業務に取り組むことでスキルアップに繋がり、以降の仕事を高いモチベーションで打ち込めるようになります。

また、指示待ちの姿勢を脱するためには「当事者意識」を持つことが大切です。当事者意識とは、なぜこの仕事が必要か・どうすればこの仕事を改善できるかなど、常に疑問を持つことを意味します。

常に疑問を解決しようと心がけると、自ずと当事者意識が芽生えて主体的に動けるきっかけになるでしょう。

4.プライベートのために仕事を頑張る

プライベートと仕事の切り分けができていないと、脳や気持ちのON・OFFが曖昧になってしまいます。

プライベートの悩みを抱えた状態では、仕事と切り分けることは難しいかもしれません。そのような場合は、「プライベートのために仕事を頑張る」という意識を持つことがおすすめです。

例えば、「この作業を終えたらカフェでケーキを食べる」「月末には必ず旅行をする」など、自分なりの目標を設定するとモチベーションがアップに繋がるかもしれません。

5.部署異動など環境を変えてみる

人間関係や仕事内容など、自分の力で解決できないことは少なくありません。自分以外の要因によって仕事のやる気が出ない場合、部署異動などで環境を変えることも一つの手段です。

部署異動をするだけでも、人間関係や仕事内容は大きく変えられ、同じ会社であっても仕事に対するやる気が大きく変わるケースも少なくありません。

また、小さな会社などで部署異動などが難しい場合は、思い切って転職をして環境を変えることもおすすめです。

40代など中高年が仕事のやる気を失う理由

仕事に対してやる気を失うのは、経験の浅い若い年代だけではありません。実は、40代以降のベテラン層も仕事でやる気を失う人はいます。

40代など、中高年が仕事に対してやる気を失う理由として挙げられる要素は以下です。

やる気を失う主な理由
  • 自分の能力に限界を感じる
  • 今の仕事について振り返る

自分の能力に限界を感じることは、やる気を失ってしまう大きな要因と言えます。40代になると、自身のスキルやパフォーマンスは今がピークと感じている人は少なくありません。

そのため、これから先スキルアップを目指すモチベーションが湧かなくなり、仕事へのやる気を失ってしまいます。

また、40代は今の仕事について振り返る時期でもあります。今までがむしゃらにやってきた仕事でも、果たして本当に自分のやりたい仕事か疑問を感じてしまうケースが少なくないのです。

 一度疑問を感じてしまうと、今まで長年頑張ってきた仕事でも突然やる気を失う人は珍しくありません。

40代以上のベテランは、今以上のスキルアップや出世が望めない状態において、惰性で仕事を続けていると感じています。

それを自覚した際、ふと仕事に対するやる気が停止してしまうのです。

仕事のやる気が出ないときは転職もおすすめ

転職をするメリット

転職をするメリットは、今と環境を大きく変えられることです。仕事内容だけではなく、人間関係・職場・年収などが変わることで、モチベーションアップに繋がる可能性があります。

 仕事のモチベーションがアップしたことにより、本来持っている自分の能力が発揮でき成功に繋がるかもしれません。

今の状況を変えることに怖さを感じる人は多いかもしれませんが、このままを維持していると日々の充実から遠ざかり、ネガティブな気持ちになりかねません。

心機一転、思い切って環境を変えることで、自分の新たな可能性を引き出せるきっかけになる場合があります。

おすすめの転職方法

転職をするにあたって、転職エージェントへの登録がおすすめです。活用すべき理由として、主に以下が挙げられます。

転職エージェントを利用すべき理由
  • 転職活動を全面的にバックアップしてもらえる
  • 自分のやりたい仕事を見つけやすい
  • 非公開求人を紹介してもらえる

転職活動を全面的にバックアップしてもらえる

転職エージェントには、各業界の転職事情を熟知したキャリアアドバイザーが在籍しており、応募書類の添削や面接対策などを実施してくれます。

 専門的な目線からアドバイスをしてくれるため、自身で転職活動をするよりも内定率アップが期待できるでしょう。

企業の人事担当とパイプを持っているキャリアアドバイザーがいる場合、求人票に載らない情報をもとに書類作成等のアドバイスをしてもらえる可能性もあります。

求める人材や企業の将来像など、書類・面接でアピールできる要素を共有してくれるため大変心強いです。

自分のやりたい仕事を見つけやすい

キャリアアドバイザーは転職希望者の理想をカウンセリングで聞き出し、限りなく求める要素を満たしている求人を紹介してくれます。

専任制で担当してくれる転職エージェントも少なくないため、気軽に相談できる点は大きなメリットです。

非公開求人を紹介してもらえる

転職エージェントでは、一般に公開されていない非公開求人を保有している場合があります。そのため、新たな可能性や仕事の幅を広げるきっかけになるかもしれません。

 各転職エージェントで非公開求人の保有数や内容は異なるため、複数への登録がおすすめです。

転職エージェントを利用せずに転職活動をしていては出会えない仕事となるため、より自分に合った求人が見つかるかもしれないという期待が持てます。

仕事のやる気が出ない時に利用したい!おすすめの転職エージェント3選

迷ったらここ!無料登録のメリットが大きい転職エージェント

リクルートエージェント

RECRUIT AGENT LP

リクルートエージェントのおすすめポイント※1
  • 業界最大級の非公開求人数
  • 転職した方の6割以上が年収アップを実現※2
  • 転職支援実績No.1!転職した方は37万人以上
  • 平日夜間や土日でも相談OK・電話面談も可能
  • 転職のプロがマンツーマンでサポートしてくれる
  • 40年以上培ったどこよりも豊富な経験とノウハウがある

リクルートエージェントは、転職支援実績と求人数の多さが魅力の転職エージェントです。

これまでリクルートエージェントを利用して転職した方は、37万人以上。この支援実績は、数ある転職エージェントの中でもNo.1に輝いています。※1

多くの方がリクルートエージェントを通じて転職に成功している理由は、

  • 経験豊富なキャリアアドバイザーとの面談
  • 提出書類の添削
  • 面接対策
  • 企業側との条件交渉の代行

などと、利用は無料にも関わらずサポートが手厚いからです。

その上リクルートエージェントは、ネット上に公開されていない非公開求人を20万件以上保有しており、その中からあなたの強みや適性に合った求人を、無料で紹介してくれます。

紹介してくれる求人は未経験OKなものから上場企業のものまで、豊富に揃っているのが特徴です。

申し込み後の面談は、平日夜間や土日・電話でも可能。利用したら絶対に転職しなければいけないことはなく、なんとなく「転職したい」と漠然な希望だけで相談してみても問題ありません。

転職のプロに客観的にみてもらうことで、自分で気づけなかった自分のスキルや価値を見つけ出せるでしょう。

リクルートエージェントの年収アップ実績

リクルートエージェントを通じて年収アップを実現した方は、6割以上です(2011年度)

リクルートエージェント 転職者の年収増減

公開求人数 非公開求人数
15万3,162件 20万8,856件
ユーザー年齢層 対象エリア
20〜50代 全国

※1:公式サイトの文言によります。
※2:2011年度にリクルートエージェントを利用して転職した方のうち
出典:リクルートエージェント公式サイト

大手・優良企業に転職したい方におすすめ!

doda

doda LP

dodaのおすすめポイント
  • 求人サイト・エージェントサービス・スカウトサービスの3機能が1つに!
  • 転職者満足度No.1
  • 転職・求人情報量は国内最大級
  • 大手や優良企業の求人多数!口コミ掲載企業など特徴ごとに探せる
  • 【参加無料】オンラインの転職セミナーや個別相談会を実施中
  • 年収査定など診断・書類作成ツールが豊富

dodaは、転職満足度No.1のユーザー評価が高い無料転職サイトです。

転職サイトですが、自分のこだわり条件で求人を探せるだけではありません。
  • 各専門スタッフがあなたにぴったりの求人を紹介&転職までをサポートしてくれる国内最大級「エージェントサービス」
  • 効率的に転職を進めたい方向けに、企業から直接オファーがくる「スカウトサービス」

も展開しています。自分がどう転職活動を進めたいのかで、それに合ったサービスを選べるので、転職活動をスムーズに進められるでしょう。

dodaが保有する求人の特徴は、大手企業や優良企業の求人が多いこと。

 他にも、年収が高い未経験歓迎の企業、中途入社者がおすすめする企業、黒字経営の企業など、細かい条件で求人情報を閲覧できます。

スカウトサービスでは、書類選考をスキップした面接確約オファーが受け取れることも。オンライン転職カウンセリングを実施中なので、気になった方はぜひ利用してみて下さいね。

dodaの年収アップ実績

dodaを通じて転職をした方は、平均56.7万円年収がアップしています。最大アップ額は、440万円です。

doda 年代別の平均年収アップ率

※調査期間:2013年1月〜2014年6月にdodaエージェントサービスを利用して転職した方

公開求人数 非公開求人数
11万5,430件 未公開
ユーザー年齢層 対象エリア
20〜50代 全国

※公式サイトの文言によります。
出典:doda公式サイト

 

20代・はじめて転職をする方・第二新卒の若手社会人に人気

マイナビエージェント

mynavi-agent

マイナビエージェントのおすすめポイント
  • 20代の転職支援実績No.1
  • 第二新卒・はじめて転職をする若手社会人におすすめ
  • 無料の転職面談実施中!自宅にいながらWeb・電話・LINEでも転職相談OK
  • 幅広い業界・業種に太いパイプを持つマイナビ独占の求人あり
  • 各業界専任のプロによる徹底サポートを受けられる!女性向けサポートも
  • 他では知りえない人気企業の情報を得られる
  • 退職交渉のサポートあり

マイナビエージェントは、第二新卒やはじめて転職をする20代に人気な転職エージェントです。 

マイナビ看護師や薬剤師、マイナビ営業エージェントやITエージェントなど、各業種・業界ごとに特化した人材紹介サービスを展開するマイナビだからこそ、出会える求人があります

 在籍するキャリアアドバイザーは、全員様々な業界の転職市場に詳しいプロフェッショナルです。

キャリアアドバイザーによるサポートは利用回数・期間に制限なく受けられるため、自分が納得のいく転職活動ができるでしょう。

無料の転職面談に行くのが難しい場合は、電話やWeb・LINEでも対応してくれます。

マイナビエージェントは、女性の転職市場に精通したキャリアアドバイザーも在籍しているため、転職をしたい女性にもおすすめです。

マイナビエージェントの年収アップ実績

マイナビエージェントは、転職者の年収アップ実績が豊富です。おおよそ20%も年収がアップすることも。

マイナビエージェント 年収アップ早見表

年収交渉は、切り出すタイミングや希望金額の提示の仕方など、細かいところにも気を遣わなければいけません。

マイナビエージェントなら、これらの交渉を全てプロに任せることができますよ。
公開求人数 非公開求人数
詳細は公式サイト 未公開
ユーザー年齢層 対象エリア
20〜30代 全国

※掲載している求人数は、いずれも2022年1月4日時点の情報です。

よくある質問

疲労が溜まると仕事のやる気が出ない原因と解決方法は?
疲労が溜まると精神的な不調をきたす場合もあります。すると、なかなか仕事に対してやる気を出すことは難しいです。きちんと休みを確保するため、仕事とプライベートを切り分けて考えることが重要になります。
人間関係で仕事のやる気が出ない原因と解決方法は?
さぼってばかりの同僚や理不尽に怒る上司、さらには気難しい取引先など、人間関係が良くない環境に身を置いていると仕事以外に悩みを抱えるため、どうしてもやる気がそがれてしまいます。そのような場合は、部署異動をしてみることも一つです。今と環境を変えることで、仕事に対する意識が変わるかもしれません。
仕事で主体的に動けるようになるためには?
業務に対してゲーム性を取り入れてみましょう。この仕事は10分以内に終わらせることがミッション・今月中にこの仕事を一人でできるようになるといったように、小さな目標を立ててみてください。目標を達成すると自分にご褒美を与えるなど、楽しみを作れば行動が変わるかもしれません。
40代など中高年が仕事のやる気を失う理由は?
自分の能力に限界を感じ、今後のスキルアップなどモチベーションを維持できないことは大きな要因です。また、今の仕事について振り返り、本当にやりたいことか考え込んでしまうことも理由として挙げられます。
仕事のやる気が出ないときに転職をすることはおすすめ?
転職することで環境が一気に変わり、自分に向いている仕事に出会える可能性があるためおすすめです。年収・職場の人間関係などが変わることで、モチベーションアップを図れる場合があります。
転職エージェントを利用するメリットは?
転職事情を熟知した、キャリアアドバイザーによるバックアップを受けられる点もメリットです。また、一般公開されていない非公開求人を紹介してもらえる場合があるため、仕事の幅が広がる可能性もあります。
転職エージェントは複数利用しても良い?
転職エージェントは、複数利用しても問題ありません。基本的に費用は無料となるものが多いうえ、各転職エージェントで得意な業界や扱う求人は異なります。自分の進みたい道へのサポート力が期待できる転職エージェントがあれば、複数でも登録してみましょう。

まとめ

この記事では、仕事のやる気がでない6つの原因とは何か、やる気を出すにはどのような方法があるかを紹介しました。

疲労が溜まっている、働く環境や人間関係が良くない、今の仕事が好きではないなどはやる気が出ない主な原因です。

解決するには、休みはしっかりと確保すること、主体的に動くこと、部署異動など環境を変えてみることなどを意識してみましょう。

理想の転職を叶えるうえで、キャリアアドバイザーのサポートを受けられる転職エージェントの活用は欠かせません。

記事内では無料で利用できる転職エージェントを紹介したため、転職を検討する場合はぜひチェックしてみてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事