仕事に疲れたと感じる6つの原因と対処法!リフレッシュ方法も紹介

仕事をしてお金を稼ぐことは、人間の宿命と言っても大げさではありません。しかし、生活するうえで欠かせないとはいえ、疲れた感じてしまう日々を送っている人は少なくないでしょう。

そこで今回は、仕事に疲れたと感じる6つの原因と対処法を解説していきます。おすすめのリフレッシュ方法についても紹介するため、ぜひ参考にしてみてください。

仕事に疲れたと感じやすい人の特徴や、疲れたときは思い切って転職をすることなどにも触れていくためチェックしておいてください。

仕事に疲れたと感じる6つの原因と対処法

①体の疲労

長時間労働により体に疲労が溜まると、どうしても仕事に対して気持ちが付いていかず疲れた感じやすいです。毎日仕事に追われていると、肉体的にかなりの負担を与えてしまいます。

 残業が多い仕事など、いわゆる激務の場合は体に疲労はどうしても溜まってしまうでしょう。仕事量の多さも大きく関係しています。

厚生労働省では激務による過労死ラインを定めており、月45時間を超えて長くなるほど過労度は高くなると定めています。

なお、1ヶ月で80時間以上の時間外労働となれば過労死との関係性が強いとしているのです。

出典:「STOP!過労死」厚生労働省

対処法

おすすめの対処法としては、やはりきちんと休養を取ることです。また、少しの時間でも良いので日々のなかで仮眠をとることも疲れを回復させる効果が期待できます。

最近ではお昼間などに仮眠時間を確保している企業もあるなど、関心度は高くなっているのです。

夜もきちんと睡眠時間を確保することで、体に蓄積された疲労を解消へと導いてくれるでしょう。

②精神面

体への疲労度だけでなく、精神面への重圧も仕事に疲れたと感じてしまう要因です。

主な原因
  • 仕事でのストレス
  • プライベートでのストレス
  • 将来への不安

ストレスが溜まるとメンタル面に負荷がかかるため、思考がネガティブになってしまうこともあります。その結果、やる気が起こらず仕事に疲れた、辞めたいといった考え方になってしまうかもしれません。

 充実した日々を送れずストレスを溜め込んでいる状態は、仕事に向かう精神面に多大なる影響を与えかねません。

また、将来に対して不安を抱えている状態もマイナス思考になる可能性があるため、仕事に身が入らず疲れたと感じやすいです。

対処法

精神的なダメージを負っているときは、とにかくリフレッシュすることを心掛けましょう。リフレッシュ方法は人それぞれですが、仕事から一旦頭を離すことが重要です。

おすすめのリフレッシュ方法
  • きちんと休養を取る
  • 好きな音楽を聴く
  • 好きなテレビを観る
  • 趣味に没頭する
  • 友人と遊ぶ

体を休めることは、肉体的だけでなく精神的疲労も回復してくれるでしょう。仕事を忘れて休養を取ることは、人として必要な行動と言えます。

 音楽を聴く・テレビを観る・趣味に没頭するなど、自分の好きなことに時間を費やすことでリフレッシュでき、また頑張ろうと気分一新し前向きになれるでしょう。

友人と遊ぶこともリフレッシュに繋がります。お互いに愚痴を言い合いストレス発散することも、ポジティブになり仕事へのモチベーションを維持するきっかけになるかもしれません。

③職場の人間関係

仕事に疲れたと感じる要因として、職場の人間関係が挙げられます。上司からの圧力や無理な要求など、うまく人付き合いができていなければ仕事が嫌になってしまうでしょう。

また、上司だけでなく同僚や後輩社員などとの仲もうまくいっていなければ、出勤すること自体が嫌になり仕事に疲れたと感じやすいです。

 人間関係がうまく構築できていない場合、その環境から逃げ出したいという考え方に至ってしまいます。その結果、仕事が嫌になり辞めたいというメンタルになるのです。

ビジネスシーンだけでなく、例えば学校や近所付き合いなどでも、人間関係がうまく築けていなければネガティブな気持ちになってしまいます。

対処法

職場の人間関係がうまくいかない場合、部署異動が解決の糸口となる可能性があります。他の部署であれば上司や同僚と気が合い、仕事がしやすい環境となる場合もゼロではありません。

要は今と環境を変えることがポイントで、会社自体が息苦しいのではなく、所属していた部署が自分に合っていないだけかもしれないのです。

人の性格はなかなか変えられないため、同じ環境で何とかしようと考えることが精神的な負担に繋がりかねません。決して無理をせず、社内での部署異動を希望してみましょう。

人事部などに相談窓口を設けている企業は少なくないため、まずは悩みを打ち明けることから始めましょう。

④仕事自体が自分に向いていない

そもそも今の仕事が向いていない場合、疲れたと感じる大きな要因と言えます。不向きな仕事に毎日向き合っていると疲労・ストレスが溜まり、逃げ出したいと感じやすいです。

 体を動かしたい人がデスクワークをしている、体力には自信がないにも関わらず力仕事を任されるなどは、心身ともに疲れネガティブな気持ちに陥ります。

また、人とのコミュニケーションが苦手な人が営業職として走りまわされるなど、適職ではないことを続けていると誰でも嫌になってしまうでしょう。

対処法

自分に向いていない仕事をするほど、疲れることはないと言っても過言ではありません。その際は、思い切って仕事を変えてみることをおすすめします。

また、今と業務を変えるために部署異動をしてみることも一つです。同じ企業でも部署によって業務内容は変わるため、実は自分に向いている仕事があったという発見に繋がるかもしれません。

 ある程度経験を積まなければ仕事が向いていないと判断できないため、一定期間は勤めてから転職・部署異動の検討をおすすめします。

転職エージェントなど活用できるサービスがあるため、キャリ形成を考えるためにも転職に詳しいキャリアアドバイザーへの相談は有効です。

⑤理不尽な対応への我慢

上司からの理不尽な対応が続く場合、仕事が嫌になり辞めたいと感じてしまいます。いわゆるパワハラは社会的な問題であり、精神的ダメージを負うなど悩む人は少なくありません。

我慢しなくて良いこと
  • 上司のストレス発散とも言える暴言
  • 理不尽な叱責
  • 業務の押し付けや不可能と言える業務量
  • サービス残業
  • 休日での拘束

もちろん仕事をするうえで我慢するべきシーンは多々あります。しかし、いくら上司とはいえすべての依頼を我慢して受け入れる必要はありません。

我慢を無理に続けると肉体的・精神的にダメージがかかり、仕事に対するモチベーションが低下していきます。

対処法

人事部などに相談することで、環境を変えられる可能性があります。いくら自分が理不尽な上司に対して想いを伝えても、受け入れてもらえない可能性は高いです。

 パワハラをしてくる上司よりも立場が上の存在となる人に相談することも、状況を打開する手段と言えます。

ただ我慢し続けるのではなく、まずは身近な同僚でも良いので悩んでいる現状を打ち明けましょう。

⑥給与が少ない

仕事をする理由は、お金を稼ぐためです。そのため、人々は重い気持ちを抱えながらでも出勤します。仕事量や業務内容に対して報酬が少ないと、それはいずれ不満へと繋がるでしょう。

きちんと見合った給与が受け取れなければ、仕事へのやりがいを見失い疲れた・辞めたいと感じるきっかけになりかねません。

対処法

スキルや資格を身に付けることで、給与アップに繋がる可能性があります。企業によっては資格手当が出る場合もあるため、給与面で悩んでいる人は改善に繋がるかもしれません。

 今の企業で給与アップが見込めない場合は、転職することも一つです。転職エージェントを利用し、キャリアアドバイザーに高年収となる仕事を紹介してもらいましょう。

実力主義の時代へ移行しつつありますが、まだまだ年功序列が色濃い企業は多いです。若手のうちは特にお金面で悩む可能性があるため、企業の給与体制を調べることは欠かせません。

賞与は年何回か、企業として平均年収はいくらかなど調べられる範囲のリサーチは重要です。

仕事に疲れたと感じやすい人の特徴は?

自分に自信がない人

自分に自信がない人は、周りの意見に合わせてしまいがちになります。仕事で失敗してしまうのではないか、周囲から自分はどう思われているのかなど、考えすぎると精神的に疲れてしまいます。

そのネガティブな気持ちは自分自身を苦しめることに繋がるため、自分はできるという自信を持つことは明るく前向きに業務を取り組むうえで重要です。

メンタルの強さは行動に関係してくるため、強い気持ちを持つことは非常に重要と言えます。

依頼を断れない人

上司や同僚からの依頼を断れない人は、不満がどんどん溜まり仕事に疲れたと感じる危険性を秘めています。

 依頼を受け入れ過ぎた結果として思いもよらない業務を任せられ、肉体的・精神的に大きな負担を抱えてしまうことになりかねません。

断ると嫌われてしまうのではないかとマイナスな考えが強くなり、無駄なストレスを溜め込んでしまうのです。断ることは仕事をしていくうえで必要な勇気と言えます。

きちんと期待には応えられない理由を添えることで、相手も状況を理解してくれます。

自己主張ができない人

自己主張ができず周りの人を優先してばかりいると、業務に振り回され疲れが溜まり仕事が辛いと感じやすいです。

 自己主張ができないことは我慢を意味するため、結果的にストレスを蓄積していく可能性があります。

自分の意見を主張できなければ、後々後悔に繋がることや損をしてしまうケースも少なくありません。

言うべきことをきちんと伝えることは、ビジネスシーンだけでなくプライベートも含め、生活するうえで重要です。

仕事に疲れた時のおすすめリフレッシュ方法

仮眠をする

日々の業務が追い付かず残業が多い、体力仕事で疲労が溜まっているなど、体や精神的負担を軽減するには仮眠を取ってみましょう。

 仮眠を取ることで睡眠不足や疲れを効率良く回復できるため、短時間で良いので実行してみてください。

仮眠時間はだいたい20分程度に留め、正午から午後3時までの間に取ることがおすすめです。

出典:グリコ公式

好きな音楽を聴く

好きな音楽を聴いて気分をリフレッシュさせると、仕事に対して前向きになれるかもしれません。お気に入りの曲を集めたプレイリストを作っておき、空き時間で聴いてみましょう。

今ではスマートフォンで音楽が簡単に聴けるため、仕事の休憩時間でも気軽に楽しめます。

軽い運動をする

運動をして息抜きすることも、リフレッシュ方法としておすすめです。散歩や軽いランニングなど、無理に運動量を上げる必要はありません。

また、趣味で何かスポーツをすることも気分転換に良いです。休みの日に体を動かすことで、運動不足解消にも繋がります。

仕事場を掃除する

職場のデスクなど自分の業務スペースが散らかっている場合、どこに何があるかわからず非効率となっている可能性が否めません。

 仕事場が片付くことで気分的にすっきりするうえ業務の効率化が図れ、仕事での成果に繋がる場合があります。

周りを綺麗に掃除することはリフレッシュになるだけでなく、仕事をうまく進められることにより自分の評価アップに繋がる期待が持てるためおすすめです。

仕事を辞めたいときは適職診断を受けてみる

今の仕事を辞めたいと感じたときは、すぐ決断に至るのではなく適職診断を受けてみましょう。適職診断を受けることで、自分に向いている仕事を知るきっかけになります。

主な診断サービス
  • リクナビNEXT「適職診断」
  • doda「転職タイプ診断」
  • マイナビ転職「ジョブリシャス診断」
  • 女の転職type「いい仕事ミイつけよう診断」

簡単な質問に答えるだけで診断できるため、空き時間を活用して実施してみてください。

各求人サイト等では、診断結果をもとにすぐ仕事を検索可能です。

仕事に疲れたときは転職も検討してみよう

今の仕事に疲れてしまい続ける自信がないと感じたときは、思い切って転職をすることも一つです。仕事を変えることで日々が充実し、気持ちが前向きになることも少なくありません。

 転職をする際は、各業界の転職事情に詳しいアドバイザーが在籍する転職エージェントの活用がおすすめです。

転職エージェントに登録することで、希望に沿った求人紹介や応募書類の添削、さらには面接対策などトータル的なサポートを受けられます。

転職エージェントは無料で利用できるため、ぜひ気軽に活用してみましょう。

無料で利用できる!おすすめの転職エージェント3選

迷ったらここ!無料登録のメリットが大きい転職エージェント

リクルートエージェント

RECRUIT AGENT LP

リクルートエージェントのおすすめポイント※1
  • 業界最大級の非公開求人数
  • 転職した方の6割以上が年収アップを実現※2
  • 転職支援実績No.1!転職した方は37万人以上
  • 平日夜間や土日でも相談OK・電話面談も可能
  • 転職のプロがマンツーマンでサポートしてくれる
  • 40年以上培ったどこよりも豊富な経験とノウハウがある

リクルートエージェントは、転職支援実績と求人数の多さが魅力の転職エージェントです。

これまでリクルートエージェントを利用して転職した方は、37万人以上。この支援実績は、数ある転職エージェントの中でもNo.1に輝いています。※1

多くの方がリクルートエージェントを通じて転職に成功している理由は、

  • 経験豊富なキャリアアドバイザーとの面談
  • 提出書類の添削
  • 面接対策
  • 企業側との条件交渉の代行

などと、利用は無料にも関わらずサポートが手厚いからです。

その上リクルートエージェントは、ネット上に公開されていない非公開求人を20万件以上保有しており、その中からあなたの強みや適性に合った求人を、無料で紹介してくれます。

紹介してくれる求人は未経験OKなものから上場企業のものまで、豊富に揃っているのが特徴です。

申し込み後の面談は、平日夜間や土日・電話でも可能。利用したら絶対に転職しなければいけないことはなく、なんとなく「転職したい」と漠然な希望だけで相談してみても問題ありません。

転職のプロに客観的にみてもらうことで、自分で気づけなかった自分のスキルや価値を見つけ出せるでしょう。

リクルートエージェントの年収アップ実績

リクルートエージェントを通じて年収アップを実現した方は、6割以上です(2011年度)

リクルートエージェント 転職者の年収増減

公開求人数 非公開求人数
15万3,162件 20万8,856件
ユーザー年齢層 対象エリア
20〜50代 全国

※1:公式サイトの文言によります。
※2:2011年度にリクルートエージェントを利用して転職した方のうち
出典:リクルートエージェント公式サイト

大手・優良企業に転職したい方におすすめ!

doda

doda LP

dodaのおすすめポイント
  • 求人サイト・エージェントサービス・スカウトサービスの3機能が1つに!
  • 転職者満足度No.1
  • 転職・求人情報量は国内最大級
  • 大手や優良企業の求人多数!口コミ掲載企業など特徴ごとに探せる
  • 【参加無料】オンラインの転職セミナーや個別相談会を実施中
  • 年収査定など診断・書類作成ツールが豊富

dodaは、転職満足度No.1のユーザー評価が高い無料転職サイトです。

転職サイトですが、自分のこだわり条件で求人を探せるだけではありません。
  • 各専門スタッフがあなたにぴったりの求人を紹介&転職までをサポートしてくれる国内最大級「エージェントサービス」
  • 効率的に転職を進めたい方向けに、企業から直接オファーがくる「スカウトサービス」

も展開しています。自分がどう転職活動を進めたいのかで、それに合ったサービスを選べるので、転職活動をスムーズに進められるでしょう。

dodaが保有する求人の特徴は、大手企業や優良企業の求人が多いこと。

 他にも、年収が高い未経験歓迎の企業、中途入社者がおすすめする企業、黒字経営の企業など、細かい条件で求人情報を閲覧できます。

スカウトサービスでは、書類選考をスキップした面接確約オファーが受け取れることも。オンライン転職カウンセリングを実施中なので、気になった方はぜひ利用してみて下さいね。

dodaの年収アップ実績

dodaを通じて転職をした方は、平均56.7万円年収がアップしています。最大アップ額は、440万円です。

doda 年代別の平均年収アップ率

※調査期間:2013年1月〜2014年6月にdodaエージェントサービスを利用して転職した方

公開求人数 非公開求人数
11万5,430件 未公開
ユーザー年齢層 対象エリア
20〜50代 全国

※公式サイトの文言によります。
出典:doda公式サイト

 

20代・はじめて転職をする方・第二新卒の若手社会人に人気

マイナビエージェント

mynavi-agent

マイナビエージェントのおすすめポイント
  • 20代の転職支援実績No.1
  • 第二新卒・はじめて転職をする若手社会人におすすめ
  • 無料の転職面談実施中!自宅にいながらWeb・電話・LINEでも転職相談OK
  • 幅広い業界・業種に太いパイプを持つマイナビ独占の求人あり
  • 各業界専任のプロによる徹底サポートを受けられる!女性向けサポートも
  • 他では知りえない人気企業の情報を得られる
  • 退職交渉のサポートあり

マイナビエージェントは、第二新卒やはじめて転職をする20代に人気な転職エージェントです。 

マイナビ看護師や薬剤師、マイナビ営業エージェントやITエージェントなど、各業種・業界ごとに特化した人材紹介サービスを展開するマイナビだからこそ、出会える求人があります

 在籍するキャリアアドバイザーは、全員様々な業界の転職市場に詳しいプロフェッショナルです。

キャリアアドバイザーによるサポートは利用回数・期間に制限なく受けられるため、自分が納得のいく転職活動ができるでしょう。

無料の転職面談に行くのが難しい場合は、電話やWeb・LINEでも対応してくれます。

マイナビエージェントは、女性の転職市場に精通したキャリアアドバイザーも在籍しているため、転職をしたい女性にもおすすめです。

マイナビエージェントの年収アップ実績

マイナビエージェントは、転職者の年収アップ実績が豊富です。おおよそ20%も年収がアップすることも。

マイナビエージェント 年収アップ早見表

年収交渉は、切り出すタイミングや希望金額の提示の仕方など、細かいところにも気を遣わなければいけません。

マイナビエージェントなら、これらの交渉を全てプロに任せることができますよ。
公開求人数 非公開求人数
3万3,329件 未公開
ユーザー年齢層 対象エリア
20〜30代 全国

※掲載している求人数は、いずれも2022年1月4日時点の情報です。

よくある質問

おすすめの転職エージェントは?
リクルートエージェント、doda、マイナビエージェントといった大手の転職エージェントは、多くの求人を扱うため理想の仕事に出会いやすいです。希望職種が決まっている場合は、その業界に特化した転職エージェントの利用をおすすめします。
転職エージェントの魅力は?
自分の希望に沿った仕事をキャリアアドバイザーが紹介してくれることです。また、応募書類の添削や面接対策など、内定獲得へ向けてトータル的にサポートしてくれる点は魅力と言えます。また、内定が決まってから企業との年収交渉をしてくれるなど、自分では聞きづらい点もサポートしてくれる点は大変心強いです。
仕事に疲れたと感じる原因と対処法は?
体の疲労や精神的な負担、職場の人間関係などです。肉体的・精神的に疲労を感じたときは、休養を取り好きなものに没頭するなどリフレッシュすることをおすすめします。
仕事に疲れたと感じやすい人の特徴は?
自分に自信がない人、依頼を断れない人、自己主張ができない人です。周囲の顔色ばかりを伺っていると気持ちが滅入ってしまい、いずれは疲れやストレスに繋がりかねません。
仕事に疲れた時のおすすめリフレッシュ方法は?
仮眠をする、好きな音楽を聴く、運動する、仕事場を掃除するなどが挙げられます。仕事から一旦頭を離して、気分転換することを心掛けましょう。
適職診断とは?
自分に向いている仕事を知れるきっかけになるサービスで、各転職サイト等で実施されています。いくつかの質問に答えるだけと簡単なため、空き時間を活用し試してみてください。
仕事に疲れたとき転職するメリットは?
自分に合った仕事に出会えることや、今よりも給与が高くなりモチベーションアップに繋がるなどが挙げられます。転職するには勇気が必要ですが、今の辛い状態で働き続けることは人生が豊かになりません。思い切って行動に移すことで、未来は明るくなる可能性を秘めているのです。

まとめ

この記事では、仕事に疲れたと感じる6つの原因と対処法について解説し、おすすめのリフレッシュ方法なども紹介しました。

肉体的・精神的ストレスを抱えていると仕事が嫌になり、疲れた・辞めたいという考えに至ってしまいがちです。打開するには、リフレッシュ方法を試すことが有効と言えます。

また、今の仕事への不満が多い場合は、思い切って転職することも人生を変える手段です。

転職する際は、キャリアアドバイザーによるサポートを受けられる転職エージェントの利用をおすすめします。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事