仕事に向いていないと感じたら?セルフチェックポイントや対処法も解説

同じ仕事を続けているうちに、遅かれ早かれ「自分はこの仕事に向いていない」と感じたことがある人は多いかもしれません。

自然に思うようになる場合や人から失敗を指摘された、あるいは長年続けても成果が出ないなど、仕事に向いていないと思う原因は人によりさまざまです。

そこで今回は、仕事に向いてないかを知る6つのチェックポイントと対処法について解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

思い切って転職をしてみることについても触れているため、あわせてチェックしておきましょう。

仕事に向いていないと感じる原因

入社1年目の場合

入社1年目は覚える業務が多いことに加え、経験が浅いという状況から自分が仕事に向いていないと思いがちです。新卒の場合、仕事の内容だけでなく社会人経験も少ないため余裕がありません。

また、1年目は環境が変わってから間もないことも、自分が仕事に向いていないと感じる一因となります。

その理由は、仕事以外の人間関係・社会人としての生活リズムが整っていないことなどにより、心身の疲労に繋がるからです。

 メンタルが弱っている状態では、小さな失敗でも必要以上にネガティブに捉えかねません。

基本的に、仕事を覚えて一人でできるようになるにはある程度の時間が必要となります。

1年目はまだ経験値が少ないといえど、できないことの方が多いため「自分はこの仕事に向いていない」と判断してしまう人が少なくないのです。

さらに、自分の同期で早咲きの人がいた場合は、より自分と比較してしまって落ち込み、自分はこの仕事に向いていないと自己嫌悪に陥る傾向があります。

仕事を完璧にこなせなくても良い、人と比べず自分のペースで成長するなど、必要以上に考えすぎないようにしましょう。

入社2年目の場合

2年目は1年目と異なり、「後輩ができる」「同期と差が付いてくる」ということから、自分が仕事に向いていないと感じる原因と言えます。

後輩ができると、自分は先輩として多くの仕事を完璧にこなしていなければならないと、プレッシャーを感じる場合が少なくありません。その責任感が自分を追い込んでしまいます。

周囲からも「先輩として手本とになってほしい」など、期待されているかもしれません。最初は喜びに感じていても、いつしか重圧としてのしかかる場合が多いのです。

 しかし、2年目はまだまだ経験値としては浅い部類に入ります。自分の経験値・実力・周囲からの期待といったギャップに苦しむ人は少なくありません。

ギャップはあって当然ですが、「自分の仕事を完璧にしながら後輩の手本になる先輩」に固執し過ぎると、少しの失敗や経験不足でも仕事に向いていないと思いがちになってしまいます。

2年目は同時期に入社した人たちの仕事レベルに差が出ている時期です。自分の周りの同期が昇級・昇進をしていくと、自分だけが取り残されてしまったような気持ちになります。

入社2年目は後輩ができるとはいえ、仕事を完璧にこなせなくて当然です。さらに、昇級や昇進のタイミングに関しても全員が同じとは限らないため、気負い過ぎないことが重要になります。

後輩や同期と比較せず、自分のペースで仕事のレベルを上げていくことが大切です。

入社3年目の場合

入社3年目は、ある程度自分でこなせる仕事が把握できる時期となります。ルーティンワークをこなすなかで仕事に慣れ、キャリアアップなど将来について考える人は少なくありません。

一人で仕事をできることが当たり前と思われている一方で、慣れによるミスも起こしやすいです。目標を見失い向上心が薄まると「自分が仕事に向いていない」と感じてしまう原因になります。

 上司や会社からの査定も複数回経験し、自分の客観的評価も把握していることも、自分が今の仕事に向いているか否かの判断を下す材料になるでしょう。

また、入社3年目は転職する人が増える傾向にあります。周りの人が転職をする姿を目の当たりにするうち、自分も今の仕事以外の方が向いているのではと感じる可能性はゼロではありません。

今の仕事で成長する見込みを感じられず、楽しくないと思う気持ちが強くなると、「自分がこの仕事に向いていない」と考えることに繋がります。

今の仕事を経験した3年間でできるようになったこと・これからやりたいこと・会社からの評価などを見直し、仕事を続けるか転職するかを検討してみてください。

仕事に向いていないかを判断する6つのチェックポイント

1.成功を喜べない

本来であれば、仕事での成功は喜ばしいものです。成果を挙げればやりがいに繋がり、これからも頑張ろうと前向きになれます。

 仕事で成功しても嬉しいと感じなくなれば、仕事そのものにやりがいを感じていないと言っても過言ではありません。成功体験があっても喜べない仕事は向いていないと判断できます。

今の仕事に向いていないと感じる要素は、自分の能力が足りていない場合だけとは限りません。

自分の能力よりも仕事のレベルが低いため活かせなければ、やりがいを感じられず向いていないと感じる原因になります。

2.失敗すると向いてないと感じる

仕事で失敗をすると、「自分には向いていないから」という思考に陥るケースがあります。

つまり、「この失敗は自分に能力が無いからではなく、自分に向いていない仕事だったから」と思うことで、努力や本来のスキルから目を逸らしているのです。

失敗したことをきちんと受け止め、同じことを繰り返さないよう対策を練ることが本来すべきことになります。そこから逃げてしまうことは、仕事に対して前向きに取り組めていないと言えるでしょう。

仕事をするうえで今回の失敗がなぜ起こったか原因を明確にすることが重要なため、避けていてはいけません。

3.失敗が続く

たまに起こる失敗であれば、自分が仕事に向いていないと感じることなくたまたま起きてしまったなどと、正当化している可能性が考えられます。

しかし、真面目に全力で取り組んでいても頻繁に失敗を繰り返す場合は、本当にその仕事に向いていない可能性は否定できません。

 人それぞれ、自分にとって適職があります。例えば、PC操作が得意な人が外回りの営業をしていては、自分の能力を活かせていません。

自分の得意な業務内容が少ない場合は、今の仕事は向いていないと判断できる材料となります。

4.先のキャリアをイメージできない

自分に向いている仕事をしている場合、将来のビジョンを描きやすいです。好きな仕事をしていると向上心があるため、今後どのようになりたいかという目標を立てます。

しかし、この先どうしていきたいかが思い描けない場合は、今の仕事を好きでやっていると言えない可能性が高いです。

さらに、「今の仕事を続けていても将来がどうなるかわからない」「先々が不安」という想いが強い場合は、向いていないと判断できるでしょう。

5.休みの日も仕事について悩む

本来、休日は仕事のことを忘れてプライベートを楽しむための時間です。しかし、休日でも仕事のことを考えて悩んでいる場合は、大きなストレスを抱えている可能性が考えられます。

仕事をするうえでストレスは付き物と言っても過言ではありませんが、休日でも気になる場合は考えものです。

 仕事におけるストレスの原因は人間関係や疲れなどさまざまですが、出社すら億劫になってしまっている場合があります。

自分は今の仕事に向いていないと感じながら無理やり続けていると、うつ病など深刻な事態を招く可能性もあるため注意してください。

6.職場に目標となる上司・先輩がいない

自分のキャリアをイメージするためには、目標となる上司や先輩の存在は重要です。「〇〇さんみたいになりたい」という人がいなければ、自分のビジョンをイメージすることは難しいでしょう。

目標とする人物がいない場合は向上心が湧きにくいため、今の仕事を続けていてもあまり先は期待できません。つまり、今の仕事は向いていないと判断できます。

 職場に目標となる上司や先輩がいれば、自分が仕事を通して成長した姿をイメージできるため、仕事を続けるモチベーションにもなります。

反対に、職場に目標となる上司や先輩がいない場合、目標を見失ってしまい、仕事に向いていないという気持ちにも繋がってしまうのです。

仕事に向いていないと感じたときの対処法

入社時の気持ちを思い出す

入社から数年後「自分が仕事に向いていない」と感じていても、入社したときはモチベーション高く仕事をしていた人は少なくないでしょう。

そのため、入社時の気持ちを思い出すことで改めて仕事を楽しめるきっかけになるかもしれません。

 入社時は新鮮な気持ちで仕事に意欲的なうえ、仕事を次々と覚えられる楽しさや、先輩社員に対して気軽に質問できるなど、良い意味での気楽さを感じながら業務に取り組めます。

将来的なビジョンを明確に描いているなど、さまざまな要因で仕事に対してやりがいを持っていたことを踏まえ、改めて思い返すことでまた意欲的に取り組める可能性があります。

入社時と今でギャップが生まれた原因を探る

入社時は、今ほど仕事に向いていないという気持ちを抱いていない場合がほとんどです。不安は抱えながらも成長したい・理想のキャリアを歩みたいという希望を抱いていた人は少なくありません。

 そのため、入社時の気持ちと今の気持ちに差が生まれている場合は、原因を探り自分が仕事に向いていないと感じる理由を見出してみましょう。

例えば、ミスに対して指摘が多くなったことが仕事に向いていないと感じている原因であれば、ミスを減らすような対策を練り実行すれば良いです。

同期社員と差が生じている場合は、自分の強みを見つけて伸ばすことで、違ったステージで活躍できる可能性が出てきます。

仕事に対して何が面白いと感じるかを模索する

自分が仕事に向いていないと感じる一つの原因として、仕事に対してやりがいを感じられないことが挙げられます。

 つまり、仕事のどういった部分が面白いかを見い出せればやりがいが生まれ、その結果として自分は今の仕事に向いていると感じれることに繋がるかもしれません。

面白いと感じる部分を見つけにくい場合は、辛いと感じる業務を洗い出してみることも一つです。

同僚・友人に相談する

自分自身は仕事に向いていないと感じていても、周りからの評価は異なるかもしれません。そのため、同僚や友人などの客観的な意見を取り入れてみましょう。

自分を過小評価している場合もあれば、客観的に見てもその仕事は自分にとって向いていないとわかる場合もあります。

なお、客観的な意見を求めるうえで大切なのは、正直な感想を伝えてもらうことです。お世辞を言ってもらっていては、きちんと自分が今の仕事に向いているか分析できません。

異動を希望してみる

今の仕事は自分に向いていないと感じながら続けていると、心身共に大きなストレスを抱えかねません。そのため、一度上司に異動を希望してみることも一つの対処法です。

 同じ会社の業務でも別の部署に異動すれば、やりがいを感じられ自分に向いている仕事に就ける可能性はゼロではありません。

ただし、異動のタイミングは年に数回と限られている場合が多いため、すぐに対応することは難しい可能性があります。

また、異動するには引継ぎなどをしっかり完了させることも大切です。

いきなり異動したいことを伝えるなど自分勝手な行動をせず、迷惑をかけないよう配慮しましょう。

少しの間休暇を取ってみる

忙しい日々が続くと心身共に疲れが溜まってしまい、ネガティブな思考に陥りがちです。その結果、「自分は仕事に向いていない」と思い込んでしまうことに繋がりかねません。

そのため、張り詰めた気持ちを開放するためにも、少しの間休暇を取ってみることをおすすめします。

頭や身体がリフレッシュされると仕事のパフォーマンスも上がり、冷静に自分の仕事に対する能力を見極められるきっかけになるかもしれません。

仕事に向いていないと感じたら転職も検討してみよう

今の仕事を続けていても成長できない・向いていないと感じた場合は、思い切って転職してみることも一つです。転職をする際は、以下の2つのポイントを押さえておきましょう。

転職をするメリットとおすすめの方法
  • 転職により仕事への意識改革が図れる
  • 転職エージェントを活用してみる

転職により仕事への意識改革が図れる

同じ業界や業種への転職でも、環境が変われば心機一転し意識改革を図れます。仕事自体が向いていないと感じていても、実は人間関係や体調面など、他の要因があっただけかもしれません。

また、転職により仕事への考え方が変わり、ネガティブな考えに陥ることなく前向きに取り組めるきっかけになる可能性も期待できます。

転職エージェントの活用がおすすめ

転職をする際は、転職エージェントの活用をおすすめします。転職エージェントに登録すると、キャリアアドバイザーから手厚いサポートを受けられるのです。

主なサポート内容
  • 希望に沿った求人紹介
  • 応募書類の添削や面接対策
  • 求人票に載らない企業情報の提供
  • 企業からスカウトを受けられるサービスの提供
  • 転職エージェントが主催する転職イベントへの参加

希望に沿った求人紹介

キャリアアドバイザーは転職事情を熟知しているため、求職者の希望をきちんとヒアリングしたうえで理想に近い求人を紹介してくれます。

また、転職エージェントが独自に保有する非公開求人を紹介してくれる点も利用するメリットです。

応募書類の添削や面接対策

応募書類で自身を存分にアピールできるよう、キャリアアドバイザーによる添削サポートがあります。面接へ繋げる大事な要素となるため、プロ目線での添削は大変心強いです。

 内定を勝ち取るうえで重要な面接についても、事前に対策を実施してくれるため本番で大いに自分をアピールできる準備ができます。

キャリアアドバイザーが自分では気づけない強みを見出し、書類や面接での応対に組み込んでくれます。

求人票に載らない企業情報の提供

求人票に載らない求める人材や職場環境などを、キャリアアドバイザーが人事担当者とのやり取りから聞き出し提供してくれる点は、転職エージェントならではのサービスです。

企業情報を知っておくことは、書類作成や面接対策などで活かせます。

スカウトサービスの提供

自分から応募をするだけでなく、転職エージェントによっては企業側からオファーを受けられるスカウトサービスを提供している場合があります。

スカウトにおいては書類選考をパスできる「面接確約オファー」があるため、内定率アップが期待できるでしょう。

転職イベント・フェアの実施

転職エージェントが主催するイベントやフェアに参加することで、企業の人事担当者などとやり取りできます。

 その場で面接の確約が取れる場合もあるため、積極的に参加してみましょう。

なお、転職イベントやフェアは随時開催されていることが多く、費用も無料なため気軽に参加できます。

仕事に向いていないと感じたら活用したい!おすすめ転職エージェント3選

迷ったらここ!無料登録のメリットが大きい転職エージェント

リクルートエージェント

RECRUIT AGENT LP

リクルートエージェントのおすすめポイント※1
  • 業界最大級の非公開求人数
  • 転職した方の6割以上が年収アップを実現※2
  • 転職支援実績No.1!転職した方は37万人以上
  • 平日夜間や土日でも相談OK・電話面談も可能
  • 転職のプロがマンツーマンでサポートしてくれる
  • 40年以上培ったどこよりも豊富な経験とノウハウがある

リクルートエージェントは、転職支援実績と求人数の多さが魅力の転職エージェントです。

これまでリクルートエージェントを利用して転職した方は、37万人以上。この支援実績は、数ある転職エージェントの中でもNo.1に輝いています。※1

多くの方がリクルートエージェントを通じて転職に成功している理由は、

  • 経験豊富なキャリアアドバイザーとの面談
  • 提出書類の添削
  • 面接対策
  • 企業側との条件交渉の代行

などと、利用は無料にも関わらずサポートが手厚いからです。

その上リクルートエージェントは、ネット上に公開されていない非公開求人を20万件以上保有しており、その中からあなたの強みや適性に合った求人を、無料で紹介してくれます。

紹介してくれる求人は未経験OKなものから上場企業のものまで、豊富に揃っているのが特徴です。

申し込み後の面談は、平日夜間や土日・電話でも可能。利用したら絶対に転職しなければいけないことはなく、なんとなく「転職したい」と漠然な希望だけで相談してみても問題ありません。

転職のプロに客観的にみてもらうことで、自分で気づけなかった自分のスキルや価値を見つけ出せるでしょう。

リクルートエージェントの年収アップ実績

リクルートエージェントを通じて年収アップを実現した方は、6割以上です(2011年度)

リクルートエージェント 転職者の年収増減

公開求人数 非公開求人数
15万3,162件 20万8,856件
ユーザー年齢層 対象エリア
20〜50代 全国

※1:公式サイトの文言によります。
※2:2011年度にリクルートエージェントを利用して転職した方のうち
出典:リクルートエージェント公式サイト

大手・優良企業に転職したい方におすすめ!

doda

doda LP

dodaのおすすめポイント
  • 求人サイト・エージェントサービス・スカウトサービスの3機能が1つに!
  • 転職者満足度No.1
  • 転職・求人情報量は国内最大級
  • 大手や優良企業の求人多数!口コミ掲載企業など特徴ごとに探せる
  • 【参加無料】オンラインの転職セミナーや個別相談会を実施中
  • 年収査定など診断・書類作成ツールが豊富

dodaは、転職満足度No.1のユーザー評価が高い無料転職サイトです。

転職サイトですが、自分のこだわり条件で求人を探せるだけではありません。
  • 各専門スタッフがあなたにぴったりの求人を紹介&転職までをサポートしてくれる国内最大級「エージェントサービス」
  • 効率的に転職を進めたい方向けに、企業から直接オファーがくる「スカウトサービス」

も展開しています。自分がどう転職活動を進めたいのかで、それに合ったサービスを選べるので、転職活動をスムーズに進められるでしょう。

dodaが保有する求人の特徴は、大手企業や優良企業の求人が多いこと。

 他にも、年収が高い未経験歓迎の企業、中途入社者がおすすめする企業、黒字経営の企業など、細かい条件で求人情報を閲覧できます。

スカウトサービスでは、書類選考をスキップした面接確約オファーが受け取れることも。オンライン転職カウンセリングを実施中なので、気になった方はぜひ利用してみて下さいね。

dodaの年収アップ実績

dodaを通じて転職をした方は、平均56.7万円年収がアップしています。最大アップ額は、440万円です。

doda 年代別の平均年収アップ率

※調査期間:2013年1月〜2014年6月にdodaエージェントサービスを利用して転職した方

公開求人数 非公開求人数
11万5,430件 未公開
ユーザー年齢層 対象エリア
20〜50代 全国

※公式サイトの文言によります。
出典:doda公式サイト

 

20代・はじめて転職をする方・第二新卒の若手社会人に人気

マイナビエージェント

mynavi-agent

マイナビエージェントのおすすめポイント
  • 20代の転職支援実績No.1
  • 第二新卒・はじめて転職をする若手社会人におすすめ
  • 無料の転職面談実施中!自宅にいながらWeb・電話・LINEでも転職相談OK
  • 幅広い業界・業種に太いパイプを持つマイナビ独占の求人あり
  • 各業界専任のプロによる徹底サポートを受けられる!女性向けサポートも
  • 他では知りえない人気企業の情報を得られる
  • 退職交渉のサポートあり

マイナビエージェントは、第二新卒やはじめて転職をする20代に人気な転職エージェントです。 

マイナビ看護師や薬剤師、マイナビ営業エージェントやITエージェントなど、各業種・業界ごとに特化した人材紹介サービスを展開するマイナビだからこそ、出会える求人があります

 在籍するキャリアアドバイザーは、全員様々な業界の転職市場に詳しいプロフェッショナルです。

キャリアアドバイザーによるサポートは利用回数・期間に制限なく受けられるため、自分が納得のいく転職活動ができるでしょう。

無料の転職面談に行くのが難しい場合は、電話やWeb・LINEでも対応してくれます。

マイナビエージェントは、女性の転職市場に精通したキャリアアドバイザーも在籍しているため、転職をしたい女性にもおすすめです。

マイナビエージェントの年収アップ実績

マイナビエージェントは、転職者の年収アップ実績が豊富です。おおよそ20%も年収がアップすることも。

マイナビエージェント 年収アップ早見表

年収交渉は、切り出すタイミングや希望金額の提示の仕方など、細かいところにも気を遣わなければいけません。

マイナビエージェントなら、これらの交渉を全てプロに任せることができますよ。
公開求人数 非公開求人数
詳細は公式サイト 未公開
ユーザー年齢層 対象エリア
20〜30代 全国

※掲載している求人数は、いずれも2022年1月4日時点の情報です。

まとめ

この記事では、仕事に向いてないかを知る6つのチェックポイントと対処法について解説しました。

成功を喜べない・失敗すると向いてないと感じる・失敗が続く・先のキャリアをイメージできない・休みの日も仕事について悩むといった場合は、向いていない可能性が否めません。

入社時の気持ちを思い出したり、仕事に対して何が面白いと感じるかを模索するといった対策を講じましょう。

環境を変えるべく、転職することも対処法としておすすめです。

仕事に向いていないと感じたら、転職するのもひとつの手です。

記事内では無料で利用できるおすすめ転職エージェントを紹介したため、自分に合ったサービスを見つけて転職への第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事