仕事がつまらないと感じる6つの理由!対策や注意点などを詳しく解説

仕事がつまらないと思いながら日々過ごしている人は少なくないでしょう。しかしながら、生きていくにはお金が必要です。つまり、嫌でも働かないといけないのです。

そこで今回は、仕事がつまらないと感じる6つの理由と対策、さらには注意点などを徹底解説します。少しでも今より日々を充実させるためにも、ぜひ参考にしてみてください。

仕事がつまらないと感じるデメリットについても触れていくため、あわせてチェックしておきましょう。

仕事がつまらないと感じる6つの理由

理想とのギャップを感じている

理想と現実のギャップに戸惑うことは、思い描いていた職場に就職した人が陥りがちな事象です。

職種や部署を入社前に美化しすぎる、自分なりのイメージを固めすぎてしまうなどの理由で、実際に働き出してから業務とのギャップを感じがっかりすることは少なくありません。

また、希望の職種や部署以外に配属された場合も、理想とのギャップを生む原因となります。

職種や部署が多く、業務内容がまったく異なる企業に就職する際は特に注意してください。

人間関係が良好ではない

人間関係は、多くの人が直面する悩みのひとつです。反対に、人間関係がよければ多少の仕事の苦労や難しさを感じても、乗り越えられるでしょう。

 人間関係については就職・転職活動時に知ることは難しいため、実際に入社して現場で働くようにならなければ把握しきれません。

実際に働くようになってから、仲が悪い者同士の板挟み状態となる、上司などに嫌われたら待遇が悪くなるという、リアルな人間関係に悩んでしまうのです。

人間関係は対応策が難しく、根本的な解決は簡単ではありません。また、いつまでも人が固定されている職場環境でない場合、ゼロからの関係性を作ることに疲れてしまうケースもあります。

人間関係の悩みがエスカレートすれば、ハラスメントやうつ病などの深刻な問題にも繋がりかねません。

仕事内容が自分に合っていない

適材適所という言葉があるように、人には得意・不得意があります。不得意な仕事を毎日しなければならない状態では、モチベーションが下がり仕事がつまらないと感じてしまいがちです。

 例えば、体力に自信のない人が力仕事メインの部署に配属されると、本来の実力を発揮できずに仕事がつまらないという感情に陥る可能性が高いです。

自分の能力を活かせない環境で働き続けることは、ストレスが蓄積されいずれ嫌になってしまいます。

仕事量がキャパを超えている

仕事量が多い場合、忙しいことは充実していると感じる人もいる一方、キャパオーバーになってしまう人もいます。

キャパオーバーの状態はミスに繋がりやすく、結果として自己嫌悪に繋がり仕事に対するやる気が削がれてしまいかねません。

 仕事量だけでなく業務に対するクオリティを高く求められるほど、そのレベルに達していなければ仕事がつまらないと感じてしまいます。

仕事量が多くなると物理的に拘束時間が長くなり、精度を上げるための勉強時間を確保することが難しくなるでしょう。

過度な仕事量はストレスを生み、そのストレスはミスや体調不良などの原因になりかねないため注意してください。

仕事を楽しむためには、自分のキャパシティーに余裕を持たせることが大切です。

職場環境が良くない

やりがいを持って仕事をするためには、職場環境が整っていることは欠かせません。

例えば、昇進が期待できない職場であれば頑張る目的を見失い、日々のルーティンワークを淡々とこなすだけになってしまいます。

 キャパオーバーとは反対にあまりにも単調な仕事ばかりをしていても、成長意欲が奪われてしまいます。

適度に休みがないと体力も気力もすり減ってしまい、仕事を楽しいと感じる余裕はなくなってしまうでしょう。

ワークライフバランスを保ち、仕事とプライベートの切り替えがしっかりできる職場環境はモチベーションアップに欠かせません。

仕事の取り組みや成果が評価される職場環境も大切です。「この成果を出せばこのような評価が貰える」というような指標がなければ、仕事を頑張る目的を見失ってしまいます。

給与が低い

仕事にはさまざまなやりがいや目的がありますが、お金を稼ぐために働く人はほとんどと言っても過言ではありません。

 自分の頑張った成果が昇給やインセンティブになって返ってくれば、仕事をより頑張ろうというモチベーションに繋がります。

しかし、給与が低く昇給やインセンティブの見込みもないと、仕事に対する意識を保つことは極めて難しいです。

金銭問題はプライベートでの余裕がなくなり、気分転換すらできないという悪循環に陥ってしまうリスクもあります。

仕事がつまらないと感じるデメリット

自分の体調面に悪影響を与える

仕事がつまらないと感じたからといい、すぐに退職や休職に至るのは簡単ではありません。多くの人は生活するためにお金を稼ぐ必要があり、かつ仕事に対する責任感もあります。

しかし、仕事がつまらないと感じている精神状態で無理に進めていくと、いずれ身体や心の不調に繋がりかねません。

 仕事は1日のうち、多くの時間を占めるものです。その多くの時間がつまらなくなると、毎日をアクティブに活動する気力が削がれてしまいます。

仕事だけでなく、プライベートの時間もつまらなくなってしまっては生活をするための仕事のはずが本末転倒になってしまうのです。

自分の将来に悪影響を与える

仕事がつまらないと、日々の仕事から成長意欲や出世欲などを感じなくなります。その結果、スキルアップや自己啓発に対するモチベーションが低くなり、将来的に成長する可能性が下がってしまいます。

さらに、仕事に対するセルフイメージも低くなり、仕事を通して自己肯定感を下げてしまうリスクもあるのです。

 仕事がつまらないときの対策に転職がありますが、しっかりとした計画性を持って考えなければいけません。

転職する人は増加傾向にあり、一昔前のように「生涯同じ会社で勤め上げる」という考えは薄まっています。

しかし、仕事がつまらないという理由だけで転職を繰り返すと、すぐに辞めてしまう人というレッテルを貼られ採用されにくくなるうえ、一貫したスキルも身に付きません。

転職はスキルアップや環境改善の機会でもありますが、計画性や目的が無ければ、残念なジョブホッパーになってしまうのです。

会社の同僚に悪影響を与える

仕事がつまらないと、ついつい自分の態度にも表れてしまうものです。仕事のモチベーションが下がった状態で出社すれば、近くにいる同僚や上司に気を遣わせてしまうかもしれません。

また、仕事を通した仲間意識も薄くなってしまうため、チームプレーが必要な仕事に支障をきたす可能性もあります。

仕事がつまらないときの注意点

仕事をさぼらない

仕事がつまらないと、ついついさぼりがちになります。しかし、仕事をさぼってしまうことでさらにつまらなくなってしまうという悪循環に陥る可能性が高いため注意が必要です。

 仕事をさぼることによって、職場の人や会社からの評価が下がってしまいます。会社での肩身が狭くなり、場合によっては左遷や減給などの処分対象になってしまうかもしれません。

また、仕事に対して手を抜いていると、成果も遠のいてしまいます。ましてや無断遅刻や無断欠勤は自分の評価を大きく下げてしまい、頻繁に繰り返すと解雇に繋がる可能性も否めません。

無理に頑張り過ぎない

自分を押さえ込み我慢し続けるという選択は避けましょう。無理に前向きになり頑張りすぎても、根本的に仕事を楽しくするための解決にはなりません。

それどころか、心のバランスを崩してしまい体調不良や精神疾患などのリスクに繋がる可能性があります。

無理をし過ぎることは精神的負担が大きいため、仕事だけでなくプライベートすら充実した日々を送れなくなります。

愚痴をなるべくこぼさない

仕事に対する愚痴をこぼす相手として、同僚を選ぶことは多いかもしれません。しかし、同じ職場の人に愚痴をこぼすことはなるべく控えるべきです。

同僚は仕事内容や職場環境に対する知見があるため愚痴をこぼしやすい相手ではありますが、仕事の状況を改善するアクションは起こせない場合が少なくありません。

 同僚やその周辺から上司へ愚痴が伝わってしまうと、「仕事に対するモチベーションが低い」というレッテルを貼られる可能性があります。

社内での評価が下がることで、昇進や昇給がしにくくなるケースも十分考えられます。

仕事がつまらないときの対策

上司に相談する

身近にいて一緒に仕事をする上司は、自分の仕事内容や勤務態度を理解している可能性が高いです。さらに、会社の制度などにも詳しく、部署や給与体系なども把握しています。

 これらの理由から、一番効果的なアドバイスや解決策が期待できる相談相手は上司と言えるでしょう。

しかし、上司と良好な関係を築いていることが前提であるため、場合によっては上司には相談しづらいという人もいるかもしれません。

その際は、直属となる上司以外の先輩などに相談することをおすすめします。

例えば、係長に相談しづらい場合は課長、自分の部署の上司に相談できなければ隣の部署の上司など、まずは相談相手を見つけるところから始めてみましょう。

仕事の何がつまらないかを分析する

悩みや課題を解決するためには、まずは理由を明確にすることが大切です。今の仕事がなぜつまらないと感じているかを分析してみましょう。

仕事がつまらない理由には、大きく分けて「仕事環境」と「自分自身の問題」があります。

 仕事環境には人間関係・給与・仕事内容・会社の制度などが挙げられます。働きやすい環境が整っていると、多少業務内容が自分に合っていなくても我慢できるでしょう。

一方で自分の問題の場合は、体調・メンタル・保有するスキルなどが大きく関係してきます。

これらの仕事がつまらないと感じる要因は、自分ですぐに解決のアクションを起こせるか、時間をかければ解決できるか、会社の仕組みで変えることはできないかというように細かく分析できます。

仕事がつまらないと感じる理由を分析することで、解決手段を見出せるきっかけになります。

解決手段の有無についても分析できれば、その後の行動が変わってくるでしょう。

自分で仕事を生み出す行動を起こす

仕事がなく暇でつまらないという場合、自分で仕事を生み出すための行動を起こすことが大事です。

例えば、マニュアルなどの資料作成をしなければならない一方で、リソースが足りず手つかずになっていることがあります。

このような仕事を自分から引き受ければ、成果物も見えるためモチベーションアップに繋がるでしょう。

 仕事が無いように思えても、実は探せばたくさん仕事があるということは多くの会社や企業に見らる事象です。

自分で楽しいと感じられ、会社のためにもなる仕事を探す習慣を身に付けていくとやりがいを感じられます。

オンとオフをきちんと分ける

仕事がつまらないと、ついつい惰性でダラダラと仕事を続けてしまいがちです。そうなると、時間だけを消費しいつまでも脳や身体が休まりません。

脳を仕事モードにするためにも、オンとオフをきちんと分けることが大切です。

 勤務中は定時内で仕事を終わらせるために集中し、仕事が終わったらプライベートな時間を有意義に使うというように、自分なりのルールを決めてみましょう。

仕事がつまらないと感じる要因に、「仕事がいつ終わるかわからない」という不明確さがあります。

仕事の終わりをしっかりと設定することでメリハリが生まれるため、時間内で終わらせるという意識のもと、質の高い業務に繋がるでしょう。

副業を始めてみる

副業にはさまざまなメリットがあります。一番イメージしやすいのは、副収入を得られるため金銭的に余裕ができることです。また、お金の余裕はメンタル面などへの影響も期待できます。

会社の仕事に比べて、副業の選択肢は限られていません。接客業などのアルバイトや在宅でのデスクワークなど、自分がやりがいを感じられるものを選択できます。

副業でやりがいのある仕事ができれば、普段の仕事でもメリハリが出ます。

ただし、自分の勤める会社が副業を禁止している場合、発覚すると何かしらの処分を受ける可能性があるため要注意です。

仕事がつまらないときは転職も検討してみる

今の仕事がつまらないと感じる場合は、転職して環境を変えてみることが有効かもしれません。

今や転職は当たり前のような風潮となり、社会人歴・経歴・希望年収などさまざまなスペックに見合った転職エージェントも多くあります。

 自分で各社を訪問したりホームページから応募したりせずとも、キャリアアドバイザーによるサポートのもと転職活動に打ち込めるのです。

ただし、面接の機会を転職エージェントが繋いでくれたとしても、実際に転職先の企業と面接するのは自分です。

仕事がつまらないという理由で転職をするとしても、面接官が納得する志望理由を持ち合わせておかなければいけません。そのため、以下を意識して転職活動を進めてみてください。

意識すること
  • 仕事がつならないことをポジティブに捉えて言い換える
  • 受け身ではなく能動的にアピールする

仕事がつならないことをポジティブに捉えて言い換える

今の仕事がつまらないことは、転職活動の理由としては成り立つかもしれません。しかし、不満をそのまま伝えてしまうと自分のイメージも悪くなり、採用されにくくなってしまいます。

 つまり、仕事がつまらないこともポジティブに伝えることが大切です。

例えば「今の会社の仕事では自分の保有するスキルは活かせますが、より高度なスキルを御社で活かしたい」というように、成長したい意思も伝えることをおすすめします。

受け身ではなく能動的にアピールする

「御社で勉強したい」という言葉は、謙虚ではなく受け身と捉えられてしまう可能性があります。

転職者は即戦力として考えられている可能性が高いため、今から勉強したいということはマイナスイメージに繋がりかねないのです。

そのため、自分が現状身に付けているスキル・経験・知識を明確にし、どのような点で貢献できるかを伝えるようにしましょう。

 企業が求める人物像を事前に収集しておくことで、スキル等の活かし方が伝えやすくなり大きなアピールに繋がります。

同じ考えを持っている人物は企業にとって魅力的と感じやすいうえ、そこにスキルが備わっていれば転職成功率のアップが期待できるでしょう。

無料で利用できる!おすすめの転職エージェント3選

迷ったらここ!無料登録のメリットが大きい転職エージェント

リクルートエージェント

RECRUIT AGENT LP

リクルートエージェントのおすすめポイント※1
  • 業界最大級の非公開求人数
  • 転職した方の6割以上が年収アップを実現※2
  • 転職支援実績No.1!転職した方は37万人以上
  • 平日夜間や土日でも相談OK・電話面談も可能
  • 転職のプロがマンツーマンでサポートしてくれる
  • 40年以上培ったどこよりも豊富な経験とノウハウがある

リクルートエージェントは、転職支援実績と求人数の多さが魅力の転職エージェントです。

これまでリクルートエージェントを利用して転職した方は、37万人以上。この支援実績は、数ある転職エージェントの中でもNo.1に輝いています。※1

多くの方がリクルートエージェントを通じて転職に成功している理由は、

  • 経験豊富なキャリアアドバイザーとの面談
  • 提出書類の添削
  • 面接対策
  • 企業側との条件交渉の代行

などと、利用は無料にも関わらずサポートが手厚いからです。

その上リクルートエージェントは、ネット上に公開されていない非公開求人を20万件以上保有しており、その中からあなたの強みや適性に合った求人を、無料で紹介してくれます。

紹介してくれる求人は未経験OKなものから上場企業のものまで、豊富に揃っているのが特徴です。

申し込み後の面談は、平日夜間や土日・電話でも可能。利用したら絶対に転職しなければいけないことはなく、なんとなく「転職したい」と漠然な希望だけで相談してみても問題ありません。

転職のプロに客観的にみてもらうことで、自分で気づけなかった自分のスキルや価値を見つけ出せるでしょう。

リクルートエージェントの年収アップ実績

リクルートエージェントを通じて年収アップを実現した方は、6割以上です(2011年度)

リクルートエージェント 転職者の年収増減

公開求人数 非公開求人数
15万3,162件 20万8,856件
ユーザー年齢層 対象エリア
20〜50代 全国

※1:公式サイトの文言によります。
※2:2011年度にリクルートエージェントを利用して転職した方のうち
出典:リクルートエージェント公式サイト

大手・優良企業に転職したい方におすすめ!

doda

doda LP

dodaのおすすめポイント
  • 求人サイト・エージェントサービス・スカウトサービスの3機能が1つに!
  • 転職者満足度No.1
  • 転職・求人情報量は国内最大級
  • 大手や優良企業の求人多数!口コミ掲載企業など特徴ごとに探せる
  • 【参加無料】オンラインの転職セミナーや個別相談会を実施中
  • 年収査定など診断・書類作成ツールが豊富

dodaは、転職満足度No.1のユーザー評価が高い無料転職サイトです。

転職サイトですが、自分のこだわり条件で求人を探せるだけではありません。
  • 各専門スタッフがあなたにぴったりの求人を紹介&転職までをサポートしてくれる国内最大級「エージェントサービス」
  • 効率的に転職を進めたい方向けに、企業から直接オファーがくる「スカウトサービス」

も展開しています。自分がどう転職活動を進めたいのかで、それに合ったサービスを選べるので、転職活動をスムーズに進められるでしょう。

dodaが保有する求人の特徴は、大手企業や優良企業の求人が多いこと。

 他にも、年収が高い未経験歓迎の企業、中途入社者がおすすめする企業、黒字経営の企業など、細かい条件で求人情報を閲覧できます。

スカウトサービスでは、書類選考をスキップした面接確約オファーが受け取れることも。オンライン転職カウンセリングを実施中なので、気になった方はぜひ利用してみて下さいね。

dodaの年収アップ実績

dodaを通じて転職をした方は、平均56.7万円年収がアップしています。最大アップ額は、440万円です。

doda 年代別の平均年収アップ率

※調査期間:2013年1月〜2014年6月にdodaエージェントサービスを利用して転職した方

公開求人数 非公開求人数
11万5,430件 未公開
ユーザー年齢層 対象エリア
20〜50代 全国

※公式サイトの文言によります。
出典:doda公式サイト

 

20代・はじめて転職をする方・第二新卒の若手社会人に人気

マイナビエージェント

mynavi-agent

マイナビエージェントのおすすめポイント
  • 20代の転職支援実績No.1
  • 第二新卒・はじめて転職をする若手社会人におすすめ
  • 無料の転職面談実施中!自宅にいながらWeb・電話・LINEでも転職相談OK
  • 幅広い業界・業種に太いパイプを持つマイナビ独占の求人あり
  • 各業界専任のプロによる徹底サポートを受けられる!女性向けサポートも
  • 他では知りえない人気企業の情報を得られる
  • 退職交渉のサポートあり

マイナビエージェントは、第二新卒やはじめて転職をする20代に人気な転職エージェントです。 

マイナビ看護師や薬剤師、マイナビ営業エージェントやITエージェントなど、各業種・業界ごとに特化した人材紹介サービスを展開するマイナビだからこそ、出会える求人があります

 在籍するキャリアアドバイザーは、全員様々な業界の転職市場に詳しいプロフェッショナルです。

キャリアアドバイザーによるサポートは利用回数・期間に制限なく受けられるため、自分が納得のいく転職活動ができるでしょう。

無料の転職面談に行くのが難しい場合は、電話やWeb・LINEでも対応してくれます。

マイナビエージェントは、女性の転職市場に精通したキャリアアドバイザーも在籍しているため、転職をしたい女性にもおすすめです。

マイナビエージェントの年収アップ実績

マイナビエージェントは、転職者の年収アップ実績が豊富です。おおよそ20%も年収がアップすることも。

マイナビエージェント 年収アップ早見表

年収交渉は、切り出すタイミングや希望金額の提示の仕方など、細かいところにも気を遣わなければいけません。

マイナビエージェントなら、これらの交渉を全てプロに任せることができますよ。
公開求人数 非公開求人数
詳細は公式サイト 未公開
ユーザー年齢層 対象エリア
20〜30代 全国

※掲載している求人数は、いずれも2022年1月4日時点の情報です。

まとめ

この記事では、仕事がつまらないと感じる6つの理由と対策、そして注意点などを解説しました。

理想とのギャップや人間関係が良くないことなど、仕事がつまらないと感じる理由は人それぞれです。少しでも楽しく働ける仕事に出会えるよう、事前調査は必須と言えます。

仕事がつまらないと感じるときは、信頼できる上司に相談する、あるいは何がつまらないかを分析し転職するなど行動に移すことが重要です。

無理をし過ぎず、辛いときは休養を取ることも意識してみましょう。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事