仕事 行きたくない

仕事に行きたくないと思う時は誰にでもあるでしょう。しかし、それを甘えだと思い込んで放置してしまうと、深刻な心の病気のサインを見逃してしまうかもしれません。

解決策を探るにはまず理由を考えることが大事ですが、人によって理由すらわからなくなっている方もいるはずです。そこで今回は仕事に行きたくない時の主な理由や原因その解決策を解説します。

今の職場を辞めたい方向けにおすすめの転職エージェントも紹介していますよ。

仕事に行きたくない甘え?理由・原因を紹介

仕事に行きたくないと思うのは単なる甘えと言い切ってはいけません。理由は様々で中には深刻であることも多いからです。ここで代表的な理由を取り上げてみましょう。

給料が低い・適切に支払われない

「いくら頑張っても生活が苦しい…」そんな状況では仕事に対する意欲は湧いてこないでしょう。給料が低いあまり、仕事に行きたくなくなってしまうという人は多いようです。

具体例
  • 給料が業務内容や業務量に見合っていない
  • 残業代が正当に支払われない
  • 賞与(ボーナス)がない
  • 勤続年数や役職に応じた昇給がない
  • 成果を上げても対して給料に反映されない

自身の仕事へ正当な評価を受けていない。という不満が主な理由として挙げられていますが、残業代の未払いなど会社体質に疑問を覚ている人もいます。

場合によっては会社が法令に違反して、不当に賃金を支払っていないかもしれません。

仕事内容がつまらない・自分に合わない

仕事に行きたくないのは、自分の希望にそぐわない業務を任せられているからではないでしょうか。仕事をする上で、やり甲斐もモチベーションを保つために必要です。

具体例
  • 人と話すのが苦手なのに、営業担当にされた
  • 体を動かしたいのに、デスクワークばかり任される。
  • 自分の経歴やスキルが活かせない部署に配属された。
  • 毎日同じようなルーティンワークばかりで飽きてしまった。

苦手な分野の仕事ばかり振り分けられてしまうと、やる気が出ないどころか、ミスを連発して上司から叱責を受けてさらに憂鬱になるという悪循環を生み出してしまいます。

憧れの会社に入っても、畑違いの仕事ばかり与えられていては続きませんよね。

職場の人間関係が悪い

仕事内容に問題はなくても、職場環境が原因の場合もあります。人間関係は大事ですが、悪化すると多大なストレスになります。

具体例
  • 上司からパワハラを受けている。
  • 高圧的で口うるさい先輩がいて、顔を合わせたくない。
  • 同僚に仲の良い人がいないくて孤独。
  • 職場内で無視されたり、いじめられている。

昨今問題になっているいじめやパワハラで深刻な悩みを抱えている人が増えています。うつ病の原因にもなるので、我慢のしすぎは禁物です。

周りの人間が絡むことは、自分個人で解決することは容易ではないでしょう。

労働時間が長い・休みが少ない

仕事で高いパフォーマンスを維持するためには、十分な休みが必要ですが、会社によっては未だにそれを理解していないようです。

具体例
  • ほとんど毎日残業で疲れている。
  • 休日に突然仕事が入ることがあるので、ゆっくりできない
  • 達成が到底不可能なノルマを課されていて、休むことができない。
  • 休日は疲れて1日中寝て終わってしまう。

長時間労働や休暇の少なさ原因で仕事に行きたくない人は、自分のこなす業務の配分や、人員の配分を早期に見直す必要があるでしょう。

最近はプライベートを重視して働く会社を決めている人も多いですよね。

仕事に行きたくない時のNG行動とは?

深く悩んでいる人は、ついつい感情的になって冷静な判断力を失ってしまいがちです。思いつきで行動することは避けましょう。

仕事に行きたくないと思う人が、やってしまいがちな避けるべき行動を以下にまとめました。

無計画のまま仕事を辞めてしまう。

ついカッとなって突然退職届を出してしまう人がいますが、退職後に仕事を探すにしても簡単に決まるとは限りません。さらに、転職先の面接の際には前職の退職理由について追及を受けることがあります。

 感情に身を任せて突発的に退職したことが採用担当者に分かると、それだけで印象が非常に悪いです。

転職活動を始める前に、必ず目標期間と志望企業をある程度絞るようにして、計画的に臨むようにしましょう。

冷静な判断を下せるように、家族や友人と相談するのもありです。

無断欠勤をする

中には何も言わずに突然会社に来ることを止めてしまう人もいます。無断欠勤は会社の上司や同僚に多大な迷惑をかけることになるので、絶対に止めましょう。

 他にも無断欠勤で業務が滞り会社に損害を与えた場合は、損害賠償請求される可能性があります。

無断欠勤は他人に迷惑をかけて、自分にも良いことはありません。欠勤や退職する際は必ず一言言ってからにしましょう。

社会人として最低限のマナーは守らなければ、転職先でもいい仕事はできませんよ。

【家にいたい】仕事に行きたくない時の乗り越え方

仕事に行きたく無い時は基本的に過剰にストレスがかかっていることが多いです。場合によって一工夫で状況は劇的に改善するかもしれません。具体的な解決策を紹介します。

まずは数日休んでリフレッシュする。

有給や夏季休暇があれば、休暇を取ってリフレッシュしましょう。休日に家でダラダラするだけでは、心身共に健康的な休日とは言えません。

 家族や恋人との時間を作ったり、友達と旅行に行ったり、趣味に没頭することで仕事から離れてみると、ストレスが解消されます

仕事に行きたくない原因がストレスならば、このようにストレスを抜くことで、次の出勤から元気に働くことができるかもしれません。

仕事に行きたくない気持ちは、一過性の場合もありますよね。

給料を上げるためにできることを探す

企業によっては昇進や昇給の基準を明確にしている場合があります。もし自分の給料に納得いかないことで仕事へのモチベーションを保てないなら、資格やスキルの取得に励んでみましょう。

 自分では努力しているつもりでも、評価する側からすると必要な努力がまだ足りていないと思われているかもしれません。

資格やスキル等の目に見える材料があれば、人事評価を下す際の判断材料として非常に有効です。仕事の空き時間や休日に勉強してみましょう。

現職で評価を上げた方が、転職するよりも収入が高い可能性を見落としていませんか。

部署の異動や仕事の変更を申し出てみる

今現在、従事している仕事の内容が原因で仕事に行きたくないようなら、上司に正直に訴えてみると要望に応えてくれるかもしれません。

 しかし、単に今の仕事がイヤだと主張するのではなく、希望先でどのように活躍できるか具体的に言うことがポイントです。

会社としても適材適所で人員を配置した方が、業務を円滑に進めることができます。苦手な仕事に従事して悩み続けるよりも、思い切って上司に相談することで、より会社に貢献できるかもしれません。

上司がいい人なら、あなたの意見を汲んでくれるかもしれませんよ。

人間関係を構築するために積極的に会話してみる

職場の人間関係で孤独に悩んでいる人は、単に自分が好かれていないと思い込んでいるだけかもしれません。こちらからコミュニケーションを取ることで、向こうの興味を引いてみましょう。

 距離を詰めるためには、仕事のストレスからお互いに解放されている休憩中や、pyらーベートで食事に誘うことが効果的です。

会話の口火を切ることは誰しも緊張するものです。実は向こうはこちらに興味があっても、話しかけることを躊躇っているだけなのかもしれません。

一度関係を構築してしまえば、だいぶ楽になるかもしれません。

人員や適切な業務の振り分けができているか確認する

仕事が多くて休む暇がないという人は、職場の労働環境が整備されていないかもしれません。その場合一緒に働いている同僚も同じ悩みを共有していると思われます。

 もし可能であれば、マネジメントできるポジションにいる人に必要によっては人員の増加など根本的な解決策を掛け合ってみましょう。

チーム全員のストレス軽減のため、職場環境はできるだけ早く整備する必要があります。自分がマネージャーであるならば、定期的に環境に目を配ってあげましょう。

人手不足に悩む企業が多い最近はよくある事例です。

専門家に相談してみる

もし現状、いじめやハラスメントを受けていたり、賃金未払いなどの不法行為の被害者であるならば、弁護士や専門機関に相談して解決策を見出すことも必要です。

うつ病や他の精神疾患の可能性がある場合は、心療内科を受診しましょう。

 深刻な問題であるほど、自分で解決しようとすると状況を悪化させてしまう可能性があります。

既に自分一人で解決できる問題でない場合は、内容に即した専門家からアドバイスを受けましょう。

専門家のアドバイスは何より頼もしいですよね。

それでも解決できる自信が無い場合は転職も選択肢に入れる

仕事に行きたくない理由は簡単には解決できるものばかりではありません。現状を無理に解決しようとしてしまうと、さらにストレスを溜め込んでしまう可能性があります。

 転職に成功すれば、悪い人間関係も理不尽な労働条件も一旦リセットして、今の悩みを一気に解決することができます。

自分の健康のためには、そうなる前に思い切って転職して新しい環境に身を置くことが最善の策かもしれません。

快適に仕事ができる職場を見つけたいものです。

仕事に行きたくないなら転職を検討

今の職場が嫌なら転職を検討するのもひとつの手です。しかし、新しい環境を求めて転職を検討することは賢明ですが、いい結果に結びつくとも限りません。

心機一転、快適に仕事ができる職場を見つけたい人のために、転職を成功させるために抑えたいポイントを紹介します。

志望動機は相手企業の立場になって考える

仮に職場に不満があって転職するとしても、面接で話す志望動機が前職の愚痴になってしまわないように注意しましょう。

 面接の場では、前職の悪いことを話すよりも、志望先のどこに魅力を感じたのかを中心に話した方がいいでしょう。

採用担当者としても、愚痴ばかり話す人の印象は良くありません。志望動機は前向きな言い回しを心がけましょう。

自分が採用担当者になったつもりで、どんな志望動機なら魅力的に感じるか考えみてください。

志望先の企業の選定は慎重に行う

例えば、残業時間の長さに不満を持って転職したのに、次の会社でも残業に追われることになってしまっては転職した意味がありません。

 志望する企業は、求人広告の情報だけでなく、口コミや会社OBなど第三者の意見を取り入れて選ぶようにしましょう。

求人広告は会社内部で作られているものなので、基本的に自社の悪い部分は見えないようになっています。何も知らないまま入社して、ミスマッチをおこさないように情報収集は大切です。

転職先で現職と同じような目に遭わないように、企業の選定には細心の注意を払う必要があります。

内定が出るまで退職しない

貯蓄がある場合や家族の援助を受けられる場合を除いて、志望先の内定が出るまで退職することはなるべく避けましょう。

志望先の企業からなかなか採用がもらえない場合、転職活動が当初の目論みよりも長期化する可能性があります。

 履歴書の空白期間が長くなればなるほど、転職に不利になる傾向です。

現職に勤めながらの転職活動はスケジュール的に厳しい場合もありますが、必要に応じて有給を利用する等上手く両立させましょう。

転職を焦ってもいい結果は得られませんよ。

おすすめ転職エージェント

これ以上現状で悩まないために転職を検討している人を強力にサポートしてくれるのが転職エージェントです。

以下におすすめの転職エージェントををまとめてみましたので、ぜひ参考にして下さい。

リクルートエージェント

リクルートエージェントのおすすめポイント
  • 転職支援実績No.1を誇る
  • 取り扱う業界・業種が多く、豊富な選択肢から求人を探せる。
  • 都市部だけでなく地方求人も多く取り扱っていて、利用する人を選ばない。

リクルートエージェントは国内大手の総合型転職エージェントで、現在約30万件以上の求人を保有しています。

数々の転職希望者をサポートしてきた実績があるので、各企業の採用傾向や面接内容のデータが充実していて、そのデータを活用した対策アドバイスが的確だと評価が高いです。

日本全国の多種多様な業種の求人を扱いながら、料金は無料なので、誰でも気軽に利用することができます。

まず利用するなら求人の数で選んでみましょう。
公開求人数※2021/9現在 約130,000件
非公開求人数 約188,000件
利用可能エリア 全国
利用料金 無料

出典:https://www.r-agent.com/

公式サイトから引用

doda

doda

dodaのおすすめポイント
  • 大手の転職エージェントで、求人数が豊富
  • キャリアアドバイザーが個別についてサポートしてくれる。
  • IT業界の転職に最適

dodaはリクルートに次ぐ求人数を持つ大手転職エージェントです。大手企業だけでなく、中小企業も質の高い求人が揃っています。

アドバイザーの対応が手厚いと評判で、書類作成や面接対策のサポートはもちろん、転職活動時のわからないことに的確なアドバイスを貰えます。

IT系の求人が特に豊富なので、SE(システムエンジニア)やプログラマーなどに転職を考えている人は登録しておいて損はないでしょう。

スカウト機能を使って企業から直接オファーも受けられます。
公開求人数※2021/9現在 約97,000件
非公開求人数 非公開
利用可能エリア 全国
利用料金 無料

出典:https://www.doda.jp/

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントのおすすめポイント
  • 20代の転職に心強い転職エージェント。
  • 若者にターゲットを絞っている分、他のエージェントと比べて対応がきめ細やか。
  • 大手企業の豊富な実績と情報量

マイナビエージェントは20代の若者に人気が高い転職エージェントで、20代が信頼している転職エージェントNo.1を獲得しています。

第二新卒や既卒のための求人を豊富に取り扱っているので、初めて転職を考えている人も安心して利用できます。

20代の転職市場や若者に人気の企業の情報量が豊富で、利用者をある程度限定している分、アドバイザーのサポートが手厚いことが人気です。

未経験求人も多く取り扱っています。
公開求人数※2021/9現在 約29,000件
非公開求人数 非公開
利用可能エリア 全国
利用料金 無料

出典:https://www.mynavi-agent.jp/
公式サイトより

まとめ

仕事で高いパフォーマンスを保つには精神的に安定していることが重要です。仕事に行きたくないと感じたら、まずは自分の気持ちに正直に向き合いましょう。

心の余裕を失っているのか、もしくは会社に対して不満があるのか見極めることが大切です。この記事を読んで、仕事に行きたくない理由が分かったら、ゆっくりで良いので解決策に目を向けてみてください。

転職したり第三者に相談したり具体的な行動に移して、快適に仕事できる環境を整えましょう。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事