20代の平均年収はどのくらい?男女別や企業別のカテゴリに分けて調査

「20代の平均年収はどのくらいなの?」「同世代の人たちはどのくらい稼いでいるの?」と一度は考えたことがありませんか?早い人では20代で管理職になる人もいる中、自分と同世代の人たちがどれくらい稼いでいるのか気になる方も多いでしょう。

そこでこの記事では、20代の平均年収についてまとめていきます。また、20代で年収に差が出る理由、20代でも高収入が狙える業種についても掘り下げて解説しています。

性別や業種の種類、雇用形態など様々なカテゴリに分けて平均年収をまとめていくので、ぜひ参考にしてみてください。

20代の平均年収はどのくらい?

たくさんのお金

20代の平均年収ですがすべてのカテゴリを合わせて見てみると、20〜24歳が約264万円25〜29歳が約369万円となっています。

※民間給与実態統計調査より

同じ20代でも、前半と後半で大きく年収に差があることがわかりますね。20代前半は入社したてなのでまだ給料が低い傾向にあります。

20代後半になると仕事にも慣れてきて、いろいろなスキルを身に付けることも多いでしょう。スキルや実績に基づいて給料がアップしていくので、20代の前半後半でもこれだけの差が出るのかもしれません。

以下では性別や業種などのカテゴリに分けて、詳しく20代の平均年収を見ていきましょう。

男女別の20代の平均年収

たくさんのお札

まずは男女別に分けて20代の平均年収をまとめました。

20代前半 20代後半
男性 278万円 403万円
女性 248万円 328万円

※国税庁「民間給与実態統計調査」より

表を見てわかるように、男性と女性で年収に大きな差があることがわかりますね。入社したての20代前半の時点でも、約30万円もの差があります。20代後半になるとなんと20代前半の倍以上の約70万円の差があることが分かります。

20代後半でこれだけの差が出るのは、結婚や妊娠をきっかけに仕事をやめたり、パートなどに切り替える人も増えるからでしょう。

会社の規模別の20代の平均年収

大企業

続いて会社の規模別の20代の平均年収をまとめます。

男性20代前半 男性20代後半 女性20代前半 女性20代後半
大企業 265.3万電気・ガス・水道、熱供給円 319.2万円 262万円 295.5万円
中小企業 246〜251万円 284.4〜291.6万円 234.3〜246.9万円 256.6〜275.4万円

※厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査結果の概況」より

企業の規模別の20代の平均年収を見てみると、やはり大企業が男女ともに多いことがわかりました。

女性の年収の上昇率は緩やかな傾向にありますが、男性の年収の上昇率は貢献度によってもぐんと上がる場合があります。

業界の種類の20代の平均年収

会議

業界の種類によっても大きく年収は異なってきます。次に業界種類別の20代の平均年収をまとめていきます。

20代前半 20代後半
電気・ガス・水道、熱供給 411.3万円 513.7万円
建設業 341.5万円 413.7万円
製造業 321.8万円 401.2万円
金融・保険業 366.8万円 459.2万円
運送業 335.8万円 404.9万円
不動産業 257.8万円 419.5万円
卸売業 195.5万円 331.9万円
情報通信業 342.7万円 418.5万円
飲食サービス業 142.6万円 262.2万円
教育 288.5万円 379.2万円
医療・福祉 315.3万円 349.6万円

※国税庁「民間給与実態統計調査」より

業種別に見ていくと、ライフライン系の業種が1番年収が高いことがわかりました。次いで建設業運送業金融保険業などが高い傾向にあります。ただ、宿泊業や飲食サービス業、卸売業などは年収が低い傾向にありますね。

卸売業は20代後半になるとぐんと年収がアップしますが、宿泊業や飲食サービス業は20代後半になって年収がアップするといえども、他の企業よりも少ない傾向にあります。

雇用形態別の20代の平均年収

働く人

続いて雇用形態別の20代の平均月収をまとめていきます。

20代前半 20代後半
正社員 21.4万円 24.9万円
非正規社員 16.8万円 18万円

※厚生労働省「賃金構造基本統計調査」より

表を見てわかるように、やはり正社員でない場合は月収が低い傾向にあります。正社員ではボーナスがありますが、非正規雇用だとボーナスがありません。

ボーナスで年収も大きく変わってくるので、正社員と非正規雇用で言えば年収でも大きく差が出ることになります。

20代の年収に差が出る理由

相談する人

「なぜここまで年収に差が出るのだろう?」と疑問に感じたことはありませんか?およそ同じ時間働いているのに、年収に大きな差が出ると疑問を抱くのも仕方ありません。ここからは、20代の年収に差が出る理由について見ていきましょう。

大卒かそれ以外か

大卒

年収は学歴によっても大きく異なってきます。やはり1番高い給料をもらえるのは大学&大学院卒です。

 なんと20代前半の男性で大学&大学院卒と高卒で平均年収の差を調べてみると、30万円も差が出ることがわかりました。
 

※賃金構造基本統計調査の「学歴別に見た賃金」より

年収で30万円も差があるなんて大きいですよね。20代前半だと年収の差が30万円でおさまるかもしれませんが、年齢が上がるにつれて年収の差もどんどん大きくなっていきます。

大学や大学院を卒業した人は昇給率も高いですから、より年収に差が出てくるのかもしれません。

雇用形態によって変わる

転職活動をしてみるメリットの女性の画像

20代の年収は雇用形態によっても変わります。企業によっていろいろな雇用形態を用いているところがありますよね。正社員やパート、アルバイト、派遣などいろいろな雇用形態があります。

  雇用形態で年収を見てみると、やはり正社員が1番年収が高いです。正社員は賞与が付いていますし、その分どうしても練習に差が出るのでしょう。

企業によっては賞与が5ヶ月分以上つくところもあるので、一気に年収に差が出てきます。正社員は長く働き続けたり、スキルを身に付けたりすることで昇進も期待できます。昇進すればその分給与がアップしますし、年収もどんどん増えていくでしょう。

しかし、非正規雇用だとスキルを身につけても昇進できず、賃金があまり変わらないのが特徴です。

地域によって年収が大きく変わる

マップ ピン

地域によっても年収は大きく変わってきます。

 年収が多い傾向にある地域は東京都、神奈川県、愛媛県、大阪府の4都府県でした。その中でも1番高いのは東京都です。
 

東京都は家賃や物価などのコストが高いため、高めの給与水準になっている傾向があります。一方で、秋田県、青森県、山形県、宮崎県の4県は平均年収が低い傾向にある地域です。

 その中でも1番低いのは宮崎県でした。地方は生活コストが抑えられる場合が多いので、その分給与水準も低めになっているのかもしれません。

地域によって年収が大きく変わりますが、生活したり、貯蓄したりする分には、あまり大差はないといえます。

給与水準が高い地域でも物価が高ければその分出費もかさみますからね。給与が高いからといって必ずしも多く貯蓄できるわけではないのです。

20代で同世代より年収が低いと感じたら…

「自分は同世代よりも年収が低い…」と感じたら、行動することが大切です。早めに行動すれば20代の平均以上に年収を稼げる可能性も出てきますよ。

転職する

ビジネスマン

20代の平均年収もしくはそれ以上に稼ぎたいのであれば、転職を検討しましょう。

現在、自分に合った会社で働けていますか?自分にあるスキルを活かせていますか?自分の雰囲気に合わなかったり、スキルが活かせていなかったりするのであれば、転職した方が良いです。

 自分のスキルや得意なことを活かせる業種や会社に転職することで、会社から求められる人になります。会社から求められる人になれば昇給率も上がりますし、高い賞与も期待できるかもしれません。
 

転職するなら20代の今のうちです。歳を重ねるにつれ転職は難しくなってきますから、今のうちに行動しましょう。

転職する際は転職エージェントがおすすめです。自分の性格やスキルなどに合った求人を紹介してくれるので、スムーズに転職ができますよ。

もちろんサポート体制も整っていますし、給与で検索することもできるので、年収を上げたい方にはぴったりです。

昇進を狙う

働く人

昇進を狙うのも年収アップの1つです。20代で昇進を狙うのはまだ早いかもしれません。とはいえ、業績を重ねたり上からの評価を集めることで早いうちから昇進を狙うことも可能です。

人事評価で認められることで昇進しなくても給料アップの可能性はありますし、モチベーションもどんどん上がっていくでしょう。

副業する

筆記用具

年収は本業だけではなく、すべての収入を計算したものです。

もし、20代の平均年収以上に稼ぎたいのであれば、本業だけではなく副業もして稼ぐと良いでしょう。現代ではどんどん副業が認められてきています。

 いくつかの大企業でも副業を認めているところが増えてきたので、プライベートを収入アップの時間に充てることもできますよ。
 

副業といっても様々な種類があります。

違う業種でアルバイトするのも良いですし、自宅でできる簡単な副業をしてみるのも良いでしょう。

副業をする際の注意点

仕事に行きたくないは甘え?の男性の画像

副業する際は注意しなければいけないことがあります。それは副業がNGの場合はできないことです。最近では副業を許可している会社も増えてきましたが、やはりまだまだ認めていない企業が多いです。

 副業がNGなのに会社に黙って副収入を得ていると、バレたときに大変な目に遭ってしまうかもしれません。

あくまでも企業のルールに従うことが大切です。また、副業を許可している企業でも無理に働きすぎると体に悪影響が出る場合もあります。

20代は一番体力がある時期ではありますが、無理しないようにしましょう。

資格を取る

仕事に行きたくない時の乗り越え方10選のペンの画像

会社によっては特定の資格を取ることで給与が上乗せされるところもあります。いわゆる「資格手当」というものですね。月の上乗せ金額は少ないかもしれませんが、年に換算すれば大きな金額となります。

プライベートでまだ時間が余っているのであれば、資格取得の勉強時間に充てると良いでしょう。

残業する

働いている人

年収を引き上げる方法としては「残業」も考えられます。残業することで残業手当がもらえますから、定時後に仕事すればするほど給与が上乗せされます。ただ、企業によってはみなし残業代が設定されているところもあります。

 みなし残業代が設定されている企業だと、ある程度の残業分はすでに基本給の中に含まれているので、残業しても給料が増えない可能性があります。

また、残業は体を酷使することになるので健康に悪影響を及ぼす場合もあります。

残業手当がしっかり出る企業であれば稼げるかもしれませんが、無理は禁物ですよ。

投資する

投資

現代で注目を集めているのが「投資」です。投資は働かなくてもお金が入ってくるので、体への負担を少なく年収のアップが目指します。

ただ、投資は運試しでもあります。知識がある人でも投資に失敗するケースが多いですし、成功させるためにはある程度の損も覚悟しておいた方が良いでしょう。

まずは投資する前に、知識をつけることから始めることが大切です。

20代でも高収入を狙える業種はどれ?

「20代でも高収入を狙いたい」と意気込んでいる方も多いでしょう。年収が上がれば好きなことにお金を使えますし、やれることの幅も増えていきますよね。最後に20代でも高収入を狙える業種をご紹介します。

転職を考えている方は、ぜひ以下の業種に就いて年収をアップさせてみませんか?

総合商社

パソコンとメモ

1つ目は総合商社です。「商社ってどんな仕事をするの?」と気になっている方もいるでしょう。

 商社の仕事は輸出入貿易や国内の物資販売業務をメインとしています。
 

中でも高い年収を狙いたいなら、以下の5大商社をチェックしておいてください。

5大商社
  • 三菱商事
  • 三井物産
  • 伊藤忠商事
  • 住友商事
  • 丸紅

商社マンと言えば男性のイメージを強く持っている方も多いかもしれませんね。

現在では女性も多く商社ウーマンとして働いているので、語学力のスキルに自信を持っている方はぜひ転職を検討してみてはいかがでしょうか?

海外が好きな方にもおすすめです。海外に転勤する機会も多いので、いろいろな世界を知れるチャンスでもありますよ。

金融系

金融

2つ目は金融系です。金融系と言えど幅広い種類がありますが、中でも資金運用投資業務など専門職の年収が高い傾向にあります。

 金融系の職業につけば安定した年収を期待できます。ただ、専門職ではあるので各分野につき高い知識やスキルが求められます。

20代で活躍するとなるとたくさん勉強をしなければいけないので、ストレスを感じることもあるかもしれません。

金融系の業務はお金を扱う職種でもありますからね。どの職種にも言えることですが、金融系は特に信用問題が重要なポイントとなっていきます。

知識やスキルを身に付けるだけではなく、信用される人も目指さなければいけません。

マスコミ

相談する人

3つ目はマスコミです。意外だと思った方も多いかもしれませんが、マスコミも高い年収が期待できます。

マスコミにも幅広い業務があるのですが、高い年収を狙えるのがディレクターや記者です。実はマスコミのボーナスは金額が大きいことをご存知でしたか?月収で言えば他の高収入な職種と変わりないかもしれませんが、ボーナスが大きいので高い年収が期待できるのです。

 マスコミとして働くのであれば臨機応変な対応力が必要です。プライベートな時間を過ごしていても、急な案件が入ればすぐに現場に向かわなければいけないこともあります。

また、配属先によっては、雨や風がひどくても現場に向かわなければいけないので、体力も必要です。

マスコミにもいろいろな企業がありますが、大手新聞会社や有名なテレビ局を選んだ方が高い年収が期待できますよ。

営業

パソコンする人

最後は営業です。

 営業とは自社のサービスや商品を売り込む職種のことです。インセンティブがあるのでサービスや商品を売り込めば売り込むほど、月収がアップしていきます。
 

基本給とは別の報酬になるので、インセンティブがある営業職は成果に応じて年収が大きくアップすることになります。年代があまり関係ないので、営業職であれば努力次第で20代でも大きく年収をアップさせることもできるでしょう。

しかも、営業で働けばコミュニケーションの幅が広がるので、もし転職する際も役に立つことがあるかもしれません。

まとめ

今回はカテゴリ別に分けて20代の平均年収についてまとめていきました。性別や職種などによって、大きく平均収入に差があることがわかりましたね。

 今の自分の年収をアップさせたい方は、上記でご紹介した行動を起こしてみてください。行動を起こさなければ何も変わりません。
 

1番おすすめなのは自分のスキルを活かせる企業に転職をすることです。自分に合った企業に転職することでモチベーションも上がり、仕事に対する意欲も上がっていくでしょう。その結果年収アップにもつながっていくかもしれないのです。

「もっと稼ぎたい」と意欲がある方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事