pasona career

転職活動を行なっている方であれば、より早く転職を成功させるために転職サイトだけではなく、転職エージェントに登録を考えているケースが多いです。

その中でも、業界大手の「パソナキャリア」を登録候補にしている方もいるのではないでしょうか。

しかし「パソナキャリアってどんな人におすすめの転職エージェントなの?」「パソナキャリアに登録してから転職までの流れが知りたい」といった疑問が出てくるでしょう。

そこで本記事では、パソナキャリアの特徴や利用するメリット・デメリット、転職するまでの流れを解説します。

パソナキャリアとは

pasona career

パソナキャリアは、株式会社パソナが運営している転職エージェントです。

パソナは人材派遣業しか展開していませんでしたが、2007年にパソナキャリアアセットとパソナキャレントが合併したことで、パソナキャリアが生まれました。

 これまでに1万6,000社以上の企業と取引を行なっており、これまで人材派遣業をメインの業務としていたことから、25万人以上の転職をサポートしています。

パソナを利用している方の多くは、20代後半から30代前半です。また、会員登録に年齢制限は設けていませんので、転職を考えている方であれば誰でも利用できます。

パソナキャリア4つの特徴

パソナキャリアには大きく分けて、以下4つの特徴があります。

パソナキャリアの特徴
  • 非公開求人の割合が高い
  • 保有求人の質が高い
  • アドバイザーが親身になって対応してくれる
  • 女性に対するフォローが充実している

非公開求人の割合が高い

パソナキャリアは非公開求人が8割以上なため、他の転職エージェントよりも高い点が特徴です。

非公開求人とは、企業の公式サイトで人材を募集していない求人のことを指します。

他では取り扱っていない求人を多く取り揃えているので、他の転職エージェントにはない求人を探している方にとっては、非常におすすめと言えるでしょう。

また、常に4万件以上の求人を揃えているため、希望のジャンルから自分に合った求人を見つけることが可能です。

保有求人の質が高い

business

パソナキャリアは、非公開求人に限らず、取り扱っている求人の質が高い点も特徴です。

以前まで人材派遣会社として活動していたこともあり、パソナは様々な企業と繋がりが存在しています。そのため、非公開求人を手に入れることができ、パソナが厳選した求人を提供しています。

また、複数の業種を満遍なく取り揃えているため「転職したい業種が決まっていない」といった方でも、安心して転職先を探すことができるでしょう。

アドバイザーが親身になって対応してくれる

advise

パソナキャリアのアドバイザーは、親身になって求職者に対して様々な対応を行なってくれます。

 例えば、面接決定後の面接指導や職務経歴書の添削、入社後の悩み相談など、アドバイザーによる丁寧な対応が特徴です。

面接前の対応から入社後のアフターフォローまで充実していることから、安心して転職活動のサポートを受けられます。

また、転職活動中に起こりがちな悩みをまとめた「転職ガイド」も配布しているため、アドバイザーに相談できない時も、悩みを解決できるでしょう。

女性に対するフォローが充実している

business

パソナキャリアは、女性に対する転職活動のサポート、フォローが充実している点も特徴です。

 自社で「Woman Career」と呼ばれる女性専用の転職サイトを運営しており、女性の社会参画を推進しています。

実際にパソナキャリアの女性社員比率は高く、管理職も半数以上が女性社員です。

また、基本的に転職をサポートするアドバイザーは男女ランダムになりますが、希望すれば女性アドバイザーに変更してもらうこともできます。

そのため充実したフォローを受けながら、転職活動が可能でしょう。

パソナキャリアを利用するメリット3選

パソナキャリアを利用するメリットは、大きく分けて以下の3つです。

主なメリット
  • 店舗数が多い
  • 幅広い職種の求人を取り扱っている
  • スピード感のある転職活動に向いている

メリット1:店舗数が多い

パソナキャリアは、日本全国に100店舗以上拠点が存在しています。

自宅の近くに店舗がなければ、直接アドバイザーとコミュニケーションを取れません。しかし、パソナキャリアは都心以外にも店舗が存在していますので、直接アドバイザーに相談しやすいです。

店舗を構えている地域に特化した求人を取り扱っているため、店舗近くの求人を探している場合にも、メリットと言えるでしょう。

メリット2:幅広い職種の求人を取り扱っている

headhunter

パソナキャリアは、ベンチャー企業から医療関係、IT・外資系まで、幅広い職種の求人を取り扱っています。

例えば、営業職を希望していた場合でも、豊富な職種を確認して、ベンチャー企業に転職を挑戦できるでしょう。不安な部分があったとしても、専任のアドバイザーがサポートしてくれます。

このように、以前勤めていた業種とは別のジャンルに転職することが可能です。

メリット3:スピード感のある転職活動に向いている

パナキャリアは、アドバイザーからのレスポンスが比較的早いと言われています。

転職活動中は「できるだけ早く転職を済ませてしまいたい」と考えているケースが多いです。そのため、アドバイザーからの転職先紹介が遅い場合や質問の返答が遅いと、思うように転職活動が進みません。

 しかし、パソナキャリアは求職者から連絡に対してのレスポンスが早く、スピード感のある転職活動が可能です。

出来るだけ早く転職したい場合には、おすすめと言えるでしょう。

パソナキャリアを利用するデメリット3選

demerit

パソナキャリアを利用するデメリットは、大きく分けて以下の3つです。

3つのデメリット
  • 一都三県を中心とした求人が多い
  • 専門性の高い相談は難しい
  • 40代以上の求人数は比較的少ない少ない

デメリット1:大都市を中心とした求人が多い

パソナキャリアが取り扱っている求人は、東京や大阪などの大都市を中心としています。

 そのため、人口の少ない地域などは求人数が少ない・希望の職種を取り扱っていない可能性があります。

また、他の転職エージェントと比べて全体の求人数が少ない点も、デメリットと言えるでしょう。

しかし、他では取り扱っていない非公開求人が豊富に存在するため、質の高い求人を探している方にとってはおすすめです。

デメリット2:専門性の高い相談は難しい

advicer

パソナキャリアは、営業や事務、ベンチャー企業から医療業界まで、多種多様の求人を取り扱っています。

 ただし、アドバイザーは幅広い業種の知識は持ち合わせていますが、特定の分野に特化した専門性の高い相談は難しいでしょう。

例えば、IT業界の中でもSEとして働ける企業を探す際の注意点が知りたい、といった相談の場合、利用者が納得のいく回答を得られない場合があるかもしれません。

反対に転職したい業種が決まっていない方などは、アドバイザーから転職先を定めるヒントをもらうことができるでしょう。

特定の業種への転職を決めている場合は、パソナキャリアの利用は向いていない可能性が高いです。

デメリット3:40代以上の求人数は比較的少ない

パソナキャリアがメインで取り扱っている求人の平均採用年齢は、20代後半から30代後半です。

 若年層から初めての転職を考えている方をターゲットとしているため、40代以上の求人数は非公開求人を合わせても、比較的少ないと言えるでしょう。

また、40代以上の方が収入・待遇部分で満足のいく質の高い求人は絞られてきます。40代以上の方でパソナキャリアを利用しても、思うような求人に巡り会えない可能性が高いです。

ただし、パソナキャリアではハイクラス専用の転職サービスも展開しています。

年収1,000万円のハイクラス専門求人が揃っているため、40代以上の方で他にはない求人を探している場合は「パソナキャリアハイクラス」がおすすめです。

パソナキャリアの利用がおすすめの人

パソナキャリアの利用がおすすめの人は、大きく分けて以下2つです。

パソナキャリアがおすすめな人
  • 未経験の業種に転職を考えている人
  • 女性の転職に理解があるサポート受けたい人

未経験の業種に転職を考えている人

job

パソナキャリアでは、様々な業種の求人を取り扱っているため、未経験の業種に転職を考えている人におすすめです。

公開求人だけではなく、未公開求人もアドバイザーのサポートを受けながら紹介してもらえるため、未経験の方でも心配ありません。

 また、若年層をターゲットとした転職エージェントとなるため、初めての転職活動を行う方に特化したサービスも展開しています。

転職の際に必要になる職務経歴書や履歴書の作成から添削、「複数の選択肢の中からどの求人を選べばいいのかわからない」といった悩みをお持ちの方でも、職種に特化した面接対応のアドバイスまでフォローしてもらえます。

受けたい企業が決まった後は、アドバイザーが書類の提出や面接希望者の情報を企業に伝えてくれるため、自身で面接を希望するよりも好印象で面接に望めるでしょう。

さらに、内定が決まった後でもパソナキャリアに登録期間中であれば、内定後の不安要素や内定先企業の詳細な情報までアドバイザーに確認可能です。

そのため、初めての転職活動でもアドバイザーが丁寧なサポートを提供するため、安心して転職活動を行えるでしょう。

女性の転職に理解があるサポート受けたい人

job hunting

パソナキャリアを運営している株式会社パソナ自体が、女性の社会進出を応援していることもあり、アドバイザーは女性の転職に理解があるサポートを提供しています。

 アドバイザーの選定は、登録当初のヒアリングを考慮して紹介されるため「女性にアドバイスしてもらいたい」と考えている場合、女性アドバイザーにサポートしてもらえます。

もちろん男性の方でも、女性目線の転職サポートが希望であれば、女性アドバイザーにサポートを依頼可能です。

また、女性のキャリア形成に関する具体的なアドバイスを受けられるため、どんどんキャリアを積み上げていきたいと考えている女性の方にもおすすめです。

パソナキャリアを利用した転職までの流れ

パソナキャリアを利用した転職までに流れは、以下の通りです。

パソナキャリアの利用手順
  • 会員登録
  • アドバイザーとの面談
  • 求人への応募
  • 面接・内定

会員登録

まずは、パソナキャリアの公式サイトから会員登録を行いましょう。

サイトの申し込みフォームから氏名や生年月日、電話番号などの情報を登録した後、下記のような具体的な経歴を入力します。

入力する経歴(一例)
  • 最終学歴
  • 就業状態
  • 転職回数
  • 主な経験業種・職種
  • 希望勤務地
  • 希望年収

上記情報は今後も重要な部分となるため、必ず偽りなく入力するようにしましょう。

アドバイザーとの面談

talk

会員登録が完了した後は、アドバイザーとの面談を行います。

担当アドバイザーからメールか電話で面談の日程調整の連絡が来ますので、希望日程と面談方法を設定しましょう。

オフィスなどでの直接面談以外にも、時間がない場合は電話面談も対応しています。面談の流れは、以下の通りです。

面談の流れ
  • パソナキャリアのサービス説明
  • 登録者のキャリアに関するヒアリング
  • 実際の求人を紹介

初めての面談以降も気軽にアドバイザーへ連絡はできるため、履歴書や職務経歴書のチェックを行なってもらえます。

面談の際は、恥ずかしがらずに本当に希望する職種や不安を相談しておくと、納得して面接に望めます。

求人への応募

面談で希望する企業が決まった後は、実際に求人への応募を行います。

 希望した企業が利用者にマッチしているかは、アドバイザーが確認してくれるため安心です。

面接の日程などの詳細もアドバイザーから電話かメールで連絡が来ますので、不明点があれば都度アドバイザーに質問しておきましょう。

面接・内定

interview

希望企業との面接日程が決まった後は、実際に面接を行います。

面接対応が不安な場合は、アドバイザーが模擬面接や具体的なアドバイスを提供しているため、対策を行なった上で面接に臨めるでしょう。

また、面接終了後はアドバイザーから合否の連絡が来ますので、数日から2週間程度連絡を待ちます。

万が一、不合格になった場合でも気になる求人があれば、再度応募できますので、アドバイザーのサポートを受けながら挑戦しましょう。

まとめ

この記事では、パソナキャリアの特徴や利用するメリット・デメリット、転職するまでの流れを解説していきました。

パソナキャリアは、他の転職エージェントで取り扱っていない非公開求人を豊富に取り揃えており、アドバイザーの丁寧な対応が特徴です。

また、転職活動が未経験の場合でも、履歴書から職務経歴書の作成・模擬面接など、細かい部分もサポートしてくれます。

さらに、女性の転職活動にも理解があるため、キャリアを積んで社会進出を目指している女性の方にもおすすめです。

会員登録は数分で完了しますので、気になる方はパソナキャリアを利用して転職活動を初めてみてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事