新卒で辞めたい

新卒で入社したにもかかわらず、仕事を辞めたいと感じた経験がある人は少なくないでしょう。入社前と後のギャップに苦しみ、他の職に移るといった話は決して珍しくありません。

しかし、新卒として入社してから辞めるのは本当に良いかという疑問を抱くのも自然なことです。考えとして甘いのだろうか感じる人もいるでしょう。

そこで今回は、新卒で会社を辞めたいと感じる理由や辞めても良い事例などを解説します。また、新卒で会社を辞めたいと感じた時に、やるべき事を紹介します。

新卒だけど会社を辞めるか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

新卒で辞めたいと感じる3つの理由

仕事内容が自分に合っていない

新卒で入社すると、実際の仕事内容が内定前に伝えられた条件と違うというケースは少なくありません。業務が自分のレベルより高すぎる、または低すぎると辞めたいと感じることがあるでしょう。

また、新卒は希望通りの部署に配属されない場合もあります。部署異動までに数年かかる、あるいは一度配属された部署からの異動が難しい企業ではモチベーションのキープは難しいです。

ブランドや給与面だけでなく、入社前に配属先や仕事内容をしっかり確認することが重要です。

労働環境が良くない

辞めたくなる労働環境として、休日出勤・サービス残業・低所得などが挙げられます。特に新卒は業務を覚えるために残業が多くなる傾向にあり、その分時間に対する単価も低くなりがちです。

 時間の制限が多くなると、プライベートが削られストレスも増えるでしょう。ストレスを発散するためのお金も少ないと、楽しむ手段が限られるという負のスパイラルに陥ってしまいます。

給与と労働時間が割に合わない労働環境に対し、気持ち的・体力的に耐えられず退職を考える新卒は少なくありません。

人間関係が良くない

どれだけ仕事内容や労働環境が良い条件であっても、人間関係がイマイチでは働きづらく辛さを覚えます。人間関係は実際に現場で働かなければ把握しづらいため、入社してから悩む問題です。

また、新卒は社会経験が浅く、先輩や上司に対し意見がしづらい点も辞めたい一因になるでしょう。理不尽な要求や説教は、場合によってはハラスメントになると認識しておきましょう。

新卒で辞めたいと考えることは甘え?

新卒での退職は甘えに感じられ、なかなか退職に踏み切れない人も多いのではないでしょうか。結論から言うと、新卒での退職は必ずしも甘えではありません。

その理由は、病気で思うように働けない、労働環境が悪いなど、仕方がない状況もあるからです。しかし、以下のような自分本位での退職は甘えと捉えられる可能性もあります。

甘えと言われる主な理由
  • 体調管理ができず仕事に支障をきたしている
  • 仕事のミスや責任が怖い
  • 好きなことしかしたくない
  • コミュニケーションが面倒

労働環境が悪くないなかで、夜更かしなどが原因で体調管理ができず仕事を辞めたいと考えれば甘えだと捉えられる可能性があります。社会人として働く以上、最低限体調を整えることは大切です。

 仕事である以上ミスや責任は付き物で、それらを回避するための退職は適切ではありません。すぐに退職を検討せず、ミスの対処法や気持ちの切り替え方法を見つけましょう。

そして、仕事は自分の好きなことだけをやれば良いわけではありませんし、気の合う人とだけ一緒にできるものでもありません。

特に新卒は、スキルやコミュニケーション能力が身に付いていないが故に、思い通りの労働環境ではないと感じる傾向にあります。

ハラスメントの無い環境や法定以内の環境であれば、適合するように努力することも時に必要です。

新卒で辞めても良い3つのケース

パワハラ・セクハラ被害を受けている

新卒に対して、先輩や上司がアドバイスや指導をすることは当然です。しかし、指導がパワハラ・セクハラに該当するレベルであれば退職を検討するべきと言えます。

 例えば、業務とは関係ないことでの人格否定や性的な嫌がらなどは、ハラスメントであり指導ではありません。

新卒はこれらの見極めが難しいかもしれません。しかし、我慢していると鬱などに罹患するリスクがあります。

長期的な治療を要する病気になってしまうと、社会復帰までに時間がかかる可能性が高くなるため要注意です。

ハラスメントを受けている場合、転職活動や退職手続きができる気力が残っているうちに行動を起こすべきです。

法定以上の労働環境

新卒は仕事を覚えるために労働時間が長くなる傾向にありますが、一般的な企業は法定以内の範囲に収めます。

法定以上の労働を強いる会社はブラックの可能性が高いため、新卒でも辞めて良いと言えるでしょう。

 他にも、残業代が全額支払われない・サービス出勤を強要される・有休を取得させてもらえないなどもブラック企業の特徴です。

このような環境ではお金や時間を無駄にするだけでなく、成長するチャンスも失われてしまいます。会社の体制がおかしいと感じた際は、心身に支障をきたす前に退職を検討しましょう。

会社の経営状況が良くない

会社の経営状況が良くないということは、自分の給与に影響を及ぼす可能性が非常に高いです。諸手当や残業代が支払われないだけでなく、最悪の場合は給料未払いもあり得ます。

 入社前に倒産リスクを調べて内定を断れる場合もありますが、入社後に突如状況が悪化する可能性はゼロではありません。

せっかく働いたにもかかわらずお金を稼げないような状況を回避するためにも、会社の経営状況が良くない場合は早めに転職を検討しましょう。

新卒で辞めたい!と感じた時にやるべき事

努力で解決できる理由か、はたまた自分ではどうしようもない外的要因か、辞めたい理由を整理できていない可能性が高いです。状況を整理するために、辞めたい理由と解決法を書き出してみましょう。

 パワハラ・セクハラ・労働環境の悪さなどの理由であれば、退職を検討するべきです。退職する場合は転職の目的をはっきりさせ、働き続けられる企業探しが重要になります。

万が一退職を検討する場合、退職届を一度書いておくこともおすすめです。退職届は退職の意思を伝えるうえで有効な手段であり、気持ちを整理するためにも役立つでしょう。

また、信頼できる先輩に相談することも有効な手段です。話を聞いてもらうことで有益なアドバイスをもらえるだけでなく、ストレス解消にも繋がります。

新卒で会社を辞めるなら退職代行サービスがおすすめ

自分本位あるいは環境の問題などにかかわらず、新卒で退職を申し出ることは簡単ではありません。自分で処理できない場合、退職代行サービスへの依頼は一つの手段です。

退職代行サービスは、その名の通り自分の代わりに退職手続きをしてくれるため、新卒の利用者は少なくありません。LINEや電話で気軽に相談でき、即日対応してくれるサービスもあります。

 原則として、依頼理由に制限が無い点もメリットです。今の仕事が向いていない・退職理由が自分本位・何となく退職したいなど、さまざまなケースにて利用できます。

また、現在自分で退職の意を伝えているにもかかわらず、受け入れてもらえない人にとっても退職代行サービスの利用はおすすめです。サービスの利用で、即退職が受け入れられたケースもあります。

さらに、退職代行サービスの利用履歴は基本的に第三者に漏れることはないため、転職先でもバレる心配は無いです。

入社面接での受け答えについてのアドバイスをくれるサービスもあるため、転職経験が無に等しい新卒にとっては大変心強いです。

今の企業で思うように働けず大変な思いをしているのであれば、退職代行サービスを検討しても良いでしょう。

おすすめ退職代行サービス3選

転職代行ガーディアン

退職代行ガーディアン

おすすめポイント 増やす
  • 合同労働組合が運営しており、安心・確実に退職できる
  • 相談即日から出社の必要無し
  • 365日対応している
  • 雇用形態・地域・年齢などにかかわらず料金は一律で追加無し
  • 東京都労働委員会に認証されている

退職代行サービスには大きく分けて民間サービスと合同労働組合が運営しているものがあります。前者は違法な手段や料金を用いているケースもありますが、後者は安全で確実な方法です。

転職代行ガーディアンは東京都労働委員会に認証されており、円満退社をモットーとしています。

また、相談した当日から出社の必要が無く、就業規則は関係ありません。明日から出社したくない人は、ぜひ相談してみましょう。

 場合によっては休日や深夜でも対応してもらえるため、直近の月曜日から出社しなくていい可能性もあります。

そして、気になる料金は一律29,800円(税込)です。この金額は雇用形態や地域、年齢などに関係しません。

さらに連絡する回数や時間帯もコストに関係しないため、なかなか会社が受け入れず退職手続きが難航した場合でも心配ありません。

追加料金も発生しないため、コストを抑えて確実に退職したい人にもおすすめです。
種類 労働組合
料金 一律29,800円
対応時間 24時間
相談方法 LINE・電話

出典:退職代行ガーディアン公式サイト

退職代行Jobs

退職代行Jobs

おすすめポイント
  • 弁護士監修で信頼度が高い上にコスパも良い
  • 24時間受付可能で手続きは最短30分
  • 分かりやすい一律の料金体系
  • 退職後の転職フォローも実施している
  • 退職できなければ全額返金保証付き

退職代行Jobsは、労働組合と弁護士がタッグを組んで運営しています。法的な知識が豊富であると同時に弁護士法に違反する心配もなく、安心して利用できるサービスと言えるでしょう。

原則として穏便な円満退職を前提としているため、会社といざこざを起こさず辞めたい人におすすめです。

仮に会社が退職を認めない場合、労働組合にバトンタッチして対応するという2ステップの体制をとっています。

 退職希望者だけでなく会社からの目線を踏まえている点も安心材料の一つでしょう。弁護士監修ですが、費用は27,000円(税込)とお手頃です。

また、受付は24時間対応で、LINEやメールで気軽に相談できます。手続きは最短30分で完了するため、忙しく時間が無いという人でもスキマ時間などで利用できるでしょう。

そして、退職代行Jobsは万が一退職できなければ全額返金保証が付いています。

「せっかくコストをかけても退職できなければどうしよう」と考えている人でも心配いりません。
種類 一般企業(労働組合と連携)
料金

シンプルプラン:27,000円

安心パックプラン:29,000円

※退職代行(27,000円)+労働組合(2,000円)

労働組合加入費:4,000円

※新規加入金(2,000円)+組合費(2,000円)

対応時間 24時間
相談方法 LINE・電話

出典:退職代行Jobs公式サイト

辞めるんです

辞めるんです

おすすめポイント
  • 有給を消化してから退職できるサポートがある
  • 後払いサービスを用意している
  • 退職率100%の実績
  • 費用は27,000円(税込)で定額制
  • 24時間365日LINEで受け付け可能

辞めるんですは弁護士監修の退職代行サービスであるため、合法で穏便な退職を求める人におすすめです。

有給を消化してから退職するようサポートしているため、次の就職や転職活動までゆっくり過ごしたい人にもってもメリットがあるでしょう。

 費用は一律27,000円(税込)で、定額制という特徴があります。相談回数無制限、電話回数無制限などの特典が付いていますが、追加料金は発生しません。

コストを気にせず何度もサポートを受けたい場合、ぜひ辞めるんですをチェックしてみてください。

また、辞めるんですは相談が24時間365日可能なため、忙しくてなかなか時間の確保が難しい人でも利用しやすいです。

相談手段はLINE・問い合わせフォームがあり、移動時間やスキマ時間を活用できます。

電話では何を話せば良いかわからない場合、まずはLINEや問い合わせフォームから気軽に相談してみましょう。
種類 一般企業
料金 一律27,000円
対応時間 24時間
相談方法 LINE・電話・メール

出典:辞めるんです公式サイト

まとめ

この記事では、新卒で会社を辞めたい理由や辞めても良い事例、起こすべき行動などを解説し、退職代行サービス5選も紹介しました。

仕事内容が合っていない、労働環境が良くないなどは、新卒の人が辞めたいと感じる主な理由です。自分本位な考えは甘えと捉えられかねませんが、辞めても良い事例はあります。

例えば、パワハラやセクハラ被害・法定以上の労働環境・会社の経営状況が良くないなどは、辞めざるを得ない理由と言って差し支えないでしょう。

退職願を書く、信頼できる先輩に相談するとともに、退職代行サービスの利用を検討してみてください。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事