平均年収が高い職業ランキングを紹介!年収アップの方法も解説

生活するうえでお金は必要なため、人は働き稼ぎます。せっかく働くのであれば、余裕のある暮らしが送れるよう、家族をしっかりと支えれるよう高収入な職業に就きたいと考えることは自然です。

そこで今回は、平均年収が高い職業10選を紹介し、金額を比較したランキングを発表します。また、年収アップの方法についても解説するため、ぜひ参考にしてみてください。

平均年収が高いと判断できるラインについても解説するため、ぜひチェックしておきましょう。

平均年収が高いと判断できるラインとは?

平均年収が高いか否かを判断するにあたって、日本国民の平均と比較することは一つと言えます。国民平均より上か下かによって、自分の位置を知ることが可能です。

 国税庁の公式ホームページでは、男性567万円・女性280万円で、全体平均が461万円と発表されています。

事業規模別・企業規模別・個人事業主でも収入状況は異なります。以下表にまとめているため、チェックしておいてください。

分類 男性・女性 全体平均
事業規模別

従事員10人未満:
男性451万円・女性247万円

従事員5,000人以上:
男性756万円・女性247万円

従事員10人未満:
355万円

従事員5,000人以上:
606万円

企業規模別

資本金2,000万円未満:
男性493万円・女性257万円

資本金10億円以上:
男性731万円・女性321万円

資本金2,000万円未満:
409万円

資本金10億円以上:
629万円

個人事業主 男性346万円・女性236万円 274万円

事業規模別で見ると従事員が10人未満の事業所では男性451万円・女性247万円の全体平均355万円です。

従事員5,000人以上の事業所においては、男性756万円・女性247万円の全体平均606万円となります。

企業別では、資本金2,000万円未満の株式会社で、男性493万円・女性257万円で全体平均が409万円です。資本金10億円以上の株式会社は男性731万円・女性321万円の全体平均629万円となります。

 個人事業主の場合は、男性346万円・女性236万円の、全体平均が274万円です。

あくまで一つの目安にはなりますが、国民平均より高ければそれなりに稼げていると考えて良いかもしれません。

出典:国税庁ホームページ

平均年収が高い職業10選

ここからは、平均年収が高い職業を10選ピックアップしていきます。ぜひ、職業選びの参考にしてみてください。

医師

医師の平均年収は、約1,713万円となります。2,000万円に迫る勢いであり、高年収を獲得できる職種です。

命を扱う仕事なため、かなりの重圧がかかる仕事ではありますが、安定した暮らしを送れるだけの収入を得られます。

なお、開業医になるとさらなる高年収が期待できることから、後に自分で医院を開くべく奮闘している人も少なくありません。

出典:厚生労働省「賃金構造基本統計調査職種別賃金額」

大学教授

大学教授の平均年収は、約1,078万円となります。1,000万円超えと高年収を獲得できる職業であり、安定した生活が期待できます。

 研究者を目指す人にとっては憧れの職業といえるもので、給与以外に書籍の執筆や講演会などで収入が得られる可能性がある点も魅力です。

また、大学教授は定年後も他の大学で講師や教授として働く人が少なくありません。長きに渡って収入を得られることから、生涯年収は相当なものになるでしょう。

生徒とともに研究や授業をできる点は、未来を担う人の役に立てるためやりがいを感じられます。

出典:厚生労働省「賃金構造基本統計調査職種別賃金額」

金融係

金融系で言うと、投資銀行業務の平均年収は約903万円です。1,000万円には届かないものの、かなりの高年収が期待できます。なお、性別で見る平均年収は男性が979万円・女性が643万円です。

経験を積むことで年収1,000万円超えは十分狙える職業であるため、仕事への意欲も高まります。

出典:doda

商社マン

商社は高年収を獲得できることから、転職を希望する人は少なくありません。実力主義の社風となる企業が多く、若いうちから多くの収入を得ることが可能です。

例として三菱商事社員の平均年収を参考にすると、16,783,874円となります。企業により差はあるものの、日本の国民平均461万円を大きく上回る金額です。

 商社には、分野を問わず幅広いサービスを扱う総合商社と、特定の分野に絞られた専門商社があります。

それなりに社会経験が必要など転職をすることは簡単ではありませんが、安定した暮らしを送れるだけの収入が得られる点は大変魅力的です。

出典:三菱商事2020年度有価証券報告書
出典:国税庁ホームページ

パイロット

パイロットの平均年収は、約1,486万円です。1,000万円越えとなる高年収なだけでなく、子どもの頃から憧れの職業として夢抱いている人も少なくないでしょう。

 パイロットの仕事は、飛行機を操縦して安全に乗客を目的地に送り届けることです。簡単になれる職業ではありませんが、余裕のある暮らしを送れる年収を得られる点は魅力的です。

また、業務に必要な知識を有することに加えて、英語力も求められます。

国内の大手航空会社であるJALでは、英会話面接が実施されるなど求められるレベルの高さが伺えます。

出典:厚生労働省「賃金構造基本統計調査職種別賃金額」

弁護士

弁護士の平均年収は、約1,092万円です。1,000万円越えとなることから安定して稼げる職業と言えます。

弁護士資格を取得しなければ就けない仕事であるため、なかなか簡単ではありません。しかし、高年収である点から弁護士を目指す人は少なくないのです。

出典:厚生労働省「賃金構造基本統計調査職種別賃金額」

システムエンジニア(SE)

システムエンジニア(SE)の平均年収は、約524万円となります。日本の平均年収である461万円よりは高いため、高年収な仕事と言えるでしょう。

また、システムエンジニア(SE)はこれからのインターネット社会において非常にニーズの高い仕事と言えます。そのため、積極的に採用するため動いている企業は少なくありません。

 そのニーズの高さから、今後は平均年収アップの可能性が期待できるとも言えます。

システムエンジニア(SE)に必要な知識については、独学で学ぶことが可能です。

あるいは、プログラミングスクールに通う人もいます。

出典:厚生労働省「賃金構造基本統計調査職種別賃金額」

コンサルタント

コンサルタントの平均年収は約575万円です。日本の平均年収461万円を100万円近く上回っているため、高年収に分類される職業と言えます。

経験を積めばさらなる年収アップが十分狙える職業であり、なかにはコンサルタントとして独立・開業する人も少なくありません。

経験を積むことで、将来的に1,000万円近い年収を獲得できる可能性は十分にある業界です。

出典:doda

建築士

建築士の平均年収は約606万円となります。建築士は住宅やビルなど、幅広い建物を手掛けることから、やりがいを感じられる仕事です。

建築基準法に基づき、あらゆる建物の設計を行います。作成した設計図の通りに進むよう、現場で大工や左官などの人々と連携し指揮を取ることも重要な仕事です。

設計図を書くだけでなく、多くの人とのやり取りがあるためコミュニケーション能力が求められます。

出典:厚生労働省「賃金構造基本統計調査職種別賃金額」

薬剤師

薬剤師の平均年収は約495万円です。医薬品全般に対して幅広い知識を持つ薬の専門家で、薬局や医療機関にて勤務します。

高年収が獲得できるだけでなく、働く場所が多いことも人気の理由です。薬局・ドラッグストア・医療機関は街のいたるところにあるため、近所で勤務できる点はメリットと言えます。

出典:厚生労働省「賃金構造基本統計調査職種別賃金額」

年収が高い職業ランキング

この記事で紹介した職種のうち、平均年収が高いものを上位にしたランキングを発表します。

※2022年1月時点での平均年収をもとに作成しています。最新情報とは異なる可能性があります。

1位:医師:約1,713万円

医師の平均年収は約1,713万円です。医師は職業の中でも専門性がとても高く、また貴重な人命を扱う職業ということで高い年収が得られます。

ただし、勤務医と開業医では平均年収に大きな開きがあるため、高年収を目指す場合は開業医を目指すことがおすすめです。

2位:商社マン:約1,600万円

商社マンは企業によりそれなりの差はありますが、5大商社のひとつである三菱商事では約1,600万円の平均年収を誇ります。

海外企業とのやり取りが多いため英語力が求められるなど、簡単に勤務できる企業ではありませんが、安定した暮らしを送れるだけの収入を得られる点は魅力的です。

3位:パイロット:約1,486万円

パイロットの平均年収は約1,486万円です。養成期間が長く、資格取得のため学校に通うことから高額な費用がかかります。

さらに、飛行機の墜落事故など命の危険が伴う職業ということもあり、特に高い年収が設定されていると言えるでしょう。

平均年収の高い職業に就くためのポイント

スキルを磨く

現在の仕事で年収アップを図りたい場合は、スキルを磨くことを考えましょう。

スキルには専門的な技能や知識に関するものと、会社での仕事を円滑に進めるためのコミュニケーションスキルやリーダーシップなど、対人関係や組織運営に関するものがあります。

今までの業務の延長線上にある自分の専門性を高めつつ対人関係スキルを磨いていくことで、昇進や昇給に繋がり年収アップも夢ではありません。

語学力を身に付ける

グローバル化が進むなかで、業種を問わず海外企業との取引をする日本の企業は増加傾向にあります。そのため、地方の中小企業でも英語ができるスタッフが求められているのです。

 中国・韓国・東南アジアとの取引も増えるなかで現地語ができるスタッフの需要も高まりつつあります。

語学に長けている人は企業が求める人材であることから、高年収となる可能性に期待できます。

TOEIC高得点や業界の専門英語を身に付ける、あるいは取引の多い国の言語を話せるようになることが年収アップに繋がるかもしれません。

TOEICで高いスコアを取得していると、転職時にもアピールしやすいですね。

資格を取得する

年収アップのために資格を取得する人もいます。年収アップをしやすい資格として、主に以下が挙げられるためチェックしておきましょう。

おすすめ資格
  • ファイナンシャルプランナー(FP)
  • 社会保険労務士
  • 中小企業診断士
  • 宅地建物取引士
  • 日商簿記
  • 税理士
  • 行政書士

上記はあくまで一例となるため、自分が進みたい業界でニーズのある資格を調べることをおすすめします。

資格取得はものによって決して簡単ではないため、勉強にはそれなりの時間と期間を要します。

時間を無駄にしないためにも、現在の仕事の延長線上にあり年収アップに繋がる資格にはどのようなものがあるか調べてみましょう。

副業をする

現在の仕事が終わった後、あるいは休日の空いている時間に内職をする、アルバイトをするなど副業をすることも収入を増やす手段としておすすめです。

最近では副業を認めている企業も少なくないため、コソコソ隠れることなく収入アップを図ることができます。

おすすめの副業
  • クラウドソーシング
  • 短期バイト
  • アフィリエイト
  • 投資
  • 動画編集

クラウドソーシングは企業からの案件を受けられるため、安定して稼げる点が特徴です。

ライティングやデータ入力など、自宅で取り組める仕事が多いため副業として大変おすすめの方法と言えます。

 自分でホームページを立ち上げて広告を貼り、タップ等によって報酬が発生するアフィリエイトもおすすめです。

慣れこそ必要ですが、株・FX・暗号資産などの投資を副業として取り組む人も少なくありません。

さまざまな副業があるため、ライフスタイルに合わせて取り組みやすくなっています。

転職をする

現在勤めている企業の年収に満足できていない場合は、転職することもおすすめの方法です。転職理由として、年収アップを掲げている人は少なくありません。

 転職する際は、キャリアアドバイザーから求人を紹介してもらえる転職エージェントの活用をおすすめします。

転職エージェントは無料で利用できるにも関わらず、希望に沿った求人を業界を熟知したキャリアアドバイザーから紹介してもらえます。

また、応募書類の添削や面接対策など、トータル的にバックアップしてくれるため大変心強いです。

転職エージェント独自に保有する非公開求人を紹介してもらえる場合もあるため、仕事の幅が広がるかもしれません。

【3分で分かる】年収を上げたいならまずは年収査定がおすすめ

年収を上げたい方は、まずは自分の適正年収がいくらなのか知る必要があります。適正年収を知ることで、今の年収が自分に適正なのか・それとも転職をするべきなのか判断がつくでしょう。

そこでおすすめなのが、dodaの年収査定サービスです。

doda 年収査定

dodaの年収査定のポイント
  • 無料で利用できる
  • かかる時間は3分
  • 186万人のデータから機械学習を使って高精度に算出される
  • 査定後、適正年収にあった求人をそのまま探せる

dodaの年収査定サービスでは、プロフィールと職務経歴を入力するだけで適正年収がわかります。

査定時間は、たったの3分。186万人のデータから適正年収を査定してくれるので、信憑性も高いでしょう。

年収査定をすると、下記のように適正年収が表示され、現在の年収からいくらアップした額が適正かも教えてくれます。

年収査定結果

その他、今後30年間の年収推移を表したグラフや、自分に近い経歴を持つ方の転職事例も閲覧可能です。

 適正年収を知ることで、今後の転職に活かせたり、思わぬ年収アップを実現することができるでしょう。

dodaは、転職サイト・エージェントとしてのサービスも展開しているため、査定後は自分の適正年収に合った求人を探すことが可能です。

なお、年収査定の利用には無料会員登録が必要です。

今の年収が低くて不満だけど、転職したら年収が上がるのかな…

年収アップを目指したいけど自分の適正年収はいくらだろう?

年収交渉をする際の参考に、自分の市場価値を知りたい!

上記のように悩んでいる方は、ぜひ無料の年収査定をしてみてください。

年収アップを目指す人におすすめの転職エージェント3選

迷ったらここ!無料登録のメリットが大きい転職エージェント

リクルートエージェント

RECRUIT AGENT LP

リクルートエージェントのおすすめポイント※1
  • 業界最大級の非公開求人数
  • 転職した方の6割以上が年収アップを実現※2
  • 転職支援実績No.1!転職した方は37万人以上
  • 平日夜間や土日でも相談OK・電話面談も可能
  • 転職のプロがマンツーマンでサポートしてくれる
  • 40年以上培ったどこよりも豊富な経験とノウハウがある

リクルートエージェントは、転職支援実績と求人数の多さが魅力の転職エージェントです。

これまでリクルートエージェントを利用して転職した方は、37万人以上。この支援実績は、数ある転職エージェントの中でもNo.1に輝いています。※1

多くの方がリクルートエージェントを通じて転職に成功している理由は、

  • 経験豊富なキャリアアドバイザーとの面談
  • 提出書類の添削
  • 面接対策
  • 企業側との条件交渉の代行

などと、利用は無料にも関わらずサポートが手厚いからです。

その上リクルートエージェントは、ネット上に公開されていない非公開求人を20万件以上保有しており、その中からあなたの強みや適性に合った求人を、無料で紹介してくれます。

紹介してくれる求人は未経験OKなものから上場企業のものまで、豊富に揃っているのが特徴です。

申し込み後の面談は、平日夜間や土日・電話でも可能。利用したら絶対に転職しなければいけないことはなく、なんとなく「転職したい」と漠然な希望だけで相談してみても問題ありません。

転職のプロに客観的にみてもらうことで、自分で気づけなかった自分のスキルや価値を見つけ出せるでしょう。

リクルートエージェントの年収アップ実績

リクルートエージェントを通じて年収アップを実現した方は、6割以上です(2011年度)

リクルートエージェント 転職者の年収増減

公開求人数 非公開求人数
15万3,162件 20万8,856件
ユーザー年齢層 対象エリア
20〜50代 全国

※1:公式サイトの文言によります。
※2:2011年度にリクルートエージェントを利用して転職した方のうち
出典:リクルートエージェント公式サイト

大手・優良企業に転職したい方におすすめ!

doda

doda LP

dodaのおすすめポイント
  • 求人サイト・エージェントサービス・スカウトサービスの3機能が1つに!
  • 転職者満足度No.1
  • 転職・求人情報量は国内最大級
  • 大手や優良企業の求人多数!口コミ掲載企業など特徴ごとに探せる
  • 【参加無料】オンラインの転職セミナーや個別相談会を実施中
  • 年収査定など診断・書類作成ツールが豊富

dodaは、転職満足度No.1のユーザー評価が高い無料転職サイトです。

転職サイトですが、自分のこだわり条件で求人を探せるだけではありません。
  • 各専門スタッフがあなたにぴったりの求人を紹介&転職までをサポートしてくれる国内最大級「エージェントサービス」
  • 効率的に転職を進めたい方向けに、企業から直接オファーがくる「スカウトサービス」

も展開しています。自分がどう転職活動を進めたいのかで、それに合ったサービスを選べるので、転職活動をスムーズに進められるでしょう。

dodaが保有する求人の特徴は、大手企業や優良企業の求人が多いこと。

 他にも、年収が高い未経験歓迎の企業、中途入社者がおすすめする企業、黒字経営の企業など、細かい条件で求人情報を閲覧できます。

スカウトサービスでは、書類選考をスキップした面接確約オファーが受け取れることも。オンライン転職カウンセリングを実施中なので、気になった方はぜひ利用してみて下さいね。

dodaの年収アップ実績

dodaを通じて転職をした方は、平均56.7万円年収がアップしています。最大アップ額は、440万円です。

doda 年代別の平均年収アップ率

※調査期間:2013年1月〜2014年6月にdodaエージェントサービスを利用して転職した方

公開求人数 非公開求人数
11万5,430件 未公開
ユーザー年齢層 対象エリア
20〜50代 全国

※公式サイトの文言によります。
出典:doda公式サイト

 

20代・はじめて転職をする方・第二新卒の若手社会人に人気

マイナビエージェント

mynavi-agent

マイナビエージェントのおすすめポイント
  • 20代の転職支援実績No.1
  • 第二新卒・はじめて転職をする若手社会人におすすめ
  • 無料の転職面談実施中!自宅にいながらWeb・電話・LINEでも転職相談OK
  • 幅広い業界・業種に太いパイプを持つマイナビ独占の求人あり
  • 各業界専任のプロによる徹底サポートを受けられる!女性向けサポートも
  • 他では知りえない人気企業の情報を得られる
  • 退職交渉のサポートあり

マイナビエージェントは、第二新卒やはじめて転職をする20代に人気な転職エージェントです。 

マイナビ看護師や薬剤師、マイナビ営業エージェントやITエージェントなど、各業種・業界ごとに特化した人材紹介サービスを展開するマイナビだからこそ、出会える求人があります

 在籍するキャリアアドバイザーは、全員様々な業界の転職市場に詳しいプロフェッショナルです。

キャリアアドバイザーによるサポートは利用回数・期間に制限なく受けられるため、自分が納得のいく転職活動ができるでしょう。

無料の転職面談に行くのが難しい場合は、電話やWeb・LINEでも対応してくれます。

マイナビエージェントは、女性の転職市場に精通したキャリアアドバイザーも在籍しているため、転職をしたい女性にもおすすめです。

マイナビエージェントの年収アップ実績

マイナビエージェントは、転職者の年収アップ実績が豊富です。おおよそ20%も年収がアップすることも。

マイナビエージェント 年収アップ早見表

年収交渉は、切り出すタイミングや希望金額の提示の仕方など、細かいところにも気を遣わなければいけません。

マイナビエージェントなら、これらの交渉を全てプロに任せることができますよ。
公開求人数 非公開求人数
詳細は公式サイト 未公開
ユーザー年齢層 対象エリア
20〜30代 全国

※掲載している求人数は、いずれも2022年1月4日時点の情報です。

よくある質問

年収アップを目指す人におすすめの転職エージェントは?
リクルートエージェント、doda、マイナビエージェントなどの大手転職エージェントがおすすめです。いずれも豊富な求人数を保有しており、希望に合った仕事を見つけやすいでしょう。無料で利用できるため、ぜひチェックしてみてください。
平均年収が高いと判断できるラインとは?
一つのラインとしては、日本国民の平均と比較することが挙げられます。国税庁の公式ホームページでは、男性567万円・女性280万円で、全体平均が461万円と発表されているため、上回っているか否かで判断してみてください。
平均年収が高い職業は?
医師・大学教授・パイロット・商社マン・弁護士などが挙げられます。平均年収で1,000万円を超える職業であるため、安定した暮らしが送れるレベルと言えるでしょう。
平均年収アップのために身に付けるべきスキルは?
会社での仕事を円滑に進めるためのコミュニケーションスキルやリーダーシップなど、対人関係や組織運営に関するものが挙げられます。そして、特にこれからの時代はグローバル化は進んでいることもあり、英語力は必須と言っても過言ではありません。
平均年収アップのために取得すべき資格は?
年収アップに繋がりやすい資格として、ファイナンシャルプランナー(FP)・社会保険労務士・中小企業診断士・宅地建物取引士・日商簿記・税理士・行政書士などが挙げられます。
平均年収アップのためにすべきおすすめの副業は?
クラウドソーシング・短期バイト・アフィリエイト・投資・動画編集などです。なかでもクラウドソーシングは企業案件を受けられるため、安定して稼げる点が魅力となります。また、ネット環境が整っていれば自宅やカフェなど、好きな場所で働ける点もメリットです。
転職する際のおすすめの方法は?
転職エージェントの活用がおすすめです。キャリアアドバイザーから仕事を紹介してもらえたり、応募書類の添削や面接対策が受けれたりと、全面的にバックアップしてもらえます。
平均年収アップは狙える企業の特徴は?
実力主義な社風となる企業はおすすめです。成果をあげればきちんと評価され、年収に反映されます。若いうちから高年収が期待できるため、やりがいにも繋がるでしょう。

まとめ

この記事では、平均年収が高い職業10選と金額を比較したランキングを発表し、年収アップの方法についても解説しました。

1,000万円超えとなる職業に就くことで、安定した生活を送れるレベルの収入が得られます。

メインの仕事だけではなかなか収入アップが図れない場合は、転職エージェントを活用し思い切って仕事を変えてみることも一つです。

転職エージェントではキャリアアドバイザーからのサポートを受けられるため、内定率アップが期待できます。

記事内では無料で利用できるおすすめの転職エージェントを紹介したため、ぜひ上手く活用しながら年収アップを目指してみてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事