年収500万の手取りはいくら?生活レベルやおすすめの仕事も調査!

毎月の生活費を計算するにあたって、手取り金額がいくらになるかを把握することは重要です。実際の生活に直結する金額になるため、転職等の際も強く意識すべき内容と言えます。

そこで今回は、年収500万の手取りはいくらになるかを調査します。また、生活レベルや、年収500万を目指せるおすすめの仕事も紹介するため、ぜひ参考にしてみてください。

年収500万の人ができること・できないこと、年収500万円を目指すための方法なども紹介します。

年収500万ボーナスなしで月の手取りはいくら?

年収500万円が総支給となる給与明細の額面とした場合、社会保険料や所得税など諸々を引くと、およそ400万円ほどが年間での手取りとなります。

 400万円を単純に12ヶ月で割ると、毎月の手取り金額はおよそ33万円といったところです。

ここで注意すべき点は、住民税や所得税などの税金関係は人によって異なることが挙げられます。つまり、多少の手取り金額には差が生まれてくるのです。

毎月の手取りおよそ33万円という金額は、あくまで一つの目安として捉えておいてください。

年収500万の生活レベルを調査

年収500万円の手取りは年間400万円ほどで、月換算すると約33万円となります。年収500万円で毎月の手取りが33万円という仮定のもと、生活レベルを調査します。

実家暮らしや一人暮らし、あるいは結婚生活などシチュエーション別に紹介するため、ぜひ参考にしてみてください。

実家暮らし

実家で暮らしている場合は、特別家賃等の支払いはないとはいえ、生活費として親にいくらか預ける人は少なくありません。

主な必要金額
  • 実家へ入れるお金:10万円
  • 携帯代:1万円
  • 交際費:3万円

年収500万円で毎月の手取りが約33万円となれば、それなりに社会人として稼いでいる人と想定できます。そのため、実家へ入れる金額は10万円と多めに想定してみましょう。

必要金額を合計すると14万円となるため、33万円と差し引きすると手元に残るのは19万円です。

19万円あれば貯金も十分可能なうえ、マイカーローンを組むことも可能なほど余裕があります。

一人暮らし

一人暮らしとなれば、実家と違い家賃の支払いや光熱費など、家にお金を預けるのとは訳が違ってきます。

なお、一般的に家賃は手取りの3分の1程度と言われているため、33万円の場合は約11万円です。それをもとに、必要な金額を見ていきましょう。

主な必要金額
  • 家賃:11万円
  • 食費:2万円
  • 光熱費:5千円
  • 通信費:5千円
  • 携帯代:1万円
  • 交際費:3万円

必要金額の合計は18万円となります。つまり、手取り33万円から差し引きすると手元に残る金額は15万円です。

一人暮らしでも15万円残れば、十分車を所持してローンを支払っていけるでしょう。また、将来のために貯金をすることも可能です。

夫婦2人暮らし

夫婦2人暮らしとなれば、一人暮らしのときと違い家もそれなりの広さになるため家賃も若干高くなると想定されます。また、食費も多くなるため出費は免れません。

将来の子どものために貯金を考える人も少なくないため、きちんと収支のバランスを整える必要があります。

主な必要金額
  • 家賃:12万円
  • 食費:3万円

  • 光熱費:1万円

  • 通信費:5千円

  • 携帯代:2万円

  • 交際費:6万円

食費や光熱費、さらには携帯代や交際費などは2人分となれば一人暮らしよりも当然多くなります。その結果、必要金額の合計は24万5千円です。

 手取り33万円から差し引きすると、手元に残る金額は8万5千円となります。ここから、5万円は貯金に回すことが可能なレベルです。

万が一の事態に備えてお金を残しておくためにも、交際費を2人で協力して削るなど、少しでも出費を抑える対策があれば生活にもゆとりが生まれてくるでしょう。

子育て世帯

子育て世帯の場合は、夫婦2人暮らしのときに加えて子どもの分もお金がかかってきます。今を生きることだけでなく先々を見据えてお金を残す必要があるため、贅沢はしてられません。

ここでは、幼児のいる家庭を想定して生活レベルのシミュレーションをしていきます。

主な必要金額
  • 家賃:13万円
  • 食費:4万円

  • 光熱費:2万円

  • 通信費:5千円

  • 携帯代:2万円

  • 交際費:4万円

  • おむつ代:1万円

食費は赤ちゃんのミルク代や離乳食の材料費などが必要となるため、夫婦2人暮らしのときよりも1万円アップしていきます。

なお、必要金額の合計は26万5千円です。手取り33万円から差し引きすると残りは6万5千円となります。

 子どもにお金がかかることを踏まえて、交際費も抑え目に設定しています。可能な限り出費を抑えることで、少しでも貯金に回せるお金を増やしましょう。

子どもがいると車を使う機会も増えてくるため、マイカーの購入を検討する人は少なくありません。手元に6万5千円を残せれば月々のローンを支払うことも可能です。

ローン審査が通りやすいよう、なるべく頭金を貯めておくことも重要になります。

年収500万の人ができること・できないことは?

国税庁が発表している日本の平均年収は461万円(※)です。つまり、年収500万円は日本国民の平均を上回る金額となります。

では、年収500万円の人ができること・できないことは何なのでしょうか。いくつか例を挙げて解説していきます。

※出典:国税庁ホームページ

貯金

年収500万円であれば、毎月の手取りは約33万円です。もちろん生活レベルによりますが、例えば一人暮らしの場合は十分貯金は可能と言えます。

 手取りの3分の1という家賃目安から考えると、33万円から11万円を引くとまず22万円が手元に残ります。そこから食費や光熱費等を引いたとしても15万円は残るでしょう。

つまり、10万円を貯金に回したとしても5万円は自由に使える分として余ってくるのです。

実家暮らしとなればさらに金銭面には余裕が生まれる可能性が高いため、貯金額として回せる分は多くなります。

仮に月5万円の貯金をしたとすると、年間で60万円貯められます。将来への備えとして十分な金額と言えるでしょう。

結婚

年収500万円があれば、結婚も十分可能です。夫婦2人での暮らしを想定した場合、手取り33万円で考えても贅沢をしなければ10万円弱は残せます。

 毎月家賃・食費・光熱費等で20万円ほど使ったとしても13万円は残るため、交際費等を減らせば十分な金額を貯金に回せます。

また、夫婦共働きの場合は2人の収入を合わせるとさらに余裕が生まれるため、貯金に回せる金額が増えるだけでなく毎月の生活レベルも上がる可能性が期待できるでしょう。

車の購入

マイカー購入も、年収500万円で手取り33万円があれば可能です。実家暮らしや一人暮らしであれば、十分ローン支払いに回すだけの余裕があります。

また、結婚をして夫婦2人暮らしであったとしても、毎月のローン返済額を多めに設定しなければ支払っていくことは可能です。

しかし、子育て世帯となれば月々にかかってくる費用も多くなるため、マイカーの購入は不可能ではありませんが決して余裕があるとも言えなくなります。

 毎月20万円後半くらいの出費となれば、手元に残る金額が5万円前後と考えられます。子どものために貯金することも踏まえるとローン支払いは難しいかもしれません。

家賃をできる限り安くする、食費・光熱費等を節約するなどで出費を減らすことにより、マイカー購入も現実味を帯びてきます。

家の購入

マイホームの購入は、年収500万円の人でも可能です。しかし、頭金が少なければローン審査に通らない可能性もゼロではありません。

例えば、マイホーム購入で子どももいると仮定した場合、毎月20万円後半は出費となるとします。手元に5万円前後が残ったとすると、毎月のローン支払いは非常に厳しいです。

 毎月の生活費から考えてローンを組むことは難しいと予想されるため、ローン審査に通りやすくするためにも頭金を多く用意しておくことは重要になります。

また、夫婦の収入を合算することで世帯収入が多くなるため、ローン審査においてプラス要素に働く可能性も期待できるでしょう。

低価格で購入できる住宅も増えてきているため、不動産業者に相談してみることをおすすめします。

子育て

子どもを育てるうえで、年収500万円で毎月の手取りが33万円あれば十分可能です。

もちろん収入に見合った家賃の家に住んでいない、出費が多いなどでは子育てに回すお金は少なくなるため、収支のバランスをきちんと考えて生活することは重要になります。

 総務省統計局の発表では、2人以上の世帯での支出は約27万円です。つまり、手取り33万円の場合は子育てに回すお金も十分あると考えられるでしょう。

あくまで一つの目安にしか過ぎませんが、ぜひ参考にしてみてください。

出典:総務省統計局家計調査報告

年収500万を目指せる仕事とは?

弁護士

求人ボックスによる弁護士の平均年収は、約594万円と発表されています。月給で換算すると50万円ほどとなるため、余裕のある暮らしが送れる金額と言えるでしょう。

また、年収幅では上限が1,143万円となることから、1,000万円超えも決して夢ではありません。

独立することで、さらに高年収を獲得できるチャンスがある職種と言えます。

出典:求人ボックス

営業マン

営業マンも年収500万円を目指せる仕事です。例えば日本が世界に誇る自動車メーカーであるトヨタで働く営業社員の平均年収は、openworkによると697万円となります。

 年収幅で言っても上限が1,300万円となるため、成果をあげることで十分500万円を上回ることが可能です。

日々の成果が給与に繋がりやすい職種であることから、高年収を獲得するために営業職にて汗をかく人は少なくありません。

出典:openwork

不動産関係

不動産関係の仕事も、年収500万円を目指せる職種と言えます。国内大手となる大和ハウスの平均年収は、有価証券報告書によると2021年3月31日現在で8,678,248円です。

年収500万円を大きく上回る金額であることから、十分余裕のある暮らしが送れる稼ぎがあると言えます。

出典:大和ハウス工業株式会社有価証券報告書

商社

商社は高年収で知られる職種であり、年収500万円を目指すことは十分可能です。

 国内有数の商社である伊藤忠商事の場合、有価証券報告書による平均年収は、2021年3月31日現在で16,278,110円となります。

平均年収1,000万円を優に超えていることから、随分と余裕のある暮らしが送れると言えるでしょう。

出典:伊藤忠商事株式会社有価証券報告書

コンサルタント

コンサルタントも、高年収を獲得できる仕事の一つです。求人ボックスによると、平均年収は約531万円となります。

月給に換算すると44万円となるため、必要以上の贅沢はできなくとも十分余裕のある暮らしが送れるレベルと言えるでしょう。

出典:求人ボックス

年収500万円を目指すための方法

スキルを身に付ける

スキルを身に付け昇給や昇進を目指すことは、年収500万円を目指すうえで必要です。

 スキルを身に付けることで、資格取得にも繋がります。企業によっては資格手当があり、給与アップが見込める場合もあるのです。

今の仕事で身に付けるべき能力は何かを調査し、企業への貢献度を高められるようスキルを磨きましょう。

副業をする

今では副業を認めている企業は少なくないため、年収500万円を目指すうえで有効な手段となります。

主な副業
  • クラウドソーシング
  • 短期バイト
  • アフィリエイト

今では出勤せず自宅で仕事に打ち込めるものが多くあるため、まずは検索することから始めてみましょう。

うまくいけば副業分で月に10万円近く稼ぐことも可能なため、本業の給与が少ないと悩んでいる人は要チェックです。

転職をする

今の職場で昇給が望めない場合は、思い切って転職することも年収500万を目指すうえで一つの手段となります。

 転職する際は転職エージェントの活用がおすすめです。キャリアアドバイザーによるアドバイスのもと、理想の転職を叶えやすくなります。

転職エージェントは基本的に無料で利用できるうえ、求人紹介・応募書類の添削・面接対策などサポートが非常に手厚いです。

【3分で分かる】年収を上げたいならまずは年収査定がおすすめ

年収を上げたい方は、まずは自分の適正年収がいくらなのか知る必要があります。適正年収を知ることで、今の年収が自分に適正なのか・それとも転職をするべきなのか判断がつくでしょう。

そこでおすすめなのが、dodaの年収査定サービスです。

doda 年収査定

dodaの年収査定のポイント
  • 無料で利用できる
  • かかる時間は3分
  • 186万人のデータから機械学習を使って高精度に算出される
  • 査定後、適正年収にあった求人をそのまま探せる

dodaの年収査定サービスでは、プロフィールと職務経歴を入力するだけで適正年収がわかります。

査定時間は、たったの3分。186万人のデータから適正年収を査定してくれるので、信憑性も高いでしょう。

年収査定をすると、下記のように適正年収が表示され、現在の年収からいくらアップした額が適正かも教えてくれます。

年収査定結果

その他、今後30年間の年収推移を表したグラフや、自分に近い経歴を持つ方の転職事例も閲覧可能です。

 適正年収を知ることで、今後の転職に活かせたり、思わぬ年収アップを実現することができるでしょう。

dodaは、転職サイト・エージェントとしてのサービスも展開しているため、査定後は自分の適正年収に合った求人を探すことが可能です。

なお、年収査定の利用には無料会員登録が必要です。

今の年収が低くて不満だけど、転職したら年収が上がるのかな…

年収アップを目指したいけど自分の適正年収はいくらだろう?

年収交渉をする際の参考に、自分の市場価値を知りたい!

上記のように悩んでいる方は、ぜひ無料の年収査定をしてみてください。

年収アップを目指す人におすすめの転職エージェント3選

迷ったらここ!無料登録のメリットが大きい転職エージェント

リクルートエージェント

RECRUIT AGENT LP

リクルートエージェントのおすすめポイント※1
  • 業界最大級の非公開求人数
  • 転職した方の6割以上が年収アップを実現※2
  • 転職支援実績No.1!転職した方は37万人以上
  • 平日夜間や土日でも相談OK・電話面談も可能
  • 転職のプロがマンツーマンでサポートしてくれる
  • 40年以上培ったどこよりも豊富な経験とノウハウがある

リクルートエージェントは、転職支援実績と求人数の多さが魅力の転職エージェントです。

これまでリクルートエージェントを利用して転職した方は、37万人以上。この支援実績は、数ある転職エージェントの中でもNo.1に輝いています。※1

多くの方がリクルートエージェントを通じて転職に成功している理由は、

  • 経験豊富なキャリアアドバイザーとの面談
  • 提出書類の添削
  • 面接対策
  • 企業側との条件交渉の代行

などと、利用は無料にも関わらずサポートが手厚いからです。

その上リクルートエージェントは、ネット上に公開されていない非公開求人を20万件以上保有しており、その中からあなたの強みや適性に合った求人を、無料で紹介してくれます。

紹介してくれる求人は未経験OKなものから上場企業のものまで、豊富に揃っているのが特徴です。

申し込み後の面談は、平日夜間や土日・電話でも可能。利用したら絶対に転職しなければいけないことはなく、なんとなく「転職したい」と漠然な希望だけで相談してみても問題ありません。

転職のプロに客観的にみてもらうことで、自分で気づけなかった自分のスキルや価値を見つけ出せるでしょう。

リクルートエージェントの年収アップ実績

リクルートエージェントを通じて年収アップを実現した方は、6割以上です(2011年度)

リクルートエージェント 転職者の年収増減

公開求人数 非公開求人数
15万3,162件 20万8,856件
ユーザー年齢層 対象エリア
20〜50代 全国

※1:公式サイトの文言によります。
※2:2011年度にリクルートエージェントを利用して転職した方のうち
出典:リクルートエージェント公式サイト

大手・優良企業に転職したい方におすすめ!

doda

doda LP

dodaのおすすめポイント
  • 求人サイト・エージェントサービス・スカウトサービスの3機能が1つに!
  • 転職者満足度No.1
  • 転職・求人情報量は国内最大級
  • 大手や優良企業の求人多数!口コミ掲載企業など特徴ごとに探せる
  • 【参加無料】オンラインの転職セミナーや個別相談会を実施中
  • 年収査定など診断・書類作成ツールが豊富

dodaは、転職満足度No.1のユーザー評価が高い無料転職サイトです。

転職サイトですが、自分のこだわり条件で求人を探せるだけではありません。
  • 各専門スタッフがあなたにぴったりの求人を紹介&転職までをサポートしてくれる国内最大級「エージェントサービス」
  • 効率的に転職を進めたい方向けに、企業から直接オファーがくる「スカウトサービス」

も展開しています。自分がどう転職活動を進めたいのかで、それに合ったサービスを選べるので、転職活動をスムーズに進められるでしょう。

dodaが保有する求人の特徴は、大手企業や優良企業の求人が多いこと。

 他にも、年収が高い未経験歓迎の企業、中途入社者がおすすめする企業、黒字経営の企業など、細かい条件で求人情報を閲覧できます。

スカウトサービスでは、書類選考をスキップした面接確約オファーが受け取れることも。オンライン転職カウンセリングを実施中なので、気になった方はぜひ利用してみて下さいね。

dodaの年収アップ実績

dodaを通じて転職をした方は、平均56.7万円年収がアップしています。最大アップ額は、440万円です。

doda 年代別の平均年収アップ率

※調査期間:2013年1月〜2014年6月にdodaエージェントサービスを利用して転職した方

公開求人数 非公開求人数
11万5,430件 未公開
ユーザー年齢層 対象エリア
20〜50代 全国

※公式サイトの文言によります。
出典:doda公式サイト

 

20代・はじめて転職をする方・第二新卒の若手社会人に人気

マイナビエージェント

mynavi-agent

マイナビエージェントのおすすめポイント
  • 20代の転職支援実績No.1
  • 第二新卒・はじめて転職をする若手社会人におすすめ
  • 無料の転職面談実施中!自宅にいながらWeb・電話・LINEでも転職相談OK
  • 幅広い業界・業種に太いパイプを持つマイナビ独占の求人あり
  • 各業界専任のプロによる徹底サポートを受けられる!女性向けサポートも
  • 他では知りえない人気企業の情報を得られる
  • 退職交渉のサポートあり

マイナビエージェントは、第二新卒やはじめて転職をする20代に人気な転職エージェントです。 

マイナビ看護師や薬剤師、マイナビ営業エージェントやITエージェントなど、各業種・業界ごとに特化した人材紹介サービスを展開するマイナビだからこそ、出会える求人があります

 在籍するキャリアアドバイザーは、全員様々な業界の転職市場に詳しいプロフェッショナルです。

キャリアアドバイザーによるサポートは利用回数・期間に制限なく受けられるため、自分が納得のいく転職活動ができるでしょう。

無料の転職面談に行くのが難しい場合は、電話やWeb・LINEでも対応してくれます。

マイナビエージェントは、女性の転職市場に精通したキャリアアドバイザーも在籍しているため、転職をしたい女性にもおすすめです。

マイナビエージェントの年収アップ実績

マイナビエージェントは、転職者の年収アップ実績が豊富です。おおよそ20%も年収がアップすることも。

マイナビエージェント 年収アップ早見表

年収交渉は、切り出すタイミングや希望金額の提示の仕方など、細かいところにも気を遣わなければいけません。

マイナビエージェントなら、これらの交渉を全てプロに任せることができますよ。
公開求人数 非公開求人数
3万3,329件 未公開
ユーザー年齢層 対象エリア
20〜30代 全国

※掲載している求人数は、いずれも2022年1月4日時点の情報です。

よくある質問

年収500万円の仕事に就くうえでおすすめの転職エージェントは?
大手転職エージェントである、リクルートエージェント・doda・マイナビエージェントなどは要チェックです。求人数が豊富なため、求める仕事に出会える可能性が高まります。また、在籍するキャリアアドバイザーも経験豊富なため、適切なアドバイスが期待できるでしょう。
転職エージェントを活用するメリットは?
自分の希望を伝えると、キャリアアドバイザーが求人を紹介してくれることが挙げられます。また、業界を知り尽くしていることから、内定獲得率を高めるための面接対策や書類添削など徹底したサポートを受けられる点もメリットです。
年収500万ボーナスなしで月の手取りはいくら?
年収500万円が総支給となる場合、社会保険料や所得税など諸々を引くと、およそ400万円ほどが年間での手取りとなります。そのため、12ヶ月で割るとだいたい月33万円といったところです。
年収500万の生活レベルは?
実家暮らし・一人暮らしでは、それなりに余裕のある暮らしが送れます。生活費や家賃などを含めたとしても、だいたい月に15万円前後は残せるでしょう。夫婦2人暮らしでも、贅沢をしなければ毎月貯金に回せるくらいは残せます。子育て世帯となれば子どもにかかるお金が多いほど余裕はなくなるため、決して贅沢はできません。共働きの場合は、夫婦の収入を合算するとそれなりに余裕が生まれます。
年収500万の人ができること・できないことは?
貯金・結婚・マイカー購入・マイホーム購入・子育てなどは、余程の無駄遣いをしない限り可能です。ただし、マイカー・マイホームについてはローン審査通過が難しい可能性が懸念されます。そのため、頭金をなるべく多く用意しておく、夫婦の収入を合算するなどの対策が必要です。
年収500万を目指せる仕事は?
弁護士・営業マン・不動産関係・商社・コンサルタントといった仕事は、高年収を獲得できるため年収500万円を目指せます。
年収500万円を目指すための方法は?
スキルを身に付けて昇給・昇進を目指す、副業をする、転職をするといった方法があります。今の勤務先で給与アップが見込めない場合は、思い切って転職を検討しましょう。その際は、キャリアアドバイザーからサポートを受けられる転職エージェントの活用がおすすめです。

まとめ

この記事では、年収500万の手取りはいくらになるかを調査し、生活レベルや年収500万を目指せるおすすめの仕事なども紹介しました。

年収500万円の月の手取りは、およそ33万円となります。暮らし方によっては贅沢できませんが、切り詰めて生活をしなければいけない程でもない稼ぎと言えるでしょう。

年収500万円、さらなる収入アップを目指す場合は、転職エージェントを活用して職を変えることも一つです。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事