年収400万円の手取りはいくら?生活レベルや収入アップの方法も解説

余裕のある暮らしを送るうえで、年収は意識すべきポイントとして外せません。いくら好きな職種や仕事内容とはいえ、年収が低いと日々の生活が圧迫するため考えモノです。

そして、年収だけでなく月の手取りがいくらになるかという点も、毎月どれだけのお金が使えるか把握するうえで重要となります。

そこで今回は、年収400万円ボーナスなしで、月の手取りはいくらになるか解説します。生活レベルも調査するため要チェックです。

年収400万円から手取りをアップさせる方法についても紹介するため、あわせてチェックしておきましょう。

年収400万円ボーナスなしで月の手取りはいくら?

結論から言うと、年収400万円ボーナスなしの手取りは約320万円で、一月あたりが約26.5万円になります。手取りとは、年収(額面)から社会保険料・所得税などを差し引いた残りの金額です。

 年収の約8割が手取りになると計算しておくと良いでしょう。ただし、結婚して扶養家族がいる場合は天引きされる税金が安くなり、手取りが多く残ります。

また、40歳になれば介護保険料が差し引かれるようになり、手取りが減ってしまうため認識しておきましょう。

年収400万円は世間的に高い?低い?

年収400万円は、世間的に見ると若干低いと言えます。その理由は、国税庁による発表で日本の平均年収が461万円とされているからです。

なお、男性で567万円・女性280万円となります。あくまで平均となるため一つの目安に過ぎないかもしれませんが、参考にしてみてください。

出典:国税庁ホームページ

年収400万円の生活レベル

それでは、実際に年収400万円ではどのような生活レベルになるのか世帯別に分けて解説していきます。

人により生活スタイルは異なるため一概には言えませんが、ぜひ目安として参考にしてみてください。

実家暮らし

実家暮らしの場合、賃貸物件とは異なり明確な家賃が決められていないという特徴があります。そのため、人によって家賃は0円~数万円までと幅広いです。

仮に5万円を家賃の代わりとして家族に渡した場合、手取り26.5万円の残りは21.5万円になります。一人暮らしや子育て世帯に比べ、自由に使えるお金はかなり多くあるでしょう。

また、食費に関しても家族にどれだけお金を渡すかによって異なります。0円~数万円の幅があるため、一概に食費がどのくらいかかるかは言えません。

 しかし、仮にランチ代を自分で支払い夕食は家で食べるとすると、月々の食費は2万円程度あれば十分と考えられます。

日頃の外食や間食にかけるお金も比較的余裕があり、生活レベルは高いと言えます。光熱費に関しても家賃や食費と同様に、金額はさまざまで0円~数万円の範囲となるケースが多いです。

一般的に実家暮らしの場合、家賃や食費というように明確な項目が存在せず、「5万を毎月家族に渡す」というように、まとまったお金を渡すケースが少なくありません。

光熱費もまとまって渡したお金の中に入っている場合、手取りの残金は自由に使えるということになります。そのため、手取り26.5万円は余裕のある生活レベルと言えるでしょう。

通信費に関してもそこまで高額ならないケースが多いと考えられるため、実家暮らしの場合は余裕を持った生活が送れるでしょう。

一人暮らし

一人暮らしの場合は、実家暮らしと違い家賃負担や食費などが大きくなる傾向にあります。シミュレーションとして、以下を参考にしてみてください。

シミュレーション例
  • 家賃:7.9万円
  • 食費:2万円
  • 光熱費:1万円
  • 通信費:1万円

家賃目安は手取りの3割程度と言われているため、26.5万円の場合は約7.9万円です。一人暮らしの場合は食費が3食すべて自己負担となるため、1ヶ月あたり2万円ほどと考えられます。

 1日当たりに換算すると1,300円程度となり、自炊や惣菜を織り交ぜながらやり繰りすれば外食をする余裕も生まれるでしょう。

一人暮らしの光熱費は、1万円前後が目安です。ただし、夏場に24時間クーラーをつけっぱなしにしている場合などは電気代だけで2万円~3万円になる可能性もあるため注意してください。

通信費に関して、プランの見直しでトータル1万円以内に抑えらえる可能性があります。通信費にはスマホ・Wi-Fiなどがあり、プランをワンランク落とすだけで数千円安くなるケースがあります。

夫婦2人暮らし

夫婦2人暮らしの場合、以下のようなシミュレーションとなるためチェックしておきましょう。

シミュレーション例
  • 家賃:8万円
  • 食費:4万円
  • 光熱費:1.5万円
  • 通信費:1.5万円

住むエリアによって家賃目安は変わってくるため一概には言えませんが、だいたい8万円と想定しておきます。食費は一人暮らしの倍はかかるとして約4万円です。

 光熱費・通信費を入れるとそれなりの出費となるため、贅沢のし過ぎには注意しなければいけません。

とはいえ、上記の合計が15万円となるため手取り26.5万円から考えると余裕がある生活を送れるレベルです。

子育て世帯

子育て世帯の場合、以下のようなシミュレーションになります。

シミュレーション例
  • 家賃:12万円
  • 食費:6万円
  • 光熱費:2万円
  • 通信費:3万円

子どももいると考えた場合、それなりの広さがある家に住む必要があります。そのため、家賃は一人暮らしや夫婦2人暮らしに比べて家賃は高くなるため負担も大きくなるでしょう。

 子どもの食費も含めるとそれなりにかかってくるため、光熱費や通信費などと合わせると全体的な出費は膨らみます。

上記の合計が23万円となるため、手取り26.5万円では若干余裕のない暮らしと言えます。

食費や家賃など、出費として大きい部分をいかに抑えられるかが重要です。

年収400万円で結婚は可能?

結論から言うと、年収400万円で結婚は十分可能です。都心などで家賃が高い家に住む、食費や交友費などで無駄な出費が多いなどに注意すれば、夫の手取り26.5万円でも暮らせるでしょう。

なお、子どもがいるとなればそれなりに出費が膨らむため、26.5万円では足りなくなる可能性もゼロではありません。その際は、配偶者の給与等の合算も要検討となります。

共働きをすることで生活に余裕を持てるほどの家計収入となるため、結婚生活もそれなりに安定すると考えられます。

年収400万円でマイカー・マイホーム購入は可能?

年収400万円で、マイカーやマイホームの購入は可能です。マイカーの場合、購入する車によりますが新車で高級車を選ぶことは難しいかもしれません。

車の購入予算は一般的に年収の半分と言われているため、だいたい200万円程度を目安に考えておきましょう。

なお、一括で購入できるほどの現金があれば問題ありませんが、分割で購入する際はローン金利なども含めて今後の支払い計画に注意しましょう。

 銀行などで組んだ場合1%程度の金利で済むことが多いですが、審査が厳しいためディーラーローン・車販売店の独自ローンなどの高い金利で組む可能性を考慮すべきです。

マイホームの場合も、まずはローン審査に通過することが重要になります。年収400万円に見合ったローン組みが必要となるため、高額な家の購入は難しいかもしれません。

また、ローン審査を通過する確率を少しでも上げるため、事前にある程度のお金を用意しておくことも必要となるでしょう。

一人分の収入では審査通過が苦しいと考えられる場合、配偶者との合算で審査に臨む方法もあります。

年収400万円で子育ては可能?

年収400万円で子育てをすることは不可能ではありませんが、余裕のある生活は難しいと考えられます。夫・専業主婦・子ども1人の場合、年収500万円あれば余裕は生まれるかもしれません。

年収400万円であれば、両親の援助や節約などで何とか生活が成り立つレベルになる可能性は否定できないのです。

 経済的にゆとりのある状態で子育てがしたい場合は、配偶者の年収が100万円程度でもあれば大きく変わってきます。

また、将来的に子どもが学校に通う年齢になった際、貯蓄がなければ突発的なまとまった出費に対応することが難しくなります

子どもがある程度成長しても不自由なく生活をするためには、より高年収が求められるでしょう。

夫婦それぞれが300万円~400万円ほどの年収となれば、経済的に問題なく過ごせると考えられます。

年収400万円の職業とは?

年収400万円に届く職業として、主に以下が挙げられます。

主な職業
  • 営業:495万円
  • 薬剤師:492万円
  • エンジニア:495万円

営業系・エンジニア・薬剤師といった職業は、年収400万円以上となり500万円にも届く勢いです。あくまで平均となるため目安ではありますが、ぜひ参考にしてみてください。

なお、営業職に関しては基本給だけでなくインセンティブ制を採択している企業が少なくないため、年収のふり幅も広い点が特徴です。成果をあげるほど高年収が見込めます。

出典:doda平均年収ランキング

年収400万円から手取りをアップさせる方法

昇進・昇給を目指す

今の環境を変えずに年収をアップを図るには、昇進や昇給を目指すことをおすすめします。昇進や昇給のメリットは、一度収入がアップすれば一定期間安定して増やせる点です。

 会社から評価をされると仕事に対しての熱意も増すと考えられるため、やりがいにも繋がります。

しかし、一方で昇進や昇給はチャンスが限られているうえ、必ず収入アップに繋がるとは限らないというデメリットもあります。

一般的に昇進や昇給のタイミングは年に1回~2回程度となるため、確実に収入アップを狙うにはコンスタントに成果を残す必要があるでしょう。

会社によって昇進や昇給の条件が細かく定められているケースが少なくないため、事前にしっかり制度をチェックすることも重要です。

副業をする

副業のメリットは、今の年収400万円はキープしておきながら別の収入源を作れるという点です。収入が手元に入るまでの期間も短くなるため、すぐにお金が欲しい人にも向いています。

最近では副業を認める企業も増加傾向にあります。店舗でのアルバイトや在宅ワークなど、副業の種類も豊富になってきており取り組みやすいでしょう。

おすすめの副業
  • クラウドソーシング
  • アフィリエイト
  • 短期バイト
  • 投資

クラウドソーシングは、企業案件を安定して受けられる可能性が高いためおすすめです。パソコンがありネット環境が整っていれば、自宅やカフェなど好きな場所で取り組める点も魅力です。

アフィリエイトに関しても、広告収入を得られることからうまくいけば月に10万円以上稼ぐことも夢ではありません。

 引っ越しやテレアポなどの短期バイト、株・FX・暗号資産といった投資も副業として挙げられます。

副業選びは自分のライフスタイルに合ったものを選び、無理なく本業と両立できるようにしましょう。

なお、副業はすべての企業で認められている訳ではありません。なかには禁止している企業もあり、仮に副業が発覚した場合は処罰対象になる可能性があります。

副業に取り組む場合は、事前に会社の規定について調査しておきましょう。

転職する

今の勤務先で年収アップが見込めない場合、転職をすることも有効な手段となります。転職エージェントを利用すると、希望に沿ったサポートを受けつつ理想の働き方が手に入るかもしれません。

主なサポート内容
  • 求人紹介
  • 応募書類の添削
  • 面接対策
  • 企業からのスカウトサービス
  • 転職イベント・フェアへの参加

転職エージェントには各業界の転職市場を熟知した「キャリアアドバイザー」が在籍しています。

キャリアアドバイザーは、応募書類の添削や面接対策などを実施し、内定を勝ち取れる可能性を上げるためサポートしてくれる頼りになる存在です。

 自分からアクションを起こすだけでなく、企業から面接確約のオファーといったスカウトを受けられる点も、転職エージェントの魅力となります。

ただし、いくら手厚くサポートをしてくれるとはいえ、内定を貰うための準備を整えておかなければ、いつまでも転職先が決まらない可能性はゼロではありません。

キャリアアドバイザー任せにするのではなく、転職に役立つ資格取得やスキルの整理など、自分自身でも内定を勝ち取るためにできる準備に取り組んでおきましょう。

企業理念や求める人材といった情報を収集することも、転職活動において重要です。

【3分で分かる】年収を上げたいならまずは年収査定がおすすめ

年収を上げたい方は、まずは自分の適正年収がいくらなのか知る必要があります。適正年収を知ることで、今の年収が自分に適正なのか・それとも転職をするべきなのか判断がつくでしょう。

そこでおすすめなのが、dodaの年収査定サービスです。

doda 年収査定

dodaの年収査定のポイント
  • 無料で利用できる
  • かかる時間は3分
  • 186万人のデータから機械学習を使って高精度に算出される
  • 査定後、適正年収にあった求人をそのまま探せる

dodaの年収査定サービスでは、プロフィールと職務経歴を入力するだけで適正年収がわかります。

査定時間は、たったの3分。186万人のデータから適正年収を査定してくれるので、信憑性も高いでしょう。

年収査定をすると、下記のように適正年収が表示され、現在の年収からいくらアップした額が適正かも教えてくれます。

年収査定結果

その他、今後30年間の年収推移を表したグラフや、自分に近い経歴を持つ方の転職事例も閲覧可能です。

 適正年収を知ることで、今後の転職に活かせたり、思わぬ年収アップを実現することができるでしょう。

dodaは、転職サイト・エージェントとしてのサービスも展開しているため、査定後は自分の適正年収に合った求人を探すことが可能です。

なお、年収査定の利用には無料会員登録が必要です。

今の年収が低くて不満だけど、転職したら年収が上がるのかな…

年収アップを目指したいけど自分の適正年収はいくらだろう?

年収交渉をする際の参考に、自分の市場価値を知りたい!

上記のように悩んでいる方は、ぜひ無料の年収査定をしてみてください。

年収アップを目指す人におすすめの転職エージェント3選

迷ったらここ!無料登録のメリットが大きい転職エージェント

リクルートエージェント

RECRUIT AGENT LP

リクルートエージェントのおすすめポイント※1
  • 業界最大級の非公開求人数
  • 転職した方の6割以上が年収アップを実現※2
  • 転職支援実績No.1!転職した方は37万人以上
  • 平日夜間や土日でも相談OK・電話面談も可能
  • 転職のプロがマンツーマンでサポートしてくれる
  • 40年以上培ったどこよりも豊富な経験とノウハウがある

リクルートエージェントは、転職支援実績と求人数の多さが魅力の転職エージェントです。

これまでリクルートエージェントを利用して転職した方は、37万人以上。この支援実績は、数ある転職エージェントの中でもNo.1に輝いています。※1

多くの方がリクルートエージェントを通じて転職に成功している理由は、

  • 経験豊富なキャリアアドバイザーとの面談
  • 提出書類の添削
  • 面接対策
  • 企業側との条件交渉の代行

などと、利用は無料にも関わらずサポートが手厚いからです。

その上リクルートエージェントは、ネット上に公開されていない非公開求人を20万件以上保有しており、その中からあなたの強みや適性に合った求人を、無料で紹介してくれます。

紹介してくれる求人は未経験OKなものから上場企業のものまで、豊富に揃っているのが特徴です。

申し込み後の面談は、平日夜間や土日・電話でも可能。利用したら絶対に転職しなければいけないことはなく、なんとなく「転職したい」と漠然な希望だけで相談してみても問題ありません。

転職のプロに客観的にみてもらうことで、自分で気づけなかった自分のスキルや価値を見つけ出せるでしょう。

リクルートエージェントの年収アップ実績

リクルートエージェントを通じて年収アップを実現した方は、6割以上です(2011年度)

リクルートエージェント 転職者の年収増減

公開求人数 非公開求人数
15万3,162件 20万8,856件
ユーザー年齢層 対象エリア
20〜50代 全国

※1:公式サイトの文言によります。
※2:2011年度にリクルートエージェントを利用して転職した方のうち
出典:リクルートエージェント公式サイト

大手・優良企業に転職したい方におすすめ!

doda

doda LP

dodaのおすすめポイント
  • 求人サイト・エージェントサービス・スカウトサービスの3機能が1つに!
  • 転職者満足度No.1
  • 転職・求人情報量は国内最大級
  • 大手や優良企業の求人多数!口コミ掲載企業など特徴ごとに探せる
  • 【参加無料】オンラインの転職セミナーや個別相談会を実施中
  • 年収査定など診断・書類作成ツールが豊富

dodaは、転職満足度No.1のユーザー評価が高い無料転職サイトです。

転職サイトですが、自分のこだわり条件で求人を探せるだけではありません。
  • 各専門スタッフがあなたにぴったりの求人を紹介&転職までをサポートしてくれる国内最大級「エージェントサービス」
  • 効率的に転職を進めたい方向けに、企業から直接オファーがくる「スカウトサービス」

も展開しています。自分がどう転職活動を進めたいのかで、それに合ったサービスを選べるので、転職活動をスムーズに進められるでしょう。

dodaが保有する求人の特徴は、大手企業や優良企業の求人が多いこと。

 他にも、年収が高い未経験歓迎の企業、中途入社者がおすすめする企業、黒字経営の企業など、細かい条件で求人情報を閲覧できます。

スカウトサービスでは、書類選考をスキップした面接確約オファーが受け取れることも。オンライン転職カウンセリングを実施中なので、気になった方はぜひ利用してみて下さいね。

dodaの年収アップ実績

dodaを通じて転職をした方は、平均56.7万円年収がアップしています。最大アップ額は、440万円です。

doda 年代別の平均年収アップ率

※調査期間:2013年1月〜2014年6月にdodaエージェントサービスを利用して転職した方

公開求人数 非公開求人数
11万5,430件 未公開
ユーザー年齢層 対象エリア
20〜50代 全国

※公式サイトの文言によります。
出典:doda公式サイト

 

20代・はじめて転職をする方・第二新卒の若手社会人に人気

マイナビエージェント

mynavi-agent

マイナビエージェントのおすすめポイント
  • 20代の転職支援実績No.1
  • 第二新卒・はじめて転職をする若手社会人におすすめ
  • 無料の転職面談実施中!自宅にいながらWeb・電話・LINEでも転職相談OK
  • 幅広い業界・業種に太いパイプを持つマイナビ独占の求人あり
  • 各業界専任のプロによる徹底サポートを受けられる!女性向けサポートも
  • 他では知りえない人気企業の情報を得られる
  • 退職交渉のサポートあり

マイナビエージェントは、第二新卒やはじめて転職をする20代に人気な転職エージェントです。 

マイナビ看護師や薬剤師、マイナビ営業エージェントやITエージェントなど、各業種・業界ごとに特化した人材紹介サービスを展開するマイナビだからこそ、出会える求人があります

 在籍するキャリアアドバイザーは、全員様々な業界の転職市場に詳しいプロフェッショナルです。

キャリアアドバイザーによるサポートは利用回数・期間に制限なく受けられるため、自分が納得のいく転職活動ができるでしょう。

無料の転職面談に行くのが難しい場合は、電話やWeb・LINEでも対応してくれます。

マイナビエージェントは、女性の転職市場に精通したキャリアアドバイザーも在籍しているため、転職をしたい女性にもおすすめです。

マイナビエージェントの年収アップ実績

マイナビエージェントは、転職者の年収アップ実績が豊富です。おおよそ20%も年収がアップすることも。

マイナビエージェント 年収アップ早見表

年収交渉は、切り出すタイミングや希望金額の提示の仕方など、細かいところにも気を遣わなければいけません。

マイナビエージェントなら、これらの交渉を全てプロに任せることができますよ。
公開求人数 非公開求人数
詳細は公式サイト 未公開
ユーザー年齢層 対象エリア
20〜30代 全国

※掲載している求人数は、いずれも2022年1月4日時点の情報です。

よくある質問

年収400万円ボーナスなしで月の手取りはいくら?
年収400万円ボーナスなしの手取りは約320万円で、一月あたりが約26.5万円になります。総支給となる額面から社会保険料や所得税など諸々が引かれ、人により金額も変わってはきますが、目安としてだいたい年収の8割が手取りになると考えておきましょう。
年収400万円は世間的に高い?低い?
国税庁によると日本の平均年収が461万円となるため、年収400万円は決して高いとは言えません。あくまで平均値となるため参考程度に捉えておきましょう。
年収400万円の生活レベルは?
実家暮らしの場合は、家にいくら入れるかにもよりますが毎月26.5万円あれば余裕を持った暮らしが送れます。一人暮らしでも、相当高い家賃の家に住まない限りは、それなりに良い暮らしができるでしょう。夫婦2人暮らしでも、贅沢をしない限りある程度余裕があります。子どもがいるとなれば出費が増えてくるため、配偶者の収入と合算する必要が出てくる可能性があるでしょう。
年収400万円で結婚は可能?
年収400万円で結婚は十分可能です。都心などで家賃が高い家に住んだり食費や交友費などで無駄な出費が多かったりしなければ、26.5万円があればある程度余裕を持って暮らせます。
年収400万円でマイカー・マイホームの購入は可能?
マイカーやマイホームの購入も可能です。車の場合は一般的に年収の半分が目安と考えられているため、200万円程度のものが狙い目となります。マイホームについては購入する家の金額にもよりますが、安い買い物ではないだけに審査が不安です。事前に前金として入れられるお金を多めに用意しておく、配偶者の収入と合算するといった対策が必要なケースも考えられます。
年収400万円で子育ては可能?
子育てをすることは不可能ではありませんが、余裕のある生活は難しいかもしれません。子どもの年齢にもよりますが、年収400万円のまま高校生などになると厳しい可能性が考えられます。
年収400万円からアップさせる方法は?
昇進・昇給を目指す、副業をする、転職するといった方法があります。最近では副業を認めている企業が増えているため、比較的取り組みやすいでしょう。今の勤務先で昇給が見込めない場合は、転職も一つです。転職エージェントに登録することでキャリアアドバイザーによる手厚いサポートが受けられるため、ぜひ活用しましょう。

まとめ

この記事では、年収400万円ボーナスなしで月の手取りはいくらになるかを解説し、あわせて生活レベルについても調査しました。

年収400万円の手取りは約320万円で、一月あたりが約26.5万円です。実家暮らし・一人暮らしではそれなりに余裕はありますが、結婚をして子どもがいるとなれば話は別です。

収入アップを図るため、昇進・昇給や副業に取り組む、あるいは転職するといった考えが必要となります。

転職をする場合は、キャリアアドバイザーからのサポートを受けられる転職エージェントの活用がおすすめです。

記事内では無料で利用できるおすすめの転職エージェントを紹介したため、年収アップを目指す人はぜひチェックしてみてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事