マーケティング業界への転職成功のポイントは?役立つ資格も紹介

マーケティングは企業のサービスや商品が売れるために、仕組みを作る役割を担っています。

マーケターになるために必須といえる学歴や資格が特にないことから、「転職ではどのような人が向いているのか」「未経験から成功させるポイントは何か」気になる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、未経験からマーケティングを活用した業界への転職を考えたときに役立つ情報を紹介します。

マーケティング業界の種類やおすすめの転職エージェントも合わせて紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

未経験からマーケティング業界へ転職を考えている方に必見の内容となっています。

マーケティング業界への転職を考える前に種類を紹介

一言でマーケティングといっても、その種類や役割はさまざまです。近年はインターネットは発達してきたことから、それらに関係するマーケティングの手法も増加してきました。

そこで、マーケティング業界への転職を考える前に種類を紹介します。

マーケティングの種類
  • デジタルマーケティング
  • リアルマーケティング
  • マスマーケティング
  • ダイレクトマーケティング
  • WEBマーケティング

デジタルマーケティング

デジタルマーケティングは、インターネットをはじめとしたIT技術を活用したマーケティング手法のことを指します。

 インターネット上で売り上げを作る戦略を考えます。

SNSやスマホアプリ、動画配信などを活用して顧客との接点を作り、最終的にはサービス・商品の購入へと繋げていきます。

インターネットに触れる機会が多くなった現在では、需要の高い職種です。

リアルマーケティング

リアルマーケティングは街頭サンプリングや実演販売など、人と人が向き合って行うマーケティング手法のことを指します。

 サービスや商品の魅力を言葉で伝える必要があるため、コミュニケーション能力も大切です。

リアルマーケティングを用いた販売は現場を借りて行うのが一般的なため、当日の天候や動員数によって売り上げが左右させるといった不確定要素も絡んできます。

事前に想定されるリスクを考慮してマーケティングをすることが重要になってくるでしょう。

マスマーケティング

マスマーケティングは不特定多数の消費者に対して、統一的に広告などを行うマーケティングのことを指します。

 雑誌や新聞、テレビCMなどがよく目にするマスマーケティングです。

ターゲットが不特定多数になるマスマーケティングでは、コスト面の負担も大きくなるため、大手企業が実施しているマーケティングといえます。

コスト面は大きくなりますが、不特定多数にアプローチできるので、目に留まりやすくなるといったメリットが期待できるでしょう。

ダイレクトマーケティング

ダイレクトマーケティングはターゲットとなる顧客を定め、サービスや商品を購入してもらうための販売促進を行うマーケティングのことを指します。

 通信教育や通信販売で、よく取り入れられているマーケティング手法です。

ターゲットが定まっていることから、顧客のニーズを満たすためにどうやって戦略を立てればいいのかを考える必要があります。

SNSやメールを活用することで、ダイレクトマーケティングの効果を高めることも可能です。

WEBマーケティング

WEBマーケティングはデジタルマーケティングに分類され、その中でもWEBに特化しているマーケティングのことを指します。

 代表的な例としては、SEOが挙げられます。

WEBマーケティングの主な役割としては、アクセス数や購買者の特徴を分析して、サービスや商品の購入の増加に結びつけることが重要です。

Googleの検索で上位表示されるサイト構築を目指すこともWEBマーケターとして大切な役割です。

マーケティング職への転職がおすすめな人の特徴

未経験からマーケティングを活用した業界を目指すにあたり、自分には向いているのか不安に感じる方も多いでしょう。ここでは、マーケティング職への転職がおすすめな人の特徴を紹介します。

マーケティング職がおすすめな人の特徴
  • 分析することが得意
  • 人と関わりながら業務を進められる

分析することが得意

マーケティングは、数字やデータをもとに販売戦略を練ることが大切です。そのため、分析することが得意な人はマーケティング職の適性があるといえるでしょう。

 コンバージョンを獲得するために分析して、売り上げへと繋げる必要があります。

WEBで情報を集め、解析ツールを用いて分析していくため、インターネットに触れる習慣も持っておくといいでしょう。

ユーザーが何を求めているのか、潜在的なニーズを把握する必要があるのです。

人と関わりながら業務を進められる

マーケティング職は一人で考え抜くイメージを持つ方も多いですが、チームや他部署などの人と関わりながら業務を進めていきます。

 サービスや商品を売り出すための戦略を会社全体で共有する必要があります。

ターゲットとなる顧客に購入してもらうための販売戦略を立て、チームや他部署と連携を取ることで売り上げへと貢献できるのです。

他の人の意見を取り入れ、その意見を統一するコミュニケーション能力が求められるでしょう。

マーケティング職への転職に役立つスキル・資格

未経験からマーケティングを活用した業界へ転職する場合は、スキルや資格があると他の応募者と差をつけることができます。そこで、マーケティング職への転職に役立つスキル・資格を3つ紹介します。

マーケティング職に役立つスキル・資格
  • マーケティング検定
  • 中小企業診断士
  • WEBアナリスト検定

マーケティング検定

マーケティング検定は、マーケティングに関する理解や知識があることを証明する検定です。

 「公益社団法人日本マーケティング協会」が運営しています。

検定には、初任者レベルの3級と、中級レベルの2級があり、マーケティングの基礎的な部分から応用までを測定することが可能です。

2,3級は受講資格が制限されていないため、取得することでマーケティング職の転職が有利になるでしょう。

中小企業診断士

中小企業診断士は、マーケティング職で活用できる唯一の国家資格です。

 コンサルティングに関する知識の証明になります。

経営計画についても専門知識をもとに助言できるため、マーケティングのみならず、さまざまな業界・職種でも活用できるでしょう。

学歴や実務経験に関係なく、誰でも受講することができます。

WEBアナリスト検定

WEBアナリスト検定は、Googleアナリティクスのデータ分析のもと、インターネットを活用した集客やプロモーション能力を身に付けることができます。

 WEBマーケティングに関わる基礎知識が養われます。

インターネットにおける市場の動向やトレンドなど、基礎知識を把握して成果に繋げることができるでしょう。

初心者向けの難易度のため、未経験からの転職におすすめの検定です。

未経験からマーケティング業界への転職を成功させるポイント

未経験の業界への転職は不明点も多く、成功させるにはどうすればいいか知りたい方も多いでしょう。ここでは、未経験からマーケティング業界への転職を成功させるポイントを紹介します。

マーケティングへの転職を成功させるポイント
  • 経験を活かせる業界を分析する
  • マーケティングに役立つ資格を取得する
  • マーケティング業界に強い転職エージェントを活用する

経験を活かせる業界を分析する

これまでの経験から、転職先でも活かせる経験があると転職が優位に進みます。

 マーケティング職では、業界への理解度が重視されます。

経験のある業界専門的な知識のある業界に絞ることで、採用の確率を高められるでしょう。

自分の経歴や強みと、企業の求める人物像を照らし合わせることが大切です。

マーケティング職に役立つ資格を取得する

マーケティング職には必須といえる資格はありませんが、マーケティング職に役立つ資格を取得することで即戦力として期待してもらえるでしょう。

 マーケティングで活用できる資格があるだけで、他の応募者との差別化ができます。

未経験から転職では、難易度の低い資格から取得を目指すことがおすすめです。

資格がない場合でも「取得予定」や「勉強している」などでも、立派なアピールポイントになります。

マーケティング業界に強い転職エージェントを活用する

マーケティング業界の知識が薄く、一人で転職活動を進めることが不安な方は転職エージェントを活用することがおすすめです。

 ますは気軽に相談から転職活動についての話しを聞いてもらえます。

気軽な悩みの相談はもちろん、面接対策や履歴書・職務経歴書の添削などもしてくれるため、スピード感を持って転職活動を進められます。

経歴や特徴をもとに、最適なマーケティング職を活用した業界を紹介してもらえるでしょう。

マーケティング業界に強いおすすめの転職エージェント4選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 転職支援ツールを豊富に整えている
  • 非公開求人を約10万件以上保有
  • 細かいキーワードからでも求人を検索できる

転職業界でNO.1の支援実績のあるリクルートエージェントは、公開・非公開求人を多く抱えていることが特徴です。

 マーケティングを活用している業界の求人募集も豊富にあります。

求人数が多いことから、自分の経歴やスキルなどを活かせる企業も見つけやすいでしょう。

転職活動に関する全般的なことをサポートしてくれます。
公開求人数※2021年11月30日時点

公開:148,401件

非公開:202,948

マーケティングの公開求人数※2021年11月30日時点

公開:16,698件

非公開:ー

主なサービス・機能

・転職サポートツール

・応募書類の添削

・転職成功ノウハウ

利用可能地域 全国
運営会社 株式会社リクルート

出典:リクルートエージェント公式

doda

doda

おすすめポイント
  • 幅広い業界、職種の求人を保有している
  • 企業からスカウトメールが届く
  • 充実した転職支援サービスが豊富

年代やキャリアを問わず、幅広い業界・職種の求人を保有していることがdodaの特徴です。

 企業側からアプローチが来るスカウトサービスもあります。

マーケティングや広告を活用した業界に詳しい専任アドバイザーが在籍しているため、満足な情報を得ながら転職活動を進められるでしょう。

スカウトサービスでは、自分のマーケティング業界での市場価値を知ることにも役立てられます。
公開求人数※2021年11月30日時点

公開:110,107件

非公開:ー

マーケティングの公開求人数※2021年11月30日時点

公開:12,778 件

非公開:ー

主なサービス・機能

・メルマガ配信

・転職Q&A

・スカウトメール

利用可能地域 全国
運営会社 パーソルキャリア株式会社

出典:doda公式

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • サポート期間に制限がない
  • 転職者にヒアリングしたうえで最適な求人を紹介
  • 転職活動のサポート全てを無料で利用できる

転職経験がなかったり、少なかったりする方におすすめの転職エージェントがマイナビエージェントです。

 サポート期間は無制限のため、さまざまな求人を比較したうえで応募できます。

長期的な成長を見込んで、未経験での応募な可能な企業もあることが特徴です。

転職をサポートするサービスも充実しています。
公開求人数※2021年11月30日時点

公開:詳細は公式サイト

非公開:詳細は公式サイト

マーケティングの公開求人数※2021年11月30日時点

公開:1,671件

非公開:1,814件

主なサービス・機能

・エージェントサービス

・転職お役立ち情報

・履歴書、職務経歴書の添削

利用可能地域 全国
運営会社 株式会社マイナビ

出典:マイナビエージェント公式

マスメディアン

マスメディアン

おすすめポイント
  • 専門分野に強い求人を多数保有している
  • 6万人を超える転職支援実績
  • マーケティング、クリエイティブ職のノウハウがある

広告・WEB関係に特化した求人を多く保有していることが特徴の転職エージェントです。

 一般的な企業から専門分野を必要とする企業のマーケティングまで、幅広い求人があります。

マスメディアンの繋がりから市場に出ていない求人を紹介してもらえることもあり、より専門的な業務を担当できる可能性もあります。

希望があれば面接にキャリアコンサルタントも同席してくれるため、自分から聞きにくい質問ができるでしょう。
公開求人数※2021年11月30日時点

公開:3,477件

非公開:ー

マーケティングの公開求人数※2021年11月30日時点

公開:897件

非公開:ー

主なサービス・機能

・転職成功ガイド

・面接対策

・個別相談会、セミナー

利用可能地域 全国
運営会社 株式会社マスメディアン

出典:マスメディアン公式

よくある質問

マーケティング職への転職におすすめの転職エージェントは?
リクルートエージェント、doda、マイナビエージェント、マスメディアンがおすすめです。いずれも無料で登録・利用できるため、ぜひチェックしてみてください。
マーケティング職にはどのような種類がありますか?
インターネットを活用したデジタルマーケティングや、対面で行うリアルマーケティングがあります。そこからさらに、マスマーケティングやWEBマーケティングなど、企業によって販売戦略が異なってきます。
マーケティング職への転職がおすすめな人の特徴はなんですか?
マーケティング職は数字やデータをもとに販売戦略を練るため、分析力が大切になります。また、社内の様々な人と交流して業務を進めるので、コミュニケーション能力も必要といえるでしょう。
マーケティング職への転職で役立つスキル・資格な何かありますか?
マーケティング職に就くために絶対必要といえる資格はありません。取得難易度の低いマーケティング検定やWEBアナリスト検定から取得することがおすすめです。
未経験からのマーケティング業界への転職を成功させるポイントはありますか?
これまでの経験を活かせる業界に絞ることで、採用の可能性を高められます。自分の転職活動に軸を持って、企業の求める人物像を把握することが大切です。
面接でよく聞かれる質問はありますか?
志望動機や自己PRは転職するにあたり必ず聞かれる内容です。転職の軸を持って、「この企業だから応募した」という理由を説明できるように準備と対策をしておきましょう。
入社前にやっておくべきことは何かありますか?
入社する企業の業界への理解を深めておくといいでしょう。マーケティングの知識があっても業界の知識がないと入社後に困ることになります。

まとめ

この記事では、未経験からマーケティングを活用した業界への転職を考えたときに役立つ情報などを紹介してきました。

マーケティングを活用できる業界は競争率が高く、入社難易度も高くなりますが、自分と応募企業の特徴を理解して対策をすることで採用の確率を上げられます。

未経験からマーケティング業界を目指すにあたり、対策の仕方や進め方に不安を感じる方もいるでしょう。

そのような場合は、マーケティング業界の転職に詳しいキャリアアドバイザーに相談することがおすすめです。マーケティング業界の実情を聞くことで、自分に合った最適の企業に出会えます。

より効率的に転職をするためには、まず相談してみてはいかがでしょうか。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事