公務員への転職は難しい?転職に失敗して後悔しないための方法を紹介

公務員には、民間企業にはないさまざまな魅力があります。今の仕事から公務員へ転職を考える方もいるでしょう。

しかし、公務員試験の受験が必要となるなど、求められるスキルが民間企業への転職とは異なります。

今回はそんな公務員への転職について、本当に難しいのか・公務員になるために必要な資格・失敗率が高いと言われている公務員への転職を成功させるおすすめな方法などを詳しく解説します。

公務員に向いている人の特徴も紹介するので、転職を考えている方は参考にしてくださいね。

公務員への転職は難しい?

公務員への転職を考えている方にとって難易度は気になるところです。ここでは、公務員の種類や職種別に難易度を解説していきます。

公務員の種類と職種

公務員には、国の機関で働く「国家公務員」と地方自治体で働く「地方公務員」の2種類があります。

それぞれは、職種や業務内容・働く場所などが異なっています。

1. 国家公務員

国家公務員には、以下のような職種があります。

  • 国税局や各省庁
  • 国会や裁判所の職員
  • 自衛官
  • 刑務官
  • 空港管制官

人事院のデータによると、令和2年度の国家公務員数は約58.6万人で、公務員全体の約17.6%を占めています。

 業務内容は職種によって異なりますが、主に国の運営や国際社会に関連する業務を行います。

その他、省庁や海外や民間企業へ出向する場合も多いです。

2. 地方公務員

地方公務員には、以下のような職種があります。

  • 道府県の県庁やハローワークの職員
  • 税務署の職員
  • 警察官
  • 消防士
  • 市役所の職員

人事院のデータによると、令和2年度の地方公務員数は約273.9万人で、公務員全体の約82.4%を占めています。

 地方行政に関する仕事をしており、地域に密着した業務が特徴です。

公務員に準ずる仕事

公務員試験を受験しなくても、公務員もしくは公務員に準ずる仕事へ転職できる方法もあります。それは、地方公共団体や財団法人等が募集する転職求人に応募するケースです。

 公務員に準ずる仕事であれば、年齢制限で試験を受けられない方や、公務員試験の勉強をする時間を取ることが難しい方でも転職のチャンスがあります。

公務員試験を受験しなくても、公務員として働きたい、公務員同様に安定した仕事をしたいという方は、求人を探してみましょう。

社会人経験者を対象にした採用枠は急増している

社会人経験者枠とは、これまでの職務経験がある人のみ受けられる試験を言います。

 年齢上限は一般枠よりも高く設定されていますが、採用人数が少なく、競争率が高い点が特徴です。

社会人経験者枠では即戦力が求められるため、今までの知識や経験・自己アピール力が重要です。

公務員の社会人経験者枠が急増している理由

社会人経験者採用試験を実施する自治体数が過去数年間で急増しています。

以前、公務員の社会人経験者枠は大規模な自治体のみに特有の採用形態でした。

 しかし、令和元年度は全都道府県政令市の80%以上の自治体で社会人者枠の採用が実施されています。

このように民間経験者枠が拡大されている今は、公務員へ転職するチャンスと言えるでしょう。

公務員への転職に必要な資格

公務員になるには、公務員試験を受験して合格する必要があります。必要な資格について見ていきましょう。

国家公務員試験と地方公務員試験

そもそも公務員そのものが資格の一種です。 国家公務員試験と地方公務員試験は混同されがちですが、試験内容や実施主体が異なるため、注意しましょう。

国家公務員 人事院が実施する試験であり、総合職と一般職に区分されている
地方公務員 各地方公共団体が実施する試験であり,その試験の難易度ごとに上級・中級・初級に区分されている

国家公務員を目指す場合は国家公務員試験を受け、地方公務員を目指す場合は地方公務員試験を受けて合格する必要があります。

公務員試験の時期

公務員試験は基本的に年1回、翌年の4月からの採用を前提に前年の5月~9月頃に実施されます。

そのため、今すぐの転職や、ボーナスをもらったタイミングでの転職、というように、自分のスケジュールだけで転職時期や転職活動時期を決めることはできません。

前もって試験の日程を確認しておき、計画的に進める必要があります。

その他に必要な資格

公務員の中には専門職があり、一般的に資格免許と呼ばれる公務員資格以外の資格が必要になる職種があります。 代表的な職種と業務内容を一部紹介します。

看護師

医師の診察にもとづき、診療や治療の補助を行う

保健師 保険期間などの医療機関で保健指導などの業務
獣医師 動物のケガや病気の診察・治療、健康管理のサポート、出産のケアなどを行う
栄養士 公立の保育所や幼稚園、児童相談所などで保育業務
薬剤師 公的な病院や保健所など関係機関で処方せんに基づく調剤や患者への服薬説明
司書 図書館で図書資料の発注や蔵書管理などを事務的な業務
衛生監視員 自治体の保健所で地域の食品衛生を管理する
教員 小・中・高校で教員として生徒を指導

ひとくちに公務員と言っても、さまざまな職種が存在することが分かるでしょう。

公務員を目指す場合には、上記のような資格を取得しておけばさまざまな場面で役立ちます。

公務員試験に合格するための方法

公務員試験に合格するための主な勉強方法は、以下の3つです。

通学 資格試験予備校
通信講座 自宅学習
独学 市販のテキスト

公務員試験は独学で公務員試験に合格することも可能ですが、試験範囲が広く、科目数が多いため、効率よく勉強を進めていくことが重要です。

 学校へ通う時間とお金のある人。 計画を立てて、自分のペースで勉強を進めるのが難しい人には、通学がおすすめです。

一方、学費を抑えたい方や自分のペースで学習を進めたい方は通信講座や独学が良いでしょう。

勉強に充てられる時間や予算によって、スクールへの通学や通信講座を検討することが大切です。

公務員に転職したいなら転職エージェントの利用がおすすめ!

転職エージェントとは、転職を希望する方の特性や希望を細かくヒアリングし、それに合った企業を無料で紹介する人材紹介サービスです。

転職エージェントが無料な理由は?
転職エージェントは、転職希望者と新しい人材を採用したい企業の仲介となり、マッチングが実現すれば(転職希望者が入社すれば)企業側から成功報酬を受け取れるからです。
求人情報を収集するだけの転職サイトとは違い、アドバイザーが手続きの代行や相談に乗ってくれる点が特徴です。
転職エージェントを利用するメリット
  • 自分に合った企業を紹介してくれる
  • 転職サイトには載っていない非公開求人にも出会える
  • 企業との面接の日程調整や年収交渉などを代行してくれる
  • 履歴書の添削や面接対策をしてくれる
  • 不安なことがあれば相談できる

上記のサービスを、全て無料で利用できます。

アドバイザーの方と話すことで、客観的に見た自分の市場価値や強みが明らかになるでしょう。また、転職エージェントを利用して年収アップを実現した方は多くいます。

実際にどのくらいの方が年収アップをしているのか、またはどのくらいの金額年収がアップしたのかは、次で見ていきましょう。

公務員転職におすすめの転職エージェント5選

迷ったらここ!無料登録のメリットが大きい転職エージェント

リクルートエージェント

RECRUIT AGENT LP

リクルートエージェントのおすすめポイント※1
  • 業界最大級の非公開求人数
  • 転職した方の6割以上が年収アップを実現※2
  • 転職支援実績No.1!転職した方は37万人以上
  • 平日夜間や土日でも相談OK・電話面談も可能
  • 転職のプロがマンツーマンでサポートしてくれる
  • 40年以上培ったどこよりも豊富な経験とノウハウがある

リクルートエージェントは、転職支援実績と求人数の多さが魅力の転職エージェントです。

これまでリクルートエージェントを利用して転職した方は、37万人以上。この支援実績は、数ある転職エージェントの中でもNo.1に輝いています。※1

多くの方がリクルートエージェントを通じて転職に成功している理由は、

  • 経験豊富なキャリアアドバイザーとの面談
  • 提出書類の添削
  • 面接対策
  • 企業側との条件交渉の代行

などと、利用は無料にも関わらず公務員業界に精通したアドバイザーからのサポートが手厚いからです。

その上リクルートエージェントは、ネット上に公開されていない非公開求人を20万件以上保有しており、その中からあなたの強みや適性に合った公務員の求人を、無料で紹介してくれます。

紹介してくれる求人は未経験OKなものから上場企業のものまで、豊富に揃っているのが特徴です。

申し込み後の面談は、平日夜間や土日・電話でも可能。利用したら絶対に転職しなければいけないことはなく、なんとなく「転職したい」と漠然な希望だけで相談してみても問題ありません。

転職のプロに客観的にみてもらうことで、自分で気づけなかった自分のスキルや価値を見つけ出せるでしょう。

リクルートエージェントの年収アップ実績

リクルートエージェントを通じて年収アップを実現した方は、6割以上です(2011年度)

リクルートエージェント 転職者の年収増減

公開求人数 非公開求人数
14万2,677件 20万834件
ユーザー年齢層 対象エリア
20〜50代 全国

※公式サイトの文言によります。
※2:2011年度にリクルートエージェントを利用して転職した方のうち
出典:リクルートエージェント公式サイト

 

未経験歓迎・学歴不問の公務員求人を探している方におすすめ!

doda

doda LP

dodaのおすすめポイント
  • 求人サイト・エージェントサービス・スカウトサービスの3機能が1つに!
  • 転職者満足度No.1
  • 転職・求人情報量は国内最大級
  • 大手や優良企業の求人多数!口コミ掲載企業など特徴ごとに探せる
  • 【参加無料】オンラインの転職セミナーや個別相談会を実施中
  • 年収査定など診断・書類作成ツールが豊富

dodaは、転職満足度No.1のユーザー評価が高い無料転職サイトです。

転職サイトですが、自分のこだわり条件で求人を探せるだけではありません。
  • 各専門スタッフがあなたにぴったりの求人を紹介&転職までをサポートしてくれる国内最大級「エージェントサービス」
  • 効率的に転職を進めたい方向けに、企業から直接オファーがくる「スカウトサービス」

も展開しています。自分がどう転職活動を進めたいのかで、それに合ったサービスを選べるので、転職活動をスムーズに進められるでしょう。

dodaが保有する求人の特徴は、大手企業や優良企業の求人が多いこと。

 他にも、年収が高い未経験歓迎の企業、中途入社者がおすすめする企業、黒字経営の企業など、細かい条件で求人情報を閲覧できます。

エージェントサービスでは、公務員求人のエリア別の動向などに精通したキャリアアドバイザーが、専任担当としてサポートしてくれます。

スカウトサービスでは、書類選考をスキップした面接確約オファーが受け取れることも。オンライン転職カウンセリングを実施中なので、気になった方はぜひ利用してみて下さいね。

dodaの年収アップ実績

dodaを通じて転職をした方は、平均56.7万円年収がアップしています。最大アップ額は、440万円です。

doda 年代別の平均年収アップ率

※調査期間:2013年1月〜2014年6月にdodaエージェントサービスを利用して転職した方

公開求人数 非公開求人数
10万8,345件 未公開
ユーザー年齢層 対象エリア
20〜50代 全国

※公式サイトの文言によります。
出典:doda公式サイト

 

20代・はじめて転職をする方・第二新卒の若手社会人に人気

マイナビエージェント

mynavi-agent

マイナビエージェントのおすすめポイント
  • 20代の転職支援実績No.1
  • 第二新卒・はじめて転職をする若手社会人におすすめ
  • 無料の転職面談実施中!自宅にいながらWeb・電話・LINEでも転職相談OK
  • 幅広い業界・業種に太いパイプを持つマイナビ独占の求人あり
  • 各業界専任のプロによる徹底サポートを受けられる!女性向けサポートも
  • 他では知りえない人気企業の情報を得られる
  • 退職交渉のサポートあり

マイナビエージェントは、第二新卒やはじめて転職をする20代に人気な転職エージェントです。 

マイナビ看護師や薬剤師、マイナビ営業エージェントやITエージェントなど、各業種・業界ごとに特化した人材紹介サービスを展開するマイナビだからこそ、出会える求人があります

 在籍するキャリアアドバイザーは、全員様々な業界の転職市場に詳しいプロフェッショナルです。

キャリアアドバイザーによるサポートは利用回数・期間に制限なく受けられるため、自分が納得のいく転職活動ができるでしょう。

無料の転職面談に行くのが難しい場合は、電話やWeb・LINEでも対応してくれます。

マイナビエージェントは、女性の転職市場に精通したキャリアアドバイザーも在籍しているため、転職をしたい女性にもおすすめです。

マイナビエージェントの年収アップ実績

マイナビエージェントは、転職者の年収アップ実績が豊富です。おおよそ20%も年収がアップすることも。

マイナビエージェント 年収アップ早見表

年収交渉は、切り出すタイミングや希望金額の提示の仕方など、細かいところにも気を遣わなければいけません。

マイナビエージェントなら、これらの交渉を全てプロに任せることができますよ。
公開求人数 非公開求人数
3万1,407件 未公開
ユーザー年齢層 対象エリア
20〜30代 全国

出典:マイナビエージェント公式サイト

※掲載している求人数は、いずれも2021年11月15日時点の情報です。

ニフティ転職

ニフティ転職

おすすめポイント
  • 全国の公務員求人数を所有している
  • 学校法人・公共施設・団体職員などの求人も所有
  • 外資系・中高年・女性などの条件別求人特集

ニフティ転職では複数の転職サイトからまとめ検索できるので、効率よく求人を見つけることが可能です。求人は毎日更新されています。

 現在全国191件※2の公務員求人を公開中です。

公務員求人のほかに、学校法人・公共施設・団体職員などの公務員に準ずる求人が探せるのもメリットです。

公務員の公開求人数
※2021年10月29日時点

191件(377,669件)
主な機能
  • 検討リスト
  • 最近チェックした情報
  • 求人特集
拠点 東京
運営会社 ニフティライフスタイル株式会社

出典:https://tenshoku.nifty.com/
※2 2021年10月29日時点

公務in

公務in

おすすめポイント
  • 公務員求人専用サイトなので探しやすい
  • 準公務員・みなし公務員求人も所有
  • 資格別・職種別の公務員求人

公務inは、公務員の試験情報や募集求人を掲載している公務員求人・試験情報サイトです。全国の求人から、キーワードで絞って検索できます。

 こだわり検索では経験年数や社会人枠・未経験可などの検索もできるので、自分の経歴にぴったりの求人が探し出せるでしょう。

お役立ち情報では、試験情報や平均年収などの転職に役立つ情報が満載です。転職活動の合間に参考にしてみてください。

公務員の公開求人数

1,326件(1,326件)
主な機能
  • 公務員の求人を幅広く掲載
  • 公務員についてのお役立ち情報
拠点 東京
運営会社 株式会社peko

出典:https://koumu-in.jp/

公務員に向いている人の特徴

せっかく公務員に転職しても向いていない仕事であった場合、仕事が辛い、ストレスで辞めたいなど、悩みを抱える可能性が高くなります。

ここでは、どんな人が公務員に向いているのか、特徴を解説します。

人の話を親身になって聞ける人

窓口業務をはじめとした市民と関わる業務が多いため、コミュニケーション能力は欠かせません。

 国や地方自治体が定めている制度には複雑なものが多いので、分かりやすく簡潔に説明する能力も必要となるでしょう。

人の話を親身になって聞く姿勢を見せることがスムーズな対応に繋がります。

相手に安心感を与えるためには、自信を持って堂々と対応できる人が向いているでしょう。

物腰が柔らかい人

公務員は部署異動の多い職種であり、3~4年毎に部署が変わります。部署が変わると仕事内容も変わるので、長年公務員として働いていても新人と変わらない部分もあるでしょう。

 穏やかで上司とうまく関係を作りながら仕事を覚えていける人が向いていると言えるでしょう。

横暴な人やクレーム気質の人の対応に当たった場合でも、すぐに怒らず落ち着いて対応できる穏やさは武器となります。

地域に貢献したい気持ちがある人

国民生活の発展や維持に関わる仕事を行うため、地域に根差したものが多いです。

 地域に貢献したい、愛着がある地元をより良くしていきたい、という思いのある人に向いているでしょう。

財政難や人口減少など、自治体によって抱えている課題もさまざまです。公務員になると、地域の人の声を直接耳にする機会も増えます。

住民が不満に思っていることや困っていることをくみ取り、要望を行政に反映していく気持ちが大切です。

公務員転職に関するよくある質問

公務員への転職におすすめの転職エージェントは?
公務員転職に精通したアドバイザーが在籍する「リクルートエージェント」がおすすめです。
リクルートエージェントは20万件以上の非公開求人を保有し、転職実績はNo.1。あなたに適した求人を見つけてくれる面談から内定まで、完全無料でサポートしてくれます。
公務員の種類と職種は?
公務員には、国の機関で働く国家公務員と地方自治体で働く地方公務員の2種類があります。それぞれは、職種や業務内容・働く場所などが異なっています。
国家公務員の仕事は?

国家公務員には、以下のような職種があります。

  • 国税局や各省庁
  • 国会や裁判所の職員
  • 自衛官
  • 刑務官
  • 空港管制官

人事院のデータによると、令和2年度の国家公務員数は約58.6万人で、公務員全体の約17.6%を占めています。

地方公務員の仕事は?

地方公務員には、以下のような職種があります。

  • 道府県の県庁やハローワークの職員
  • 税務署の職員
  • 警察官
  • 消防士
  • 市役所の職員

人事院のデータによると、令和2年度の地方公務員数は約273.9万人で、公務員全体の約82.4%を占めています。

公務員の社会人経験者枠とは?
これまでの職務経験がある人のみ受けられる試験を言います。年齢上限は一般枠よりも高く設定されていますが、採用人数が少なく、競争率が高い点が特徴です。
社会人経験者枠では即戦力が求められるため、今までの知識や経験・自己アピール力が重要です。
公務員試験に合格するための方法は?
通学、通信講座、独学などの方法があります。
公務員試験は独学で公務員試験に合格することも可能ですが、試験範囲が広く科目数が多いため、効率よく勉強を進めていくことが重要です。
勉強に充てられる時間や予算によって、どの方法が向いているか検討しましょう。
公務員への転職に必要な資格は?
そもそも公務員そのものが資格の一種です。
国家公務員を目指す場合は国家公務員試験を受け、地方公務員を目指す場合は地方公務員試験を受けて合格する必要があります。
その他、公務員の中には専門職があります。一般的に資格免許と呼ばれる公務員資格以外の「看護師」「保健師」「獣医師」などの資格が必要です。

まとめ

公務員への転職について、おすすめのエージェントや必要な資格などを詳しく解説しました。社会人経験者枠では即戦力が求められるため、今までの知識や経験・自己アピール力が重要です。

民間経験者枠が拡大されている今は、公務員へ転職するチャンスと言えるでしょう。

人の話を親身になって聞ける人や物腰の柔らかい人が公務員に向いています。自分に合っているかを今一度見つめ直してみてください。

転職サイトでは公務員の求人が掲載されているものもあるので、うまく活用しながら探してみてください。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事