広告業界への転職は未経験でも可能?役立つ資格や成功のコツも紹介

広告はテレビや雑誌、SNS、店頭ディスプレイなど、生活のさまざまな場面で目にします。

広告業界へ転職を考えたとき、どのような種類があり、どんな人が向いているのか気になる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、未経験から広告業界へ転職を目指す際に後悔しないポイント成功させるための方法を紹介します。

広告業界に強いおすすめの転職エージェントも合わせて紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

未経験から広告業界へ転職を考えている方に必見の内容となっています。

広告業界へ転職を考える前に種類を紹介

広告はサービスや商品の魅力を多くの人に届けるために用いられます。しかし、実際どのような業務内容があるのか分からない方も多いでしょう。

ここでは、広告業界の主な職種を3つピックアップして紹介します。

広告業界の主な職種
  • 営業
  • マーケティング
  • デザイナー

営業

営業は、さまざまな広告媒体を持つメディアと広告主の企業を結びつけます。

 顧客のニーズを把握して、より効果的な広告を提案するための営業です。

クライアントとの関係性が大切な仕事なので、円滑なコミュニケーション能力が必要不可欠になります。

メディア企業や広告代理店に多く配属させており、窓口としての役割もあります。

マーケティング

マーケティングは顧客のサービスや商品を効果的に提供するために、市場の分析・リサーチをすることが主な業務内容です。

 開発されたサービスや商品の売り上げを伸ばすことが目的とされています。

広告を打ち出したら終わりではなく、その後も問題点の抽出や改善など、反響を分析しながら業務を進めていく必要があります。

自分のマーケティングに対して広告の結果が反映されるため、成果が目に見える形で分かることが特徴です。

デザイナー

実際に広告を目に見える形で表現するデザイナーは、広告業界でも重要な役割のある職種です。

 WEBや紙媒体など、デザイナーの活躍の場は豊富にあります。

専門性が高いことから、未経験で広告業界のデザイナーを目指す場合は一定のスキルや経験を身に付けてから挑戦するのがおすすめです。

求められるデザインを分析・調査して、1から作り上げることが好きな方に向いているといえるでしょう。

広告業界へ転職してから後悔しないためのポイント

広告業界への転職を決意しても、転職後に後悔しないか不安になる方も多いでしょう。そこで、広告へ転職してから後悔しないためのポイントを3つ紹介します。

広告へ転職してから後悔しないためのポイント
  • 残業はある程度あると覚悟する
  • 人の入れ替わりが激しいと理解していく
  • 無茶な要望をされる場合もあると想定しておく

残業はある程度あると覚悟する

広告業界は、常に納期や締め切りなどの期限が定められながら業務を進めていきます。業務の進行状況によっては残業が多くなることも頭に入れておきましょう。

 クライアントありきで業務が進行していくため、スムーズに進まないこともあります。

余裕を持ったスケジュールであることが多いですが企業によって感覚が違うため、体力面・精神面で負担がかかる場合もあります。

企業の求人やHPで、残業はどのくらいあるのかを確認しておくといいでしょう。

人の入れ替わりが激しいと理解していく

広告業界は最新のトレンドに触れていることから華やかなイメージを持つ方も多いと思いますが、人の入れ替わりが激しい業界でもあります。

 離職率が高く、長く働き続けられない環境の可能性もあります。

未経験から広告業界に転職を考えている際は、「なぜ広告業界がいいのか?」「なぜこの企業に入りたいのか?」を明確にしておく必要があるでしょう。

長期的に働くためには、応募前にリサーチすることが重要です。

無茶な要望をされる場合もあると想定しておく

一緒に仕事をするクライアントによっては、現実的ではない納期を提示されるなど、無茶な要望をされる場合もあります。

 気に入った企業があったら、応募前にクライアントの質を確認しておくことが大切です。

無茶な要望をされている場合は、その分残業時間を多くなる傾向があるため、負担やストレスになってしまいかねません。

企業の求人やHPで確認できないときは、転職エージェントに聞いてみるのもいいでしょう。

広告業界への転職が向いている人の特徴

未経験から広告業界を目指す場合は、自分は向いているのか気になる方も多いでしょう。ここでは、広告業界への転職が向いている人の特徴を3つ紹介します。

広告への転職が向いている人の特徴
  • 流行を常にリサーチできる
  • インターネットに詳しい
  • 周りの人と協力しながら仕事をすることが好き

流行を常にリサーチできる

広告は流行によって常に変化するため、流行を常にリサーチできる人は広告業界への転職が向いているといえるでしょう。

 SNSSNSなどでトレンドを把握しておく必要があります。

流行を常にリサーチすることで、目にする人の印象に残る広告を作り上げることに繋がるでしょう。

日頃から情報を調べられる習慣があると、入社後にも活きてきます。

インターネットに詳しい

広告は街中や電車、テレビや雑誌などでよく見られますが、現在はインターネットで用いられることが多くなってきました。

そのため、応募企業によってはインターネットでの情報発信をアピールできると採用の可能性が高まるでしょう。

 テレビや紙面しか扱っていないという企業もあります。

インターネット広告は現在では需要の高い媒体なので、転職を考えている際は知っておくことがおすすめです。

インターネットを扱うことに慣れている方は、広告業界が向いているといえるでしょう。

周りの人と協力しながら仕事をすることが好き

広告業界は、さまざまな職種の人と協力して進行していくため、周りの人と協力しながら仕事をすることが好きな方は向いているといえるでしょう。

 社内はもちろん、社外の人とも関わらなければいけません。

自分の業務をこなしつつ、周りの一緒に仕事をしている人を気にしながら進めていくことも大切になります。

コミュニケーションを取ることに抵抗のない方は、業務もスムーズに進められます。

広告業界への転職に役立つ資格

未経験から広告業界へ転職する場合は、役立つ資格を持っていると強いアピールポイントになります。そこで、広告業界への転職に役立つ資格を5つ紹介します。

広告への転職に役立つ資格
  • WEB解析士
  • Yahoo!プロモーション広告プロフェッショナル認定資格
  • Googleアナリティクス個人認定資格
  • WEBデザイン技能検定
  • TOEIC

WEB解析士

WEB解析士は、WEBサイトを軸として、さまざまなデータを用いて事業成果の最大化をするためのスキルを証明する資格です。

 市場分析や競合分析など、マーケティングで必要な分析力が身に付きます。

広告の成果を高めるためのデータ分析など、専門的な知識に強くなります。

WEB業界で働くために欠かせないデジタルマーケティングへの理解を深めることも可能です。

Yahoo!プロモーション広告プロフェッショナル認定資格

Yahoo!プロモーション広告プロフェッショナル認定資格は、「Yahoo!」が提供しているWEBマーケティングの資格です。

 広告の運用方法について学ぶことができます。

基礎的なことが学べるベーシックコースや、高度な運用方法を学べるアドバンストコースなど、実力に応じて段階的に試験を受けることが可能です。

一定のスコアを獲得できると、認定のロゴをもらうことができます。

Googleアナリティクス個人認定資格

Googleアナリティクス個人認定資格は、Googleアナリティクスの理解度を証明する資格です。

 Googleが認めている公式の資格です。

WEB広告ではGoogleを用いてデータを分析する必要があるので、所持していれば業務に必要な基本的な知識があると認識してもらえるでしょう。

初心者でも学べるように範囲を限定していることが特徴の資格です。

WEBデザイン技能検定

WEBデザイン技能検定は、WEBデザインに関する知識と技能を証明する国家資格です。

 WEBデザイナーを目指す人におすすめの資格です。

資格は1級、2級、3級とあり、3級は受験資格がないため、取得することで未経験からでも広告を用いたWEBデザイン業界への転職が有利になるでしょう。

試験はマークシート式の筆記試験と、試験用のパソコンで行う実技試験があります。

TOEIC

TOEICは、ビジネスや日常における英語のコミュニケーション能力を測定するテストです。

 外資系の広告代理店などで活かすことができます。

企業にもよりますが、一般的に700点以上あればビジネスシーンでも活かせられる強みとなるようです。

グローバス化が進んできて、今後需要が高まるテストといえます。

未経験から広告業界への転職を成功させるコツ

未経験の業界への転職は不安も多く、成功させられるのか心配になるでしょう。ここでは、未経験から広告への転職を成功させるコツを紹介します。

未経験から広告への転職を成功させるコツ
  • どの職種に適性があるのかを分析する
  • 入社後になりたい姿を明確にする
  • 広告業界に強い転職エージェントを活用する

どの職種に適性があるのかを分析する

広告業界といってもさまざまな職種があるため、自分がどの職種に適性があるのかを分析して、転職に活かすことがポイントです。

 適正のない職種に挑戦すると、なかなか採用が決まらないといったことにも繋がりかねません。

広告業界は華やかなイメージがあり、憧れを持って志す人も多い業界ですが、広告業界の職種をリサーチして分析したうえで転職活動を進めましょう。

職種の適性を把握する際に広告業界の実情も知っておくと、入社後に思っていたのと違うといった事態を防ぐことができます。

せっかく憧れの職種に就けても、入社後にギャップを感じてしまっては勿体ないです。そのため、実情を把握して理想との差を埋めることが大切です。

自己分析を徹底して、転職して良かったと思える環境を見つけましょう。

入社後になりたい姿を明確にする

入社後にどのような人材になりたいのか、広告業界でどのような仕事をしたいのかを明確にすることで、転職活動の軸を持つことができます。

 入社後になりたい姿が決まっていないと、転職した目的が分からなくなる場合があります。

転職活動を進める際は、入社後にどのような姿になりたくて、それに向けてどう努力しているのかを伝えられると、面接での大きなアピールポイントになるでしょう。

応募企業の事業と関わりのある内容にすると効果的です。

広告業界に強い転職エージェントを活用する

未経験から広告業界を目指す場合は、転職エージェントを活用することでよりスムーズに転職活動を進めることができます。

 広告業界に詳しいエージェントも在籍しているため、不安な部分を改善することが可能です。

転職エージェントは一般的に公開されていない求人を紹介してくれたり、転職希望者の適性をヒアリングしたうえでおすすめの企業を紹介してくれたりします。

そのため、自分だけでは見つけられなかった求人に数多く出会うことができるので、応募企業の選択肢を広げることができるでしょう。

他にも応募書類の添削や面接対策など、転職活動に関する全てをサポートしてくれます。

広告業界に強いおすすめの転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 非公開求人を約10万件以上保有
  • 転職支援ツールを豊富に整えている
  • 細かいキーワードからでも求人を検索できる

非公開求人を多く抱えていることが特徴のリクルートエージェントは、業界最大級の求人数を誇る転職エージェントです。

 職種や業界も幅広く、転職を考えているならまずは登録しておきたい転職エージェントといえます。

広告業界は倍率が高い業界でもあるため、たくさんの企業の求人に応募することで可能性を広げることができるでしょう。

広告業界の面接でよくある質問パターンなども教えてもらうことができます。
公開求人数※2021年11月30日時点

公開:148,401件

非公開:202,948件

広告の公開求人数※2021年11月30日時点

公開:9,948件

非公開:ー

主なサービス・機能

・転職サポートツール

・転職成功ノウハウ

・応募書類の添削

利用可能地域 全国
運営会社 株式会社リクルート

出典:リクルートエージェント公式

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • 転職者にヒアリングしたうえで最適な求人を紹介
  • サポート期間に制限がない
  • 転職活動のサポート全てを無料で利用できる

マイナビエージェントは、転職経験の少ない方も安心して利用できるようにキャリアアドバイザーがマンツーマンで支援します。

 サポート期限がなく、自分のペースで最適な求人を見極めながら進められることが特徴です。

転職活動に関する全てを無料で利用できるため、キャリアアドバイザーの話しを聞くだけでも身になることが見つかるでしょう。

時間をかけて転職活動を進められるため、広告業界をリサーチしながら自分に合った企業を見つけられます。
公開求人数※2021年11月30日時点

公開:32,349件

非公開:31,982件

広告の公開求人数※2021年11月30日時点

公開:詳細は公式サイト

非公開:詳細は公式サイト

主なサービス・機能

・転職お役立ち情報

・エージェントサービス

・履歴書、職務経歴書の添削

利用可能地域 全国
運営会社 株式会社マイナビ

出典:マイナビエージェント公式

マスメディアン

マスメディアン

おすすめポイント
  • 6万人を超える転職支援実績
  • 専門分野に強い求人を多数保有している
  • マーケティング、クリエイティブ職のノウハウがある

マスメディアンは、広告・WEB関係に特化した転職エージェントです。

 面接では同席もしてくれるため、質問しにくい内容を代理で聞いてくれます。

経営者や採用担当者から直接人材に関する相談を受けることもあるため、転職市場に出ていない企業を紹介してもらえることもあります。

広告業界の相談を受けることが得意なキャリアコンサルタントが悩みを解決してくれるでしょう。
公開求人数※2021年11月30日時点

公開:3,475件

非公開:ー

広告の公開求人数※2021年11月30日時点

公開:953件

非公開:ー

主なサービス・機能

・転職成功ガイド

・個別相談会、セミナー

・面接対策

利用可能地域 全国
運営会社 株式会社マスメディアン

出典:マスメディアン公式

まとめ

この記事では、未経験から広告業界への転職を目指す際に公開しないポイントや、成功させるためのポイントを紹介してきました。

広告業界は倍率が高く、難易度が高い傾向にありますが、自分の特徴を理解して企業分析をすることで採用の可能性を高められます。

未経験から広告業界を目指すにあたり、一人で進めるには分からないことや不安もあるでしょう。

そのような場合は、広告業界の転職に詳しいプロのアドバイザーに相談することがおすすめです。広告業界の実情を聞くことでどの企業がいいのか具体的に見えてきます。

一人で悩んだときは、まず相談してみてはいかがでしょうか。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事