無資格でも介護職に転職できる?おすすめの資格や注意点を解説

人材不足や激務などネガティブなイメージの多い介護職ですが、無資格でも採用される可能性が高いことから、転職先として検討する方も増えています。

しかし「無資格でも介護職に転職できる?」「介護職に転職するときの注意点はなに?」といった疑問が出てくるのではないでしょうか。

そこで本記事では、介護職の業務内容から転職がおすすめの理由、注意点や取得しておくと良い資格について解説していきます。

これから介護職に転職を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

無資格でも介護職に転職できる?

日本の高齢化は年々進んでおり、介護職に関するニーズは高まっているため、完全未経験・無資格でも介護職に転職可能です。

例えば、老人ホーム入所者の介護や自宅で療養している高齢者のサポートなどは、資格がない方でも問題なく活躍できるでしょう。

 自宅療養で介護を必要としているケースは増えているため、求人はじゅうぶん存在します。

また、デイサービスや老人ホームなどに介護関連の資格保有者が勤務している場合、無資格者でも身体介護業務が可能です。

介護職は無資格でも転職できるため、異業種に勤務している方にもおすすめです。

中には資格が必要な業務もある

無資格でも転職できる介護職ですが、業務内容によっては法律で資格の取得が義務付けられている場合があります。

 例えば、老人ホームで入浴介助や移乗介助など、利用者の体に直接触れる介護業務に関しては、資格を取得していなければ対応できません。

基本的な介護業務をするならば「介護職員初任者研修」、高度な介護業務をするならば「介護福祉士」の取得を目指しましょう。

また、訪問介護に関しても家事支援や生活補助はできますが、利用者の体に触れる業務は無資格の方は対応不可となります。訪問入浴サービスに限っては、無資格でも身体介護が可能です。

なお、デイサービスや老人ホームによって、無資格で対応できる業務が異なりますので注意しましょう。

高度な介護や専門的な知識をみにつけたい場合は、資格を取得するのがおすすめです。

介護職の主な3つの業務内容

介護職の業務内容は、大きく以下の3つに分けられます。

介護職の業務内容
  • 身体介護

  • 生活援助

  • メンタルケア

1. 身体介護

身体介護とは、利用者の体に触れて介護・サポートを行うことです。具体的な業務内容は、以下の通りです。

  • 食事、排泄、入浴介助
  • 更衣介助
  • 整容介助
  • 服薬介助
  • 体位変換
  • 移乗、移動介助 など

身体介護は、基本的に介護関連の資格を保有していなければ対応できず、無資格の場合は注意が必要です。

施設によっては、有資格者が在籍していれば身体介護ができることもあります。

2. 生活援助

生活援助とは、高齢者や介護が必要な人の自宅で介護や生活のサポートを行うことです。具体的な業務内容は、以下の通りです。

  • 洗濯
  • 掃除
  • 調理
  • 買い物
  • 移動介助 など

介護者の体に直接触れることがないため、無資格でも対応できる業務が多い点が特徴です。

また、一対一の業務になりますので、介護経験がない方でも、比較的簡単に対応できるでしょう。

未経験の介護業務に不安がある場合は、生活援助を経験してみると良いでしょう。

3. メンタルケア

メンタルケアとは、デイサービスや老人ホームの利用者に対してカウンセリングの実施や、レクリエーションの企画を行う業務です。

実際に利用者の介護行うことは少なく、メンタル部分の改善がメインの業務となります。ただし、リハビリなども業務に含まれるため、利用者と全く触れ合わないわけではありません。

 また、メンタルケアは専門的な医療知識が必要なシーンが多いため、介護・医療関連の資格取得が求められます。

身体介護や生活援助を行いながら、メンタルケアに必要な資格を勉強すると良いでしょう。

介護職への転職がおすすめな理由5つ

介護職への転職がおすすめな理由は、大きく分けて以下の5つが挙げられます。

介護職への転職がおすすめな理由
  • 採用率が高い
  • 性別や年齢が関係ない
  • 親の介護にも役立つ
  • 職場復帰しやすい
  • 将来的な需要が高い

1. 介護職は採用率が高い

介護職は年々需要が高まっている職種ですが、慢性的な人材不足が懸念されているため、未経験でも比較的採用率が高い傾向にあります。

専門的な知識や技術というよりも、体力面・やる気部分を重視されることが多く、無資格でも問題なく転職が可能です。

 職場での人間関係が重要な職種でもあるため、コミュニケーション能力を重視する施設も多いようです。

また、日本は大都市・地方どちらとも高齢化が進んでいるので、どのエリアでも介護職として転職できる確率が高いでしょう。

大都市ではなく地方で転職を考えている方にとって、おすすめな職種です。

地方移住を考えている場合は、介護職への転職を検討してみてください。

2. 介護職なら性別や年齢が関係ない

介護職は性別や年齢に関係なく活躍できる職場が多く、20代の若い世代だけではなく、60〜70代の方でも現場で業務に出ています。

やる気やコミュニケーションスキルさえあれば、働き続けることが可能です。

 性別や年齢に関係なく働き続けられるのは、介護職の最大の特徴と言えるでしょう。

また、業務内容やシフトの融通が効きやすく「日中だけ」や短時間の訪問介護など、複数の働き方の中から、自分にあった選択が可能です。

さらに、24時間体制で介護サービスを提供している老人ホームの場合、夜間専門スタッフとして勤務すれば、高給与・高待遇で勤務できることもあります。

性別や年齢に関係なく、自分の希望する働き方を選択できるでしょう。

3. 親の介護にも役立つ

介護職は主に高齢者の介護やサポートがメインの業務となるため、自分の親に介護が必要な際、仕事で身につけたスキルを活かせます。

例えば、訪問介護の経験があれば、スムーズに自分の親を自宅で介護できるでしょう。

老人ホームや訪問介護を依頼する場合でも、実際に介護経験をしているのとしていないのでは、対応に差が出てくるかと思います。

 要介護状態ではなくとも、介護経験があれば、確かなスキルと知識で親をサポートできます。

自分の親は元気だと思っていても、病気や怪我を原因として、急に介護が必要になるケースは少なくありません。

そのため、介護を通して人の役に立ちたいと考えている場合は、自分の親のためにも転職を検討してみてください。

介護経験があれば、本当に正しいサポートを親に行なっているのか、正しく判断できるでしょう。

4. 介護職は職場復帰しやすい

介護職は性別や年齢に関係なく働けるため、比較的職場復帰しやすい業種と言えるでしょう。

女性が一般企業に勤めている場合、産休や育休後に職場環境が悪くなってしまい、思うように職場復帰できないケースがあります。

しかし介護業界は、働く人材の7〜8割以上が女性スタッフです。なので複数の働き方を選択でき、産休や育休などの福利厚生を取得しやすい環境でもあります。

 施設の中には、人手不足が深刻で産休・育休を取得しづらい可能性もあるため、あらかじめ注意が必要です。

介護経験者が出産などを機に未経験の業種に転職する場合、育児を原因とした休暇やブランクを気にしながら、転職活動を行う必要があります。

介護業界全体で人手不足が懸念されているため、出産などで休職している場合でも、経験者として手厚く迎えられる傾向にあります。

常に求められる状態で復帰できるため、育児に関する融通も聞いてもらいやすいです。

5. 介護職は将来的な需要が高い

日本の少子高齢化は年々深刻化しているため、介護職の求人倍率も高まっています。

一般企業よりも将来的な需要が高く、普段の業務と並行して資格も取得できれば、安定したキャリアも詰めるでしょう。

 介護職の求人数が増えたとしても、減る心配はないです。

また、介護職の人材不足は社会的な問題となっており、国をあげて介護業界の福利厚生や保険制度の援助が行われています。

そのため、以前までは平均以下であった介護職の年収が引き上がっているので、安定した収入を望めます。

介護市場は衰えることないため、色を失う危険性なく働き続けられるでしょう。

介護職に転職する際の注意点

介護職に転職する際は、以下の3つの点に注意をしましょう。

介護職に転職する際の注意点
  • 労働環境や福利厚生を確認する
  • 複数の求人と比較検討する
  • 資格がなければ業務の幅が狭くなる

1. 労働環境や福利厚生を確認する

介護職に転職する際は、老豪環境や福利厚生を事前に確認しておきましょう。

老人ホームやデイサービスは施設によって経営方針や業務内容が大きく異なるため、思っていた以上の肉体労働や業務量の多さに疲弊してしまう可能性があります。

 特に女性・男性問わず、産休や育休・有給は、スムーズに取得できるか確認しておきましょう。

労働環境や福利厚生は、面接時やWeb上の口コミを確認して判断できます。また、未経験で介護職に転職する場合は、研修制度が整っているのかも重要です。

完全未経験の場合は、介護職に必要な業務や対応方法を研修で学べる環境を選択すると、スムーズに転職を成功させられます。

2. 複数の求人と比較検討する

介護職に転職する際は、複数の求人と比較しましょう。比較検討することで、自分の求める待遇や業務内容を提供している職場を見つけられます。

 介護・医療に関連する資格を保有している場合、資格の有無で別途手当が付くか確認しておくと良いでしょう。

3. 資格がなければ業務の幅が狭くなる

介護職は無資格でも十分活躍できる職種ですが、資格がなければ業務の幅が狭くなる可能性があります。

例えば、有資格者であれば身体介護が可能ですが、無資格の場合、基本的に生活援助しか対応できません

 介護関連の資格を保有しているだけで、別途資格手当が支給されることもあります。

また、資格を保有した後に転職活動を行えば、通常以上の転職成功の確率が高まります。

ある程度の専門知識やスキルを身につけた上で転職したい場合は、あらかじめ資格を取得しておきましょう。

介護職の転職におすすめの資格5つ

介護職に転職する際に役立つおすすめな資格は、以下の5つです。

介護職の転職におすすめの資格
  • 介護職員初任者研修
  • 介護福祉士実務者研修
  • 介護福祉士
  • 認定介護福祉士
  • ケアマネジャー

介護職員初任者研修

介護職員初任者研修とは、介護に必要な知識や技術を学ぶ資格です。

介護職の基礎的な部分が詰め込まれているため、未経験から介護職に転職する際は、事前に取得しておいた方が良い資格と言えるでしょう。

 実務経験がなくとも取得できる資格のため、比較的取得難易度の低い資格です。

また、通学・通信いずれかで計130時間の学習カリキュラムを受講した後の終了試験に合格した場合、資格取得が可能です。

合格までは平均3ヶ月が目安とされており、スクールによっては最短2週間で資格取得ができる場合もあります。

スクールの中にも完全通信の場合もありますので、自分のスケジュールに合わせて資格取得の学習を進めると良いでしょう。

介護福祉士実務者研修

介護福祉士実務者研修とは、介護職員初任者研修の上位資格です。

2021年現在では、国家試験の介護福祉士を受験するために必要な資格であるため、介護職でキャリアアップを目指すのであれば、取得しておきましょう。

 介護福祉士実務者研修を取得することで、訪問介護事業所に必ず必要なサービス責任者として活躍できます。

資格取得までに全20科目・合計450時間の学習時間が設けられており、専門スクールの受講が一般的です。実技試験がなくとも資格の取得は可能ですが、多くのスクールで実技研修を行なっています。

また、取得していると免除に資格も存在していますので、受講前に確認しておきましょう。

介護職のスキルアップとして、取得する人が多い資格です。

介護福祉士

介護福祉士とは、介護資格で唯一の国家資格です。

資格取得までの難易度が高く、保有者数が少ないことから老人ホームやデイサービスだけではなく、様々な施設・事業所で求められる人材になります。

また、取得しておくと他の介護関連の資格よりも高い資格手当を享受できる可能性があるため、介護職でキャリアアップを目指すのであれば、取得を目指すと良いでしょう。

 なお介護福祉士は、学習カリキュラムを受講しただけでは取得できません。

介護福祉士の資格取得条件は、以下の2つです。

介護福祉士の資格取得条件
  • 養成・専門学校の卒業
  • 3年以上の実務経験と実務者研修修了

基本的には、中学・高等学校卒業後に専門学校へ入学して卒業後に国家試験を受ける方法と、実務経験と実務者研修を取得した後に国家試験を受ける方法があります。

資格取得前には最低でも3年必要になるため、介護職に転職した後に資格の取得を目指すのであれば、実務経験中に介護福祉士実務者研修の取得から目指しましょう。

試験内容自体も他の資格と難易度が大きく異なるため、十分学習期間を設けると良いでしょう。

認定介護福祉士

認定介護福祉士とは、2015年に介護福祉士の上位資格として設立された民間の資格です。

介護関連の中ではトップクラスの資格となるため、介護福祉士を取得した後に目指す人が多い資格と言えるでしょう。

また、介護福祉士以上に難易度の高い資格となるため、認定介護士まで取得を目指す際は、あらかじめ取得まで必要な期間を計算しておくことをおすすめします。

 ただし、介護福祉士と給与や待遇に違いがある事業所は少ないため、取得するメリットを確認しておくと良いでしょう。

認定介護福祉士を取得するまでには、介護福祉士として5年以上の実務経験と600時間の規定研修が必要です。

研修期間終了後に試験は用意されておらず、カリキュラム終了後は自動的に資格を取得できます。

介護福祉士実務者研修の取得と合わせると10年以上の時間が必要になります。

ケアマネジャー

ケアマネージャーとは、介護保険制度に基づいてケアプランの作成や施設関係者と利用者をマネージメントする際に必要な資格です。

介護に関する専門的な知識や介護保険制度についても把握しておく必要があり、資格取得までの難易度が高いことから介護関連においてはトップクラスの資格と言えるでしょう。

また、ケアマネージャーを取得することで、専門職に従事可能な場合や高待遇で勤務できる可能性が高いです。

 取得するだけで、様々な方面への転職も可能になるため、キャリアアップを目指すなら取得を検討しましょう。

資格取得までに5年以上の実務経験が必要になり、都道府県が実施している研修受講後の試験に合格することで取得できます。

最低でも5年以上介護職での実務経験が必要になるため、資格受講前は確認しておきましょう。

まとめ

この記事では、介護職の業務内容から転職がおすすめの理由、注意点や取得しておくと良い資格について解説しました。

介護職は今後も需要がある業種のため、職を失うリスクが非常に少ないです。

また、介護関連の資格を取得することで、給与・待遇面のキャリアアップも可能です。

介護職は未経験でも転職しやすいため、気になる方は本記事を参考に転職を検討してみてはいかがでしょうか。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事