40代 平均年収

社会人として経験豊富な年代とも言える40代。「40代の平均年収を知りたい」「自分の給料が周囲と比べて高いか低いか知りたい」という方も多いのではないでしょうか。

この記事では、40代の平均年収を詳しく紹介。年齢・男女別の平均年収はもちろん、学歴・業界・雇用形態などジャンル別に40代の年収を深掘りします。

さらに40代から年収アップを目指す方法やおすすめの転職エージェントも紹介していますよ。

【男女・年齢別】40代の平均年収

【男女・年齢別】40代の平均年収

さっそく40代の平均年収を男女別・年齢別に解説します。わかりやすく表でまとめていますので、ぜひチェックしてみてください。

【男女別】40代の平均年収

全体 男性 女性
510万円 573万円 403万円

出典:https://doda.jp/guide/heikin/age/

40代の平均年収は全体を見ると510万円です。しかし、男女それぞれの平均年収を見ると男性が573万円、女性が403万円と約170万円も違うことがわかります。

女性は男性に比べて、非正規雇用の割合が高い※1のが特徴です。非正規雇用の割合の高さが平均年収の差に繋がっていると推測できます。

※1 出典:https://www.gender.go.jp/about_danjo/whitepaper/h30/zentai/html/zuhyo/zuhyo01-02-06.html

【年齢別】40代の平均年収

年齢 平均年収
全体 男性 女性
40歳 492万円 549万円 399万円
41歳 495万円 552万円 401万円
42歳 506万円 567万円 402万円
43歳 503万円 567万円 397万円
44歳 510万円 571万円 406万円
45歳 512万円 575万円 405万円
46歳 516万円 581万円 403万円
47歳 518万円 582万円 406万円
48歳 527万円 593万円 403万円
49歳 549万円 615万円 415万円

出典:https://doda.jp/guide/heikin/age/

年齢別に40代の平均年収を見ていくと、全体的には年齢と比例して平均年収も高くなることが分かります。一方で、女性は年齢と平均年収に大きな相関関係は見られません。

男性の場合だと、49歳で平均年収が600万円を超えます。自分の年収が世間的に高いか低いか判断する際は、年齢別の平均年収を参考にするのもひとつの手です。

年齢別の平均年収より低い場合は、転職を検討しても良いかもしれません。

【業界別】40代の平均年収

【業界別】40代の平均年収

業界によっても40代の平均年収は異なります。業種別にみる40代の平均年収は以下の通りです。

業種 平均年収
IT/通信 599万円
金融 581万円
メーカー 553万円
メディカル 540万円
総合商社 538万円
専門商社 522万円
インターネット/広告/メディア 518万円
建設/プラント/不動産 501万円
小売/外食 449万円
サービス 443万円

出典:https://doda.jp/guide/heikin/age/

あらゆる業種の中で40代の平均年収が高いのがIT企業通信企業です。

 IT業界は人手不足が問題になっており(※2)、加えて専門的な知識や技術が必須のため給料が高くなっていると予測できます。

IT系の職種で注目はシステムエンジニアです。IT社会の拡大に伴って需要の高まりが期待できるのはもちろん、技術職なので実力次第で昇給も狙えます。

IT以外に目を向けると「金融」「メーカー」「メディカル」も、平均年収が比較的高い業種です。今より収入アップを目指す方は、平均年収が高い業界に絞って転職するのも良いでしょう。

業種が違うだけで同じ40代でも平均年収に大きな差があることが分かりますね。

【学歴・雇用形態別】40代の平均年収

40代の平均年収を左右するもののひとつとして、学歴や雇用形態があります。ここでは、学歴や雇用形態別の平均年収を確認しましょう。

【学歴別】40代の平均年収

【学歴・雇用形態別】40代の平均年収

学歴別にみる40代の平均年収は以下の通りです。

学歴 40代前半 40代後半
大学院卒 698万円 784万円
大学卒 582万円 646万円
高専・短大卒 504万円 547万円
専門学校卒 448万円 492万円
高校卒 436万円 467万円

出典:https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2020/dl/03.pdf

学歴別に40代の平均年収の違いを見ると、大学卒・大学院卒は高卒や専門学校卒に比べて高収入なことが分かります。また、大学卒・大学院卒は年齢に比例して年収も高くなっています。

40代前半→40代後半の年収アップ額
  • 大学院卒(86万円)
  • 大学卒(64万円)
  • 高校卒(31万円)

学歴によって平均年収に差が出る原因のひとつが雇用形態の差です。一般的に低学歴の方ほど非正規雇用になりやすい傾向にあります。※3

学歴だけで収入が決まるわけではありませんが、学歴と平均年収には一定の相関関係があるのも事実です。
※3 出典:https://www.cao.go.jp/zei-cho/content/20150827_27zen17kai4.pdf

【雇用形態別】40代の平均年収

【学歴・雇用形態別】40代の平均年収

雇用形態別でみる40代の平均年収は以下の通りです。

年齢 性別 正社員 正社員以外
40代前半 男性 515万円 323万円
女性 402万円 273万円
40代後半 男性 559万円 336万円
女性 413万円 270万円

出典:https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2019/dl/06.pdf

雇用形態別に平均年収を見ると、正社員の方が正社員以外の平均年収よりも全体的に約200万円ほど高くなっています。

正社員の方が平均年収が高い主な理由としては、求められる責任や負担の差が挙げられるでしょう。

 与えられる役割が大きくなるほど、スキルや経験にも差が出るかもしれません。

また、正社員の方が賞与や有給、退職金、福利厚生などしっかりしている傾向にあります。こうした労働条件や環境の違いが年収に関係していると推測できます。

【地域・企業規模別】40代の平均年収

地域によって物価や最低賃金が異なるよう、平均年収も地域によって差があります。また、企業規模によっても平均年収は変わってきます。

【地域別】40代の平均年収

【地域・企業規模別】40代の平均年収

地域別にみる40代の平均年収は以下の通りです。

エリア 平均年収
全体 男性 女性
関東 429万円 478万円 366万円
東海 400万円 442万円 325万円
関西 389万円 436万円 328万円
中国・四国 381万円 416万円 316万円
北信越 376万円 409万円 311万円
北海道・東北 371万円 404万円 310万円
九州・沖縄 369万円 407万円 310万円

出典:https://doda.jp/guide/heikin/age/

地域別の40代の平均年収は首都圏になるにつれて高くなっていることがわかります。

 首都圏には大手企業や外資企業の本社も多く集まっています。

一般的に企業が集まっているエリアほど選べる職も豊富です。また、首都圏は最低賃金も他の地域よりも高い傾向にあります。※4

首都圏は物価も高い傾向にあるので、生活水準自体は地方と大きく変わらないでしょう。
※4 出典:https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/minimumichiran/

【企業規模別】40代の平均年収

【地域・企業規模別】40代の平均年収

企業規模別でみる40代の平均年収は以下の通りです。

企業規模 40代前半男性 40代後半男性
大企業 568万円 622万円
中企業 481万円 523万円
小企業 445万円 467万円

出典:https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2019/dl/04.pdf

企業規模ごとの平均年収を比較すると、企業規模が大きくなるほど年収も高くなる傾向にあります。

 また、中企業・大企業は40代前半から40代後半にかけ50万円ほど大幅な年収アップも見込めます。

現状、中小企業で働いていて年収に満足していない方は、規模が大きい企業への転職もひとつの手です。ただし、企業規模が大きく給与が高い会社だからと言って必ずしも働きやすいとは限りません。

転職する際は、福利厚生や労働環境までよく考えましょう。

40代の年収アップには転職がおすすめ

40代の年収アップには転職がおすすめ

40代で年収アップを目指すなら転職がおすすめです。ここでは、年収アップを目的とした転職のポイントを解説します。
40代が転職で年収アップするポイント
  • 平均年収が高い業界に転職する
  • 成長業界の成長企業に転職する
  • 首都圏の企業に転職する
  • 福利厚生を重点において転職活動をする

平均年収が高い業界に転職する

40代の年収アップには転職がおすすめ

年収はスキルやキャリアの市場価値と、業界の収益力に比例するのが一般的です。

 業界全体の収益力が高ければ人件費にお金を回せる余裕もあるので、給料アップも期待できます。

この記事でも紹介しましたが、平均年収が比較的高い業界は「IT/通信」「金融」などです。

転職する際には、業界から先に決めても良いかもしれません。

成長業界の成長企業に転職する

40代の年収アップには転職がおすすめ

40代の転職で年収アップを目指すなら、成長業界の成長企業に転職することもおすすめです。業界全体として勢いがあることはもちろん、成長企業であれば業績に期待できるぶん高収入を目指せます。

成長業界・成長企業の見つけ方
  • 成長業界
    →市場規模の推移を調査
  • 成長企業
    →業績の推移を調査

2021年時点で好況が期待できるのは「情報サービス」業界※5です。新型コロナウイルスの影響でIT化が加速した背景もあり、さらなる成長が期待できるでしょう。

収入アップを目指して転職するなら、業界や企業の分析が欠かせません。

※5出典:https://www.smbc.co.jp/hojin/report/resources/pdf/1_00_CRSDOutlook.pdf

首都圏の企業に転職する

40代の年収アップには転職がおすすめ

地域別40代の平均年収でも紹介したように、首都圏ほど平均年収が高い傾向にあると言えます。

 同じ業界の同じポジションであっても首都圏ほど高い収入を目指せるかもしれません。

確かに物価や家賃などは地方に比べて高い傾向にありますが、それ以上に年収が上がればプラスの選択です。現在、地方で働いている方は首都圏への転職も候補のひとつと言えるでしょう。

首都圏に転職する際は生活コストも計算しておくことが大切です。

福利厚生に重点を置いて転職活動をする

40代の年収アップには転職がおすすめ

40代で転職する際は、年収を上げるだけでなく福利厚生に重点を置くことも大切です。

チェックしたい福利厚生のポイント
  • 家族手当
  • 住宅手当
  • 残業手当
  • 食事補助
  • 資格手当
  • 特別休暇 

年収だけを気にしていると福利厚生を見落としてしまいがちです。しかし、福利厚生は収入だけでなく、生活水準や働きやすさに関わる重要な要素です。

 福利厚生が充実していないと、思ったより生活の質が向上しない可能性もあります。

一方、手厚い福利厚生があれば、年収が変わらずとも生活の質や満足度は向上するかもしれません。お金に関しては、手当でカバーできる部分もあるでしょう。

生活の質や満足度の向上まで視野に入れた転職活動がベストですよ。

40代・年収アップにおすすめの転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントのおすすめポイント
  • 業界最大級の非公開求人公式サイトより
  • 幅広い業種・職種に対応している
  • 対企業への交渉サポートが充実
  • 地方にも拠点がある

リクルートエージェントの非公開求人数は業界最大級です。さらに幅広い業種・職種の求人があるので、年収に重点を置きつつ様々な求人を見てみたいという方におすすめです。

 業界大手ということもあり対企業への交渉力も期待できます。

全国展開していて全国各地に拠点があるので、地方でも対面でコンサルタントと話し合うことができます。

選択肢が豊富なぶん年収アップを実現できる可能性も高いでしょう。
サービス利用料 無料

非公開求人数
※2021年8月27日時点

約100,000件以上

主なサービス内容
  • エージェントサービス
  • 職務経歴書エディター
  • 面接力向上セミナー
  • 担当者面談
運営会社

株式会社リクルートエージェント

出典:https://www.r-agent.com/

doda

doda

dodaのおすすめポイント
  • 業種別・職種別の専門サイトがある
  • 求人数が約12万件以上と豊富
  • スカウト機能がある
  • doda年収査定機能がある

dodaは、業種別・職種別の専門サイトがあるので転職希望先がある程度まで決まっている人におすすめです。

 dodaは中小企業の求人だけでなく年収アップが望めるような大手企業の求人も多く充実しています。

スカウト機能では一般には公開されていない独占求人からオファーが来る可能性もあります。思いがけず希望に沿った年収の企業からスカウトがくるかもしれません。

年収査定機能によって、自分のスキルやキャリアの転職市場価値がどれくらいあるかを知ることができるのも、dodaのポイントです。

幅広いノウハウを兼ね備えたアドバイザーが在籍しているので、年収アップを一緒に目指せますよ。
サービス利用料 無料

求人数
※2021年8月27日時点

約120,000件以上
※非公開求人含む

主なサービス内容
  • エージェントサービス
  • スカウト
  • パートナーエージェントサービス
  • 転職ノウハウ
  • 転職Q&A
運営会社

パーソルキャリア株式会社

出典:https://doda.jp/

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアの主なおすすめポイント
  • 独占求人が豊富
  • 転職者の年収アップ率67.1%公式サイトより
  • 手厚いサポートとアドバイス
  • ハイクラス向け転職支援サービスあり

パソナキャリアは独占求人を豊富に取り扱っているので、年収アップを目指せる求人に出会える可能性があります。

 転職者の年収アップ率は67.1%にも及びます。

さらに、管理職や役員クラスの求人に特化した「パソナキャリアハイクラス」という転職支援サービスも展開。ハイクラス向け転職サービスとしてもおすすめです。

また、パソナキャリアはサポート体制も力を入れています。キャリアアドバイザーが企業との打ち合わせに同席しているので、エージェント利用者に企業の生の声を届けられます。

数字として年収アップの実績があるのは心強いですね。
サービス利用料 無料

求人数
※2021年8月27日時点

約50,000件以上
※非公開求人含む
主なサービス内容
  • 求人検索
  • エージェントサービス
  • スカウト
  • キャリアカウンセリング
運営会社 株式会社パソナ

出典:https://www.pasonacareer.jp/

まとめ

ここまで40代の平均年収について詳しく解説してきました。40代全体の平均年収は約510万円ですが、男女や業種地域別によって年収に開きがあります。

自分の収入が適正か判断する際は、属性や年齢ごとの平均年収を確認してみてください。

また、40代で年収アップ目指すのであれば転職がおすすめです。転職先として年収が高い業界や成長中の業界を目指すのもひとつの手でしょう。

40代の平均年収を正しく理解して、ぜひ今後のキャリアプランを考えてみてください。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事