年収300万円の人はどれくらいいる?手取りや生活レベルも紹介

年収300万円の人がどれくらいの割合いるのか気になるという方や年収300万円の人の生活レベルについて知りたいという方は多いのではないでしょうか。

本記事では労働者の内の年収300万円の人の割合や生活、結婚、住宅ローンなどについて解説していきます。

年収300万円の方にはどんな職種が多いのか、現在よりも年収を上げるためにできることも紹介しますので、気になる方は最後まで記事をご覧ください。

年収300万円以下の割合は、他の年収の割合と比較しても多いと予想されています。

年収300万円はまし?年収300万円の手取り金額を紹介

年収300万円はまし?年収300万円の手取り金額を紹介

年収300万円の会社員の人の手取りの給料は、税金や保険料がかかってくることもあり、実際には300万円には及びません。ここでは年収300万円だった場合の手取りがいくらなのかを紹介し、年収にかかってくる税金の種類も紹介していきます。

手取りとは、額面の給料から所得税や健康保険料などが差し引かれた後に実際手元に残るお金のことです。

年収300万円の場合の手取りはいくら?

年収に対する手取り額の金額を表したものが、以下となります。

年収 手取り
300万円 239万円
310万円 247万円
320万円 255万円
330万円 261万円
340万円 270万円
350万円 278万円
360万円 286万円
370万円 293万円
380万円 300万円

出典:https://www.musashi-corporation.com/wealthhack/annual-income-net-income

この表を確認すると、年収300万円の場合の手取りの給料は約240万円となり、1ヶ月あたりの手取りは20万円程度となります。

ちなみに新卒の手取り金額は、約17万円が日本の平均となっています。

月の手取りが20万円と聞くと、年収300万円と言ってもそこまで高額ではないと感じる方も多いのではないでしょうか。

手取りの金額は収入が増加するにつれて増加していき、年収350万円の方は約280万円、年収400万円を超えるとおおよそ315万円が手取り金額となります。

年収が500万円以上は約390万円、年収が1,000万円を超える方の手取り金額は約700万円です。

 収入が増加するにつれて、支払う税金の金額は大きくなりますが、手元に残る金額も多いという点は理解しておくようにしましょう。

年収にかかってくる税金を紹介

年収に対してかかってくる税金や保険には、大きく分けて以下の4つがあります。

年収に対してかかってくる税金や保険
  • 税金(所得税・住民税)
  • 厚生年金保険料
  • 健康保険料・介護保険料
  • 雇用保険料

最初に考慮する必要があるのは「税金」です。

日本では給与等の収入金額が増加するにつれて、所得税率も高くなるように設定されており、年収300万円の方の税率は10%となっています。

所得税以外には、住民税が一律10%課税されるという点も理解しておきましょう。

所得税には税率以外にも控除金額が設定されており、年収300万円の方の控除額は97,500円です。

また、サラリーマンは税金以外の保険料も支払う必要があり、主に

  • 厚生年金保険料
  • 健康保険料
  • 雇用保険料

の3つが給料から引かれることになります。

 厚生年金保険料は税引き前にもらった給料の9.15%、健康保険料率は勤務先の会社と個人が折半することになるので約5%です。

また、フリーランスや個人事業主の方も、サラリーマンと同様に所得税や住民税を支払う必要があります。

国民健康保険料などを踏まえると、年収300万円を稼ぐフリーランスの手取りは260万円前後となっており、サラリーマンより手元に残る金額は若干多くなっている点が特徴です。

年収300万円の場合の生活レベルは?

ここからは、年収300万円の方がどのくらいの生活レベルを送ることができるのかについて、詳しく解説していきます。

年収300万円の方は、日常生活で少し節約をしなければならない部分もありますが、無理なく遊べて貯金をすることも可能です。

年収300万円の方が一人暮らしをしている場合と、結婚をしている場合の両方の家計簿を確認していきましょう。

年収300万円で一人暮らしをしている場合の生活

上述のように、年収300円の場合の1ヶ月あたりの手取り金額は20万円となります。それを踏まえて支出を一覧にしたものが、以下の通りです。

家賃 6万円
水道光熱費 1万円
食費 3万円
通信費 1万円
交際費 2万円
雑費 2万円
貯金 5万円
合計 20万円

出典:https://www.recme.jp/careerhigh/entry/annual-income-300

家賃6万円前後の家に住んでいる場合、雑費や交際費に4万円近くかけたとしても、毎月5万円程度は貯金することができます

家賃が安い地方に住んでいる方など、上記想定よりも費用をかけずに余裕で生活できるという方も中には多いのではないでしょうか。

東京における1年間の家賃は109万2,000円、地方における1年間の家賃は61万2,000円となっており、年間40万円以上の差が出るというデータもあります。

ただし、1ヶ月の食費が3万円とかなり少ない金額を想定しているため、なるべく外食は控えて、自炊を中心とした食生活を送ることが重要となります。

また、上記は一人暮らしの場合を想定しており、実家で家族と生活している場合に関しては、ここからさらに家賃や食費を抑えることが可能です。

 お金の使い方によっては月10万円以上を貯蓄に回すこともできるため、独身の方が年収300万円稼いでいれば、そこまで無理なく生活していけるでしょう。

年収300万円で結婚している場合の生活

年収300万円・手取りが月20万円の方が結婚している場合、支出の内訳の例は以下の通りです。

家賃 6万円
水道光熱費 1万円
食費 4万円
通信費 1万円
交際費 2万円
日用品 1万円
保険料・医療費 1万円
貯金 3万円
衣服・理髪費 1万円
合計 20万円

出典:https://www.recme.jp/careerhigh/entry/annual-income-300

上記からお分かり頂けるように、結婚しているという方にとっては、年収300万円で家計をやり繰りするのは簡単ではないと言えます。

 家賃の6万円は都心を離れた地域であれば、1LDKでも探すことができますが、外食費を併せた食費4万円はかなりギリギリと言えるでしょう。

その他通信費などは、格安SIMの家族プランに加入し費用を抑えたり、衣服もそこまでお金をかけられないでしょう。また、子供が生まれればさらに養育費もかかってくるため、共働きが基本となると言えるのではないでしょうか。

結婚して子供がいるという場合は、将来のことを考えた上で貯蓄を行っていくことも重要となっていきます。

将来の貯蓄のこと等を踏まえて、20代や30代前半で結婚している世帯では、共働きしている夫婦多くなっています。

年収300万円の人に関するデータを紹介

年収300万円の場合、一人暮らしの人であれば余裕で生活することができ、結婚している人であれば共働きが視野に入ってくるでしょう。では実際に、年収300万円の方がどれくらいの割合いるのか気になる方は多いのではないでしょうか。

ここでは、年収300万円の人の割合について解説していきます。40代で年収300万円代の方や、女性で年収300万円代の方がどれだけいるのかについても紹介しますので、気になる方は内容をご確認下さい。

年収300万円以下の人の割合は想像以上に多くなっています。

年収300万円の人の割合は?

年収 割合
100万円以下 8.1%
100~200万円 13.7%
200~300万円 15.2%
300~400万円 17.2%
400~500万円 14.9%
500~600万円 10.2%
600~700万円 6.5%
700万円~ 14.2%

出典:https://ten-navi.com/hacks/salary-8-8055

国税庁が2019年に行った「平成30年分民間給与実態統計調査結果」によると、全労働者の約40%の人が年収300万円以下であることが判明しました。

年収別に細かく割合を確認すると「年収100万円以下」の人が8.1%、「年収100~200万円」の人が13.7%、「年収200~300万円」の人が15.2%となっています。

 年収200万円以下の人だけでも、全体の20%程度の割合であることが分かります。

また、最も割合が高いのは「年収300~400万円」の17.2%となっており、年収が400万円を超える人は、高い給料をもらっていると考えられるでしょう。

年収300万円の方の割合を人口にすると、約1,860万人となります。

平成30年以前の調査結果を確認すると若干ではありますが、給与額は増加している傾向にあります。

しかし、アルバイトやパートなどの非正規雇用者の割合が増加していることもあり、日本全体の給料が劇的に改善されることは考えづらいのが現状です。

年収300万円の40代の方はどれくらいいる?

年収300万円以下の人の年齢を確認すると、20~30代の人の割合が高くなっており、40代以降の割合は低くなっているという特徴があります。

40代の方の平均年収は、482万円となっており、正社員として働いている方であれば年収500万円を超えている方も多いです。

また40代の男性に限定すれば、年収300万円を超える人の割合は約75%となり、4人に3人は年収300万円を超えていることになるため、40代で年収300万円の方は平均よりも収入が低いと言えるのではないでしょうか。

 40代で正社員として働いているけど年収が300万円以下という人は、副業を開始したり、転職を視野に入れたりするなどの動きを見せるのもよいかもしれません。

年収300万円の女性の割合を紹介

年収300万円の女性の割合を紹介

近年は会社の育児休暇の制度の充実に伴い、会社内で昇進できる女性の数も増加傾向にありますが、男性と女性の年収には大きな開きがあるのが現状です。

2018年に国税庁が行った調査によると、女性の平均年収は293万円となっており、平均で年収300万円には到達していないことが明らかになりました。そのため、女性で年収300万円を超えているという人は全体の平均よりも高い年収を手にしていると言えます。

女性の平均年収が293万円であるのに対して、男性の平均年収は545万円となっています。

また、女性の場合は男性と異なり、最も年収が高くなるのは20代後半であることも明らかになりました。このデータは、結婚し、出産された人の中には、正社員として職場に復帰しない方も多いということを示唆しているのではないでしょうか。

 女性が高い年収を手にするためには、営業職や専門職といった男性の平均年収が高い仕事をするかどうかが、大きなポイントになっています。

※出典:平成30年分民間給与実態統計調査結果について

年収300万円の人が結婚するのは難しい?結婚後の生活についても解説

年収300万円の人が結婚するのは難しい?結婚後の生活についても解説

年収300万円の男性であれば、結婚することは難しいと考える方も多いのではないでしょうか。

しかし、年収300万円でも収入以外の魅力を女性に伝えることはできますし、結婚後に関しても共働きであれば、ある程度の余裕を持った生活を送ることが可能です。

ここからは、年収300万円の人の結婚について解説していきます。

年収300万円でも年齢によって、女性の印象は大きく変わるという点は理解しておきましょう。

年収300万円の男性が結婚するには?

男性の年収300万円に関しては、結婚しようと考えている人の年齢によって大きく印象が変わることになります。

女性からすると20代前半の男性の年収が300万円であれば、あまり気にならないことが多いですが、30代を超えて年収300万円であれば、結婚対象から外れてしまうという場合も考えられるでしょう。

 一部の調査では、女性が男性に求める年収は500~600万円が最も多くなっています。

しかし、女性が男性を判断する基準は年収だけではありません。

貯金額や顔・性格なども重要なポイントとなるため、自らの魅力が相手に伝わるように工夫しましょう。

年収300万円で結婚したいという方は共働きも視野に入れる

年収300万円で結婚したいという方は共働きも視野に入れる

上記でも説明しましたが、年収300万円の場合は結婚してからの生活に余裕が持てなくなる可能性が高いです。そのため、結婚後は共働きをせざるを得ないでしょう。

総務省統計局が発表したデータによると、日本の共働き世帯は全体の6割近くに上るそうです。

共働きであれば、比較的家賃が高めの住居に引っ越したとしても、一人暮らしよりも生活費が安くなる可能性があり、生活が苦しくなることはありません。

年収300万円で住宅ローンを組むことは可能?

年収300万円で住宅ローンを組むことは可能?

年収300万円の人で、マイホームを建てたいと考えており、住宅ローンを組めるか不安という方は多いのではないでしょうか。ここでは、年収300万円の人が住宅ローンを組む際のポイントについて解説していきます。

年収300万円の人がローンを組むためのポイントは?

年収300万円の人がローンを組みたい場合に関しては、平均より年収が低いこともあり、審査に通りにくいという可能性があります。

住宅ローンを組む人の中で年収が400万円以下の方の割合は7.5%となっており、これは少ない数字であると言えるのではないでしょうか。

 年収300万円の人が住宅ローンを借りようとする際に重要となるポイントは、頭金をなるべく多く用意することです。

頭金は一般的には、住宅購入価格の20%と言われていますが、それ以上の金額を用意しておくことで、審査を追加する可能性は高まるでしょう。

住宅ローンの中には、借りやすい種類もありますので、ご自身に合った提案を窓口で受けることも重要です。

また、年収300万円の人が住宅ローンを借りる場合には、住宅ローンを借りる本人と配偶者の収入を合算して申請できる収入合算という方法も取ることができます。

収入合算をすることで、住宅ローンの審査にも通りやすくなりますので、住宅ローンという点で考えても共働きは有利と言えるのではないでしょうか。

年収300万円の住宅ローンの毎年の返済額を紹介

年収300万円の住宅ローンの毎年の返済額を紹介

年収300万円であれば、借入可能な住宅ローンの金額は1,500万円程度になります。また、返済比率は年収の25%が目安と言われているため、この2点を踏まえると月々の返済額は60,000~65,000円程度になるでしょう。

この金額であれば、マンションやアパートに住んだ場合の家賃と比較しても大差はないため、生活に支障が出る可能性も低いのではないでしょうか。

上記の金額を35年近くかけて毎月支払っていくことなります。

年収300万円の方が住宅の購入を検討する場合に関しては、綿密な返済計画を立てた上で、借入をすることが重要となるため、事前に火災保険や家具・家電の購入についも考慮しておきましょう。

年収300万円の人はどんな職業?

年収300万円の人はどんな職業?

年収300万円を稼ぐ人の中にはどのような職業に就いている方が多いのか、気になっているという方は多いのではないでしょうか。ここでは年収300万円の人に多い職業について解説していきます。

年収300万円を稼げる仕事は下記以外にも様々ですので、参考として確認頂けると幸いです。

今回紹介する職業以外では、営業職や医療専門職、福祉専門職といった職業も年収300万円を超える職業として人気を集めています。

年収300万円の職業① 事務・管理業

年収300万を稼いでいる方は、アルバイトやパートといった非正規雇用ではなく、正社員の人の割合が高くなっています

 その中でも最も多かったのが、事務や管理の仕事をしている人です。

事務や管理の仕事については、特定の業界の事務職に年収300万円の人が多いというわけではなく、メーカーやサービス業、小売業など様々な業界の方が、この年収に該当しました。

事務職よりは、顧客と直接やり取りをする総合職の方が給料は高い傾向にあります。

年収300万円の職業② サービス・飲食・販売業

年収300万円の職業②サービス・飲食・販売業

年収300万円の職業2つ目はサービス業や飲食業です。ここには、ショップの店員やホテルの受付の人が該当する他、コールセンターのオペレーターも含まれています。

サービス業や飲食業、販売業は業種だけでなく会社によっても業務量が大きく異なる特徴があります。

こちらの業界は、学生のアルバイトや主婦のパートも多くなっていますが、年収300万円を超えるためには、正社員として働くことが重要な意味を持ってくるでしょう。

年収300万円の職業③ 技能工

最後に紹介する年収300万円の職業が、技能工です。

技能工とは、建築現場の現場作業員や製造業で働く工場の作業員のことを指し、基本的医は自らの体を動かす体力仕事が多くなっています。

 技能工に関しては、基本給が上がりにくいという特徴や賞与がもらえないという特徴があり、年収300万円以上を稼ぐのは簡単ではありません。

しかし、自らのスキルが向上すれば、評価して昇進をさせてくれる会社もあるため、実力が物を言う職業であると言えるのではないでしょうか。

技能工の中には、年収1,000万円を超える会社も存在するようです。

まとめ

この記事では年収300万円の人の生活や手取りの給料、割合などについて解説してきました。

 年収300万円以下の人は、日本の労働人口の約4割を占めており、決して少ない数字ではありません。

また、1人暮らしの方であれば生活が苦しくなる可能性は低いですが、結婚して子どもができる場合は、夫婦共働きも視野に入れる必要があるでしょう。

年収300万円以上になりたいという方は、転職を検討するのも有力な選択肢となります。

この記事が年収300万円の人の生活などについて知りたいという方の参考になれば幸いです。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事