手取り20万で一人暮らしはきつい?額面年収から出せる家賃を計算

収入を考える際、確認しておきたいのが手取りです。額面給与と異なり、手元に入ってくる金額のため気になる方も多いでしょう。

今回は、手取り20万円にスポットを当てて紹介。手取り20万円の方の額面年収、一人暮らしの場合の家賃や生活費についてなど、気になるポイントを徹底解説しています。

手取り20万円から年収アップを目指す方法もまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

手取り20万円の額面給与はいくら?年収・月収の内訳を紹介

手取りとは毎月の給料から各種控除が引かれた後に、実際に手元に入るお金のことです。可処分所得とも言います。

手取り20万円の額面給与(年収・月収・内訳)

では手取り20万とは、実際どのくらいの給与なのでしょうか。気になる額面年収や月収、給与の内訳などを解説します。

手取り20万の額面年収と月収

手取りで毎月20万円を手元に残すには、額面月収25万円程度が必要とされています。年収換算すると、額面年収280万円程度です。

手取り額の計算式

手取り額=総支給額−控除額

手取り額は総支給額から控除額を引くことで求められます。総支給額には、基本給や残業代のほか、各種手当て・交通費などが含まれます。

控除額とは主に税金のことです。以下、月の総支給額を25万円と仮定した場合、控除される金額の内訳(例)を表にまとめています。

総支給額25万円の控除内訳(例)

控除項目 推定控除額
健康保険 1万2,792円
厚生年金 2万3,790円
雇用保険 750円 
所得税 5,200円
控除額(合計) 4万2,532円
※注:その他、昨年の収入に応じて住民税(都道府県民税、市区町村税)が控除される場合があります。
控除額を考慮すると、手取り20万円に必要な額面給与は25万円程度であることが分かります。
手取り20万円の計算式

20万円(手取り)=25万円(総支給額)−4万2,532円(控除額)

ただし、控除額は一律同じではありません。個人の状況によって異なるため、あくまで参考程度に考えておきましょう。

手取り20万円は何歳で達成できる?

手取り20万円の額面給与(年収・月収・内訳)

手取り20万円もらうには、額面月収25万円程度が必要でした。厚生労働省が毎年発表する『賃金構造基本統計調査』を見ると、男性は25歳~29歳で、女性は35〜39歳で平均月収が25万円を超えます。

年齢 男性(平均月収) 女性(平均月収)
~19 18万3,200円 17万3,700円
20~24 21万4,600円 20万9,200円
25~29 25万2,600円 23万3,400円
30~34 28万9,200円 24万6,800円
35~39 32万8,300円 25万8,500円

出典:厚生労働省『令和2年賃金構造基本統計調査

手取り20万円から収入アップを考える際は、手取り20万円を超える平均年齢を参考にしてみるのもひとつの手です。男性の場合だと、30代で手取り20万円超えが目安になるかもしれません。

20代の多くの方が手取り20万円ということが分かりますね。

手取り20万円の生活費や家賃は?一人暮らしや貯金はできる?

一般的に給与によって変わってくるのが生活水準です。手取り20万円の生活が気になっている方も多いのではないでしょうか。

手取り20万円の生活費や家賃は?一人暮らしや貯金はできる?

そこで、手取り20万円の生活費や家賃を紹介します。一人暮らしや貯金はできるのかも解説していますので、ぜひ目を通してみてください。

実家暮らし×手取り20万円の生活

あなたが独身で実家暮らしなら、手取り20万円で比較的余裕のある生活を送ることも可能です。

 実家に毎月数万円入れたとしても、お金の使い方によっては5〜10万円程度貯金に回せるでしょう。

実家暮らしは基本的に家賃や光熱費などの固定費がかかりません。食費も安く抑えられるため、手取り20万円でも趣味や貯金にお金が使えます。

実家から通勤が可能であれば、一人暮らしにこだわる必要はないかもしれません。

一人暮らし×手取り20万円の生活

一方、一人暮らしの場合はどうでしょう。結論から述べると、一人暮らしで手取り20万円だとキツイと感じることがあるかもしれません。

以下、東京で一人暮らしした場合の支出例です。

家賃 60,000円
食費 40,000円
水道光熱費 20,000円
通信費 15,000円
交際費・娯楽費 30,000円
雑費 10,000円
合計 175,000円

あくまで一例ですので、個々によってそれぞれ項目で金額の大小はあると思います。しかし、手取り20万円で毎月まとまった金額を貯金するのは難しいと言えるでしょう。

急な出費を考えると生活はできても、自由に使えるお金は少ないかもしれません。

手取り20万円の家賃は?

お部屋探しは一人暮らしを始める上で大きな楽しみのひとつですが、手取り20万円あればどの程度まで家賃を捻出できるでしょうか。

手取り20万円の生活費や家賃は?一人暮らしや貯金はできる?

家賃の目安として「収入の30%」程度が理想とされています。手取り20万の場合は6万円前後が理想の家賃と言えます。

 お部屋によっては「管理費」や「共益費」が上乗せされる場合がありますので、合計金額で計算しましょう。

地方には家賃相場が6万円を下回るエリアも多くあります。そのため、一人暮らしなら余裕を持った家探しができるでしょう。

しかし、東京は家賃相場が6万円を超えているエリアも多く、手取り20万円だと家探しに苦労する可能性もあります。

手取り20万円の生活水準は、地方と東京で異なりそうですね。

手取り20万円できついと思う4つのこと

手取りが20万円もあれば、一通り生活ができることは分かりました。しかし、家賃が高いケースなど人によっては決して余裕があるとは言えないかもしれません。

手取り20万円でキツイと思うこと

そこで手取り20万円の生活で、多くの方がきついと思う4つのことを紹介します。

1. 欲しいものが買えない

手取り20万円だと、固定費に月収の大半を費やす必要があります。欲しいものを購入するためのお金を捻出するのは難しいかもしれません。

美容や洋服にお金をかけたい方や、車やバイクなどお金のかかる趣味を持つ方であれば、手取り20万円は物足りない数字と言えそうです。

食費や家賃など他の出費を削る必要があるでしょう。

2. 貯金ができない

手取り20万円でキツイと思うこと

一人暮らしで手取り20万の場合、節約したとしても毎月貯金に回せるのは2〜3万円程度でしょう。

 奨学金やカードローンの返済が毎月ある方にとっては、貯金自体が難しい可能性もあります。

いつ必要になるか分からないのがお金です。手取り20万円の場合、貯金の難しさや急な支出に不安を抱える人も少なくないのではないでしょうか。

3. 家族を持つと不安

将来的に結婚や出産を考えている人にとって、手取り20万円は少し頼りないと感じるかもしれません。とくに出産や育児の期間は夫婦共働きすることが難しくなります。

子供の教育費にお金がかかるのはもちろん、マイホームを建てた場合は毎月ローンの支払いも必要です。そのため、結婚や家庭を持つことに対して経済的不安を抱える方も多いでしょう。

一般的に子供一人にかかる教育費は約1,000万円と言われていますよ。

4. 急な出費に困る

手取り20万円でキツイと思うこと

20代の中盤ごろから、友人や同僚の結婚や出産、親戚の葬儀など冠婚葬祭に赴く機会が増えるでしょう。

 ご祝儀や香典などの予期せぬ出費がかさむことも少なくありません。

病気や怪我は自分に降り掛かる可能性もあります。手取り20万円で一人暮らしだと、毎月貯金に回せるのは数万円程度でした。

急な支出に備えるという事を考えると、手取り20万円は心もとない数字かもしれません。

【3分で分かる】年収を上げたいならまずは年収査定がおすすめ

年収を上げたい方は、まずは自分の適正年収がいくらなのか知る必要があります。適正年収を知ることで、今の年収が自分に適正なのか・それとも転職をするべきなのか判断がつくでしょう。

そこでおすすめなのが、dodaの年収査定サービスです。

doda 年収査定

dodaの年収査定のポイント
  • 無料で利用できる
  • かかる時間は3分
  • 186万人のデータから機械学習を使って高精度に算出される
  • 査定後、適正年収にあった求人をそのまま探せる

dodaの年収査定サービスでは、プロフィールと職務経歴を入力するだけで適正年収がわかります。

査定時間は、たったの3分。186万人のデータから適正年収を査定してくれるので、信憑性も高いでしょう。

年収査定をすると、下記のように適正年収が表示され、現在の年収からいくらアップした額が適正かも教えてくれます。

年収査定結果

その他、今後30年間の年収推移を表したグラフや、自分に近い経歴を持つ方の転職事例も閲覧可能です。

 適正年収を知ることで、今後の転職に活かせたり、思わぬ年収アップを実現することができるでしょう。

dodaは、転職サイト・エージェントとしてのサービスも展開しているため、査定後は自分の適正年収に合った求人を探すことが可能です。

なお、年収査定の利用には無料会員登録が必要です。

今の年収が低くて不満だけど、転職したら年収が上がるのかな…

年収アップを目指したいけど自分の適正年収はいくらだろう?

年収交渉をする際の参考に、自分の市場価値を知りたい!

上記のように悩んでいる方は、ぜひ無料の年収査定をしてみてください。

年収を上げるには?年収を上げる方法と裏ワザを紹介

年収を上げるためにできる3つの方法

「毎月の手取りが少なくて貯金ができない」「年収が低いからもっと上げたい!」と悩んでいませんか?
年収を上げるためには、以下3つの方法がおすすめです。

年収を上げる主な方法
  • 転職をする
  • 資格取得などで昇進・昇給を目指す
  • 副業をする

年収が低いと感じる方の多くは、比較的年収が低い職業に就いている・実力不足で出世が遅れている・実力が正当に評価されていないケースに分けられます。

実力不足や正当な評価がされていない方の場合、今から昇進・昇給を目指すのには、時間がかかりますね。

 現に、2021年度の国内大手企業における昇給率は、1.82%。近年は、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて業績が下がった企業も多く、それを受けて昇給率も下がったと言われています。

副業をする時間もない方は、すぐに年収を上げるには転職を検討するのがおすすめでしょう。

※出典:2021年春季労使交渉・大手企業業種別妥結結果(加重平均)

転職で年収を上げるには?年収アップ転職の成功の秘訣

転職をして年収を上げたい方は、次のポイントを確認してから転職活動に挑みましょう。

転職で年収を上げるポイント
  • 比較的年収が高い業界に転職する
  • インセンティブを導入しているなど実力を評価する企業に転職する
  • 給与以外の福利厚生や手当が充実している企業に転職する
  • 面接で年収について交渉をする

福利厚生については、年収アップには繋がりませんが、固定費などの支出を減らせます。

ただし面接における年収の交渉は、相手に悪い印象を与えないように注意が必要です。もし交渉力に自信がない方は、無料の転職エージェントに依頼をしましょう

【裏ワザ】転職で年収を上げたいなら転職エージェントの利用がおすすめ

転職エージェントとは、転職を希望する方の特性や希望を細かくヒアリングし、それに合った企業を無料で紹介する人材紹介サービスです。

転職エージェントが無料な理由は?
転職エージェントは、転職希望者と新しい人材を採用したい企業の仲介となり、マッチングが実現すれば(転職希望者が入社すれば)企業側から成功報酬を受け取れるからです。
求人情報を収集するだけの転職サイトとは違い、アドバイザーが手続きの代行や相談に乗ってくれる点が特徴です。
転職エージェントを利用するメリット
  • 自分に合った企業を紹介してくれる
  • 転職サイトには載っていない非公開求人にも出会える
  • 企業との面接の日程調整や年収交渉などを代行してくれる
  • 履歴書の添削や面接対策をしてくれる
  • 不安なことがあれば相談できる

上記のサービスを、全て無料で利用できます。

アドバイザーの方と話すことで、客観的に見た自分の市場価値や強みが明らかになるでしょう。また、転職エージェントを利用して年収アップを実現した方は多くいます。

実際にどのくらいの方が年収アップをしているのか、またはどのくらいの金額年収がアップしたのかは、次で見ていきましょう。

年収を上げたい方におすすめな転職エージェント3選

迷ったらここ!無料登録のメリットが大きい転職エージェント

リクルートエージェント

RECRUIT AGENT LP

リクルートエージェントのおすすめポイント※1
  • 業界最大級の非公開求人数
  • 転職した方の6割以上が年収アップを実現※2
  • 転職支援実績No.1!転職した方は37万人以上
  • 平日夜間や土日でも相談OK・電話面談も可能
  • 転職のプロがマンツーマンでサポートしてくれる
  • 40年以上培ったどこよりも豊富な経験とノウハウがある

リクルートエージェントは、転職支援実績と求人数の多さが魅力の転職エージェントです。

これまでリクルートエージェントを利用して転職した方は、37万人以上。この支援実績は、数ある転職エージェントの中でもNo.1に輝いています。※1

多くの方がリクルートエージェントを通じて転職に成功している理由は、

  • 経験豊富なキャリアアドバイザーとの面談
  • 提出書類の添削
  • 面接対策
  • 企業側との条件交渉の代行

などと、利用は無料にも関わらずサポートが手厚いからです。

その上リクルートエージェントは、ネット上に公開されていない非公開求人を20万件以上保有しており、その中からあなたの強みや適性に合った求人を、無料で紹介してくれます。

紹介してくれる求人は未経験OKなものから上場企業のものまで、豊富に揃っているのが特徴です。

申し込み後の面談は、平日夜間や土日・電話でも可能。利用したら絶対に転職しなければいけないことはなく、なんとなく「転職したい」と漠然な希望だけで相談してみても問題ありません。

転職のプロに客観的にみてもらうことで、自分で気づけなかった自分のスキルや価値を見つけ出せるでしょう。

リクルートエージェントの年収アップ実績

リクルートエージェントを通じて年収アップを実現した方は、6割以上です(2011年度)

リクルートエージェント 転職者の年収増減

公開求人数 非公開求人数
15万3,162件 20万8,856件
ユーザー年齢層 対象エリア
20〜50代 全国

※公式サイトの文言によります。
※2:2011年度にリクルートエージェントを利用して転職した方のうち
出典:リクルートエージェント公式サイト

 

大手・優良企業に転職したい方におすすめ!

doda

doda LP

dodaのおすすめポイント
  • 求人サイト・エージェントサービス・スカウトサービスの3機能が1つに!
  • 転職者満足度No.1
  • 転職・求人情報量は国内最大級
  • 大手や優良企業の求人多数!口コミ掲載企業など特徴ごとに探せる
  • 【参加無料】オンラインの転職セミナーや個別相談会を実施中
  • 年収査定など診断・書類作成ツールが豊富

dodaは、転職満足度No.1のユーザー評価が高い無料転職サイトです。

転職サイトですが、自分のこだわり条件で求人を探せるだけではありません。
  • 各専門スタッフがあなたにぴったりの求人を紹介&転職までをサポートしてくれる国内最大級「エージェントサービス」
  • 効率的に転職を進めたい方向けに、企業から直接オファーがくる「スカウトサービス」

も展開しています。自分がどう転職活動を進めたいのかで、それに合ったサービスを選べるので、転職活動をスムーズに進められるでしょう。

dodaが保有する求人の特徴は、大手企業や優良企業の求人が多いこと。

 他にも、年収が高い未経験歓迎の企業、中途入社者がおすすめする企業、黒字経営の企業など、細かい条件で求人情報を閲覧できます。

スカウトサービスでは、書類選考をスキップした面接確約オファーが受け取れることも。オンライン転職カウンセリングを実施中なので、気になった方はぜひ利用してみて下さいね。

dodaの年収アップ実績

dodaを通じて転職をした方は、平均56.7万円年収がアップしています。最大アップ額は、440万円です。

doda 年代別の平均年収アップ率

※調査期間:2013年1月〜2014年6月にdodaエージェントサービスを利用して転職した方

公開求人数 非公開求人数
11万5,430件 未公開
ユーザー年齢層 対象エリア
20〜50代 全国

※公式サイトの文言によります。
出典:doda公式サイト

 

20代・はじめて転職をする方・第二新卒の若手社会人に人気

マイナビエージェント

mynavi-agent

マイナビエージェントのおすすめポイント
  • 20代の転職支援実績No.1
  • 第二新卒・はじめて転職をする若手社会人におすすめ
  • 無料の転職面談実施中!自宅にいながらWeb・電話・LINEでも転職相談OK
  • 幅広い業界・業種に太いパイプを持つマイナビ独占の求人あり
  • 各業界専任のプロによる徹底サポートを受けられる!女性向けサポートも
  • 他では知りえない人気企業の情報を得られる
  • 退職交渉のサポートあり

マイナビエージェントは、第二新卒やはじめて転職をする20代に人気な転職エージェントです。 

マイナビ看護師や薬剤師、マイナビ営業エージェントやITエージェントなど、各業種・業界ごとに特化した人材紹介サービスを展開するマイナビだからこそ、出会える求人があります

 在籍するキャリアアドバイザーは、全員様々な業界の転職市場に詳しいプロフェッショナルです。

キャリアアドバイザーによるサポートは利用回数・期間に制限なく受けられるため、自分が納得のいく転職活動ができるでしょう。

無料の転職面談に行くのが難しい場合は、電話やWeb・LINEでも対応してくれます。

マイナビエージェントは、女性の転職市場に精通したキャリアアドバイザーも在籍しているため、転職をしたい女性にもおすすめです。

マイナビエージェントの年収アップ実績

マイナビエージェントは、転職者の年収アップ実績が豊富です。おおよそ20%も年収がアップすることも。

マイナビエージェント 年収アップ早見表

年収交渉は、切り出すタイミングや希望金額の提示の仕方など、細かいところにも気を遣わなければいけません。

マイナビエージェントなら、これらの交渉を全てプロに任せることができますよ。
公開求人数 非公開求人数
3万3,329件 未公開
ユーザー年齢層 対象エリア
20〜30代 全国

※掲載している求人数は、いずれも2022年1月4日時点の情報です。

ワークポート

ワークポート

ワークポートのおすすめポイント
  • IT求人に特化した専門エージェント
  • Web・ゲームなどの大手企業の求人が豊富
  • 業界に詳しいエージェントからサポートが受けられる

 

ワークポートはITエンジニアやWeb業界の大手企業や優良ベンチャー企業の転職に特化したエージェントです。

 対応スピードに定評があり、紹介案件の量もさることながら、業界に知見のある専門エージェントが多数在籍しています。

特化型の転職エージェントならではの案件も紹介してもられる可能性があります。総合型転職エージェントと合わせて登録しておくと良いでしょう。

業界の専門家からのアドバイスは、何より心強いですね。
公開求人数 約2.6万件
非公開求人数 未公開
求人エリア 全国
利用料金 無料
出典:https://www.workport.co.jp/

手取り20万円からの転職を成功させる秘訣

手取り20万円からの転職を成功させる秘訣

収入アップを目指して転職を成功させるためにはどうしたらいいでしょうか。転職する際に確認してきたいポイントと心構えを解説します。

まずは、現職の昇給制度を確認

現職にこだわるか否かの判断基準として、職場の上司や先輩の話を聞き生活状況を確認するのがおすすめです。ぜひチェックしておきたいポイントは主に以下2つです。

チェックしたいポイント
  • 在籍年数によって適切な昇給が見込めるか?
  • 役職に見合った給料が支払われているか?

日本国内の多くの企業は在籍年数に応じて給料も上がる傾向にあります。もし先輩の中で入社から年数が経っているのに、ほとんど給料が上がっていない人がいる場合は注意が必要です。

 また、昇進して役職がついた場合、業務内容と昇給額が適切かどうかも確認しましょう。

一部企業では、役職手当がつかなかったり、管理職になったからといって残業代が支払われなくなったりするケースもあります。

昇給制度が明確であり、働き続けることで収入アップが期待できる職場を選びましょう。

転職理由を明確にする

書類選考から面接を経て採用に至るには、志望企業の担当者を納得させるだけの転職理由が必要でしょう。

考えるべき転職理由
  • 現職と比べて志望企業をなぜ選んだのか?
  • 転職して何を実現したいのか?
  • どんな経験を活かせるのか?

一般的に、新卒採用者に比べて中途採用者は即戦力としての活躍が期待されます。そのため、企業の人事担当者は新卒採用以上に中途採用者のミスマッチを避けたいと考えるでしょう。

「収入が今より良い」ということのみが志望理由の場合、志望企業である必要性がないため、採用しにくいかもしれません。

給料以外での転職理由も明確にする準備が大切ですよ。

企業分析を入念に行う

志望企業が、本当に自分の思い描く理想の職場かどうか判断するのは難しいものです。求人広告の情報だけでは会社の実情まで分からないケースもあるでしょう。

そこで企業分析をする際、ぜひ目を通しておきたい情報をいくつか紹介します。

企業の判断材料の例
  • 企業口コミ
  • 会社OBの口コミ
  • 転職エージェントの情報

口コミのように第三者目線の情報は、その企業の内情を客観的に判断する良い材料になります。

 また転職エージェントも各企業の詳しい情報を持っていますので、企業紹介を受ける際などに聞いてみると良いでしょう。

断片的な情報のみ鵜呑みにしてしまうと「入社したもののイメージと違った」ということも起こり得ます。数ヶ月スパンで行う転職だからこそ、慎重に企業を選ぶことが大切です。

まとめ

ここまで、手取り20万円の額面給与や生活について、詳しく解説してきました。手取り20万円は実家暮らしの場合、比較的余裕がある給与と言えます。

しかし、東京など家賃相場が高いエリアでの一人暮らしだと、生活がキツイと感じるケースも無いとは言い切れません。

もし手取り20万円以上を目指すなら、転職エージェントの利用がおすすめです。転職エージェントの利用は無料なので、ぜひこの機会に登録してみてはいかがでしょうか。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事