手取り20万円

収入を考える際、確認しておきたいのが手取りです。額面給与と異なり、手元に入ってくる金額のため気になる方も多いでしょう。

今回は手取り20万円にスポットを当てて紹介。一人暮らしの家賃と生活費や額面給与など、気になるポイントを徹底解説しています。

手取り20万円から収入アップを目指す方法もまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

手取り20万円の額面給与(年収・月収・内訳)

手取りとは毎月の給料から各種控除が引かれた後に、実際に手元に入るお金のことです。可処分所得とも言います。

手取り20万円の額面給与(年収・月収・内訳)

では手取り20万とは、実際どのくらいの給与なのでしょうか。気になる額面年収や月収、給与の内訳などを解説します。

手取り20万の額面給与

手取りで毎月20万円を手元に残すには、額面月収25万円程度が必要とされています。年収換算すると、額面年収280万円程度です。

手取り額の計算式

手取り額=総支給額−控除額

手取り額は総支給額から控除額を引くことで求められます。総支給額には、基本給や残業代のほか、各種手当て・交通費などが含まれます。

控除額とは主に税金のことです。以下、月の総支給額を25万円と仮定した場合、控除される金額の内訳(例)を表にまとめています。

総支給額25万円の控除内訳(例)

控除項目 推定控除額
健康保険 1万2,792円
厚生年金 2万3,790円
雇用保険 750円 
所得税 5,200円
控除額(合計) 4万2,532円
※注:その他、昨年の収入に応じて住民税(都道府県民税、市区町村税)が控除される場合があります。
控除額を考慮すると、手取り20万円に必要な額面給与は25万円程度であることが分かります。
手取り20万円の計算式

20万円(手取り)=25万円(総支給額)−4万2,532円(控除額)

ただし、控除額は一律同じではありません。個人の状況によって異なるため、あくまで参考程度に考えておきましょう。

手取り20万円は何歳で達成できる?

手取り20万円の額面給与(年収・月収・内訳)

手取り20万円もらうには、額面月収25万円程度が必要でした。厚生労働省が毎年発表する『賃金構造基本統計調査』を見ると、男性は25歳~29歳で、女性は35〜39歳で平均月収が25万円を超えます。

年齢 男性(平均月収) 女性(平均月収)
~19 18万3,200円 17万3,700円
20~24 21万4,600円 20万9,200円
25~29 25万2,600円 23万3,400円
30~34 28万9,200円 24万6,800円
35~39 32万8,300円 25万8,500円

出典:厚生労働省『令和2年賃金構造基本統計調査

手取り20万円から収入アップを考える際は、手取り20万円を超える平均年齢を参考にしてみるのもひとつの手です。男性の場合だと、30代で手取り20万円超えが目安になるかもしれません。

20代の多くの方が手取り20万円ということが分かりますね。

手取り20万円の生活費や家賃は?一人暮らしや貯金はできる?

一般的に給与によって変わってくるのが生活水準です。手取り20万円の生活が気になっている方も多いのではないでしょうか。

手取り20万円の生活費や家賃は?一人暮らしや貯金はできる?

そこで、手取り20万円の生活費や家賃を紹介します。一人暮らしや貯金はできるのかも解説していますので、ぜひ目を通してみてください。

実家暮らし×手取り20万円の生活

あなたが独身で実家暮らしなら、手取り20万円で比較的余裕のある生活を送ることも可能です。

 実家に毎月数万円入れたとしても、お金の使い方によっては5〜10万円程度貯金に回せるでしょう。

実家暮らしは基本的に家賃や光熱費などの固定費がかかりません。食費も安く抑えられるため、手取り20万円でも趣味や貯金にお金が使えます。

実家から通勤が可能であれば、一人暮らしにこだわる必要はないかもしれません。

一人暮らし×手取り20万円の生活

一方、一人暮らしの場合はどうでしょう。結論から述べると、一人暮らしで手取り20万円だとキツイと感じることがあるかもしれません。

以下、東京で一人暮らしした場合の支出例です。

家賃 60,000円
食費 40,000円
水道光熱費 20,000円
通信費 15,000円
交際費・娯楽費 30,000円
雑費 10,000円
合計 175,000円

あくまで一例ですので、個々によってそれぞれ項目で金額の大小はあると思います。しかし、手取り20万円で毎月まとまった金額を貯金するのは難しいと言えるでしょう。

急な出費を考えると生活はできても、自由に使えるお金は少ないかもしれません。

手取り20万円の家賃は?

お部屋探しは一人暮らしを始める上で大きな楽しみのひとつですが、手取り20万円あればどの程度まで家賃を捻出できるでしょうか。

手取り20万円の生活費や家賃は?一人暮らしや貯金はできる?

家賃の目安として「収入の30%」程度が理想とされています。手取り20万の場合は6万円前後が理想の家賃と言えます。

 お部屋によっては「管理費」や「共益費」が上乗せされる場合がありますので、合計金額で計算しましょう。

地方には家賃相場が6万円を下回るエリアも多くあります。そのため、一人暮らしなら余裕を持った家探しができるでしょう。

しかし、東京は家賃相場が6万円を超えているエリアも多く、手取り20万円だと家探しに苦労する可能性もあります。

手取り20万円の生活水準は地方と東京で異なりそうですね。

手取り20万円でキツイと思うこと

手取りが20万円もあれば、一通り生活ができることは分かりました。しかし、家賃が高いケースなど人によっては決して余裕があるとは言えないかもしれません。

手取り20万円でキツイと思うこと

そこで、一般的に手取り20万円の生活でキツイと思われていることを紹介します。

欲しいものが買えない

手取り20万円だと、固定費に月収の大半を費やす必要があります。欲しいものを購入するためのお金を捻出するのは難しいかもしれません。

美容や洋服にお金をかけたい方や、車やバイクなどお金のかかる趣味を持つ方であれば、手取り20万円は物足りない数字と言えそうです。

食費や家賃など他の出費を削る必要があるでしょう。

貯金ができない

手取り20万円でキツイと思うこと

一人暮らしで手取り20万の場合、節約したとしても毎月貯金に回せるのは2〜3万円程度でしょう。

 奨学金やカードローンの返済が毎月ある方にとっては、貯金自体が難しい可能性もあります。

いつ必要になるか分からないのがお金です。手取り20万円の場合、貯金の難しさや急な支出に不安を抱える人も少なくないのではないでしょうか。

家族を持つと不安

将来的に結婚や出産を考えている人にとって、手取り20万円は少し頼りないと感じるかもしれません。とくに出産や育児の期間は夫婦共働きすることが難しくなります。

子供の教育費にお金がかかるのはもちろん、マイホームを建てた場合は毎月ローンの支払いも必要です。そのため、結婚や家庭を持つことに対して経済的不安を抱える方も多いでしょう。

一般的に子供一人にかかる教育費は約1,000万円と言われていますよ。

急な出費に困る

手取り20万円でキツイと思うこと

20代の中盤ごろから、友人や同僚の結婚や出産、親戚の葬儀など冠婚葬祭に赴く機会が増えるでしょう。

 ご祝儀や香典などの予期せぬ出費がかさむことも少なくありません。

病気や怪我は自分に降り掛かる可能性もあります。手取り20万円で一人暮らしだと、毎月貯金に回せるのは数万円程度でした。

急な支出に備えるという事を考えると、手取り20万円は心もとない数字かもしれません。

手取り20万円以下から収入を上げる方法

現状の収入に満足しておらず、将来へ不安を抱えているなら、解決策を模索しましょう。収入を上げる具体的な方法をいくつか紹介します。

手取り20万円以下から収入を上げる方法

すぐ実践できる内容もあるので「手取り20万円以上を目指したい」という方は必見です。

収入を上げる主な方法
  • 資産運用
  • 副業
  • 資格取得
  • 転職

資産運用

資産を増やす代表的な方法のひとつが投資です。近年様々な商品が誕生し、投資に対するハードルは下がっています。

 積立投信や単元未満株など、1,000円以下で購入できる金融商品も複数あります。

以下、比較的少ない資金からでも始められる金融商品の一例です。

個人向け投資商品の例
  • FX(外国為替証拠金取引)
  • 暗号資産(仮想通貨)
  • iDeCo(イデコ)
  • 株式投資
  • 積立投資信託
うまくいけば、本業を上回る大きな収入になる可能性もゼロではありません。コツコツ派の方は、毎月入ってくるお金の一部を積立投信やiDeCoに回してみるのも良いでしょう。

ただし、投資にはリスクがつきものです。100%勝てる保証はありませんので、十分注意して無理のない運用を心がけましょう。

副業を始めてみる

手取り20万円以下から収入を上げる方法

近年、副業解禁の流れもあり仕事終わりや休みの日に気軽に始められる副業も増えています。以下の例は、一人で始められて、なおかつ自宅で出来る副業です。

一人でできる主な副業
  • 自作アイテムの製作・販売
  • 動画製作・編集
  • ブログのライティング
  • Webデザイン・プログラミング
  • オンライン講師

副業のメリットは、今の収入を確保しつつ新たな収入源を作れることです。副業が本業の収入を越えれば、フリーランス として活動していくことも可能でしょう。

まずは副業OKかどうか働いている会社に確認しましょう。

資格取得の勉強

収入アップには自己投資が欠かせません。中でも資格取得は仕事でより多くの収入を得るために有効な方法のひとつです。

収入アップに役立つ主な資格
  • 宅地建物取引士(宅建)
  • 日商簿記
  • ファイナンシャル・プランニング技能検定
  • TOEIC

資格を保有しておけば人事評価が上がる可能性があり、転職する際の大きな武器になりえます。時間に余裕がある方は、仕事終わりや休日に勉強してみても良いでしょう。

思い切って転職する

手取り20万円以下から収入を上げる方法

生活の基盤となる本業そのものを見直す事も、ぜひ検討したい手段です。一般的に1日の大半を費やす本業だからこそ、少しでも高い評価が得られる環境に身を置くことが大切です。

 基本的に各社の求人情報では目安となる年収が公開されます。

収入に不安がある方は、今より収入の高い企業に絞って転職活動を行ってみても良いかもしれません。

この記事では、転職を成功させるポイントやおすすめの転職エージェントも紹介していますよ。

手取り20万円からの転職を成功させる秘訣

手取り20万円からの転職を成功させる秘訣

収入アップを目指して転職を成功させるためにはどうしたらいいでしょうか。転職する際に確認してきたいポイントと心構えを解説します。

まずは、現職の昇給制度を確認

現職にこだわるか否かの判断基準として、職場の上司や先輩の話を聞き生活状況を確認するのがおすすめです。ぜひチェックしておきたいポイントは主に以下2つです。

チェックしたいポイント
  • 在籍年数によって適切な昇給が見込めるか?
  • 役職に見合った給料が支払われているか?

日本国内の多くの企業は在籍年数に応じて給料も上がる傾向にあります。もし先輩の中で入社から年数が経っているのに、ほとんど給料が上がっていない人がいる場合は注意が必要です。

 また、昇進して役職がついた場合、業務内容と昇給額が適切かどうかも確認しましょう。

一部企業では、役職手当がつかなかったり、管理職になったからといって残業代が支払われなくなったりするケースもあります。

昇給制度が明確であり、働き続けることで収入アップが期待できる職場を選びましょう。

転職理由を明確にする

手取り20万円からの転職を成功させる秘訣

書類選考から面接を経て採用に至るには、志望企業の担当者を納得させるだけの転職理由が必要でしょう。

考えるべき転職理由
  • 現職と比べて志望企業をなぜ選んだのか?
  • 転職して何を実現したいのか?
  • どんな経験を活かせるのか?

一般的に、新卒採用者に比べて中途採用者は即戦力としての活躍が期待されます。そのため、企業の人事担当者は新卒採用以上に中途採用者のミスマッチを避けたいと考えるでしょう。

「収入が今より良い」ということのみが志望理由の場合、志望企業である必要性がないため、採用しにくいかもしれません。

給料以外での転職理由も明確にする準備が大切ですよ。

企業分析を入念に行う

手取り20万円からの転職を成功させる秘訣

志望企業が、本当に自分の思い描く理想の職場かどうか判断するのは難しいものです。求人広告の情報だけでは会社の実情まで分からないケースもあるでしょう。

そこで企業分析をする際、ぜひ目を通しておきたい情報をいくつか紹介します。

企業の判断材料の例
  • 企業口コミ
  • 会社OBの口コミ
  • 転職エージェントの情報

口コミのように第三者目線の情報は、その企業の内情を客観的に判断する良い材料になります。

 また転職エージェントも各企業の詳しい情報を持っていますので、企業紹介を受ける際などに聞いてみると良いでしょう。

断片的な情報のみ鵜呑みにしてしまうと「入社したもののイメージと違った」ということも起こり得ます。数ヶ月スパンで行う転職だからこそ、慎重に企業を選ぶことが大切です。

年収アップにおすすめ転職エージェント3選

最後に手取り20万円から収入アップを目指す人に向けて、おすすめの転職エージェントを厳選して3つご紹介します。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントのおすすめポイント
  • 転職支援実績No.1
  • 幅広い業界の求人を取り扱い
  • 日本全国各地の求人を取り扱い

転職エージェントに登録するなら、まずはリクルートエージェントの利用をおすすめします。

 リクルートエージェントは、国内に数多く存在する転職エージェントの中でも堂々の転職支援実績No.1を誇っています。

数多くの転職希望者をサポートしてきた実績があるので安心です。公開求人数・非公開求人数ともに10万件以上あり、豊富な選択肢から企業を探せます。

まずは求人数の多いエージェントから登録してみましょう。
公開求人数
※2021年9月時点
約12.8万件
非公開求人数
※2021年9月時点
約18.5万件
求人エリア 全国
利用料金 無料

出典:https://www.r-agent.com/
公式サイトより

doda

doda

dodaのおすすめポイント
  • 大手転職エージェントならではの豊富な求人数
  • IT・Web業界の技術職・営業職に強い
  • 履歴書や職務経歴書がWebで簡単に作れる

dodaは大手総合転職エージェントのひとつで、日本全国の求人を扱っています。

 求人の内容はIT・インターネット業界の求人が半数近くを占めています。

エンジニアで転職を考えている人は特におすすめです。また営業職の求人も多く掲載しています。

dodaは定期イベントやセミナーを開いています。興味があれば参加してみましょう。
公開求人数
※2021年9月時点
約9.7万件
非公開求人数 未公開
求人エリア 全国
利用料金 無料
出典:https://www.doda.jp/

ワークポート

ワークポート

ワークポートのおすすめポイント
  • IT求人に特化した専門エージェント
  • Web・ゲームなどの大手企業の求人が豊富
  • 業界に詳しいエージェントからサポートが受けられる

 

ワークポートはITエンジニアやWeb業界の大手企業や優良ベンチャー企業の転職に特化したエージェントです。

 対応スピードに定評があり、紹介案件の量もさることながら、業界に知見のある専門エージェントが多数在籍しています。

特化型の転職エージェントならではの案件も紹介してもられる可能性があります。総合型転職エージェントと合わせて登録しておくと良いでしょう。

業界の専門家からのアドバイスは何より心強いですね。
公開求人数 約2.6万件
非公開求人数 未公開
求人エリア 全国
利用料金 無料
出典:https://www.workport.co.jp/

まとめ

ここまで、手取り20万円の額面給与や生活について、詳しく解説してきました。手取り20万円は実家暮らしの場合、比較的余裕がある給与と言えます。

しかし、東京など家賃相場が高いエリアでの一人暮らしだと、生活がキツイと感じるケースも無いとは言い切れません。

もし手取り20万円以上を目指すなら、転職エージェントの利用がおすすめです。転職エージェントの利用は無料なので、ぜひこの機会に登録してみてはいかがでしょうか。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事