goldman-sachs

ゴールドマンサックスは、証券業務や投資業務等幅広い業務を行っている、アメリカの大手金融グループです。

優秀な人材が集まるエリート集団のイメージが強いゴールドマンサックスですが、社員の年収について気になっている方は多いのではないでしょうか。

本記事では、日本のゴールドマンサックスで働く方の年収を、年齢別と職種別に分けて解説していきます。ゴールドマンサックスに入社する方法についても言及しますので、是非最後まで記事をご覧下さい。

この記事を読めば、ゴールドマンサックスの年収について知識が深まりますよ。

ゴールドマンサックスとは?業務内容と給与体系を解説

advicer

ゴールドマンサックスの年収について理解するには、ゴールドマンサックスの業務内容や給与体系を把握しておく必要があります。特に給与体系は多くの日本の企業と異なるため、内容を詳しく確認していきましょう。

ゴールドマンサックスは様々な業務を行っていますので、まずは基本的な情報の確認です。

ゴールドマンサックスの業務内容

business

ゴールドマンサックスの主な事業は、投資銀行業務・証券業務・資産運用業務です。日本企業に対しても事業再構築や資金調達を行っており、代表的な投資の例としてはユニバーサルスタジオジャパンやNTTドコモなどが挙げられます。

私たちが普段の生活で使用しているものの中にもゴールドマンサックスが投資しているサービスは多いです。

上記以外のゴールドマンサックスの事業内容は、以下の通りです。

ゴールドマンサックスにある部門
  • エンジニアリング
  • グローバル・マーケッツ部門
  • アセット・マネジメント
  • マーチャント・バンキング部門
  • 投資調査部門
  • オペレーションズ
  • コントローラーズ部門
  • リスク・マネジメント部門
  • 法務部門
  • コンプライアンス部門
  • 内部監査部門
  • 人事部門
  • コーポレート・アンド・ワークプレース・ソリューション部門
  • 財務部門

ゴールドマンサックスは様々な事業を行っていることが分かりますが、業務によって年収が大きく異なります。

 企業に対して資金調達を行ったり、M&Aの支援を行う投資銀行部門や営業部門など、顧客と直接やり取りをする部門の年収は、社内で業務をする部門の年収よりも高くなる傾向にあるそうです。

比較すると、20~50%程度給料に差が出ると言われています。ただ顧客と直接交渉する部門の給料が高くなる傾向があるという点は、日本企業と同様であると言えるでしょう。

ゴールドマンサックスの給与体系は年俸制

salary

ゴールドマンサックスの給料体系は年俸制です。年俸制とは、1年ごとに給与総額を合意・更新していく給与の決定方法であり、その年に挙げた成果が給与に大きく影響を与えます。

また、ゴールドマンサックスでは個人成績の他にも、会社の業績や経済事情も年俸に大きく反映されるようです。

日本の多くの企業は、社員の勤続年数や年齢が考慮される月給制となっており、年俸制に対しては馴染みのない方も多いのではないでしょうか。

日本ではプロ野球選手の給与体系が年俸制となっており、毎年12月に行われる契約更改が大きなニュースになっていますよね。

年俸制と月給制では、残業代に関する考え方も異なり、年俸制の場合は残業代などが考慮されることはありません

 ゴールドマンサックスでは労働時間ではなく、個人の成果で給与が決まるのがポイントです。

ゴールドマンサックスは年俸以外にボーナスがある

ゴールドマンサックスでは、年俸以外にその年の成績に応じてボーナスが支給されます。

ボーナスは年の終わりに支給され、金額は各社員の成績の他にも個人の将来性や会社の業績、経済事情などの様々な要素が考慮されるようです。

そのため、会社の業績が悪ければ、ボーナスの支給がない年もあるのではないでしょうか。

ゴールドマンサックスの新卒の初任給・年収は?

ゴールドマンサックス新卒

リクナビによると、ゴールドマンサックスは毎年51~100人程度の新卒を採用しています。

ゴールドマンサックスは倍率が高い人気企業ですが、新卒の初任給や年収が気になる方も多いのではないでしょうか。ゴールドマンサックスに入社する新卒の初任給や年収を確認していきましょう。

ゴールドマンサックスは社員の給料を公表していないため、金額はあくまで推測となる点はご了承ください。

ゴールドマンサックスの初任給は50万円程度

ゴールドマンサックスに入社した新卒社員は、アナリスト職として働くことになります。アナリスト職の初任給は50万円程度であると言われており、この金額は以前より少なくなっているようです。

 産労総合研究所によると、2021年の大卒の初任給の平均は209,014円であり、ゴールドマンサックスの初任給は倍以上の金額となっています。
※出典:2020年度 決定初任給調査の結果

この50万円という金額は日本で採用活動を行っている他の外資企業よりも高いとされており、ゴールドマンサックスに入社したい人が多い理由の1つと言えるのではないでしょうか。

また、ゴールドマンサックスの初任給はかつて50万円より高かった時期があるとも言われています。

ゴールドマンサックスの新卒の年収は650〜800万円

pay

初任給が比較的高いゴールドマンサックスですが、新卒の年収も他の企業と比較して高めの数字となっています。

 ゴールドマンサックスの新卒の年収は、650~800万円と予想されており、これは日本の企業の平均年収200~250万円と比較して、3倍近い金額です。

また、ゴールドマンサックスでは成績を残せば、1年目から大幅に年収アップする可能性もあり、中には1,000万円以上の年収を手にする方もいるようです。このことからも、ゴールドマンサックスの新卒の年収は極めて高いと言えるのではないでしょうか。

しかし、同時に理解しておく必要があるのは、ゴールドマンサックスでは成績を残すことができなければ解雇になる可能性もあるという点です。

これは日本の企業にはない厳しさであり、常に競争にさらされている環境となっています。

ゴールドマンサックスの新卒の年収は、日本の企業に務める50代の平均年収613万円を上回っていますね。

【年齢別】ゴールドマンサックスの平均年収

man

ゴールドマンサックスの全年齢の平均年収は2,000万円以上と予想されており、これは日本にある企業の中でもトップクラスの数字となっています。

日本の平均年収は440万円程度と言われているため、ゴールドマンサックスの平均年収は日本の平均年収の4倍近くあるということ分かります。

また、ゴールドマンサックスでは、年齢が高くなるほど在籍する社員の数が減少するため、年代別の平均年収には大きな開きがある点も特徴です。

次から、ゴールドマンサックスの年代別の年収を詳しく確認していきましょう。

平均年収
20代 900~1,500万円
30代 1,500~2,000万円
40代 1,800~2,500万円
50代 2,000〜2,500万円

ゴールドマンサックスの20代の平均年収は900〜1,500万円

ゴールドマンサックスに入社した1~3年目の社員はアナリストと呼ばれる職に就き、研修を受けながら論理的思考やプレゼンテーションの能力を磨いていくことになります。

その後各部署に配属され、仕事を任されていくことになるそうですが、ゴールドマンサックスでは研修期間を含む20代でも平均年収が高いのが特徴です。

 ゴールドマンサックスの20代の平均年収は900~1,500万円となっており、実績によってはさらに高い年収を手にする可能性もあります。

これだけ高い給料がもらえることもあり、ゴールドマンサックスには若くて優秀な人材が次々と集まってくるようです。

ゴールドマンサックスは実力のある方であれば、役職も年収もどんどん上がっていきます。

ゴールドマンサックスの30代の平均年収は1,500〜2,000万円

money

ゴールドマンサックスでは、昇進か解雇かと言われるほどの実力主義の会社となっており、30代になってもゴールドマンサックスに務めている方は優秀と言えるでしょう。

 ゴールドマンサックスの30代の年収は、1,500~2,000万円と推測されています。
20代と比較して平均年収が高くなっているのも、実力のある社員だけが残っているからだと言えそうです。しかし、中には結果を残した20代の社員よりも低い年収の方もいることでしょう。

ちなみに、日本の30代の平均年収は444万円だそうです。

ゴールドマンサックスの40代の平均年収は1,800〜2,500万円

40代になるとゴールドマンサックスに残っている社員の数自体がかなり少なくなっており、独立して自ら会社を企業する人も出てくるようです。

 平均年収はさらに高い金額となり、1,800~2,500万円と言われています。

日本の40代の平均年収は510万円なので、ゴールドマンサックスの1/5程度です。

ただ、30代・40代では平均年収に関して大きな差はなく、一部の優秀な人材とその他の社員との年収の差が大きくなっていることが伺えるのではないでしょうか。

ゴールドマンサックスの50代の平均年収は2,000〜2,500万円

suit

ゴールドマンサックスは常に結果を求められる環境にあり、50代でもゴールドマンサックスに残っている社員は、気力・体力ともに相当タフな方であると言えるでしょう。

 50代の平均年収は、2,000~2,500万円です。これは日本のサラリーマンの平均年収613万円を大きく上回っています。

また、これまで残してきた成績によっては、ゴールドマンサックスでマネージャー職になってる方もおり、年収は10億円近くの方もいらっしゃるようです。億を超える給料をもらえる社員がいる企業が存在するという点に関して、驚かれる方も多いのではないでしょうか。

【役職別】ゴールドマンサックスの平均年収

ゴールドマンサックスの職務別の年収

ゴールドマンサックスは年功序列ではなく実力主義の外資企業であるため、年齢別に平均年収を確認するよりも、役職ごとの平均年収を確認する方が年収のイメージがつきやすいかもしれません。

ゴールドマンサックスでは、実力があり結果を残せた社員は比較的速いスピードで昇進していきます。

ここからは、ゴールドマンサックスの役職ごとの年収を確認していきましょう。

ゴールドマンサックスのアナリストの平均年収は600〜1,500万円

ゴールドマンサックスに入社した1~3年目の社員の役職は、アナリストです。

 アナリストの年収はフロントオフィスで800~1,500万円、バックオフィスで600~900万円となっています。

顧客と直接やり取りを行うフロントオフィスの方が、バックオフィスと比較すると高い年収となっていますが、バックオフィスでも日本の平均年収を上回る給料がもらえる点は驚きです。

フロントオフィスとは顧客と直接接点を持ち、やり取りする部署のことを差し、バックオフィスとは企業の中で事務的な業務を行う部署のことを指します。

入社後3年が経過すれば、アナリストからアソシエイトへと役職が変更になります。

ゴールドマンサックスのアソシエイトの平均年収は900〜3,000万円

laptop

アナリストの期間が終われば、アソシエイトに昇進することになります。

 アソシエイトのフロントオフィスの年収は1,500~3,000万円、バックオフィスの年収は900~1,500万円となっています。

実力主義のゴールドマンサックスの場合は、同じ役職であったとしても人によって年収に大きな開きがあるようです。また、アソシエイトで結果を残せなければ更なる昇進は見込めずに、給料が上がらないだけでなく解雇される可能性も高まります。

アソシエイトから昇進できないという人も、少なくないのかもしれません。

これは常に厳しい競争にさらされているゴールドマンサックスならではの文化と言えるでしょう。

ゴールドマンサックスのヴァイスプレジデントの平均年収は1,500〜2,500万円

アソシエイトで結果を残せば、ヴァイスプレジデントへと昇進します。

 ヴァイスプレジデントの平均年収はフロントオフィスで2,000万円以上、バックオフィスで1,500~2,500万円と予想されており、こちらも個人によって年収に開きがある点が特徴です。

一部では、ヴァイスプレジデントまでは在籍年数によっては昇進できる可能性があるとされていますが、結果を残さなければヴァイスプレジデントへの昇進は難しいでしょう。

ヴァイスプレジデントは、一般企業の課長・係長クラスのポジションとされています。

ゴールドマンサックスのマネージング・ディレクターの平均年収

job

ヴァイスプレジデントで結果を残せば、最終的にはマネージング・ディレクターへと昇進することになります。

ゴールドマンサックスのマネージング・ディレクターは、日本の企業の部長・役員クラスのポジションとなり、この役職に就ける人はごくわずかなのではないでしょうか。

 マネージング・ディレクターの平均年収はフロントオフィスで5,000万~数億円、バックオフィスで3,000~5,000万円とされています。

日本の企業でこれだけの年収を稼ぐ人はほぼいないため、ゴールドマンサックスは夢のある世界だと言えるのではないでしょうか。

マネージング・ディレクターの間でも、実力に応じて年収に開きがあるという点は理解しておきましょう。

ゴールドマンサックスに入るにはどうすればいい?

office

ゴールドマンサックスの社員は年収が非常に高い点が特徴となっており、入社したいと考えている方も多いのではないでしょうか。ここでは、新卒や転職などの中途採用でゴールドマンサックスに入社する方法について解説していきます。

ゴールドマンサックスは年収が高い分、入社の競争率も高い点が特徴です。

ゴールドマンサックスが求める人材は?

ゴールドマンサックスの公式サイトを見ると、下記のような役割を求めていることがわかりました。

 グローバルな活躍ができ、持てる才能を存分に発揮しながらスピード感と活力あふれるビジネス経験を積むこと、リーダーシップを発揮すること。

これは、世界中の企業の中でもトップクラスのネームバリューを持つゴールドマンサックスの品位に値する人間を求めていると、解釈できるのではないでしょうか。

また、公式サイトでは実力主義ということについても言及されており、何よりも結果が求められていることが分かります。

実際にゴールドマンサックスに入社する社員の70%以上は中途採用だと言われており、即戦力となる人材を積極的に採用しているようです。

ゴールドマンサックスの社員に求められる能力の高さは全企業の中でもトップクラスであると言えます。

新卒で入社するには学歴が重要

school

ゴールドマンサックスの新卒採用倍率は、100倍以上とも言われています。採用人数自体も日本国内で50人前後と非常に少なくなっており、新卒でゴールドマンサックスに入社するのは簡単ではありません。

金融業界の大手企業では、新卒採用人数は200人以上となることが多くなっています。

競争倍率が非常に高いということもあり、ゴールドマンサックスへ新卒で入社したいという方にとって重要となってくるのが学歴です。以下に、ゴールドマンサックスが採用した方の出身大学の一部をまとめてみました。

出身校(一例)
  • 東京大学
  • 京都大学
  • 早稲田大学
  • 一橋大学
  • 慶応義塾大学
  • 東北大学
  • 九州大学
  • 大阪大学

このように、ゴールドマンサックスで働く方は一流大学出身ばかりであることが分かります。

 ただし、英語が堪能であることやコミュニケーション能力が高いこと、容姿端麗であることなどその他の加点要素もあり、一概に一流大学からしか採用を行わないという訳ではないようです。

とはいえ、MARCH以上の学力は求められるとされており、ゴールドマンサックスに新卒で入社したいという方はある程度偏差値の高い大学に行くことをおすすめします。

ゴールドマンサックスに転職で入ることは可能?

上述の通り、ゴールドマンサックスに入社する社員の70%以上は、中途採用となっており、ゴールドマンサックスに転職することは不可能ではありません。

しかし、転職難易度は非常に高くなっており、金融業界や金融商品に精通した知識やビジネスレベルの英語力が求められます

また、金融業界未経験者が採用される可能性は限りなく0に近いので、ゴールドマンサックスへの転職を考えられている方は、金融業界での実務を経験した上で転職活動に臨むようにしましょう。

ゴールドマンサックスにおける中途採用は即戦力を求めており、入社後すぐに結果を求められる点もポイントです。

ゴールドマンサックスへ転職したいと考えている方が積極的に活用したいのが、転職エージェントです。

 特に大手転職エージェントは一般公開していない非公開案件をいくつも持っている可能性が高く、登録しておいて損はありません。

ゴールドマンサックスへの転職を考えている方は、リクルートエージェントやdoda、マイナビエージェントへの登録をおすすめします。

転職エージェント利用以外のゴールドマンサックスへの入り方を紹介

ゴールドマンサックスへ中途採用で入社する方法は、転職エージェントの利用以外にも様々な方法があります。中でも代表的な方法が、ヘッドハンティングです。

ヘッドハンティングとは、広告求人や知り合いの紹介により優秀な人材を会社側からスカウトする方法です。

 ゴールドマンサックスなどの外資系投資銀行は、ヘッドハンティングを専門に取り扱っている企業に依頼することが多くなっています。

ゴールドマンサックスを狙ってヘッドハンティングされることは難しいですが、普段からアンテナを広げておくと、思わぬチャンスが舞い込んでくるかもしれません。

ゴールドマンサックスの人事は日本企業の人事部とは異なり、優秀な人物に対しては積極的なアプローチをすることもよくあります。

ゴールドマンサックスに入社した後の疑問を解決

work

ゴールドマンサックスは年収が高い一方で激務であり、プライベートと仕事のバランスを取るのが難しいイメージのある方は多いのではないでしょうか。

ここではゴールドマンサックスは本当に激務なのかや、ゴールドマンサックスの福利厚生についても紹介していきます。

ゴールドマンサックスの仕事は激務?

ゴールドマンサックスと言えば、朝5時まで仕事をし、8時には出社するのが当たり前と言われていた時代がありました。

これを考えるとかなりの激務という印象を受け、プライベートを充実させるのは難しいと言えそうです。

 しかし、過酷な労働環境は解消されつつあると言われており、どちらかというと裁量労働のような形に近くなっています。

また、労働時間に関しては部署や上司によって大きく異なるとも言われており、全ての部署が激務とは言えません。ゴールドマンサックスでは労働時間ではなく、あくまで成果で評価されます。

 注意点としては外資系企業であるため、アメリカやヨーロッパなど海外とミーティングを行うことがあり、会議の時間が22時や23時開始のこともあるという点です。

これはゴールドマンサックスだけでなく、全ての外資系企業共通のデメリットと言えるでしょう。

ゴールドマンサックスの福利厚生

ゴールドマンサックスの福利厚生は様々な種類があり、かなり充実していることが分かります。

福利厚生(一例)
  • 健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険など、各種保険制度
  • 借り上げ社宅制度
  • チャイルドケアプログラム
  • フットネスジム
  • 社員交流ができるクラブ活動

この中でも特に注目したいのが、借り上げ社宅制度です。

借り上げ住宅制度は会社が社員の家賃を社宅として給料から天引きしてくれる制度であり、年収の高い社員が多いゴールドマンサックスの社員にとっては税金対策になります。

借り上げ住宅制度は、年収の高い社員ほど得られる恩恵が大きいです。

上記以外にも、オフィスが広く清潔である点や社内ではコーヒー飲み放題である点など社内設備も充実しており、働く上では申し分ない環境が整っていると言えるでしょう。

まとめ

この記事では、ゴールドマンサックスの年収について詳しく解説しました。

 ゴールドマンサックスの平均年収は2,000万円を超えるとされており、日本の平均年収を大きく上回っています。

また、ゴールドマンサックスは実力主義の会社であるため、結果を残せば若いうちから高い給料を得ることもでき、中には10億円近い年収を受け取る方もいらっしゃるようです。

高い年収を魅力に感じた方は、ゴールドマンサックスへの入社を検討してみてはいかがでしょうか。

ゴールドマンサックスの年収は高いですが、解雇もある厳しい環境である点は理解しておきましょう。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事