金融業界へ転職アイキャッチ

金融業界への転職を検討している方の中には「未経験からの転職は難しいのかな…」といった悩みを持つ方も多いでしょう。

高い専門性が求められる金融業界への転職は、転職エージェントの活用がおすすめです。金融業界に強い転職エージェントをを選べば、効率的に転職活動が進められます。

そこでこの記事では、金融業界に強い転職エージェント6選を比較し、選び方についても解説していきます。

未経験から金融業界に転職するポイントについても解説するので、参考にしてください。

金融業界に強い転職エージェント6選を比較

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント※1
  • 業界最大級の非公開求人数
  • 転職した方の6割以上が年収アップを実現※2
  • 転職支援実績No.1!転職した方は37万人以上
  • 金融・保険業界に精通した専任のキャリアアドバイザーが在籍
  • 平日夜間や土日でも相談OK・電話面談も可能
  • 40年以上培ったどこよりも豊富な経験とノウハウがある

リクルートエージェントは非公開求人を20万件以上保有している、転職支援実績No.1※1の転職エージェントです。

 金融求人の非公開求人数は15,446件と、公開求人数の7倍以上あります(2021年10月31日時点)

リクルートエージェントでは、金融・保険業界に精通した専任のキャリアアドバイザーが、求人の紹介から採用までを徹底的にサポートしてくれます。

紹介してくれる求人は未経験OKなものから上場企業のものまで、豊富に揃っているのが特徴です。

またリクルートエージェントの「転職成功ガイド」には、金融業界の特徴や採用動向など転職のポイントが詳しく解説されており、金融業界への転職活動の参考になるでしょう。

運営会社 株式会社リクルート
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 職務経歴書エディター
  • 面接力向上セミナー
  • 担当者面談
金融の公開求人数
※2021年10月31日時点
2,516件(139,010件中)
利用可能地域 全国

※1:公式サイトの文言によります。
出典:リクルートエージェント公式サイト

doda

doda

おすすめポイント
  • 金融業界への転職の特設サイトあり
  • 金融業界専任のキャリアアドバイザーが在籍
  • 未経験歓迎の金融業界への求人特集あり
  • 転職者満足度No.1
  • 【参加無料】オンラインの転職セミナーや個別相談会を実施中
  • スカウトサービスでは面談確約オファーを受け取れることも

dodaは、金融業界への転職の特設サイトが用意されており、金融業界専任のキャリアアドバイザーが徹底サポートしてくれます。

 開発・運用・投資銀行・リサーチ・審査・バックオフィスなどの求人が公開されています。

未経験歓迎の金融業界求人特集や、Fintechに携わることができる求人特集など、金融業界に特化した特集が組まれているので探しやすいです。

大手・優良企業の非公開求人も多数保有しているので、他では出会えなかった質の高い求人に出会えるかもしれません。またdodaは、年収査定など診断・書類作成ツールが豊富なのも特徴です。

金融業界で働く人が選ぶ「転職人気企業ランキング上位30社」の合格診断も、無料で試せます。
運営会社 パーソルキャリア株式会社
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • スカウト
  • 転職ノウハウ
  • 転職Q&A
金融の公開求人数
※2021年10月31日時点
709件(104,411件中)
利用可能地域 全国

※公式サイトの文言によります。
出典:doda公式サイト

マイナビ金融エージェント

マイナビ金融エージェント

おすすめポイント
  • メガバンク・地銀・証券・生保出身の金融専門チームがサポート
  • 大手事業会社や総合商社の求人も多数保有
  • 非公開求人・独占求人の紹介が受けられる
  • 未経験可能の求人特集

マイナビ金融エージェントでは、メガバンク・地銀・証券・生保出身の金融専門チームが採用までをサポートしてくれます。

 金融系の全ての職種に対応しており、大手事業会社や総合商社などの紹介も可能です。

非公開求人・独占求人も紹介してもらえるので、しっかりと自分のキャリアや希望などをキャリアアドバイザーに伝えましょう。

金融専門職の求人特集や、未経験可能の求人特集も開設されているので、探したい求人をピンポイントで探せる点もメリットです。

運営会社 株式会社マイナビ
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • 履歴書添削サービス
  • 面接対策
  • サポート期間は無期限
金融の公開求人数
※2021年10月31日時点
30,725件
利用可能地域 全国

出典:マイナビ金融エージェント公式サイト

Spring転職エージェント

spring転職エージェント

おすすめポイント
  • コンサルタントが利用者と企業の両方を担当
  • 専門分野に精通したコンサルタント
  • 世界60の国と地域でサービスを展開

Spring転職エージェントは職種別の担当制なので、金融業界に精通したコンサルタントのサポートが受けられます。

求職者と企業の両方を担当する360度式コンサルティングを採用しているので、相性のミスマッチがありません。

 法人営業やトレーダー、ブローカー、監査など、幅広い金融求人を保有しています。未経験歓迎の求人も多いです。

世界60の国と地域でサービスを展開しているのえ、外資系やグローバル企業求人にも強みを持っています。

運営会社 アデコ株式会社
主なサービス(機能)
  • エージェントサービス
  • セミナー・個別相談会
  • 面接対策
  • コンサルタントブログ
金融の公開求人数
※2021年10月31日時点
190件(17,540件中)
利用可能地域 全国

出典:Spring転職エージェント公式サイト

KOTORA(コトラ)

KOTORA

おすすめポイント
  • 金融業界向けエージェントとして最大手※2
  • 金融業界出身のコンサルタントが中心
  • 職務履歴書・面接などのアドバイスが受けられる

KOTORA(コトラ)は、金融業界出身のコンサルタントを中心に創業時から人材紹介事業を行っている金融業界特化型の転職エージェントです。

 証券や銀行、投信投資顧問、ベンチャーキャピタルなど、ハイクラスなものから未経験可能なものまで、幅広い求人を保有しています。

金融業界の最新の動向、各企業の求人状況など、最新の情報を教えてくれます。効率的に転職活動が進むでしょう。

運営会社 株式会社コトラ
主なサービス(機能)
  • 面接ノウハウ
  • 転職体験記
  • 面接の質問事例
  • 業界情報/用語辞典
金融の公開求人数
※2021年10月31日時点
(-)12,120件
利用可能地域 東京/神奈川/埼玉/千葉/愛知/大阪/福岡/海外

出典:コトラ公式サイト
※2 公式サイトの文言による

ムービンストラテジックキャリア

ムービンストラテジックキャリア

おすすめポイント
  • 転職支援実績No.1※3
  • 全求人のうち約79%が非公開求人
  • 金融関連・財務系コンサルタント求人が多数

ムービンストラテジックキャリアは、全求人のうち約79%が非公開求人である転職支援実績No.1の転職エージェントです。

 海外・国内かかわらず、メガバンクや大手企業などの金融関連・財務系コンサルタント求人が多数公開されています。

コンサルタント求人に強みを持っているため、金融系のコンサルタントを目指す方におすすめです。

運営会社 株式会社ムービン・ストラテジック・キャリア
主なサービス(機能)
  • 面接ノウハウ
  • 応募書類の添削
  • ケース対策
  • ビジネススキルの徹底指導
金融の公開求人数
※2021年10月31日時点
非公開
利用可能地域 全国

出典:ムービン公式サイト
※3:公式サイトの文言によります

金融業界に強い転職エージェントの選び方

金融業界に強い転職エージェントの選び方
  • タイプで選ぶ
  • 目的で選ぶ

タイプで選ぶ

金融業界に強い転職エージェントには、総合型と特化型の2種類があります。それぞれ強みが異なるので、自分に合った方を選ぶことが大切です。

幅広く求人を探したいという方は、併用して探すのも良いでしょう。

総合型転職エージェント

総合型転職エージェントは、さまざまな業界・職種の転職支援を行っています。

幅広い業界・職種をカバーしているので求人数が多いことが特徴です。

 金融業界以外の業界も検討しているという方は、キャリアの選択肢が広がる総合型転職エージェントが向いていると言えるでしょう。

これまでの経験やスキルを活かせるキャリアについて、自分でも気づかなかった強みをキャリアアドバイザーに分析してもらえます。

その他、一般には公開されていない非公開求人や大手企業の求人を多く保有している点も特徴です。

特化型転職エージェント

金融機関の経験を活かして転職したい方なら、金融業界に特化した転職エージェントを活用するのがおすすめです。

特化型の転職エージェントには、以下のようなメリットがあります。

  • 金融業界出身のキャリアアドバイザーが多い
  • 専門的な知識や経験からアドバイスがもらえる
  • 金融業界の採用動向の変化などが知れる
  • 少数精鋭で柔軟性が高くフットワークが軽い

キャリアアドバイザーは銀行や外資系企業出身の場合が多く、金融業界に精通しています。

 求人情報だけでは得られない内部の情報を教えてもらえるでしょう。

業界との繋がりが強いことのメリットは他にもあります。独特の人脈を抱えている、企業と直接話せる、インターネットでは得られない本音を理解しているなどです。

目的で選ぶ

今回の転職がキャリアアップなのか、未経験なのかによっても、選ぶべき転職エージェントは異なります。

キャリアアップを目指す

年収が高く社会的なステータスのある地位・職種の求人は、一般的な転職サイトではなかなか見つかりません。

 キャリアアップを目指すなら、ハイクラス層に特化した転職エージェントを活用するのがおすすめです。

もちろん、求人の質が高い分、求職者に対する要求も厳しくなることが考えられますが、エージェントを通すことで最適なマッチングが実現します。

エージェントの担当者を選ぶ際には、経歴以上のものを理解してくれる洞察力、人間力に注目するようにしましょう。

コンサルタントの技量を見極めて、信頼できる担当者を選ぶことが大切です。

特に、希望の業界職種を得意とする担当者を選ぶことが理想的な転職に繋がります。登録する前に十分に下調べを行いましょう。

未経験から金融業界を目指す

未経験から金融業界への転職を目指すなら、サポートが手厚いエージェントを選ぶのがおすすめです。

金融業界は未経験採用枠に対して応募者が多く倍率が高い傾向があります。狭き門にひとりで挑戦するのは効率が悪いです。

 業界をよく分かっていないまま自己応募すると、書類選考であっさり落とされてしまう可能性が高いので注意が必要です。

一方、転職エージェントを活用すれば企業の紹介や志望動機の書き方、面接対策まで一貫してサポートしてくれるので、書類通過率や面接通過率が高くなります。

面接試験を経て就職するまでの一連の流れについてプロ目線でのアドバイスを受けられるので安心です。

悩みや不安、疑問点なども相談しながら解決できるため、心の支えになるでしょう。

未経験から金融業界への転職は難しい?

未経験からでも金融業界へ転職することは可能です。しかし、転職を成功させるためには、以下の3つのポイントを押さえておくことが大切です。

未経験から金融業界へ転職するコツ
  • 金融業界の業務形体を把握する
  • 情報収集を行う
  • 自分のキャリアイメージを明確にする

金融業界の業務形態を把握する

まず、金融業界にはどのような業務形態があるのかを把握しましょう。

 なぜなら、目指す方向性によって事前に身につけておきたい知識やチャレンジしたい資格なども異なるからです。

金融業界には、以下のようなさまざまな業種があります。

  • 銀行
  • 証券
  • 生命保険会社
  • 損害保険会社
  • 資産運用会社
  • 政府系金融機関
  • 外資系投資銀行

上記以外にも、金融業界には数多くの業種が存在します。一体自分がどの業種に合っているのか、今までのスキルを活かせるものはどれかなどを見極めることが大切です。

金融業界に関する情報収集を行う

金融業界の業務形態をある程度理解できたら、次に業界に関する情報収集を行います。

 志望動機書や面接では、金融業界で魅力に感じる点や将来の展望などを問われる傾向にあるからです。

金融業界は昔も今も人気の高い業界であり、たくさんのライバルが存在します。

そんな中で内定を勝ち取るためには、魅力的な志望動機を記入して人事担当者の興味を惹きつける必要があるのです。

金融業界に転職したい理由をスムーズに答えられるようにするためにも、業界に関する知識を付けておきましょう。

金融業界の志望動機を考える際のポイント

金融業界の志望動機を考える際のポイントは、以下の3つです。

  • なぜ金融業界なのか
  • 金融業界の中でもなぜその企業なのか
  • 入社後自分がどう貢献できるか

数多くの業界の中からどうして金融業界を選んだのか、その理由を人事担当者に明確にアピールすることが大切です。

また、金融業界の中でもその企業でなければならない理由についても明記しなければなりません。

入社後、企業に対して自分がどのように貢献できるのかも答えられるようにしておきましょう。

自分のキャリアイメージを明確に持つ

入社後に自分がどのような姿になりたいのかを想定して、キャリアイメージを明確に持った状態で転職活動に臨むのが理想的です。

 長期的に働くキャリアイメージを持った転職希望者は、企業に歓迎されやすい傾向があります。

面接の際、どのように働いていきたいのかを明確に伝えられれば、企業に良い印象を与えることができるでしょう。

キャリアプランの立て方

キャリアプランを立てる時には、以下のようにできるだけ具体的な将来像を考えます。

  • どんな仕事をしたいか
  • どこで仕事をしたいか
  • どのように働きたいか

いつまでにその状態になっていたいかも併せて設定しておくと良いでしょう。

次に、1年後、3年後、5年後と区切り、それぞれの期間ごとの到達目標を決めます。中長期的に目標を設定することで、次のステップに向けて意欲が高まります。

実行可能な目標を積み上げていく気持ちで作成するのがポイントです。

金融業界への転職に関するよくある質問

金融業界に強い総合型転職エージェントは?
非公開求人も多数保有しているdodaがおすすめです。金融業界への転職の特設サイトが用意されており、金融業界専任のキャリアアドバイザーが徹底サポートしてくれます。開発・運用・投資銀行・リサーチ・審査・バックオフィスなどの求人が公開されています。
金融業界に強い特化型転職エージェントは?
金融業界出身のコンサルタントを中心に創業時から人材紹介事業を行っているKOTORA(コトラ)がおすすめです。証券や銀行、投信投資顧問、ベンチャーキャピタルなど、ハイクラスなものから未経験可能なものまで、幅広い求人を保有しています。
金融業界に強い転職エージェントの選び方は?
金融業界に強い転職エージェントには、総合型と特化型の2種類があります。タイプや目的別に選ぶのが良いでしょう。幅広く求人を探したいという方は、併用して探すのもおすすめです。
金融業界に強い総合型転職エージェントの特徴は?
さまざまな業界・職種の転職支援を行っています。幅広い業界・職種をカバーしているので求人数が多いことが特徴です。金融業界以外の業界も検討しているという方は、キャリアの選択肢が広がる総合型転職エージェントが向いていると言えるでしょう。
金融業界に強い特化型転職エージェントの特徴は?
金融機関の経験を活かして転職したい方なら、金融業界に特化した転職エージェントを活用するのがおすすめです。キャリアアドバイザーは銀行や外資系企業出身の場合が多く、金融業界に精通しています。求人情報だけでは得られない内部の情報を教えてもらえるでしょう。
未経験から金融業界に転職する際に活用すべき転職エージェントは?
サポートが手厚いエージェントを選ぶのがおすすめです。企業の紹介や志望動機の書き方、面接対策まで一貫してサポートしてくれるので書類通過率や面接通過率が高くなります。面接試験を経て就職するまでの一連の流れについてプロ目線でのアドバイスを受けられるので安心です。
未経験から金融業界への転職は厳しい?

未経験からでも金融業界へ転職することは可能です。

しかし、転職を成功させるためには、以下の3つのポイントを押さえておくことが大切です。

  • 金融業界の業務形態を把握する
  • 金融業界に関する情報収集を行う
  • 自分のキャリアイメージを明確に持つ

どのように働いていきたいのかを明確に伝えられれば、企業に良い印象を与えることができるでしょう。

まとめ

金融業界におすすめの転職エージェントを紹介し、選び方について解説しました。金融業界に強い転職エージェントを選ぶ際には、タイプと目標別に選ぶのがおすすめです。

総合型と特化型はそれぞれ強みが異なるので、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

未経験からでも金融業界へ転職することは可能ですが、転職を成功させるためには業界の業務形態を把握して情報収集を行うことが大切です。

転職エージェントを活用すれば、効率的に採用を勝ち取ることができるでしょう。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事