未経験でもエンジニアに転職できるの?具体的な転職方法や注意点を解説

近年、テクノロジーの変化によってエンジニアの需要が高まっているため、未経験の方でもエンジニアに転職を希望するケースが増えています。

しかし「未経験でもエンジニアに転職できるの?」「エンジニアに向いている人ってどんな人?」と考えている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、未経験でもエンジニアに転職する方法や向いている人、注意点について解説していきます。

転職する具体的な方法についても解説していますので、エンジニアに興味がある方はぜひ参考にしてみてください。

未経験でもエンジニアに転職できる?

未経験でもエンジニアへの転職は可能です。理由は大きく分けて、以下の3つが挙げられます。

未経験でもエンジニアに転職できる理由
  • エンジニアの数が足りていない
  • 国をあげてエンジニアを確保している
  • 多くの企業がエンジニアを求めている

1. エンジニアの数が足りていない

IT市場は急激な成長を遂げている業界ですが、深刻なエンジニア不足が懸念されています。

エンジニアは企業のサービスやシステムの開発・管理を担当するケースが多いため、IT業界にとってはなくてはならないポジションです。

 経済産業省の発表※では、2030年までに45万人以上もIT関連の人材が不足するとされています。

そのため、エンジニアとして働いた経験のない未経験な方でも、比較的転職しやすい業種です。

※出典:https://www.meti.go.jp/policy/it_policy/jinzai/gaiyou.pdf

2. 国をあげてエンジニアを確保している

エンジニアは、国をあげて人材を確保している業種の一つでもあります。

深刻なエンジニア不足が懸念されている現状を見越して、小中学校ではカリキュラムの中にプログラミングが組み込まれています。

 小中学校の段階で、プログラミングの概要や考え方を身につけてもらう意図もあります。

現時点でプログラミングに対する知識があれば、それだけでも受け入れてくれる企業も多いです。

国が支援している「教育訓練給付制度」の中にエンジニアも組み込まれています。

3. 多くの企業がエンジニアを求めている

エンジニアは国だけではなく、多くの企業にも求められている職種です。

新たなサービスやWebページの構築にはエンジニアが必要不可欠であるため、積極的に採用を行なっています。

 年々エンジニアの重要性が明らかになっており、大企業も未経験からエンジニアの採用を行なっている場合があります。

また、中小企業もエンジニア不足を懸念しているため、未経験でも営業・事務職以上の待遇で迎え入れてくれる可能性が高いでしょう。

エンジニアの需要が急激に高まっている今だからこそ、転職するチャンスなんですね。

エンジニアの5つの業種

エンジニアは大きく分けて、以下5つの業種が存在します。

エンジニアの業種
  • システムエンジニア
  • プログラマー
  • WEBエンジニア
  • インフラエンジニア
  • フロントエンドエンジニア

1. システムエンジニア

システムエンジニアとは、システムの要件定義や構築・システム開発などを行う仕事です。

基本的には「どのような仕様でシステムを構築していくのか」が、メインの業務内容になります。

 クライアントの要望を元にシステムの設計や要件定義を行なっていくため、プログラミングスキルだけではなく、コミュニケーション能力の高さも求められます。

また、システムエンジニアとして、対応できる内容が増えれば増えるほど、企画・開発の段階から携わることも可能です。

キャリアを積めば、大幅に年収アップも狙えます。

2. プログラマー

プログラマーとは、システムエンジニアが作成した仕様書や設計を元にプログラミングを行う仕事です。

設計から関わることもありますが、コーディング作業がメインの業務になります。

 仕様書通りにプログラミングしていくだけではなく、システムの不具合の発見から改善も必要な業務です。

またプログラマーによって、java scriptやRubyなど得意としている言語が異なります。

複数の言語を覚えておくことで、転職できる確率が大幅に上昇します。

3. WEBエンジニア

WEBエンジニアとは、WEBサイトの設計・構築やアプリケーションの開発を行う仕事です。

プログラミング技術を応用した業務が多く、コーディング以外にもシステムの設計から保守管理まで行う必要があります。

 他のエンジニアと連携することが非常に多いため、一定のコミュニケーションスキルも求められるでしょう。

また、設計・構築するWEBサイトやアプリによって使用する言語や知識が異なるケースが多いです。

プログラミングに関する知識と応用力が重要な業種です。

4. インフラエンジニア

インフラエンジニアとは、IT関連のインフラを設計・整備する仕事です。WEBシステムの不具合を確認、サーバーの保守管理が主な業務内容です。

 ITインフラの整備がメインとなるため、プログラムを書くことは少ないでしょう。

またインフラエンジニアは、データベースの構築・管理を行う「サーバーエンジニア」とネットワーク関連のインフラを整備する「ネットワークエンジニア」のどちらかに分けられます。

根本的な部分は他のエンジニアと異なりますが、ITインフラに特化した知識が必要になります。

5. フロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニアとは、WEBサイトの見た目部分(フロントエンド)の設計・構築を行う仕事です。

見た目の設計だけではなく、WEBサイトの機能面もフロントエンドエンジニアが対応するケースが多いです。

 ユーザーが見やすくわかりやすいWEBサイトを構築する必要があるため、ユーザー視点でプログラミングを行う必要があるでしょう。

また、基本的な業務はHTMLとCSSだけで対応できる部分が多いため、複数の言語を覚える必要がない点も特徴です。

未経験からのエンジニア転職なら、フロントエンドエンジニアが最適でしょう。

エンジニアに向いている・転職がおすすめな人の特徴

エンジニアに向いている人の特徴は、大きく分けて以下4つです。

エンジニアに向いている人の特徴
  • IT関連の情報に興味がある人
  • 論理的な思考能力が高い人
  • 集中する作業が好きな人
  • コミュニケーション能力が高い人

どれか一つでも当てはまれば、エンジニアとしての適性があると言えるでしょう。

IT関連の情報に興味がある人

IT関連の情報や新しい技術に関して興味がある人は、エンジニアに向いていると言えるでしょう。

IT業界は急成長している市場のため、常に新しい情報・技術が出てきます。変わらない一つの技術を磨き続ける場合や、専門性が高すぎる情報に興味がある人には、エンジニアは向いていません。

 パソコンをはじめとするガジェットは、エンジニアには必要不可欠な道具です。新しい技術に対して興味のある人が、企業に求められるエンジニアになる可能性が高いです。

また、企業は日本では用いられてない技術や新たな言語を使用してシステムを構築できれば、競合他社に差をつけることができるため、このような人材を探しています。

IT関連の情報に興味があるだけでも、エンジニアとして活躍することは可能です。

論理的な思考能力が高い人

論理的な思考能力が高い人は、エンジニアに向いている傾向にあります。

例えば、プログラマーの場合は直感的にコードを書くのではなく、あらかじめ定められている要件定義に基づいてコーディングを行います。

途中で発生するエラーや問題に対して、論理的な思考で改善を施せなければ、ストレスを感じてしまうでしょう。

 感情ではなく論理的にコーディングを行えば、要望通りのシステムが出来上がるため、論理的な思考能力が高い人はエンジニアに向いています。

また、コーディングができなくても、インフフラエンジニアとして採用してもらえる可能性はあります。ただし、論理的な思考で業務対応ができなければ、続けることは難しいでしょう。

トライアンドエラーを繰り返すことが多いのも、エンジニアの特徴です。

集中する作業が好きな人

プログラマーやフロントエンドエンドエンジニアなどは、基本的にプログラムを書くことが仕事になるため、集中する作業が好きな人に向いていると言えるでしょう。

コツコツとプログラムを書いて、失敗と改善を繰り返すことになるため、何度もエラーを出したくないなどと感じる方は向いていない可能性が高いです。

 失敗しても、自分のペースで仕事を進められる点もエンジニアの特徴です。

また、エンジニアはリモートワークができる業種なため、自宅で集中しながら業務にあたることができます。

エンジニアは自宅で仕事をしたいと考えてい方にも向いているでしょう。

コミュニケーション能力が高い人

常に集中してコードを書いているイメージの強いエンジニアですが、実際は他部署やクライアントと接する機会が多いため、コミュニケーション能力が高い人も向いています。

例えば、システムエンジニアなどは、クライアントの要望を汲み取ってシステムの設計を行うため、コミュニケーションスキルがなければ成り立ちません。

 クライアントと接する機会がなくとも、社内の人と業務の相談を行うなど、コミュニケーションを撮る機会があります。

プログラミング技術を磨きながら積極的なコミュニケーションを行うことで、設計段階から業務に携われる可能性も高くなるでしょう。キャリアを高めていきたい場合は、コミュニケーションスキルが重要です。

もちろん、プログラミング技術だけでキャリアを積み上げることも可能です。

未経験でもエンジニアに転職する3つの方法

未経験でもエンジニアに転職する方法は、大きく分けて以下の3つの方法があります。

未経験でもエンジニアに転職する方法
  • 独学でプログラミングを学ぶ
  • プログラミングスクールに受講する
  • 完全未経験の状態で転職する

1. 独学でプログラミングを学ぶ

未経験でも、独学でプログラミングを学ぶことで、エンジニアになることができます。

主に書籍やYouTubeなどの動画プラットフォーム、無料でプログラミング教材を配布しているWEBサイトなどを活用すれば、独学でもプログラミングを身につけることができるでしょう。

 コストをかけることなく、自分のペースで学習を進められるため、学ぶ意欲が強い人は独学でも十分可能です。

しかし、実際に企業でエンジニアとして採用されるためには、一定のプログラミングスキルを身につける必要があります。

実戦で活用できるプログラミングを身につけるには、継続した学習が求められます。

 独学でプログラミングを身につける場合、エラーを改善するまでに時間がかかってしまい、挫折してしまうケースも多いです。

継続してプログラミング学習ができる場合は、未経験でも独学で技術を身につけて転職できるでしょう。

難易度が高い方法ではありますが、ポートフォリオの作成までできれば、未経験でも十分エンジニアに転職可能です。

2. プログラミングスクールに受講する

未経験でエンジニアに転職する方法として、プログラミングスクールや専門学校の受講があります。

近年は、未経験を中心としたプログラミングスクールが増えてきており、オンラインでも受講できることから、場所を選ばずプログラミング学習が可能です。

また、スクールには指導者やメンターが在籍しているため、わからない部分や問題点があれば、すぐに解決できる点がメリットと言えるでしょう。

 チャットやメールを利用して気軽に質問できるため、未経験でも比較的通いやすい点も特徴です。

しかし、プログラミングスクールや専門学校に通うためには、受講料が必要です。選択するスクールのタイプや期間によって費用は異なりますが、平均10〜30万円前後と考えておくと良いでしょう。

 スクールに通ったからといって、必ずエンジニアとして転職できる訳ではありませんので、注意が必要です。

費用面で受講を検討している場合、無料受講できるプログラミングスクールを選び、どのような環境で学習できるのか確かめて見ましょう。

プログラミングスクールはわからない部分をすぐ質問できるため、独学に自身がない人におすすめです。

3. 完全未経験の状態で転職する

社員の育成環境が整っている企業の場合、完全未経験の状態でもエンジニアとして転職できるケースも存在します。

独学やプログラミングスクールは、学習期間にプログラミングでお金を稼ぐことはできません。しかし転職した状態であれば、未経験でも収入を得ながらプログラミング学習が可能です。

 会社の中で教えてもらうこともできますが、自主的な勉強も行う必要があります。

企業の中には、勤務環境が整っていない状態で未経験のエンジニアを働かせることがあるため、入社前に評判を確認しおくと良いでしょう。

また、給与が極端に低いケースもあります。完全にエンジニアとして転職したい場合は、プログラミングスクール卒業後に転職しましょう。

未経験でエンジニアに転職する際の注意点

未経験でエンジニアに転職する際の注意点は、大きく分けて以下の2つです。

未経験でエンジニアに転職する際の注意点
  • 難易度が低い転職ではない
  • 選択する職種によってキャリアが変わる

難易度が低い転職ではない

エンジニアは需要が高く、キャリアを積めば多くの企業から求められる人材になれるでしょう。しかし、決して難易度が低い転職ではありません。

一定のプログラミングスキルやコミュニケーション能力がなければ、企業から安く買い叩かれてしまう可能性があります。

 入社後、慣れるまではプログラミング学習も続けておいた方が良いでしょう。

企業に安く買い叩かれてしまうと、長時間労働や全く知らない言語でプログラムを書かされることになってしまいます。

そのため、エンジニアとして転職することだけを目的とせず、常にスキルを高めることを意識しましょう。

スキルを高めていくことで、市場価値をより向上していけるでしょう。

選択する職種によってキャリアが変わる

エンジニアには複数の職種が存在するため、選択した職種によってはキャリアが変わってしまう可能性があります。

例えば、プログラマーとして転職したのにも関わらず、社内インフラの整備ばかりを任されてコードを全く書く機会がない、とったケースも存在します。

 企業によって求めているエンジニアは異なりますので、自分がどのポジションで転職するのかを明確に決めておきましょう。

エンジニアの中でも、ポジションによって業務内容が大きく異なりますので、選択する職種はブレずに持っておきましょう。

経験を積みたい場合は、複数のポジションに挑戦してみても良いでしょう。

まとめ

この記事では、未経験でもエンジニアに転職する方法や向いている人、注意点について解説していきました。

エンジニアは年々市場価値が高まっているため、一定のスキルを身につければ、未経験でも希望の企業に転職できます。

しかし、知識・スキルが全くない状態で転職してしまうと、心身ともに消耗してしまう可能性が高いため、あらかじめ注意しましょう。

HTMLやCSSについての把握、ポートフォリオを作成できれば、未経験でも十分転職できます。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事