第二新卒におすすめの転職エージェント10選|比較ランキングも紹介

第二新卒とは、学校を卒業して就職をしたが、3年以内の短い期間で転職を目指す人を指します。

第二新卒にあたる方々は、転職経験が全くなかったり少なかったりすることから「進め方が分からない」「転職エージェントは何を使うの?」など、不明点も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、第二新卒におすすめの転職エージェント10選を紹介します。公開求人数の比較ランキングも合わせて紹介しているので、ぜひ転職エージェント選びの参考にしてください。

第二新卒の転職を考えている方に必見の内容となっています。

第二新卒におすすめの転職エージェント10選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 非公開求人を約10万件以上保有
  • 転職支援ツールが豊富
  • 細かい条件でも求人を検索できる

リクルートエージェントは、非公開求人を多く抱える業界最大級の転職エージェントです。

 キャリアアドバイザーのサポートにより、強みや特徴を明確にできます。

どんな些細な悩みでも対応してくれるため、不安を解消しながら進めることができるでしょう。

自己分析や志願動機なども一緒に考え、アドバイスをしてくれます。
主なサービス・機能

・転職成功ノウハウ

・応募書類の添削

・転職サポートツール

利用可能地域 全国
運営会社 株式会社リクルート

doda

doda

おすすめポイント
  • 幅広い業界、職種の求人を保有している
  • 充実した転職支援サービスが豊富
  • 企業からスカウトメールが届く

dodaは、業界や職種に精通したキャリアアドバイザーによる支援を受けられる転職エージェントです。

 転職セミナーや個別相談会を毎月開催しています。

スカウトサービスでは一般的に公開されていない企業からオファーが届くこともあるため、自分の市場価値を把握することもできます。

求人を検索する際は、こだわりの条件を細かく設定可能です。
公開求人数※2021年11月29日時点

公開:109,543件

非公開:ー

主なサービス・機能

・メルマガ配信

・スカウトメール

・転職Q&A

利用可能地域 全国
運営会社 パーソルキャリア株式会社

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • 転職者の希望に寄り添って最適な求人を紹介
  • 転職経験の少ない人にも安心の丁寧なサポート
  • 入社日や年収などの条件交渉をしてくれる

マイナビエージェントは、転職事情に詳しいプロからサポートを受けられる転職エージェントです。

 キャリアアドバイザーが客観的な視点から転職市場での価値を分析してくれます。

ポジションや年収といった自分からは交渉しづらい内容や、聞きにくい質問も代理として行ってくれることが特徴です。

面接対策や応募書類作成は過去の事例をもとに、ブラッシュアップしてくれます。
主なサービス・機能

・エージェントサービス

・転職お役立ち情報

・履歴書、職務経歴書の添削

利用可能地域 全国
運営会社 株式会社マイナビ

DYM就職

DYM就職

おすすめポイント
  • 第二新卒やフリーターなど、20代向けの求人が豊富
  • 多数の優良企業求人を保有している
  • サービス満足度90%を誇る

DYM就職は第二新卒やフリーター、既卒などの20代に特化した求人を多く扱っている転職エージェントです。

 サポート対象は18〜35歳までとなっています。

キャリアアドバイザーが求職者目線でアドバイスをしてくれるため、第二新卒の転職の心強い味方となってくれるでしょう。

転職活動のサポートを受けるにあたり、電話はもちろん対面での面談も可能となっています。
公開求人数※2021年11月29日時点

公開:ー

非公開:ー

主なサービス・機能

・転職コラム

・カウンセリング

・内定、入社後までのフォロー

利用可能地域 オンライン:全国
対面:東京、札幌、仙台、名古屋、京都、大阪、広島、福岡
運営会社 株式会社DYM

出典:DYM就職公式

就職Shop

就職Shop

おすすめポイント
  • 納得感を得られる転職を実現
  • 履歴書などの書類選考がなく求人に応募できる
  • 訪問取材した求人のみを紹介している

就職Shopは、未経験や若手の育成を重視している企業への転職実績のあることが特徴の転職エージェントです。

 求人は全て訪問取材をしているため、ネットだけでは分からない情報を得られます。

応募する際に書類選考がないため、スピード感を持って第二新卒の転職活動を進められるでしょう。

累計1,000社から、希望に合わせた求人を紹介してくれます。
公開求人数※2021年11月29日時点

公開:ー

非公開:ー

主なサービス・機能

・お悩み解決コラム

・個別サポート

・面接対策

利用可能地域 首都圏、関西
運営会社 株式会社リクルート

出典:就職Shop公式

ワークポート

ワークポート

おすすめポイント
  • IT、WEB、ゲーム関係の業界に強い求人を揃えている
  • 転職コンシェルジュによるサポート
  • テンプレートを参考に履歴書・職務経歴書を作成できる

ワークポートは、ITやWEB、ゲーム関係の業界に強い転職エージェントです。

 オリジナルアプリやコラムなど、転職を支援する独自のツールが豊富に整えています。

採用リアルボイスでは採用担当者目線のリアルな声を聞くことができ、第二新卒で求められる人物像を知ることができるでしょう。

履歴書・職務経歴書では28種類のテンプレートを揃えているため、参考にしながら進めることができます。
公開求人数※2021年11月29日時点

公開:47,550件

非公開:ー

主なサービス・機能

・応募書類作成ツール

・転職&お仕事コラム

・転職活動支援アプリ

利用可能地域 東京、神奈川、愛知、大阪、福岡
運営会社 株式会社ワークポート

ハタラクティブ

ハタラクティブ

おすすめポイント
  • 未経験からの正社員入社を手厚くサポート
  • 性格や長所などに合わせて厳選した求人を紹介
  • 第二新卒の転職をサポートするコンテンツが充実

ハタラクティブは、既卒や第二新卒などの若年層をターゲットにしている転職エージェントです。

 正社員で働いた経験のない方の就職支援を得意としています。

強みを最大限アピールできるように、よく落とされるパターンや対策、話しが相手に伝わりやすくなる方法などをキャリアアドバイザーが教えてくれます。

直接会って相談ができるため、些細なことでも聞きやすい環境があるでしょう。
公開求人数※2021年11月29日時点

公開:ー

非公開:ー

主なサービス・機能

・みんなの就職エピソード

・お役立ちコンテンツ

・お悩み相談室

利用可能地域 全国
運営会社 レバレジーズ株式会社

UZUZ

UZUZ

おすすめポイント
  • 第二新卒、既卒、フリーターの転職・就活に特化
  • 入社1年後の定着率は94.7%
  • キャリアカウンセラーの共感度100%

UZUZは、第二新卒や既卒、フリーターなど、社会人経験の少ない方を対象にした転職エージェントです。

 都心部を中心に、IT業界などの求人を多く抱えています。

転職を支援するキャリアカウンセラーも、第二新卒やフリーターが多いのも特徴です。悩みや不安な点に共感しながら的確なアドバイスがもらえるでしょう。

UZUZが紹介する求人は、企業を訪問して労働環境などをチェックしているためブラック企業が比較的少なくなっています。
公開求人数※2021年11月29日時点

公開:ー

非公開:ー

主なサービス・機能

・面接対策

・研修付きサポート

・内定から入社後の支援

利用可能地域 東京、大阪
運営会社 株式会社UZUZ

出典:UZUZ公式

キャリアスタート

キャリアスタート

おすすめポイント
  • 未経験でも応募可能な求人を多く揃えている
  • マンツーマンで転職、就職をサポート
  • 丁寧なヒアリングから希望に合った最適な求人を提案

キャリアスタートは、まだ社会人としてキャリアを十分に積んでいない第二新卒、既卒をターゲットにした転職エージェントです。  

 同じ転職希望者との情報交換ができる交流会を毎月開催しています。

転職が成功してもそれで終わりではなく、入社後のアフターフォローまで徹底してサポートしていることが特徴です。

サービスを利用すると、転職成功者の声が詰まった「転職成功Book」をもらえます。
公開求人数※2021年11月29日時点

公開:ー

非公開:ー

主なサービス・機能

・転職交流会

・転職成功BOOK

・マンツーマン模擬面接

利用可能地域 関東中心
運営会社 キャリアスタート株式会社

出典:キャリアスタート公式

第二新卒エージェントneo

第二新卒エージェントneo

おすすめポイント
  • 就職・転職の支援実績が2万人超
  • 就職・転職に役立つノウハウが豊富
  • 職務経歴なしの転職・就職支援実績が10,000万人を突破

第二新卒エージェントneoは、若年層の第二新卒や学生などに特化した就職エージェントです。

 1人当たりサポート時間は平均8時間と、一人ひとりじっくり向き合った体制を整えています。

抱えている求人の約半数は営業や企画職が多く、未経験からでも正社員が臨めるでしょう。

無料セミナーや面接対策など、知識を深めながら転職活動できる環境があります。
公開求人数※2021年11月29日時点

公開:ー

非公開:ー

主なサービス・機能

・面接対策

・就職・転職ノウハウ

・お役立ち情報

利用可能地域 関東中心
運営会社 株式会社ネオキャリア

第二新卒におすすめの転職エージェント|公開求人数比較ランキング

※記事内で紹介した転職エージェントの公開求人数を比較し、多いものを順に3つご紹介します。

※情報は2021年11月29日時点のものです。最新情報とは異なる可能性があります。

1リクルートエージェント(公開求人数:147,064件)

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 非公開求人を約10万件以上保有
  • 転職支援ツールが豊富
  • 細かい条件でも求人を検索できる
  • 履歴書、職務経歴書を添削してもらえる
  • 無料で利用できる

2doda(公開求人数:109,543件)

doda

おすすめポイント
  • 幅広い業界、職種の求人を保有している
  • 充実した転職支援サービスが豊富
  • 企業からスカウトメールが届く
  • 業界や職種に精通したキャリアアドバイザーが在籍
  • サービスは全て無料

3ワークポート(公開求人数:47,550件)

ワークポート

おすすめポイント
  • IT、WEB、ゲーム関係の業界に強い求人を揃えている
  • 転職コンシェルジュによるサポート
  • テンプレートを参考に履歴書・職務経歴書を作成できる
  • 応募書類の作成で役立つテンプレートが充実
  • 若年層の転職支援に特化

第二新卒での転職を成功させるポイント

第二新卒は、ある程度の社会人経験があることから、即戦力として期待される人材です。そのため新卒での入社と比べ、採用基準が高くなるでしょう。

ここでは、第二新卒での転職を成功させるポイントを3つ紹介します。以下のポイントを踏まえて、転職活動を有利に進めましょう。

第二新卒での転職を成功させるポイント
  • 転職したい理由を明確に洗い出す
  • 転職理由をポジティブなものにする
  • スキルや経験をアピールする

転職したい理由を明確に洗い出す

転職したい理由が定まっていない場合は「なぜ転職したいのか」を、よく考えてから動き出しましょう。

 転職したい理由を明確にするためには、自己分析が重要です。

転職したい理由が明確であれば、転職の失敗を防ぐことができ、自分の求めている環境を手に入れやすくなります。

現職に不満があっていち早く転職したい場合でも、焦って転職先を探すのは避けましょう。

転職理由をポジティブなものにする

第二新卒での転職は、「現職で上手くいっていないのでは?」など、企業によってはマイナスな印象がある場合もあります。そのため、転職理由はポジティブなものにしましょう。

 将来性があると期待してもらえるような理由が最適です。

給与面や環境面の不満を述べてしまうと、転職をしても同じことを繰り返すのではないかと判断されてしまいかねません。

ネガティブな理由しか思いつかない場合は、ポジティブに変換できる理由を考えてみてもいいでしょう。

スキルや経験をアピールする

第二新卒の転職では、「やりたいこと」ではなく「できること」が重要視されます。そのため、これまでに身に付けたスキルや経験をアピールできれば、自分にしかない武器になるでしょう。

 スキルや経験はエピソードを交えて伝えられると効果的です。

また、ただスキルや経験をアピールするだけではなく、応募企業の職種に合わせた内容にすることで、より採用担当者に説得力を与えることができます。

応募企業で活かせるスキルや経験がない場合は、今取り組んでいることもアピールポイントとして使えます。

第二新卒|転職のやり方・始め方

第二新卒の転職では、求人に応募する前にしっかり対策をしておくことが重要になります。事前準備ができている状態で転職活動を進めることで、意中の企業への採用確率も高まるでしょう。

ここでは、第二新卒での転職のやり方・始め方を3つ紹介します。転職活動を始める前に、以下のポイントを取り入れてみてください。

第二新卒|転職のやり方・始め方
  • 自己分析をする
  • 転職までのスケジュールを立てる
  • 転職エージェントに相談する

自己分析をする

自分の求める企業と、そこで送りたいキャリアを築いていくために、自己分析をして自分を知っておくことは大切です。

 自分の転職の軸を明確にしておく必要があります。

自分自身の考えとしっかり向き合うことでキャリアプランが明確になり、転職後にミスマッチするリスクを防ぐことができるでしょう。

転職活動を始めるにあたり、自己分析は1番最初にやることがおすすめです。

転職までのスケジュールを立てる

自己分析を終えてからは、いつから新しい職場で働き出したいのかゴールを定め、それに向けてスケジュールを細かく決めておくといいでしょう。

 現職と並行して転職活動を進める場合は、まとまった時間の確保ができずに長引く可能性もあります。

転職活動が長引くと、長引いただけ時間が経ち自分の転職の軸を忘れてしまいやすくなります。そのため、細かく転職までのスケジュールを立てておくことが大切です。

スケジュールを立てることで、転職活動をより効率的に進めることができます。

転職エージェントに相談する

転職エージェントは求人の紹介だけではなく、転職に関する全てをサポートしてくれます。一人で転職活動を進めるよりもスムーズなため、転職エージェントに相談することがおすすめです。

 自己分析や面接対策なども一緒に行ってくれます。

転職エージェントを活用することで自分だけでは見つけられない非公開求人も紹介してもらえるので、たくさんの求人と出会うことが可能です。

第二新卒の転職のやり方やポイントを指導してくれるでしょう。

まとめ

この記事では、第二新卒におすすめの転職エージェント10選と比較ランキングを紹介してきました。

第二新卒ならではの強みを活かして戦略的に転職活動を進めることで、希望の会社へ入社できる確率も高まります。

志望動機やキャリアの棚卸しをするときは、自分一人で考えても上手く進まないこともあるでしょう。

そうした場合は、第二新卒の転職に詳しいプロのアドバイザーに聞くことがおすすめです。転職エージェントを有効的に活用することで、自分のキャリアプランに沿った企業が見つかりやすくなります。

今回の記事を読んで、転職エージェント選びの参考にしてください。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事