リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)の評判

「リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)」とは、リクルートが運営する会員制の転職サイトです。

ハイクラスな転職に強いため、大手企業への転職を目指す方の中には、リクルートダイレクトスカウトの利用を検討する方も多くいるでしょう。

そこで今回は、リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)の評判・口コミや利用は会社にバレるのか?などを解説します。

リクルートダイレクトスカウトの利用がおすすめな人の特徴も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。
キャリアカーバーは2021年11月1日より「リクルートダイレクトスカウト」に名称を変更しました。

リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)とは?4つの特徴

リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)

まず、リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)の基本情報は以下の通りです。

運営会社 株式会社リクルート
公開求人数
※2021年7月26日時点
71,331件
職種 全職種に対応
機能
  • 求人紹介
  • スカウト
得意分野・特徴
  • 高収入求人
  • 管理職求人
利用可能地域 全国

出典:https://directscout.recruit.co.jp/

ここからは、リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)はどんな特徴がある転職サイトなのか、4つの特徴と共に詳しく見ていきましょう。

リクルートダイレクトスカウトの4つの特徴
  • ハイクラス求人に特化した会員制転職サイト
  • 登録後はスカウトを待つだけ!ヘッドハンターが仕事を探してくれる
  • 一求入魂スカウトがある
  • 非公開の仕事に出会える

1. ハイクラス求人に特化した会員制転職サイト

リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)は、株式会社リクルートが運営するハイクラス求人に特化した会員制転職サイトです。一人ひとりに合った求人を会員の代わりに探してくれ、丁寧に提案してくれる点が特徴となります。

 ハイクラス求人を得意とするだけに、年収800万円~2,000万円などの求人を多数揃えています。

そのためリクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)は、転職でキャリアアップしたい方・年収アップを目指す方に最適でしょう。

2. 登録後はスカウトを待つだけ!ヘッドハンターが仕事を探してくれる

headhunter

リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)に登録後、会員の方がすることは「企業からのスカウトを待つだけ」。

 会員登録時に提出する匿名のレジュメを、3,000名以上の実績豊富なヘッドハンターがチェックし、会員の代わりに仕事を探してくれます。

ヘッドハンターとは、求職者の代わりに仕事を探して、最適な求人を提案してくれる存在です。

リクルートダイレクトスカウトは約300社の企業・3,000名以上のヘッドハンターと提携しています。そのため、企業からの直接スカウトや、自分だけでは見つけられなかった意外な企業との出会いも望めます。

提携企業とは直接連絡が取れるため、効率よく転職活動を進められるでしょう。
※2021年7月時点

3. 一求入魂スカウトがある

リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)には、転職サイトの中でも珍しい「一求入魂スカウト」があります。

 一求入魂スカウトとは、ヘッドハンターから選ばれた限られた会員にのみ届くプレミアムなスカウトのことです。

通常のスカウトよりも価値があり、職位や年収なども高い求人と出会わせてくれます。自分自身の市場価値の高さを示すものなので、一求入魂スカウトを受け取ったらぜひ一度連絡をしてみましょう。

誰にでも届く通常のスカウトとは違い、ヘッドハンターの本気度が高いスカウトです。
その他、リクルートダイレクトスカウトには「FIT HUNTERスカウト」といった、会員にフィットする可能性が高いヘッドハンターから届くスカウトもあります。

4. 非公開の仕事に出会える

job hunting

ハイクラスの求人は、一般的に公開されていないことも少なくありません。つまり、自分一人で転職活動をしていては、出会えない可能性が高いと言えます。

 その点、リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)では非公開求人を多数取り扱っています。これらは会員限定の情報です。

今の自分が出会える範囲の求人から選ぶのではなく、就職先の可能性を広げる意味でも、非公開求人との出会いはメリットが大きいです。

リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)の無料の会員登録をすることで、非公開求人を含め会員限定情報を閲覧可能に。また会員の経歴を見たヘッドハンターが、他の転職サイトでは出会えない仕事と引き合わせてくれます。

新たな扉を開くために、まずは無料会員登録をしてみましょう。

リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)の評判・口コミ

サービスの質を知るうえで、口コミによる評判も調査することをおすすめします。実際に利用した人の声は、サービスの善し悪しを判断するうえで非常に有効です。

ここからは、良い口コミ・イマイチな口コミから評判について見ていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)の良い評判・口コミ

リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)の良い評判・口コミには、以下のようなものがあります。

良い評判・口コミ
  • ハイクラスな求人が豊富に揃っている

  • 理想の求人に出会える可能性が高い

  • 高年収な仕事に出会える

  • 無料で登録できるので、気軽に利用できる
  • 相性の良いヘッドハンターを自分で探せる

このようにハイクラス向けの転職サイトなだけあり、他とは一線を画す高年収求人等を揃えている点は、高い評価を得ています。

また転職業界全体的に、ヘッドハンターなどの担当者を選べないケースは少なくありません。その点リクルートダイレクトスカウトでは、自分で相性の良いヘッドハンターを探せる点が特徴です。

自分にとって最も良い環境で、転職活動をする基盤作りができます。

リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)での転職事例

リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)の公式サイトでは、実際にリクルートダイレクトスカウトを利用して転職に成功した方の、転職事例が掲載されています。

転職事例
  • 高校卒業後に大工からエンジニア→コンサルティング会社のマネージャーに
  • 5年半のブランクがありながら、正社員技術者として52歳のとき転職成功
  • 複数の転職回数、出産・育児のブランクを経て、外資系の経理マネージャー職に就任 

など

このようにブランクを乗り越えて転職を成功された方や、異業種への転職・未経験での転職成功など、リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)を利用してキャリアアップできた方は多くいるようです。

出典:https://careercarver.jp/contents/case/

リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)のイマイチな評判・口コミ

反対に、以下のようにイマイチな評判・口コミも見られました。

イマイチな評判・口コミ
  • 面接対策や書類の添削は期待できない

  • 求人のレベルが高い
  • 高収入の求人割合は多いが、全体の求人総数はあまり多くない印象

ハイクラス求人に出会わせてくれる期待は持てますが、面接対策や応募書類の添削といったサービスにはあまり積極的ではありません。

掲載されている求人のレベルは高めの設定なので、社会人経験が浅い人にとっては、求める仕事と出会いにくい点がイマイチな評判に繋がっています。

リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)への登録は会社にバレる?

転職活動をするにあたって、現在勤めている会社にバレることは避けたいと考える人は少なくないでしょう。その点、リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)はきちんと対策がなされています。

利用するうえでヘッドハンターからスカウトを受けるためにレジュメを登録しますが、これは匿名の情報となることから、外部にバレることは基本的にはありません。

 匿名のレジュメを閲覧できるのは、リクルートダイレクトスカウトに登録しているヘッドハンターだけです。これも、外部に漏れない対策だと言えます。

また、リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)を運営しているのは大手企業である株式会社リクルートであり、強固な対策を講じているため情報セキュリティの面でも安心して利用できるでしょう。

リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)の使い方

続いては、リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)の具体的な使い方について解説していきます。

これからリクルートダイレクトスカウトに登録を考えている場合は、ぜひ参考にしてみてください。

1. リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)に登録する

リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)のサービスを利用するためには、公式サイトから登録が必要です。アプリは今のところありません(2021年10月現在)

リクルートダイレクトスカウトの登録・ログイン方法は、メールアドレスとFacebookの2種類となります。入力が必要な情報は、下記の通りです。

必要項目
  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • 住所
  • 直近の年収
  • 直近の職種

他の転職エージェントと入力事項は同じですが、直近の年収は税引前の金額を入力しましょう。

また、リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)はハイクラスの転職エージョンとなるため、誤って税引前の金額を入力してしまうと、スカウトの量が減少する可能性があります。

直近の年収部分はスカウトに直結しますので、必ず源泉徴収を確認して入力しましょう。

2. レジュメを設定する

リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)に登録が完了した後は、レジュメを設定していきます。その際に下記のような項目について、入力していきます。

必要項目
  • 学歴(学校種別・学校名・学部・学科・卒業年月
  • 語学(英語レベル)
  • 連絡先(電話番号)
  • 経験社数
  • 直近の職務経歴(企業名・部署名・役職・在籍期間・職務内容)

英語レベルに関しては、TOEICを受験している場合は点数に応じて選択すると良いでしょう。検定や数字部分で英語スキルを表せなければ、自身の判断でレベルを選択しても問題ありません。

 入力項目を詐称すると、登録の抹消・関連サービスの利用ができなくなってしまう可能性があるため、十分に注意しましょう。

特に職務内容は企業が一番注目している部分になりますので、できる限り詳しく記載しましょう。

職務内容の入力が難しい場合は、リクルートダイレクトスカウトが提供している「職務経歴サンプル」を確認すると、スムーズに入力可能です。

3. ヘッドハンターからのスカウトを待つ

レジュメの設定が完了した後は、ヘッドハンターからのスカウト連絡を待ちましょう。

基本的には自身が希望する業種・職種の企業からスカウトが来ることが多く、連絡が来た場合はすぐに内容を確認できます。

 希望にマッチしない企業であれば、妥協することなくスカウトを待ちましょう。

また、職務内容の追記や資格を登録すると、ヘッドハンターからスカウトがくる確率が上がります。

自身が保有している資格関連は、積極的に登録していきましょう。

リクルートダイレクトスカウトでスカウトがこない時はどうすればいい?

リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)でスカウトがこない時は、担当ヘッドハンターを自分で選んで問い合わせてみましょう。

リクルートダイレクトスカウトには約3,000人以上のヘッドハンターが在籍しているため、自身の求める経歴を保有している人物を指名できます。

 豊富な検索機能を活用することで、自分の目的に適したヘッドハンターを探せます。

ヘッドハンターへの指名相談に追加料金は発生しませんので、スカウトに関する悩みがある場合は気軽に活用してみてください。

プロからの意見をもらうことで、選択肢の幅が広がるでしょう。

リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)の料金は?

リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)は、完全無料でサービスを利用できます。

 登録費用はもちろんのこと、スカウト連絡に返信したり、ヘッドハンターへの転職相談も無料です。

多くの転職サービスでは登録料や利用料が発生しますが、リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)では必要ないため、利用しやすいと言えるでしょう。

リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)を利用するメリット5つ

ここでは、リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)を利用する主なメリットについて解説していきましょう。

主なメリット
  1. リクルートが運営していて安心
  2. 高年収の求人を多数用意
  3. 大手企業の求人を保有
  4. 顧問求人スカウトを受けられる
  5. 仕事をしたまま気になる企業を体験できる

メリット① リクルートが運営していて安心

キャリアカーバーを利用するメリット

リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)を運営するのは、求人サイトをはじめ生活に身近なサービスを提供しているリクルートです。大手ならではの安心感と信用があるため、安心して利用できます。

リクルートが運営するものには「リクルートエージェント」や、転職サイト「リクナビNEXT」などもあるため、一般クラス向けとの使い分けにもおすすめです。

リクルートダイレクトスカウトとリクルートエージェントの違いとは?

リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)は、会員登録後に担当のヘッドハンターが求人を探してきてくれます。

登録者が積極的に企業を探す必要がないため、すきま時間に転職活動が可能ですが、ヘッドハンティングされる経歴が必要になります。

一方リクルートエージェントでは、担当のキャリアアドバイザーが転職活動をサポートしてくれます。

 リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)はヘッドハンティング重視で、リクルートエージェントは転職活動のサポートがメインです。

ハイクラスの求人を探す場合はリクルートダイレクトスカウトがおすすめで、幅広い求人を求める場合はリクルートエージェントが最適と言えるでしょう。

現状よりも良い待遇で勤務を希望する場合は、リクルートダイレクトスカウトを検討してみてはいかがでしょうか。

メリット② 高年収の求人を多数用意

ハイクラスな求人を保有する転職エージェントになるため、800万円~2,000万円といった高年収な仕事を多数扱っています。

転職理由のなかに、今よりも年収をアップしたいという想いから行動する人は少なくありません。そのような方にとって、リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)は最適なサービスと言えるでしょう。

 求人検索の際に、年収欄は最低600万円~となることからも、ハイクラスな仕事を検索できることがわかります。

また、各求人票には700万円~1,000万円というように目安となる年収が記載されているため、給与の面を重視した理想の仕事を探しやすいです。

年収応相談の求人も検索できるため、キャリアに自信がある人や交渉を希望する場合は、ぜひチェックしておきましょう。

メリット③ 大手企業の求人を保有

ハイクラス向けの転職エージェントとなるため、大手企業の求人を多く保有しています。主な大手企業は以下です。

大手企業一例
TOYOTA/Softbank/PayPay/中外製薬/NTT Data/ベクノス/宮越ホールディングス/丸紅

厳選求人情報として紹介されているため、大手企業に転職をしてキャリアアップをしたい人は、ぜひチェックしておきましょう。

メリット④ 顧問求人スカウトを受けられる

顧問求人スカウトとは、長年培ってきた知識や経験を生かして企業を支援する、顧問人材向けの仕事を紹介してくれるサービスです。

近年、シニア層だけでなく若手や中堅のハイキャリア層が業務委託で働くといったケースも、少なくありません。顧問として働くと、主に以下のようなメリットがあります。

顧問として働く主なメリット
  • 今までの経験を生かして他企業で副収入を得られる
  • 複数企業の業務に携わることで自分の可能性が広がる
  • リタイア後を意識した働き方を考える機会になる
  • 現職での顧問として得た知識・経験を生かし質の高い仕事ができる

一般社員として働いていると関われない業務が多いため、責任ある仕事に取り組める点は他にはない魅力です。

公式サイトから顧問求人スカウトを受け取るための登録も簡単に行えるので、ぜひ活用してみてください。

ここ数年で企業の顧問ニーズは増えている傾向にあるため、ぜひリクルートダイレクトスカウトでスカウトを受ける体制を整えておきましょう。

メリット⑤ 仕事をしたまま気になる企業を体験できる

今の職場でも働きつつ、他の企業でも働いてみたいと考える人もいるかもしれません。そんな時には、仕事をしたまま気になる企業を体験できる「サンカク」というサービスの利用がおすすめです。

サンカクとは、株式会社リクルートが提供するサービスのひとつで、社会人のためのインターンシップ・ディスカッションを目的としています。

 過去にはリクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)とのコラボレーションで、大手企業とのディスカッションができるイベントも開催されました。

サンカクでは、営業やマーケティング、さらにはスタートアップや大企業など、さまざまなステージの企業とディスカッションが可能です。

平日の仕事終わりや休日を活用して新たな可能性を広げる出会いを求められるため、ぜひチェックしてみてください。

リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)のデメリット

ここでは、リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)のデメリットについて解説していきます。

主なデメリット
  • 短期間で転職をしたい人には向いていない
  • キャリアがなければ利用しにくい

デメリット①短期間で転職をしたい人には向いていない

キャリアカーバーのデメリット

転職を希望する人のなかには、短期間で結果を求める人は少なくありません。そのため、転職エージェントによってはスピード感を意識しているものもあります。

しかし、リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)はヘッドハンターが最適な求人を紹介してくれるサービスになるため、短期間で内定獲得まで動くといった進み方ではありません

基本的には、マッチした求人を見つけてから、ヘッドハンターと相談しながら応募するか否かを決定します。

リクルートダイレクトスカウトで扱う求人はハイクラス向けであることから、スピード感よりも質を重視する傾向にある点も短期間での転職が難しい理由です。

デメリット② キャリアがなければ利用しにくい

リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)に利用制限は設けられていませんが、ハイクラス求人を多数保有していることから、キャリアが求められることは必須と言っても過言ではないでしょう。

 年収についても求人検索条件で600万円が最低ラインになっていることから、現職でそれ以上でなければ利用する意味をあまり見出せません。

キャリアがあれば求人を選びやすく魅力的なものが揃っていますが、社会人経験があまりない人にとっては少しハードルが高い可能性があります。

リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)の利用がおすすめな人

リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)は、以下のような特徴がある人に向いているサービスと言えるでしょう。

リクルートダイレクトスカウトがおすすめな人
  • キャリアアップをしたい人
  • 年収アップをはかりたい人
  • 担当者を自分で選びたい人
  • 在職中で忙しい人

キャリアアップ・年収アップをしたい人

ハイクラス向けの仕事を紹介するという特徴があるため、キャリアアップをしたい・年収アップを目指したい人には最適なサービスとなります。

仕事をするにあたって、今よりも高みを目指すとやりがいのある業務に携われることにもつながるでしょう。

担当者を自分で選びたい人

リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)は、担当者を自分で選択できるという特徴があります。ヘッドハンターは約2,500名も在籍しているため、当然人によって相性はあるでしょう。
※2020年10月時点

 求人を紹介してくれるヘッドハンターの質によって、自分に最適な仕事と出会える確率は変わってくると言っても過言ではありません。

在籍しているヘッドハンターは、

  • 決定人数部門
  • 職種別決定人数部門
  • 平均決定年収部門

といった形で、それぞれランキングで発表されています。

自分が希望する職種を得意とするヘッドハンターや、高年収の仕事紹介に定評があるヘッドハンターを検索して依頼できるため、充実した活動を送れるでしょう。

在職中で忙しい人

自身で求人の検索も可能ですが、基本的には匿名でレジュメを登録し、ヘッドハンターからのスカウトを待つだけとなります。

在職中で働きながら転職活動をしている人にとっては、忙しい中でも取り組みやすいのが特徴です。

現在の仕事と並行して転職活動を進めたい人に向いていると言えるでしょう。

リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)に関するよくある質問

リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)とは?
株式会社リクルートが運営している、会員制転職サイトです。ハイクラスな求人を多数保有しており、約3,000名の優秀なヘッドハンターが一人ひとりに合った仕事を探し提案してくれます。

また、一求入魂スカウトといい、選ばれた会員にのみ届くスカウトがある点も大きな特徴です。

リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)の評判・口コミは?
ハイクラスな求人を豊富に揃っている、高年収な仕事に出会える、無料で登録できるので気軽に利用できるなどの評判があります。

反対に、面接対策や書類の添削は期待できない、求人のレベルが高いなどの口コミも見受けられます。

リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)の利用は現在の勤め先にバレる?
登録するレジュメは匿名となるため、周囲にバレることは基本的にありません。また、レジュメはリクルートダイレクトスカウトに登録をしたヘッドハンターだけが閲覧可能なため、情報漏れの対策がなされています。
リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)のメリットは?
ハイクラス向けの転職エージェントとなるため、最低600万円~で、上は数千万円といった高年収な仕事を多数扱っています。大手企業求人も多いことから、キャリアアップをしたい場合には使い勝手の良いサービスと言えるでしょう。
リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)のデメリットは?
リクルートダイレクトスカウトは、ヘッドハンターが登録している匿名レジュメを見て仕事を案内してくれるため、スピード感のある転職活動には向いていません。

その理由としてはハイクラス求人を扱っていることも挙げられ、基本的に質を重視している点もスピーディーに内定獲得まで進めない理由となっています。また、キャリアがなければ利用しにくい部分もデメリットです。

リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)はどんな人に向いている?
ハイクラス求人が多いことから、キャリアアップをしたい・年収アップをはかりたい人に向いています。さらに、ヘッドハンターに仕事を紹介してもらえることから、現在在職中でなかなか転職活動に取り組める時間がない人にも最適です。
リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)のサンカクって何?
サンカクとは、今の職場で働きながら他の企業でも働いてみたいという想いに応えるサービスです。

営業やマーケティング、スタートアップや大企業といった幅広い会社・求人とディスカッション・チャレンジができる点もサンカクの特徴となります。

平日の夜や週末、仕事が休みの日に時間を有効活用して取り組めるため、成長・飛躍のきっかけ作りに最適です。

リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)には利用制限がある?
リクルートダイレクトスカウトはハイクラス向けの求人を扱っている転職エージェントですが、特に利用制限はありません。

ただし、求人検索の年収欄は600万円が最低ラインになっていることから、現在それ以上の年収をもらっている人、かつ経験・実績が豊富な点は求められる要素となります。

まとめ

この記事では、リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)の特徴や口コミ・評判、メリット・デメリットなどを詳しく解説しました。

リクルートダイレクトスカウトでは利用すると、優秀なヘッドハンターから最適な仕事を紹介してもらえる点は、大きな特徴でありメリットでしょう。

 口コミ・評判でも「ハイクラスな求人が豊富」「相性の良いヘッドハンターを探せる」などの意見が見られました。

また、リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)は基本的に匿名での登録となるため、現在勤務している会社にバレることはありません。

無料で登録・利用ができるので、転職エージェント選びに迷っている人はぜひ利用を検討してみてはいかがでしょうか。

利用する前に口コミによる評判も参考にしながら、客観的な情報収集もしてみてくださいね。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事