50代 転職

50代の方の中には「今からでも新しい環境でチャレンジしたい!」そう思って転職を検討している方もいるのではないでしょうか。

しかし同時に、「50代からの転職は厳しいのでは」「50代から転職は無理なのでは」と躊躇してしまう人も中にはいるかもしれません。

そこで今回は、50代の転職難易度や転職実情を徹底解説します。50代で転職を検討している方向けに、成功のポイントもまとめています。

50代におすすめの転職エージェントも紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

50代が転職を考える主な理由

実際に50代で退職した人は一体どのような理由で退職したのでしょうか。厚生労働省が毎年公表する雇用動向調査のデータをまとめてみました。

50代の主な退職理由

50代で前職を退職した人の主な理由は以下のようになっています。

50代の主な退職理由
  • 1位:自己都合
  • 2位:倒産、整理解雇又は退職勧奨
  • 3位:契約期間の満了

出典:https://mynavi-ms.jp/magazine/detail/000345.html

全年代でトップの退職理由である自己都合が1位。あまり他の年代との差異は見られないようです。

しかし50代になってくると、整理解雇や退職勧奨による離職、非正規雇用の雇い止め等の理由も無視できない割合になっています。

自己都合による退職の内訳は?

一言に自己都合と言っても理由は様々。50代は退職理由を以下のように挙げました。

自己都合退職の詳細
  • 労働時間や休日等の条件への不満
  • 仕事の内容への不満
  • 人間関係への不満
  • 身内の介護・看護

出典:厚生労働省 雇用統計調査

50代は他の年代に比べて、賃金よりも働きやすい労働条件を求めているようです。これには身内を介護や看護する必要が出てくる年齢であることが大きな理由のひとつと言えます。

自分だけでなく家族のことを考えてこその退職を決断するようです。

50代の転職を成功させるのは無理?

転職するからには、転職先は前より良い条件で働きたいものですが、必ずしも転職が全て成功に終わるわけではありません。50代の中でどれほどの人が転職に挑戦し、どのような結果を迎えるのかデータをまとめてみました。

50代で転職する人自体少ない

雇用動向調査(令和2年度版)では、年代別の労働者全体に対する転職者の割合(転職入職者率)も見ることができます。

45~49歳 5.2% 9.0%
50~54歳 4.2% 8.5%
55~59歳 5.0% 7.8%
60~64歳 11.9% 7.0%

出典:厚生労働省 雇用統計調査

女性に比べて、男性は定年退職後に次の仕事に就く人が多いこともあって、60歳以降に急上昇しています。

逆に定年まで残り数年に迫った時期に、わざわざ転職を考える人は少ないようです。事実、50代男性の転職入職率は、全年代で最低の数値となっています。

50代で転職するなら相応の志望動機は必要ですね。

安易な転職は危険!50代は転職後に収入が減少しやすい

50代の転職者がそもそも少ない理由として、転職が必ずしも収入アップに結びつくとは限らないことが大きいと思われます。50代の転職後の収入は以下の通りです。

増加 ほぼ変化なし 減少
50~54歳 32.6% 28.9% 37.6%
54~59歳 21.4% 30.0% 47.7%

出典:厚生労働省 雇用統計調査

50代で転職をしても、ほとんどの場合収入は変わらないか、むしろ減少する。という結果でした。収入を増やすために転職を検討している人は要注意です。

しかし、労働時間や人間関係等が不満で転職を検討する人にとっては、多少の減収は許容できるのかもしれません。

得られる恩恵が少ない時は、転職をやめることも大事な選択肢ですよ。

50代の転職が厳しい理由とは?

50代になると転職活動も長期化する傾向にあるようです。企業がなかなか50代の採用に踏み切れない理由を解説します。

人件費がかかる

一般的に、給料は年齢に応じて高くなる傾向にあります。50代になると企業では役員や管理職に就く人が多くなり、その類のポジションの求人はもともと少ない傾向です。各年代別の平均収入は以下の通りです。

年代 平均年収
全体 男性 女性
20代 348万円 371万円 321万円
30代 444万円 484万円 377万円
40代 510万円 573万円 403万円
50代以上 613万円 661万円 431万円
50代の採用には企業としては人件費の負担が大きいので、若手のように気軽に採用できない傾向にあるのかもしれません。

給料以外で転職動機があれば良いですね。

採用しても働いてくれる期間が短い

もうすぐ定年を迎える50代を採用しても、残り数年しか働いてもらえないかもしれません。

仮に本人が定年後も働く気があったとしても、年齢による体力の衰えで業務についていけなくなることはありますし、突然病気になる可能性も若い世代より高いでしょう。

企業としては向こう数十年働いてくれる可能性のある若手の方が魅力的な人材と見なされやすいのです。

50代は体力以外で長所をアピールしましょう。

企業に貢献できる知識やスキルが必要

50代でも転職を成功させやすい人物とは、若手よりも活躍期間が限られているぶん、採用後に短期間で企業に貢献することが出来る人材と言えるかもしれません。

 若手社員のように研修や教育に時間とコストを費やすことはできませんので、ビジネスマナーや社会人としての基本的な知識は習得している必要があります。

さらに言えば、これまでの経験や独自のスキルを活かし、企業側に目に見える成果を短期間の内に上げる必要があるのです。

自分なりのアピールポイントを見つけて転職活動の武器にしたいですね

50代の転職成功に必要な資格・能力 

50代での転職は確かに厳しいですが、若手社員との差別化を図ることで、転職を成功させることができるかもしれません。具体的に企業が50代に求めるものを挙げてみました。

50代が企業から求められること
  • 豊富な実務経験
  • 専門的な知識
  • コミュニケーション能力
  • マネジメント能力

豊富な実務経験

長年の社会経験で培われた経験や人脈は、転職先でも重宝されることでしょう。イレギュラーはどんな業種でも避けては通れませんが、そんな時に経験豊富な社員がいれば適切な対応を取ることができます。

転職先で活かせる人脈があれば、新しい取引先や協力企業が開拓できて、企業の業績に大きく貢献できるかもしれません。

転職先では採用後すぐに後陣の育成や教育ができる人員として期待されるかもしれません。

専門的な知識

蓄積された知識量は年齢を重ねた人の特権と言えます。それが専門的なものであれば尚のことです。

専門知識は特に、高度な技術を必要とする職種への転職で有利に働きます。優れた業績を持っていれば、転職時に相応のポストが用意されていることもあります。

特に同業種への転職を検討する人はアピールしていきたいですね。

コミュニケーション能力

業務を円滑に進めるには社内のコミュニケーションが不可欠です。社会経験豊富な50代ならばコミュニケーション能力に長けた人も多いでしょう。

まだ仕事に慣れていない新人のフォローや若手の意見を積極的に聞く力があると、社内の雰囲気が良くなり、士気向上に一役買う事ができるかもしれません。

長年の経験があるからこそできることもあるでしょう。

マネジメント能力

前職で管理職に就いていたり、プロジェクトやチームのマネジメント経験がある人は、積極的にアピールしていきましょう。

企業の人事担当者へのアンケートで、50代社員に求める人事施策上の課題は以下のような結果になりました。

50代社員の人事施策の課題(複数回答可)
  • 後進育成(55.3%)
  • 働く意欲(47.6%)
  • 技能伝承(45.6%)

出典:https://www.nipponmanpower.co.jp/cp/evaluate/cc/information/50s-es2012_report/

特に中小企業では、後進の育成が出来る指導者の人員が不していることもあり、リーダーシップを発揮できる人材ならば年齢を問わず積極的に採用している会社も少なくありません。

大手企業からの転職では特に重視される経歴です。

50代の転職を成功させるためのポイント

厳しい転職活動を乗り切るために、又は転職を決めた当初の思惑と相違ない結果を導くために押さえておきたいポイントを見ていきましょう。

転職が決まるまで現職は辞めない

転職活動に集中するために、現職での勤務が煩わしく感じて退職してしまう人も多いでしょう。しかし、全ての年代に共通して言えることですが、採用が決まる前に現職を退職することは避けた方が無難です。

 収入元が無くなるなることはもちろん、離職期間が長くなるほど履歴書の印象が悪くなり転職に不利になる危険性があります。

転職活動が本格化してくると、面接や入社試験等で現職と兼ね合いが取りづらい日々が続きます。自身や家族の生活のためにも転職先の入社日が決定するまで、退職は控えるようにしましょう。

十分な蓄えがあれば、余裕を持って転職活動ができるでしょう。

家族の同意を得て応援してもらう

若年層の転職と違い、50代では既に家族を養っている人も多いでしょう。転職活動を始める前に家族の同意は得ておくようにしましょう。

 50代は転職後に収入が減少する可能性があるので、子供の教育費や持ち家のローンの支払いなど、お金のことに関してはよく相談しましょう。

その他、転職によって勤務体系が変わって家族の触れ合いに支障をきたす場合も考えられます。家族間でしっかりと話し合って理解してもらえれば、家族は転職を応援してくれるかもしれません。

家族が応援してくれれば、転職活動も捗りそうですね。

条件は交渉で譲歩できるところを探す

転職先を選定する際、どうしても前職や業界全体の環境や給与相場と比較してしまいがちですが、条件にこだわり過ぎると転職先がなかなか決まらないことがあります。

年齢がネックとなる50代の転職では、正社員雇用よりも有期雇用であるケースも多いです。場合によっては雇用形態にこだわりを捨てた方が、環境や報酬面で良い条件の転職先を見つけられるかもしれません。

ただし転職を後悔しないために、自分が求める最低条件は明確にしましょう。

50代におすすめの転職エージェント3選

転職を考えているけどどうやって進めたらいいかわからない人も多いでしょう。そんな方におすすめしたい転職エージェントを厳選して3つご紹介します。

※掲載している求人数や情報は2021年10月1日時点のものです。最新の情報と異なる可能性があります。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントのおすすめポイント
  • 総求人数30万件以上の大手転職エージェント
  • 利用可能エリアは日本全国で大都市だけでなく地方の求人も豊富
  • 幅広い業種の求人を扱い、利用する人を選ばない

リクルートエージェントは、国内大手転職エージェントサービスで、非公開求人を合わせると30万件以上の求人を取り扱っています。

 豊富な求人数を誇るため、他の転職エージェントに比べて自分の希望に近い職場も見つかりやすいでしょう。

地方企業や中小、ベンチャー企業の求人も豊富に取り扱っているので、初めて転職を考える人にもおすすめの転職エージェントです。

転職エージェントを利用するならまず登録しておいて損はありません。
公開求人数 約130,000件
非公開求人数 約188,000件
求人対応エリア 全国
利用料金 無料

出典:https://www.r-agent.com/
公式サイトより

doda

    doda

dodaのおすすめポイント
  • 多くの求人数を誇る大手転職エージェント
  • キャリアアドバイザーから手厚いサポートが受けられる
  • IT系に特に強く、エンジニアなどの技術職の転職におすすめ

doda約10万件もの公開求人数を誇る転職エージェントです。全国各地の求人を豊富に取り扱いながら、キャリアアドバイザーが個別にアドバイスや求人紹介をしてくれる手厚さが魅力です。

特にIT業界の転職サポートに強く、総数の約半分がIT業界の求人になります。転職先をIT業界で絞っている人には特におすすめの転職エージェントになります。

dodaは定期的に転職フェス等イベントを開催しているので、足を運んでみても良いでしょう。
公開求人数 約97,000件
非公開求人数 非公開
求人対応エリア 全国
利用料金 無料

出典:https://www.doda.jp/

キャリアカーバー

キャリアカーバー

キャリアカーバーのおすすめポイント
  • ハイクラス転職向けのヘッドハンティング型転職エージェント
  • 担当のキャリアコンサルタントを自分で指名できる
  • 人材紹介最大手のリクルートが運営する豊富な実績と信頼度の高さ

キャリアカーバーは他の転職エージェントは一線を画するハイクラス・エグゼクティブ求人に特化した転職エージェントです。

 必ず担当のコンサルタントが付き、求人紹介と転職活動のサポートをしてくれます。労働条件や報酬の要望を伝えて代理で交渉してくれることも可能です。

ヘッドハンティング型の転職エージェントなので、自分のレジュメを実際に見た企業担当者からのオファーを待つ流れになります。

急ぎの転職には向きませんが、じっくり自分の希望にマッチする求人を探したい人におすすめです。
公開求人数 約73,000件
非公開求人数 非公開
求人広告エリア 全国
利用料金 無料

出典:https://careercarver.jp

【よくある質問】50代未経験OK、正社員の求人はある?

50代転職におすすめの転職エージェントは?
各々強みを持っていますので一概に言えませんが、まず利用するなら、リクルートエージェントが求人数が多くおすすめです。
50代転職には転職エージェントとハローワークどちらの利用がおすすめですか?
ハローワークは各地に点在していて、無料で求人広告を出せるので、地元の中小企業が多く求人を掲載しています。大手企業や転職サポートを受けたい場合は転職エージェントの利用をおすすめします。場合によっては併用しても良いでしょう。
50代から未経験の業種に挑戦できますか?
未経験の50代を積極的に採用している主な業種に警備・ビルメンテナンス業界医療・介護業界があります。
50代から転職する際に有利な資格はありますか?
収入アップを求めるなら、同業種に転職することを前提として前職に関わりのある資格を取得しておくと良いでしょう。
女性でも50代で転職できますか?
パートや派遣など非正規雇用者を含んだ数字ですが、50代女性の転職者は男性よりも多いです。正規雇用にこだわらなければ50代でも活躍できる場はあります。
50代女性が転職する際におすすめの転職エージェントはありますか?
「女の転職 type」など女性求人に特化したエージェントもありますので、利用してみても良いでしょう。
50代で転職する際の志望動機はどう伝えたらいいでしょうか?
自分が今まで社会人として学んだことや経験したことを中心に転職先へ活かせる事と熱意をアピールしましょう。年齢を気にするあまり謙遜し過ぎるのは禁物です。

まとめ

少子高齢化社会で労働人口が年々減っている日本社会では、まだまだ50代の力は必要とされています。50代の転職は20代や30代の若者に比べて厳しいイメージがありますが、決して無理な話ではありません。

自分の年齢をネガティブに捉えるのではなく、豊富な経験や知識量を上手くアピールして、採用を勝ち取りましょう。ぜひ今回の内容を参考に、50代からの転職に挑戦してみてください。

まずは転職エージェントに登録することから始めましょう。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
おすすめの記事