「あと3万円足りない…」突然の出費でもLINEで借りられた | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

「あと3万円足りない…」突然の出費でもLINEで借りられた

マネー

 季節の変わり目は何かと出費がかさみますね。転職や引っ越しなどで新生活が始まる人も多いはず。また、語学の勉強 やジム通いなど、新しいこともはじめたくなりますよね。

LINE

キャッシュレス残高が気になるこの頃…

だけどお金が足りない…」というリアルな問題も発生しがちなシーズンです。

 そこで、若手ビジネスマンの気持ちをよく知る我らが「bizSPA!フレッシュ」編集部内で、「お金があとちょっと足りない」シチュエーションを調査してみました。

冠婚葬祭でじわじわ10万円の出費が…

 20代の若手編集部員Aは「彼女がいて幸せだけど、恋愛って出費がかさむんだよね」と嘆きます。

「この前、3年間付き合った彼女の誕生日だったんですが、お金がかかってしまうのが悩み。記念日に、インスタで調べた流行りの雰囲気のいいお店を予約したら、お会計がなんと5万円超えでした

LINE

リサーチしたら、出るわ出るわのお金の悩み

 さらに、編集者Bの場合、「冠婚葬祭がじわじわくる」そうです。

「20代後半になって、周囲の第一次結婚ラッシュが始まりって、ご祝儀に、スーツに、地元への帰省費用に……あっという間に10万円ぶっ飛びました。大学の友人のお祝いで嬉しい反面、財布は正直痛みます」

 既婚者のライターCは「妻がパートのシフトを減らされてピンチなんです」と、意外な悩みを告白します。

「妻が近所の飲食店でパートしていたのですが、コロナ禍の時短営業でシフトを大幅に減らされてしまって……。これまで生活費のうち食費は折半していたのですが、このごろは僕がほぼ全額払っています……。給料日前に貯金が尽きて焦ってしまうこともしばしばあります

元芸人の編集部員が「投げ銭」費用を借りてみた

 出るわ出るわのちょっとしたお金の悩みに、思わず共感してしまう人も多いのでは。毎月計画的に給料を使っていても、ときに出くわすのが急な出費ですよね。

 緊急事態を乗り切るための方法として紹介したいのが、LINEでお金が借りられるサービス「LINEポケットマネー」です。

LINE

LINEポケットマネー(※画面はイメージです)

 そこで、編集部員が実際にLINEポケットマネーを利用してみました。今回は「ずっと応援してきた配信者の誕生日配信があるんで、投げ銭贈りたいんですよね」と、給料日前だけど、推しに投げ銭がしたくて悩む編集部・近藤がチャレンジです。

LINE

編集部の若手・近藤

 ちなみに元芸人という異色のキャリアを持つ近藤。「特殊な設定のコントは、小道具代でお金がかかってツラかったです」と、なかなか共感しにくい過去のお金の悩みも吐露してくれました。

※スマートフォンの方はこちら▼

>>LINEポケットマネーをもっと知りたい!

※PCの方はこちら▼

書類の取り寄せやハンコも不要

 LINEポケットマネーは、その名の通り使い慣れたLINEで操作できちゃうのが一番の特徴です。

「えっ? LINEでお金が借りられるんですか? ちょっと早く言ってよ~」

 近藤でも申込できるのか。さっそく、やってみましょう。まずはLINEを開き、ウォレットのページからポケットマネーの「申込ボタン」をクリック。そこから「本人確認」に進みます。本人確認書類の提出はスマホカメラの撮影でできちゃうようです。

「あ、スマホだけで終わるんですね。コピー送ったりしなくていいんだ」

LINE

自分の顔や身分証をスマホカメラで撮影するだけ(※画面はイメージです)

 その後は、LINEスコアの判定に。判定といっても、15問程度のライフスタイルに関する質問に答えるだけ(※)。

LINE

15問の質問に答えれば完了

※スマートフォンの方はこちら▼

>>LINEでどうやってお金を借りるの?

※PCの方はこちら▼

※表示される限度額と貸付利率(実質年率)は、LINEスコアで算出した仮条件です。
※審査結果により、表示される仮条件の限度額と貸付利率(実質年率)と異なる場合があります。
※借入のご契約には審査が必要となります。
※審査の完了はお貸出しを保証するものではありません。

数時間で借入限度額と利率が判明!

 サクサク進む手続きに、相当な気合を入れて申込に挑んだ近藤も驚き。緊張気味だった表情も、こころなしか柔らかくなったようです。

LINE

表情も穏やかに…

 LINEポケットマネーの審査は、半日足らずで完了(※お申込みの時期、時間帯により、審査に時間がかかる場合があります)。借入限度額は50万円と貸付利率は6%と通知がきました

LINE

近藤の審査結果は…無事に借入完了!(※画面はイメージです)

「投げ銭の軍資金は3万円にしようと思います。これだけあれば、きっと“推し”も喜んでくれると思うんですよね」と近藤。ちなみに、LINEポケットマネーユーザーの7割が、3万円未満の利用とのことです。

 銀行に振り込んでもらったり、ATMから現金を引き出すこともできるのですが、今回はLINE Payに入金することにしました。

「わ、LINE Payの残高表示が変わった。スマホでっていうか、LINEで完結しました。カードとかもないんですね」

 無事に操作が完了。本日の誕生日配信にも間に合ったようです。

※スマートフォンの方はこちら▼

>>LINEですべて完結!まずは申込んでみる

※PCの方はこちら▼

支払利息がLINE Payでキャッシュバックも

 数日後、返済をしたとのことで再度話を聞きました。

通知が来たのがちょうど給料日だったんで、忘れないうちに返済しちゃいました。返済しやすくて安心でしたね」

LINE

きっちり返済できて少し自慢げな顔の近藤

 こう見えて堅実な編集部員・近藤。給料が入ったらすぐに返済する計画を立てていたらしく、3万円借入をして、かかった利息は5日分の24円でした(貸付利率(実質年率)が6.0%で、1年を365日として計算)。新規契約者なら「100日間支払利息キャッシュバック」の対象となるので、24円分がLINE Payによって還元されるそうです(諸条件あり)。

 返済日は毎月16日、または26日(金融機関休日の場合は翌営業日)ですが、任意のタイミングに前倒しで返済することが可能。また返済方法はLINE Pay残高から、または、LINE Payと連携された銀行口座からが選択できます。

 ちなみに、返済日前には、LINEで通知が来るので、うっかり忘れてしまうといった心配もないです。

※スマートフォンの方はこちら▼

>>「100日間支払利息キャッシュバック」の詳細はこちら

※PCの方はこちら▼

いざというときの備えに覚えておきたい

 最後に近藤に、実際にLINEポケットマネーを使ってみた感想を聞いてみました。

LINE

もはやLINEポケットマネー“マスター”となった近藤

「初の借入に不安もあったんですけど、操作につまずくことはなかったですね。推しの誕生日配信では投げ銭コメントを読んでもらえたんで、かなり達成感あります。正直当面借入予定はないですけど、いざというときの備えとして覚えておきたいと思います」と、ありがたみを実感している様子でした。

 知っておくと強い味方になってくれそうなLINEポケットマネー。ですが、余力を超えた使いすぎには注意。返済計画をあらかじめ意識して、計画的に利用してくださいね。

※スマートフォンの方はこちら▼

>>他にもいろいろ!LINEのサービスを見てみる

※PCの方はこちら▼

<取材・文/井澤梓 撮影/山田耕司 提供/LINE Credit株式会社>

※本記事はサービス内容、キャンペーンの情報提供を目的としており、契約の斡旋、売買の推奨、代理契約等を行うものではありません。
※本記事は可能な限り正確性、妥当性及び最新性等に努めますが、必ずしもそれを保証するものではありません。
※サービス内容、キャンペーン情報に関する最新の情報は公式サイトにてご確認ください。
※本記事に掲載するサービス等に関するご質問は企業へ直接お問い合わせください。

商品概要
商号・登録番号・協会員番号
LINE Credit株式会社

登録番号 東京都知事(2)第31721号

日本貸金業協会会員 第006067号

対象年齢(契約時)
満20歳~満65歳

契約極度額
5万円~300万円

貸付の利率(実質年率)
3.0~18.0%

返済方式
残高スライド元利定額リボルビング方式

返済期間・返済回数
契約極度額30万円以下の場合:1ヶ月~36ヶ月・1回~36回
契約極度額30万円超100万円以下の場合:1ヶ月~60ヶ月・1回~60回
契約極度額100万円超の場合:1ヶ月~180ヶ月・1回~180回

賠償額の予定(実質年率)
遅延損害金20.0%

担保に関する事項
担保・保証人は不要

審査をする旨
当社所定の審査があります。

お問い合わせ先・住所
03-6670-3941

受付時間 10:00~18:00 (土・日・祝休日・年末年始を除く)

〒141-0033 東京都品川区西品川1-1-1

返済シミュレーション
こちらからご確認ください。

※LINEアプリがダウンロードされているスマートフォン端末でご確認ください。

ご契約内容をよくご確認ください。ご利用は計画的に。

貸金業相談・紛争解決センター

返済等でお困りの方は
日本貸金業協会 貸金業相談・紛争解決センター 0570-051-051

受付時間 9:00~17:00 (土・日・祝休日・年末年始を除く)

金融機関、人材系ベンチャーを経てライターに。ビジネス系インタビューから体当たり体験レポートまで多様なジャンルで執筆中。株式会社カタル代表






ハッシュタグ

おすすめ記事