若者がコロナ禍でゴルフにハマる意外な理由。“歴史的な大会”にも熱視線 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

若者がコロナ禍でゴルフにハマる意外な理由。“歴史的な大会”にも熱視線

ライフ・エンタメ

 ここ数年、思いがけないことが起こっているらしい。なんと、若い世代でゴルフ人気が高まっているというのだ! ゴルフというと「オジサン世代のスポーツ」「お金持ちのためのもの」など、若者たちには決して身近なスポーツではなかった。

ゴルフ

※画像はイメージです

 しかし実際、総務省の家計調査でも若者のゴルフ人気が上昇しているのが見て取れる。2020年の調査では、世帯主の世代別に見たゴルフプレー代において全体平均では前年から減少しているものの、20~40代に限っては明らかに増加しているのだ。

王者の中の王者を決める戦いが開幕

 2021年はプロゴルフ界も盛り上がった年だった。まず4月に松山英樹が日本人初の4大メジャー大会制覇となるマスターズ優勝、7月末には東京オリンピックのゴルフ競技に松山と星野陸也が出場。そして、先月10月には松山がアメリカPGAツアーのひとつとして習志野市で開催された「ZOZOチャンピオンシップ」で優勝した。

 さらに2021年12月2日(木)~5日(日)には国内男子ツアーの最終戦となる「ゴルフ日本シリーズ JTカップ」が開催される

 大会の出場資格は「今年の国内ツアーの優勝者」や「国内ツアー賞金ランキング上位20名」(その他にも出場資格はいくつかある)など、まさに旬のトッププロだけが集まり、「王者の中の王者を決める戦い」という位置づけの大会なのだ。

ゴルフ

王者たちが集う、「ゴルフ日本シリーズJTカップ」

 そんな若者を中心にいま再びの盛り上がりを見せるゴルフだが、このブームに今ひとつ乗り切れていないのが、ビズスパ編集長の詠(ナガミ)。これまでゴルフ場に足を踏み入れたことはなく、クラブすらほとんど握ったことがない、自称「編集部イチのゴルフ音痴」だ。

ゴルフ

自称「編集部イチのゴルフ音痴」の詠編集長

>>JTカップの試合について詳しくはコチラ

なぜ若者にゴルフが人気なのか?

 そこで今回は詠自らゴルフ好きな若者を取材し、若者がゴルフにハマる理由や注目の大会「ゴルフ日本シリーズ JTカップ」の注目選手について調査してみた!

 取材に協力してもらったのは、ビズスパ編集部がある扶桑社のゴルフ部に所属する若手部員たち。

ゴルフ

扶桑社ゴルフ部のメンバー。若手から偉い人までメンバー層は厚い

 なかでもゴルフが大好きだという3人に話を聞いた。詠と同い年の同僚、大格(オオカク)、最年少20代部員の長尾、紅一点の四方田(ヨモタ)だ

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

詠編集長:そもそもですが、みなさんいつからゴルフ始めたんですか?

大格:2年くらい前にコロナになって、飲みに行くことが減っちゃって、そのときに友達から誘われました。おじさんのスポーツってイメージがあったけど、参加してみたら意外に楽しくて今も続いている感じです。

長尾:僕も同じくらい。コロナ禍でも3密を避けやすいし、会社がリモートワーク対応になったので比較的プレイ代の安い平日でも、時間の融通をつけて、プレイしやすくなったのも理由なのかもしれません。

ゴルフ

ゴルフ部の長尾。プレイの実力は未知数だという

若者でもお金をかけずゴルフができるように

詠編集長:え、でも、そもそもゴルフってお金持ちのスポーツってイメージがあるよ。平日といっても、プレイ代は高そうだけど。

長尾:実はゴルフ場の価格ってすごく安くなっていて。都心近郊でも平日なら5000~1万円、土日でも1万~1万5000円でプレイ可能です。ゴルフセットも、中古ならウェア含めて3万~4万円で揃います。なかにはフリマアプリを使ったり、会社の先輩や上司にタダで譲ってもらった人もいます。

詠編集長:へー、そうなんだ。でも、僕は誰からもクラブを譲ってもらえなかったなぁ(涙)。というか四方田さんはなんでゴルフはじめたの?

四方田:私は父親が業界内でゴルフ好きとして有名で、始める前からゴルフのイメージや選手の情報はなんとなく知っていました。で、今は父親と同じ業界なので「娘はゴルフしてないのか?」と聞かれることも増えて、満を持して始めました(笑)。

 父の影響で、テレビでゴルフ中継もよく見ていたよ。今年は興味のない人もゴルフの話題を目にすることが多かった年だと思う。

四方田

ゴルフ部の四方田。知識だけなら若手イチという噂がある

>>ゴルフ中継といえば…JTカップの詳細はコチラ

朝早く起きるのも嫌じゃなくなった

詠編集長:たしかに、マスターズや東京オリンピックとかニュースでもよく話題になったね。あとゴルフって朝早いけど、起きるのが嫌にならない?

大格:僕は編集の仕事でずっと夜型の生活が続いていたけど、ゴルフをするようになって、土日は朝6時に起きて、友達たちと自然のなかでゴルフをするのが好きになった。朝の新鮮な空気を吸いながら、ワイワイと、プレイするのは楽しいと思うよ。

大格

ゴルフ部の大格。ゴルフ好きが高じて連載までを立ち上げた、編集者の鑑

詠編集長:たしかに。うーん、これを機に、僕もゴルフをちょっと始めてみようかしら。まずは練習から必要だよね。どうしたらいいかな?

四方田:打ちっぱなしがいい練習になるので行ってみると良いと思います。私も最初のうちはクラブがボールに当たらないくらいで、全然上手じゃなかったんだけど、ゴルフって個人競技だから練習すれば練習した分、実力として返ってくるから。

ゴルフにちょっとでも興味が湧いたら…

 というわけで話を聞いて、ゴルフにだいぶ興味が湧いてきたという、詠編集長。

 そんな彼にうってつけのイベントが2021年12月2日(木)~5日(日)に開催される、国内男子ツアーの最終戦「ゴルフ日本シリーズ JTカップ」だ

ゴルフ

「ゴルフ日本シリーズJTカップ」

 前述の通り、まさに旬のトッププロだけが集まり、「王者の中の王者を決める戦い」というだけではなく、今大会は優勝賞金が4000万円と大きく、この大会を制した者が賞金王となる可能性が高い。

 というのも実は国内ツアーはコロナの影響で昨年は大会中止が相次ぎ、2020年と2021年のツアーは統合されることになった。JTカップはその統合された2020-2021シーズンの最後の大会であり、歴史に残る「年またぎの賞金王」の行方が決まる重要な大会なのである

>>歴史に残るJTカップを見逃さないために…

若手3人が注目!「JTカップ」はこの選手を見よ

 最後に、そんな今大会の注目選手を、扶桑社ゴルフ部の3人に聞いてみた。

四方田:昨年優勝したC・キム選手(31歳)も当然注目なのですが、私は、まだ出られるかわからないですけど、できれば出場してほしいのが、アマチュアの中島啓太選手(21歳)です! 今年の「アジアパシフィックアマチュアゴルフ選手権」で松山英樹、金谷拓実に続く日本勢3人目の優勝を遂げた、注目の新星です。彼はこれからすごいことになると思います(笑)。

ゴルフ

昨年の第57回大会を制したのは米国籍のC・キム選手

大格:僕のイチオシは金谷拓実選手(23歳)! 今年マスターズで優勝した松山英樹選手以来の、世界のアマチュアランキング1位になった選手。今年プロ入りして、ルーキーイヤーなのに優勝を重ね、賞金王争いに加わっていて、まさに“次世代の天才”というしかありません。

ゴルフ

「日本アマチュア選手権」を史上最年少の17歳51日で制覇した金谷拓実選手(23歳)

長尾:僕は、星野陸也選手(25歳)。賞金ランキング3位。世界ランキングでは松山英樹に次ぐ2番手として、東京オリンピックにも出場しました。身長186cmと、とにかく恵まれた体格で、300ヤード超えのドライバーショットは圧巻。25歳のプロ6年目ですが、松山選手の次に世界を狙える逸材として注目しています。

ゴルフ

星野陸也選手(25歳)。今年の国内ツアーでは4月の関西オープンと5月のダイヤモンドカップで優勝

 若年層に人気が急上昇中のゴルフ。このブームにあやかるべく、まずは「JTカップ」でこの3選手をチェックするところから始めようとひそかに思う詠編集長であった。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【大会概要】
大会名称:第58回ゴルフ日本シリーズJTカップ
開催会場:東京よみうりカントリークラブ
開催期日:2021年12月2日(木)~5日(日)

■大会オフィシャルホームページはこちら
https://www.jti.co.jp/sports/jtcup/index.html

■放映/配信日程
<地上波>
・12月4日(土)13時30分~14時55分
       (第三日・日本テレビ系22局ネット 生中継)
・12月5日(日)15時00分~16時55分
       (最終日・日本テレビ系31局ネット)

<CS>
・12月2日(木)13時15分~15時15分
       (日テレG+・18ホールのみ生中継)
・12月3日(金)9時00分~15時15分
       (日テレG+・全ホール生中継)
・12月4日(土)8時45分~13時30分
       (日テレG+・全ホール生中継)
・12月5日(日)8時30分~12時30分
       (日テレG+・No.1~後半ホール生中継)
・12月7日(火)12時45分~14時45分
       (日テレG+・第1日18番ホールのみ再放送)
        15時15分~21時30分
       (日テレG+・第2日全ホール再放送)
・12月8日(水)12時00分~16時45分
       (日テレG+・第3日全ホール再放送)
        17時00分~18時30分
       (日テレG+・第3日VTR)
・12月9日(木)12時00分~16時00分
       (日テレG+・最終日No.1~後半ホール再放送)
        16時30分~18時30分
       (日テレG+・最終日VTR)

<TVer配信>
・12月4日(土)8時45分~13時30分
・12月5日(日)8時30分~12時30分

<YouTube配信>
・12月4日(土)8時45分~13時30分
・12月5日(日)8時30分~12時30分

※放送時間が一部変更となる場合がございます。

<取材・文/bizSPA!取材班 提供/JT>

「bizSPA!フレッシュ」編集部の若手記者が、20代ビジネスマン向けに、“身の丈世代”が気になる世の中のホンネを徹底した現場主義で伝えます。

ハッシュタグ

おすすめ記事