リモートで人を殺す「呪い代行業者」のロジックに震える/聞かせて、YouTube事件簿 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

リモートで人を殺す「呪い代行業者」のロジックに震える/聞かせて、YouTube事件簿

コラム

 インタビュー好きのライター・さわだ@sawadachann)が、訳ありな人にインタビューをするYouTubeチャンネル「人の話を聞くさわだ」から、聞いただけでは割り切れない、忘れられない、なんならだれかに解説してほしいインタビューをピックアップ。

呪い代行

 第2回は「呪い代行業者」の話。リモートで呪うってスタイルだっていうんですけど、そんなの効くのかな? 正直まったく信じてないんですけど、バックボーンは意外にしっかりしていました。

※本人のYouTube「呪い代行という仕事【音声インタビュー】」をもとに加筆構成

呪い代行とは?

 インターネットで呪いを代行する業者がいる。人に代わって赤の他人をリモートで呪うのだ。リモート葬式よりもリモート婚活よりも手抜き感がすごいリモート呪術師。この道のことはよくわからないが、呪いが跳ね返ってきそうな気さえもする。

 そもそも僕は、こういったオカルト的なものを信じていない。なんとなく怪しげなオーラを出して、説得力を出しつつも抽象的な言葉で具体的な解答を回避し、ケムに巻きながら相手を信用させる。占い師も霊媒師も、そんなイメージがあるからだ。

 だが、今回インタビューした「呪い代行」さん(仮名)は違った。発言もはっきりしていて、呪いも行動力も全てのスケールが僕なんかの想像を遥かに超えていた。

本業は催眠術。最近は呪い代行が多忙に

落ち込む女性

※画像はイメージ(以下同じ)

――ご年齢は? いつから呪術師になったのですか?

呪い代行(以下、呪いさん)「今は21歳です。本業が催眠術で、催眠を使った副業として10代の頃から始めました。今では呪い代行の依頼の方が多くて、こっちが本業になりつつありますけど(笑)」

――イメージが沸かないんですけど、呪術の勉強はどうやってするのですか?

呪いさん「主に本ですね。知人から譲り受けたり、ネットで購入したりしています。最近読んだ本には、魔術の歴史、実践の解説、魔術の基本のパスワークのバックグラウンド、理論面などが具体的に書かれていました」

――魔術留学をしているそうですが、どちらの国へ?

呪いさん「ヨーロッパとアジアの境目にあるジョージアという国です」

おすすめ記事