いざというときの安心って?突然の事故でパニックにならない方法 | bizSPA!フレッシュ

bizSPA!フレッシュ

いざというときの安心って?突然の事故でパニックにならない方法

ビジネス

 もし交通事故に遭遇したとき、冷静に行動できる自信はありますか? どうやって対処したらいいのか頭ではわかっていても、ついテンパってしまう人も少なくないはずです。かくいう私、編集部・詠(ながみ)も、友達との旅行中、レンタカーを電柱にぶつけてしまった経験が……。これがクルマやバイク、歩行者との事故だったらと思うと、ゾッとしてしまいます。

 また、最近ドライブレコーダーで撮った実際の映像をテレビなどでよく目にしますが、それだけでは実際の事故のときに安心できるものではないですね。

 どんなに優秀なドライバーでも、自動車事故が起こる可能性はゼロではありません。ならば、自動車保険のサポートについて理解しておくのが安心ですよね。でも、自動車保険は何を基準に選んだらいいの?いざという時にどんなサポートが必要なのか?など、 私たちには難しいことばかりです。

あいおい

 そこでこれからクルマを購入する方も多い「bizSPA!フレッシュ」世代にとって重要な、自動車保険の話を損害保険会社大手あいおいニッセイ同和損害保険株式会社の勝木俊行さんに聞いてきました。

 なんでも「テレマティクス損害サービス」と「I’m ZIDAN」という画期的なサポートがあるそうです。

自動車事故に遭ってしまったら…

 事故後の対応で最も気がかりなのが、相手との対話。しかし、突発的な事故の後に、冷静に話をするのは(当たり前ですが)かなり大変。まともな対応なんて、できる自信ありませんよね。

「自動車事故を起こしてしまったら、保険会社へ事故が発生した場所、標識の有無や信号の色など事故の状況を細かく説明していただく必要があります。しかし、想定外の事態に、気が動転してしまい、上手く説明できなかったという話をよく聞きます」(勝木さん、以下同)

 たしかに、事故直後に冷静に状況を説明するのは至難の業ですよね……。しかし、そんなときに役立つのが、「テレマティクス損害サービス」。

 専用のドライブレコーダーを取り付けるだけで、大きな衝撃を受けた場合、事故の映像、走行経路、位置情報が瞬時にスタッフに伝えられます。さらに、AIが事故の状況を解析し、なんと相手車両の速度(推定値)まで出すこともできるそうです。

 市販のドライブレコーダーでも様々なサービスがありますが、ここまでのサービスは受けられないですよね。また別売の専用リアカメラを購入することで『あおり運転』への備えをすることもできるということで、更に安心ですね。

あいおい

夜間・休日の示談交渉まで任せられる

 そう聞いて、「コールセンターの受付」をイメージするかもしれません。しかし、知っておいてほしいのが、示談交渉等の「事故対応」は損害保険会社の社員だからこそできること。

「事故の受付やレンタカー手配などは損害保険会社の社員以外でもできます。ただ、事故における双方の責任の割合を具体的に案内したり、示談交渉をしたりするのは損害保険会社の社員が対応する必要があります。そのため、ほとんどの保険会社では夜間や休日の事故だと、社員が不在という理由で、対応が翌日や週明けになってしまうケースも多いのです」

 夜間や休日の事故でも安心なのが、あいおいニッセイ同和損保の24時間365日事故対応サービス「I’m ZIDAN」。夜間休日でも、損害保険会社の社員が示談交渉などの「事故対応」を進めてくれるといいます。

あいおい

 これさえあれば、夜間や休日の事故でも安心できそうですね。

【まとめ】
・あいおいニッセイ同和損保の専用 ドライブレコーダー装着により事故の状況をオペレーターが瞬時に把握!
・「I’m ZIDAN」24時間365日、保険会社の社員が事故対応、示談交渉まで実施!

月々850円で安心の補償をプラス

 自動車保険の中でも、何が重要なサービスなのか、ここまでの説明を聞いてわかってきましたが、気になるのは、いったい保険料がいくらかかるのか。ずばり、勝木さんに聞いてみました。

「当社が貸与する専用のドライブレコーダーから取得できる速度超過・急アクセル・急ブレーキの発生頻度に基づいて、安全運転の度合いに応じて継続契約の保険料を最大8%割り引く『タフ・見守るクルマの保険プラス(ドラレコ型)』という商品が特におすすめで、基本補償にプラス月額850円で契約できます。

 安全運転をすることで保険料が割り引かれるということがひとつの楽しみにもつながっており、非常に好評をいただいております。」

あいおい

あいおいニッセイ同和損保損害サービス業務部の勝木さん

 月々850円! 思ったよりも安い料金でプラスできるのは有難いですね

あいおいニッセイ同和損害保険は、2019年4月からテレマティクス情報を事故対応に活用することを業界に先駆けて開始。さらに、AIが解析した相手車両の速度を事故対応に活用することも2020年9月に業界で初めて導入しました。

 また、ドライブレコーダーをお持ちの方でも基本補償にプラス月々100円で簡単・手軽にテレマティクス自動車保険を始められる「タフ・見守るクルマの保険プラスS」を2021年1月より販売。さらに「ささえるNAVI Lite」といったといった法人向けプランもあるので、万が一に備えて、それぞれに合った保険を考えてみるのもアリかもしれません。

 実際に事故にあった時の事故対応サービスを想定した動画があるので、こちらもチェックしてみてくださいね!

<TEXT/詠祐真 イラスト/カツオ 提供/あいおいニッセイ同和損保>

株式会社扶桑社第二編集局SPA!Web編集部「bizSPA!フレッシュ」編集長、詠(ながみ)です。映画と音楽が好きです。

ハッシュタグ

おすすめ記事