bizSPA!フレッシュ

夫婦で年収1500万円超!本業+副業で稼ぐ「新型パワーカップル」の実態

マネー

 予断を許さない国内の新型コロナウイルスの流行状況。第2波は“あって当たり前”と考えるべきだろう。では、こうした状況下で「働き方」の視点で考える個人の防衛策としてできることは何か?

お金

※イメージです

7つの収入源を駆使する「新型パワーカップル」

 新型コロナで雇用を脅かされる人が増える今、かつてないほど副業熱が高まっているという。三菱総合研究所によれば、「共働きで合計1000万円以上の世帯収入がある夫婦」をパワーカップルとしている。従来は「夫の本業+妻の本業=1000万円」という認識だっただろうが、働き方が多様化した今では、夫婦それぞれが複数の収入源を持ち、総計で1000万円を超えるというケースも。

 今年1月に結婚した、もちずきアキさん&あらぶる愛さん(ともにネットでの活動名)夫婦は、まさにそんな「新型パワーカップル」だ。夫のアキさんの本業はベンチャー企業の役員。現在は本業に専念するため休止中だが、「副業エンジニア」として働くこともある。

ウィズコロナ働き方革命

自宅で作業する夫のもちずきアキさん。AIエンジニアを副業にしていた時期もある

 一方、妻の愛さんはさらに多彩だ。本業は事務職のOLだが、美容系インフルエンサー、ブログ運営、企業のSNS運営委託、マッチングアプリのプロフィール添削、ライブ配信などで代わる代わる収入を得ている。

 結婚前から美容系インフルエンサーとして活動していただけでなく、マッチングアプリ研究をしていた彼女。「どうやったら魅力的なプロフィールになるのかを調べて実践した結果、夫と結婚することができた」という。

夫婦でSNSやブログ、動画配信も

ウィズコロナ働き方革命

婚姻届を手にするご夫婦。今年1月に結婚したばかりだけに初々しい二人だ

「そんな経験を生かして今年1月からはマッチングアプリのプロフィール添削も副業にしていたんですが、今はコロナの影響で依頼が一時的に減ってしまいまして」

 そこで現在、注力しているのが3月から始めたライブ配信だ。

「内容はリスナーの方と雑談をしたり、リクエストに応えて歌を歌ったりしています。毎日2時間程度の配信を継続していると、次第に固定ファンについてもらえるようになって。今ではライブ配信の収入が数十万円になり、5月の新人配信者ランキングでは上位に入ることができました」

12

おすすめ記事