bizSPA!フレッシュ

電話で「お悔やみ」を伝えるのはNG? お葬式での正しいビジネスマナー

キャリア

通夜や葬儀で使ってはいけない言葉は?

 参列する際の身だしなみは細心の注意が必要です。社会人になったら「喪服一式」はそろえておくのが常識だと思ってください。元来、通夜は喪服ではなく、地味な服装が推奨されていましたが、近年は喪服で参列する人がほとんどです。

 喪服でなければ黒系統の服装で故人を偲ぶ気持ちを表しましょう。受付では一礼後に「このたびはご愁傷さまでございます。謹んでお悔やみ申し上げます」など、必ずお悔やみの挨拶をします。

 また、通夜や葬儀では「忌み言葉」「重ね言葉」「死を生々しく表現する言葉」は使わないのがマナーです。

知ってる? 仏式葬式のお焼香のマナー

お葬式

 仏式葬儀では焼香が行われます。一般的な流れは以下の通り。

1.右手の親指、人差し指、中指で香をひとつまみする

2.香を目の高さにささげると同時に、軽く頭を垂れて目を閉じて故人への追悼の気持ちを込める

3.香を香炉に落とすときは、高い位置で行うと焼香台に散らばるので、香炉に近づけて静かに落とす

 葬儀が終わったら、帰宅後の玄関前で胸元、背中、足の順に清めの塩を振りかけます。すぐに仕事に戻らなければいけない場合は、式場を出たら足下に撒いてそれを踏んでください。

 学生時代とは違って、社会人になると冠婚葬祭の機会は増加します。マナーと知識をしっかり習得し、突然の知らせでも失礼なく対応できるようになりましょう。

<TEXT/金森たかこ 構成/永田明輝>

マナー講師・話し方マナーコミュニケーション講師。心からのマナーを伝える第一人者 マナーコンサルタント 西出ひろ子に師事し、テレビ・雑誌などのメディアでも活躍中。著書『入社1年目ビジネスマナーの教科書』『入社1年目人前であがらずに話す教科書』(ともにプレジデント社)好評発売中。公式サイト「ウイズ株式会社

12