bizSPA!フレッシュ

メールは何時までOK?新入社員が知っておくべき携帯電話のマナー

キャリア

 知っているようで意外と知らない社会人のビジネスマナー。社会人になりたての頃ならまだしも、入社して3年過ぎても知らなかったり、間違ったマナーを覚えていたりすると、思わぬタイミングで恥をかくことになりますよ!

 今回は「携帯電話のマナー」について、企業研修や、メディア出演、ドラマのマナー指導なども行い、ベストセラーとなった『入社1年目ビジネスマナーの教科書』などの著書もある金森たかこ氏に話を聞きました。

スマホ、携帯電話はビジネスの緊急時に活用しよう!

携帯電話 ビジネスウーマン

※画像はイメージです(以下同じ)

 今はスマホや携帯電話がビジネスシーンにおいても不可欠なツールですが、固定電話が廃れたわけではありません。

 むしろ、ビジネスの世界では固定電話同士が主流のコミュニケーションといえます。スマホや携帯電話はあくまでも「緊急連絡」という認識を持っておきましょう。

 あまりにも気軽に使っていると思わぬトラブルを招くことも……。スマホや携帯電話を使っても良いシチュエーションについては、おもに3つのパターンが挙げられます。

1.緊急時
 トラブルの発生や期日が迫るなど、すぐに連絡を取らないと業務に支障をきたす場合。

2.相手の要望
 先方から「連絡は携帯電話にお願いします」といわれていた場合は、その要望に従いましょう。

3.外回り中
 相手が外回りの仕事でオフィスに不在が多い場合は、携帯電話にかける機会が増えます。

 この基本シチュエーションをしっかり踏まえてから、ビジネスにおける携帯電話(スマホ)のマナーをマスターしてください。

12