リボ払いってやばいの?実際に苦労した体験談を紹介します。

クレジットカードは便利ですが、気が付いた時には利用残高が増えていた…その原因として多いのが「リボ払い」による返済です。

リボ払いは毎月の返済額が少額で済むため、支払い負担は少なくなるメリットはありますが、知らぬ間に借金が増えてしまう可能性があります。

今から話す体験談は現在、食品会社の営業として働く、Sさんが実際にクレジットカードのリボ払いがきっかけで、借金を作ってしまった話から、リボ払いがなぜやばいのかを説明します。

この記事でわかること
  • クレジットカードのリボ払いがやばい理由
  • リボ払い体験者がリボ払いで借金が増えた実例
  • リボ払いの長期コースを利用時の注意点
  • リボ払い同様に銀行カードローンでも借金は増える

クレジットカードのリボ払いがやばい理由

クレジットカードのリボ払いがやばい理由、数十万円利用しても月々の支払いは定額のため、翌月に大きく増えず、返済は楽になりますが気が付いた時には利用残高が予想以上に増えてしまうことです。

リボ払いによる返済額はクレジットカードで異なりますが、設定されている返済額では手数料の返済が多く、なかなか元金が減りません。

特に注意したいのが月々の返済額を大幅に圧縮できる「長期コース」などです。

元金が減らないため、返済は長期化、支払う手数料も増えますが、クレジットカードで買い物した時でも返済額が定額であり、一定の利用残高に達しなければ、返済額が増えません。

そのため、返済額が増えた時には利用残高が思っていたよりも、増えてしまっていた方も少なくありません。

リボ払いとは

リボ払いとは利用残高に対し、毎月の返済が少額かつ定額支払い可能な返済方法です。

「ショッピングリボ」とは、かさねてお買物をしても毎月のお支払額がご利用残高に応じてほぼ一定になる便利なお支払方法です。毎月のお支払額が小さくなるので計画的にお買物をお楽しみいただけます。

引用元:セゾンカード リボ払いより

リボ払いの設定はクレジットカードの会員ページなどから、簡単に設定できるだけでなく、毎月の返済負担が減らせるメリットから収入が200万円以下の方に利用者が多いと言われています。*

参照元:日本クレジット協会 クレジット取引における利用者のアンケート調査結果

そして、浪費癖があったSさんは、正にこのリボ払いが原因で借金が膨れ上がってしまいました。

クレジットカードの使い過ぎはリボ払いの長期コースが原因

Sさんがクレジットカードを使いすぎた…リボ払いの借金を問題視したのは、クレジットカードで使い込んだ金額が47万円まで増えた時でした。

ちなみにSさんが利用していたのはセゾンカード。

欲しいものがあると我慢できず、クレジットカードで買い物をしていました。クレジットカードなら分割で支払えるので、あまり考えず、毎月支払えるだろ!と利用していました。

本来であれば利用残高はどのくらいか?確認すべきでだしたが、残高を見るのが怖くなり、ある時から明細書を見なかったそうです。

ただ、毎月返済していたこともあり、残高が減っているものだと思っていたのですが、現実は利用残高が一切減らず、予想よりも増えてしまっていました。

利用残高が予想以上に増えてしまった理由は、利用残高を確認しなかったことは勿論、減っているからと思ってちょこちょこ使っていたこと、あとはリボ払いの返済コースを長期コースにしてしまったことが原因でした。

クレジットカードのリボ払い長期コースとは

Sさんが支払いコースを長期コースに切り替えたタイミングは、利用残高が47万円ほどの時です。

標準コースから長期コースに支払い方法を切り替えた理由、それは月々の支払いが厳しかったからです。

47万円の利用残高に対し、標準コースにおける返済額は50,000円。

Sさんは他にもローンの返済もあり、少しでも返済額を減らせないか?考えていた時に知ったのがリボ払いの長期コースでした。

セゾンカードの長期コースは最低、月3,000円からの返済額設定であるため、Sさんとしては毎月の返済額を減らせる方法と考えたそうです。

リボ払いの長期コースが返済額が減らせるといった安易な考えはNG

リボ払いがやばい理由、Sさんの体験談は生々しいものでした。

長期コースに変更する前、Sさんはある時、スーツや靴などを購入し、10万円ほど使ってしまいまして、支払い額が1万円増えました。

このままでは返済が厳しいと感じました。

その時にカード明細書の裏を見た時、標準コースから長期コースに変更することで、毎月の返済額が半分以下に減らせることが知りました。

Sさんが見つけた長期コースの案内は明細書の裏面に記載があります。
セゾンカードのリボ払いで47万円の利用残高に対する返済額
標準コース長期コース
返済額50,000円20,000円
支払い回数26回75回
支払い総額523,903円617,508円
手数料合計53,903円147,508円
参照元:セゾンカード「ショッピングリボ」のご返済シミュレーション

この時のSさんからすれば、返済負担が減るメリットが大きく、迷わず長期コースに変更しました。

リボ払いの長期コースで借金が増えた理由

返済期間の長期化や支払う手数料が増えることは考えず、「いつかお金ができた時にまとめて支払おう」「とりあえず月々の支払いが何とかなればOK!」とSさんは考えていました。

返済負担が減り、余裕もできるため、途中で一括返済も視野にいれていました。

しかし、問題だったのが毎月の返済が減ることで「余裕ができた!」と感じてしまい、さらにクレジットカードを使い買い物を重ねてしまったことです。

毎月2万円の支払いはできる、Sさんは2万円を超えないようにどんぶり勘定でクレジットカードを利用していました。

結果、毎月返済するものの、利用残高は大して減らず…1年ほど生活が続きました。

この時、Sさんの利用残高は45万円ぐらい。さすがにこのままではやばいと感じ、返済について考え直す機会に迫られました。

返済について考え直す機会になったのは、ちょうど転職し、歩合制の営業職についた時でした。

歩合制であるため、収入は安定せず、売り上げが上がらない月は手取りが減ることもあり、2万円の支払いも厳しい時がありました。

そんな時に知ったのが銀行のカードローンでした。

金利が低く、少額返済に魅力を感じた銀行カードローンを利用した

Sさんが銀行カードローンを考えた理由は、銀行カードローンは消費者金融と比べ、金利が低く、毎月の返済額が減るとわかったためです。

この時、Sさんは毎月の支払いをとにかく減らしたかったため。かつてクレジットカードの支払いコースを長期コースに切り替えた時と同じ理由でした。

結果的にSさんは三井住友銀行カードローンからお金を借り、セゾンカードの利用残高を一括返済しました。

Sさんが利用した三井住友銀行カードローンとは

Sさんが利用した三井住友銀行カードローンはメガバンクのカードローンです。

発行会社三井住友銀行
商品名三井住友銀行カードローン
金利(実質年率)年年1.5~14.5%
利用枠10万円〜800万円
審査スピード最短翌日
返済方式残高スライド元利定額
借入条件年齢満20歳以上69歳以下の方で毎月定期収入のある方
契約期間1年毎の自動更新
遅延損害金(実質年率)19.94%
担保・保証人原則不要
保証会社SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
引用元:三井住友銀行カードローン 商品概要より

三井住友銀行カードローンを利用するこで、セゾンカードよりも年率、毎月の返済額を減らすことができました。

セゾンカードと三井住友銀行カードローンの年率、返済額、支払回数を比較
セゾンカード三井住友銀行カードローン
年率(金利)年15.0%年12%
月々の返済額19,000円10,000円
支払回数74回61回

三井住友銀行カードローンの場合、45万円借りた時の月々の返済額は最低10,000円、今までセゾンカードで返済していた額の半分になりました。

また、金利も3%ほど下がることもあり、良いこと尽くめに感じ、デメリットを疑いませんでした。

そして、Sさんの借金問題は銀行カードローンを利用したことで、さらに大きくなります。

銀行カードローンの利用枠が多かったことでさらに借金を作った

Sさんが驚いたのが、三井住友銀行カードローンに申し込み、審査結果後に提示された利用可能枠が100万円だったことでした。

しかし、この100万円の利用枠がさらに借金を増やす理由になります。

結果、毎月の返済に余裕が出たこと、金利も低くなったことも相まって、今度はカードローンから借りてしまいました。

銀行カードローンで借金が増えた理由

Sさんが本来、必要だったのは「45万円」ですが、三井住友銀行カードローンでは「100万円」まで借りることがでました。

三井住友銀行カードローンの場合、100万円借りても月々の最低返済額は「15,000円」でした。

三井住友銀行カードローンの借入残高に対する最低返済額
借入残高最低返済額
2,000円未満の場合借入残高の合計額
10万円以下4,000円
50万円以下10,000円
100万円15,000円

もともと浪費癖があり、返済額だけでカードローンへの乗り換えを考えたSさんからすれば、セゾンカードのリボ払いよりも返済額が少なく、返済負担を感じなかったことで結果的に借金が増やし、なかなか完済できなかった理由でした。

今も余裕のある時に返済しようと思いつつ、最低返済額のまま返済していることが多いため、なかなか借金は減らずに残っており、この話をしている時点でSさんは80万円の借金が残ったままだそうです。

銀行カードローンも随時返済(上乗せ返済)が必須

銀行カードローンもリボ払いの長期コース同様、返済額が少ないため、返済が長期化することで支払う利息(クレジットカードでいう手数料)が増えてしまうため、随時返済(最低返済額以上に上乗せして返済)が必須となります。

例えば、Sさんのように100万円借りた場合、三井住友銀行カードローンの返済期間と支払う利息をみてみましょう。

借入金額100 万円
毎月返済額15,000 円
借入金利(年率)年12 %
支払い回数111回
返済総額1,656,070円
利息合計656,070円
回数返済額元金利息残高
1¥15,000¥5,000¥10,000¥995,000
2¥15,000¥5,050¥9,950¥989,950
3¥15,000¥5,101¥9,899¥984,849
4¥15,000¥5,152¥9,848¥979,697
5¥15,000¥5,204¥9,796¥974,493
6¥15,000¥5,256¥9,744¥969,237
7¥15,000¥5,308¥9,692¥963,929
8¥15,000¥5,361¥9,639¥958,568
9¥15,000¥5,415¥9,585¥953,153
10¥15,000¥5,469¥9,531¥947,684
11¥15,000¥5,524¥9,476¥942,160
12¥15,000¥5,579¥9,421¥936,581
13¥15,000¥5,635¥9,365¥930,946
14¥15,000¥5,691¥9,309¥925,255
15¥15,000¥5,748¥9,252¥919,507
16¥15,000¥5,805¥9,195¥913,702
17¥15,000¥5,863¥9,137¥907,839
18¥15,000¥5,922¥9,078¥901,917
19¥15,000¥5,981¥9,019¥895,936
20¥15,000¥6,041¥8,959¥889,895
21¥15,000¥6,102¥8,898¥883,793
22¥15,000¥6,163¥8,837¥877,630
23¥15,000¥6,224¥8,776¥871,406
24¥15,000¥6,286¥8,714¥865,120
25¥15,000¥6,349¥8,651¥858,771
26¥15,000¥6,413¥8,587¥852,358
27¥15,000¥6,477¥8,523¥845,881
28¥15,000¥6,542¥8,458¥839,339
29¥15,000¥6,607¥8,393¥832,732
30¥15,000¥6,673¥8,327¥826,059
31¥15,000¥6,740¥8,260¥819,319
32¥15,000¥6,807¥8,193¥812,512
33¥15,000¥6,875¥8,125¥805,637
34¥15,000¥6,944¥8,056¥798,693
35¥15,000¥7,014¥7,986¥791,679
36¥15,000¥7,084¥7,916¥784,595
37¥15,000¥7,155¥7,845¥777,440
38¥15,000¥7,226¥7,774¥770,214
39¥15,000¥7,298¥7,702¥762,916
40¥15,000¥7,371¥7,629¥755,545
41¥15,000¥7,445¥7,555¥748,100
42¥15,000¥7,519¥7,481¥740,581
43¥15,000¥7,595¥7,405¥732,986
44¥15,000¥7,671¥7,329¥725,315
45¥15,000¥7,747¥7,253¥717,568
46¥15,000¥7,825¥7,175¥709,743
47¥15,000¥7,903¥7,097¥701,840
48¥15,000¥7,982¥7,018¥693,858
49¥15,000¥8,062¥6,938¥685,796
50¥15,000¥8,143¥6,857¥677,653
51¥15,000¥8,224¥6,776¥669,429
52¥15,000¥8,306¥6,694¥661,123
53¥15,000¥8,389¥6,611¥652,734
54¥15,000¥8,473¥6,527¥644,261
55¥15,000¥8,558¥6,442¥635,703
56¥15,000¥8,643¥6,357¥627,060
57¥15,000¥8,730¥6,270¥618,330
58¥15,000¥8,817¥6,183¥609,513
59¥15,000¥8,905¥6,095¥600,608
60¥15,000¥8,994¥6,006¥591,614
61¥15,000¥9,084¥5,916¥582,530
62¥15,000¥9,175¥5,825¥573,355
63¥15,000¥9,267¥5,733¥564,088
64¥15,000¥9,360¥5,640¥554,728
65¥15,000¥9,453¥5,547¥545,275
66¥15,000¥9,548¥5,452¥535,727
67¥15,000¥9,643¥5,357¥526,084
68¥15,000¥9,740¥5,260¥516,344
69¥15,000¥9,837¥5,163¥506,507
70¥15,000¥9,935¥5,065¥496,572
71¥15,000¥10,035¥4,965¥486,537
72¥15,000¥10,135¥4,865¥476,402
73¥15,000¥10,236¥4,764¥466,166
74¥15,000¥10,339¥4,661¥455,827
75¥15,000¥10,442¥4,558¥445,385
76¥15,000¥10,547¥4,453¥434,838
77¥15,000¥10,652¥4,348¥424,186
78¥15,000¥10,759¥4,241¥413,427
79¥15,000¥10,866¥4,134¥402,561
80¥15,000¥10,975¥4,025¥391,586
81¥15,000¥11,085¥3,915¥380,501
82¥15,000¥11,195¥3,805¥369,306
83¥15,000¥11,307¥3,693¥357,999
84¥15,000¥11,421¥3,579¥346,578
85¥15,000¥11,535¥3,465¥335,043
86¥15,000¥11,650¥3,350¥323,393
87¥15,000¥11,767¥3,233¥311,626
88¥15,000¥11,884¥3,116¥299,742
89¥15,000¥12,003¥2,997¥287,739
90¥15,000¥12,123¥2,877¥275,616
91¥15,000¥12,244¥2,756¥263,372
92¥15,000¥12,367¥2,633¥251,005
93¥15,000¥12,490¥2,510¥238,515
94¥15,000¥12,615¥2,385¥225,900
95¥15,000¥12,741¥2,259¥213,159
96¥15,000¥12,869¥2,131¥200,290
97¥15,000¥12,998¥2,002¥187,292
98¥15,000¥13,128¥1,872¥174,164
99¥15,000¥13,259¥1,741¥160,905
100¥15,000¥13,391¥1,609¥147,514
101¥15,000¥13,525¥1,475¥133,989
102¥15,000¥13,661¥1,339¥120,328
103¥15,000¥13,797¥1,203¥106,531
104¥15,000¥13,935¥1,065¥92,596
105¥15,000¥14,075¥925¥78,521
106¥15,000¥14,215¥785¥64,306
107¥15,000¥14,357¥643¥49,949
108¥15,000¥14,501¥499¥35,448
109¥15,000¥14,646¥354¥20,802
110¥15,000¥14,792¥208¥6,010
111¥6,070¥6,010¥60¥0
累計¥1,656,070¥1,000,000¥656,070¥0
参照元:三井住友銀行カードローン 返済期間シミュレーション

返済回数は111回、完済するまでに10年近い期間がかかるだけでなく、支払う利息も元金の半分以上となります。また返済し始めた頃はほとんど元金が減らないこともわかります。

もし返済額を25,000円にした場合で見てみましょう。

借入金額100 万円
毎月返済額25,000 円
借入金利(年率)年12 %
支払い回数52回
返済総額1,283,433円
利息合計283,433円
回数返済額元金利息残高
1¥25,000¥15,000¥10,000¥985,000
2¥25,000¥15,150¥9,850¥969,850
3¥25,000¥15,302¥9,698¥954,548
4¥25,000¥15,455¥9,545¥939,093
5¥25,000¥15,610¥9,390¥923,483
6¥25,000¥15,766¥9,234¥907,717
7¥25,000¥15,923¥9,077¥891,794
8¥25,000¥16,083¥8,917¥875,711
9¥25,000¥16,243¥8,757¥859,468
10¥25,000¥16,406¥8,594¥843,062
11¥25,000¥16,570¥8,430¥826,492
12¥25,000¥16,736¥8,264¥809,756
13¥25,000¥16,903¥8,097¥792,853
14¥25,000¥17,072¥7,928¥775,781
15¥25,000¥17,243¥7,757¥758,538
16¥25,000¥17,415¥7,585¥741,123
17¥25,000¥17,589¥7,411¥723,534
18¥25,000¥17,765¥7,235¥705,769
19¥25,000¥17,943¥7,057¥687,826
20¥25,000¥18,122¥6,878¥669,704
21¥25,000¥18,303¥6,697¥651,401
22¥25,000¥18,486¥6,514¥632,915
23¥25,000¥18,671¥6,329¥614,244
24¥25,000¥18,858¥6,142¥595,386
25¥25,000¥19,047¥5,953¥576,339
26¥25,000¥19,237¥5,763¥557,102
27¥25,000¥19,429¥5,571¥537,673
28¥25,000¥19,624¥5,376¥518,049
29¥25,000¥19,820¥5,180¥498,229
30¥25,000¥20,018¥4,982¥478,211
31¥25,000¥20,218¥4,782¥457,993
32¥25,000¥20,421¥4,579¥437,572
33¥25,000¥20,625¥4,375¥416,947
34¥25,000¥20,831¥4,169¥396,116
35¥25,000¥21,039¥3,961¥375,077
36¥25,000¥21,250¥3,750¥353,827
37¥25,000¥21,462¥3,538¥332,365
38¥25,000¥21,677¥3,323¥310,688
39¥25,000¥21,894¥3,106¥288,794
40¥25,000¥22,113¥2,887¥266,681
41¥25,000¥22,334¥2,666¥244,347
42¥25,000¥22,557¥2,443¥221,790
43¥25,000¥22,783¥2,217¥199,007
44¥25,000¥23,010¥1,990¥175,997
45¥25,000¥23,241¥1,759¥152,756
46¥25,000¥23,473¥1,527¥129,283
47¥25,000¥23,708¥1,292¥105,575
48¥25,000¥23,945¥1,055¥81,630
49¥25,000¥24,184¥816¥57,446
50¥25,000¥24,426¥574¥33,020
51¥25,000¥24,670¥330¥8,350
52¥8,433¥8,350¥83¥0
累計¥1,283,433¥1,000,000¥283,433¥0
参照元:三井住友銀行カードローン 返済期間シミュレーション

返済期間は4年4ヶ月、支払う利息も3分の1程度まで減らすことができます。

つまり、銀行カードローンを利用する場合も月々決められている返済額以上に返済が望ましいといえます。

最後にSさんから読者に伝えておきたいこと

赤裸々に借金を抱えた話をしてくれたSさんに、読者の方々に伝えておきたいことは何か?聞いてみました。

以下、Sさんからいただいたメッセージです

そうですね…当たり前のことですが、僕と同じような考えで借りると借金はどんどん、増えてしまう可能性が高いと知ってほしいなと。特に金利が低くても毎月の返済が少ないと、全然借金は減らないということは知っておいてほしいですね。

…とはいえ、多めに返済していくなら「早く借金を返すんだ!」という強い意志がないと難しいかなと。

僕は借金を早くなくすことよりも、とにかく毎月の返済が辛くないように…だけ考えていたため、結果的にクレジットカードの時よりも借金が増えてしまいましたから。

金利や返済額で判断するのではなく、きちんと返済計画を立てて「いつまでに返す!」と決めるべきでしょうね。

ただ今でも僕は返済を続けているので、口で言うよりも難しいものです。

本当は借りないのが一番、今では…身の丈にあったお金の使い方をすべきと自身に言い聞かせています。


Sさんの体験談からわかることとして、金利が低く、返済額が少ない場合であれば、結果として借金が減らない、そして最終的な返済総額も増えてしまうことです。

最後になりましたが、貴重な体験談を話してくれたSさん、ありがとうございました。

この記事の内容がもし、ご自身にも当てはまる方であれば、今ある借金について今一度、真剣に向き合う機会になれば幸いです。